ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

スマイルプリキュア! 第36話「熱血!? あかねの初恋人生!!」

今回は、ブライアンという交換留学生とあかねのひと時の物語……なお話でした。

堤防にて手を貸してもらった男性が交換留学生としてみゆきたちのクラスへやって来て、びっくり仰天なあかね。
しかも、知り合い?ということで学校の案内まで任されてしまうとは災難なこと(笑)。
みんな、英語が話せないから敬遠していた感じでしたけど…、あかねに気を遣ったんですよね、ね、ね。

学校の案内をしている中で、女性に対して気を遣ってくれるブライアンに対するあかねのリアクションがまた良かった!!
レディーファーストってやつですか……。
さすがに外国の方は、その辺りの気づかいがすばらしい。いい意味で、壁を作らないところは素敵です。

あかねのバレー部に誘ったことでバレー部に入り浸り、完全に彼のお世話係になってしまったあかね。
と、やよいの「恋では?」の余計な?一言がきっかけとなり、「告白しよう!」との大変な事態に発展……。
いや〜、ノリノリだったみゆき&やよいが面白すぎる(笑)。この手の話題は彼女たちには悟られないほうが懸命だな(笑)。

あかねのためにこれと画策するみゆきたち一同ですが、みんなちょこっとずつズレているような印象。
直球勝負ななおに、手紙をしたためるれいかさんに、絵手紙で……というやよい等々。
しかし、みゆきのシンデレラ作戦はな……ないです。突然、靴が降ってきたら絶対に不自然だし……(笑)。

そんな中、日本食を食べようと店を探していたブライアンをあかねが自分の店に誘ったことで、さらに意気投合。
「もっと日本のことを知りたい」という彼の期待に応えて、日本語や弓道、さらには近場の娯楽施設などを回ることに。
最後はキレイな夕日の見えるスポットへ……。って、最後はもう完全にデートでした(笑)。

しかし、そんな楽しい三週間もあっという間に過ぎ去り、ブライアンはみんなに見送られつつ帰宅の途に……。
見送りには、肝心のあかねの姿はなし。
本人は「一緒にいるのが楽しかっただけ」と言っていましたけど……、これはすっごく大切なことだと思う。
「もう会うこともない」との言葉。今はインターネットの時代ですよ〜、その気になればいつでも交流できる……と思ったのはナイショであります。

そんな中、ウルフルンさんが登場、戦闘モードへ。
男女で仲良くしている姿を見ていて苛立っていた彼。それしても、「無駄」だとか「裏切られておしまい」とかヒドイです。
相変わらず口が悪いですよ、ウルフルンさん。

この言葉に反応したみゆきの「意味がないなんて寂しい」のひと言であかねが覚醒。スポーツデコルを使って繰り出した竹刀を使って、ハイパーアカンベェを一気に撃破。
いや〜、「一緒に過ごした時間は消えへん」と言いつつ、竹刀が炎の剣に(笑)。
さすがは、あかねというカッコよさたっぷりな演出でした。

一件落着後、あかねは、ブライアンに別れの挨拶を言うために大急ぎで空港へ。最後は、「あかねのおかげで、この国をとても好きになれました。おおきに」という言葉を交わしつつお別れ。
日本を好きになってくれたか…嬉しいですね〜。
またいつか会えるといいな〜。ブライアン、むちゃくちゃ包容力ありますから(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第35話「やよい、地球を守れ!プリキュアがロボニナ〜ル!?」

今回のお話は、アカンベェロボとハッピーロボが激闘を繰り広げるというお話でした。

ロボッターの新しい玩具の発売のCMを見て大興奮だったやよい。
ロボッターの魅力をみんなに語り、明日一緒に玩具を買いに行く約束までしちゃうことに(笑)。
って、ノリノリだったのはみゆきとキャンディだけでしたけどね〜。
今回のやよいは、初っ端からフル稼働ですな(笑)。

その頃、バッドエンド王国でもオオカミさんと赤オニさんの2人がロボッターの玩具を使って遊び中(笑)。
敵だけに、ロボッターの敵・ワルブッター?が好みだったみたいですが(笑)。
いや〜、あんな玩具を使って遊んでいるとは……2人もめっちゃ可愛かったで〜す!!
それなのに、2人のロボを使って、アイテムを作ってしまったマジョリーナさん酷過ぎじゃないかと。もう、2人からバッドエナジーが出まくっていましたからね〜。

さて、翌日、ロボッターの玩具を買うために並んでいたところに、オオカミさんと赤オニさんが登場。
いや〜、堂々と玩具屋さんにやって来るとは……驚きました(笑)。
この2人、心は完全に童心のままなんですね〜。

さらにマジョリーナさんも加わり戦闘モードへ突入も、みゆきがいきなりマジョリーナさんの新アイテム・ロボニナールを浴びてしまいロボットになっちゃうから大変。
本当は、オオカミさんか赤オニさんに当ててプリキュアと戦うつもりだったみたいですけどね〜。
赤オニさんのくしゃみで転んだところに光線が発射され、当たってしまったみゆき、ホントにツイてないとしか言いようがないです!!

作戦失敗なバッドエンド組はオオカミさんと赤オニさんが黒っぱなを使ってそれぞれ出陣。
さて、みゆきロボ…じゃないハッピーロボも反撃といきたいところも誰かが操縦してくれないと動けないとは……これまた災難(笑)。
やよい以外は、全くノリ気じゃなかったですからね〜。デザインはともかく、機会があるならぜひ操縦してみたいです、個人的には。

一番ノリノリだったやよいを筆頭に、あかね、なおと操縦を試みるも3人揃って全くダメ。
妙なダンスを踊っている感じでしたからね、みんな。
あかねは触覚みたいなの動かしているだけだったし……完全にお遊び状態(笑)。これでは地球の平和は守れないです!!
このハッピーロボ、動きまわるとみゆきの体力が消耗するみたいだったので、みゆきとしては堪ったもんじゃなかったでしょうね。

しかし、れいかさんにバトンタッチするなり状況は一変、見事な動きでアカンベェロボを圧倒する展開。
ところがところが、ホッとしたのも束の間、敵さんも2体のロボを合体させ空を飛ぶ能力を身に付けるから、これまた不利な状況に……。
いや〜、れいかさん、さすがでしたね〜。やよいの渡した本を丸暗記しちゃうって……記憶力高すぎです!!

ところがところがところが、今度はキャンディがデコルを使ってハッピーロボに翼をはやしてくれるから、またまたこちらが押せ押せムードへ。
キャンディ、安定のフォローでしたね〜。
ここのところは、地味にいつも助けてもらっているな〜と思います。もはや、欠かせない存在になりつつありますな。

最後の大技・ロケットパ〜ンチでトドメを刺そうとしますが、マジョリーナさんがロボニナールを破壊、ハッピーロボがいつものキュアハッピーに戻っちゃうから、またまたまたまた立場が逆転。
マジョリーナさん、こちらもキャンディと一緒に観戦しているだけか?と思っていましたが、思わぬファインプレーじゃないですか??
いや〜、ロケットパ〜ンチでの攻撃……見たかったですね〜。実に残念!!

巨大ロボ相手ということでみんな怖気づいてしまうも、みゆきの「笑顔を守るため、何度でも立ち上がる」との言葉で奮起。
どんな大技か?と思っていたものの、最後は通常の必殺技で敵を粉砕しちゃいました。
あんなデカいロボだったのに、一瞬で光に包まれて終了とは……ね〜。ちょっと情けないような気がしないでもないです(笑)。

最後は、ロボッターの玩具を無事に購入しておしまいっと。
いろいろありましたけど、一同ロボットの魅力に気が付いてくれたし、玩具も買えたし、ロボにも乗れたし、やよいとしては大満足だったんじゃないでしょうかね〜??

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スマイルプリキュア! 第34話「一致団結!文化祭でミラクルファッションショー!!」

今回は、みんなで文化祭を成功させようと奮闘するというお話。

多数決により、ファッションショーをやることになったみゆきたちのクラス。が、豊島くんがこれに反対し、何と教室から出て行ってしまうから大変。
何かを決めるってのは難しいことですけど……、とりあえず相手の意見を聞いてみるのは必要かな??、数の論理で門前払いってのは、ちょっと可哀想なので……
みゆきじゃないけど、みんなで準備とかした方が楽しいと思いますしね。

ファッションショーはみゆきの提案により、絵本の物語の登場人物に扮した衣装を作ることに決定。
もちろん、豊島くんにも協力を求めますが、その態度は相変わらず。
いや〜、これはちと恥ずかしいな〜(笑)。豊島くんじゃないけど、明らかに男の子向けじゃないです。

みゆき、何とか豊島くんを説得しようとするも、どうやら彼はバンドショーのようなことがやりたかったようで。
仲間のみんなは怒鳴りつけたりしたものの、彼らの口からは「クラスで決まったことだから」のひと言。
苦渋の決断だったんでしょうけどね〜。「決まったことだからしょうがない」ってのはちょっとね〜。もう少し言いようがあったような気がしないでもないです。

みゆきたち一同、その後もみんなで協力して豊島くんの説得を試みるも、ことごとく失敗(笑)。
あかね、ブタさんの鼻まで作って奮闘したのに可哀想でしたね〜。
豊島くんも「似合いすぎ」というのはさすがに禁句でしょ??

さらに、やよいが羽付き帽子を片手に豊島くんに言葉をかけるも結果は同じ。すると、これに堪忍袋の緒が切れてしまったのがなお。
なおのキャラからして我慢できなかったんでしょうね〜(笑)。
とはいえ、怒鳴りつけるというのは……。みんなが抑えつけてくれなかったら、ビンタの一発はお見舞いしちゃっていたかも、かも、かも。

文化祭のファッションショーの準備は順調に進むも、豊島くんは完全に次第に完全に仲間はずれ状態に。
彼がいるとクラスの雰囲気も悪くなるし、「本人がやりたくないと言っているから強制させる必要はない」との意見も出てくる始末。
いや〜、さすがにそれはそれで可哀想だよな〜。現実世界だったら、文化祭以降もこの件で尾を引っ張ってしまうこと間違いなしだと思うし……。

再び豊島くんを説得するために、彼のもとに向かったみゆきですが、そこにマジョリーナさんが登場、戦闘モードへ突入。
「全員の動きを止める」と息巻いていたマジョリーナさん。その作戦は、音を使ったものでしたか……。
「動きを止める」という作戦は先週赤オニさんもやりましたが(笑)。音による攻撃、たしかに避けられないし、作戦としてはこちらの方が巧いかなと思います。

優勢に戦いを進めていたマジョリーナさんでしたが、キャンディがアンプのコードを抜いてしまったことで立場は逆転。
最後は、プリセンスモードの前に散ってしまいました。
キャンディ、先週のゾウさんもそうでしたが、地味に活躍していますね〜。

一件落着後は、「自分はギターしか取り柄がない。ホントはクラスでバンドできないのはわかっていた」と謝罪をしてくれた豊島くん。
一度バッドエナジーを吸い取られたことで、憑き物が落ちたんでしょうか?
あっさりと和解できて、ホッとひと安心でした。

が、その言葉を聞いた後、「豊島くんにしかできないことがある」とみゆきから提案が。
その眼の輝きっぷりがよかった!!
さて、本番の舞台では、豊島くんがバンドでファッションショーに音の演出を。
何となく、そんな落とし所にするんじゃないか?と思っていたけど、その通りでした(笑)。
音楽は絶対に必要でしょうし、これにてホントに大成功だったんじゃないかな〜と思いますです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

今回は、みゆきたち一同が映画村に遊びに行くというお話。

とある女性が烏天狗に追いかけられているのを見て、プリキュアに変身しようとしたみゆき。が、これは単なる映画撮影(笑)。
たくさんの人の前で「プリキュアスマイルチャ〜じ!」って……恥ずかしすぎますよ〜。
リハーサル?だったのかもですが、スタッフさんには平謝りですな、みゆき。

続いて、妖怪DXなる映画のポスターを前にして、「妖怪女郎蜘蛛とくノ一」のごっこ遊びを始めたみゆきとやよいは相変わらずですね〜。
一人、仲間に入らず苦笑いだったれいかさん……。
さすがに、このノリにはついて行けなかったんでしょうかね(笑)。

が、そんなところを目撃していたブンビー監督によって、急遽映画に出演することが決定。
みゆきが町娘、あかねが女郎蜘蛛、やよいが団子屋さんの娘、なおがくノ一にれいかさんがお姫様役……。
いや〜、個人的にはなおが一番ぴったりだったような気がしますね〜。
しかし、あの監督さん。勝手にブンビー監督としちゃいましたけど、声がブンビーさんだったので(笑)。やっぱり、かつてプリキュアに出演していたから目のつけどころが違います。

さらに、ホップが風来坊役として出演。
何気に一番ノリノリだったのがホップでしょうか??
結局、最後は一番いいところをぜ〜んぶ持って行ってしまいましたからね〜。
とはいえ、ブンビー監督にはカワイイと言われちゃいましたが……(笑)。まぁ、出演できたけ十分かな。

最後にキャンディも、妖怪役で出演決定。
いや〜、妖精なのに妖怪とはヒドイ(笑)。知らない人から見たら妖怪も同然なのかもしれませんが、ちょっと可哀想でいた。
早く、ホップみたいに人間に変身できるぐらいの能力は身に付けないとですね〜。

早速、撮影スタートとなるも、みんながアドリブでやりたい放題でカオスな状態に(笑)。
勝手にテマリ勝負なんてしてましたからね〜。
最後は、その勝者であるあかねとホップが、真剣勝負という……。
ホップ、いいところ持って行きすぎ(笑)。
しかし、この演技を前にして慌てふためくスタッフさんが……もう見ていられませんでしたね〜。ブンビー監督も「いいね〜!」と言って聞く耳持たずでホントに可哀想すぎる。

その頃、映画村のCMを見て青オニさんが気に入ってしまった赤オニさんも映画村に参上。
おいおい、赤オニさんが面白すぎる!!
「様」まで付けていましたからね〜、まるで子供です(笑)。

映画村にやって来た赤オニさん、まずは憧れの青オニさんと握手。が、プリキュアを発見、ちょうど映画撮影していた妖怪と人間が戦うシーンに乱入し、大暴れ。
いや〜、セット壊しまくっていたんですけど……(笑)。
この惨状を前にしても、テンション高めに撮影を進めていたブンビー監督。ホントにノリのいい人です。監督の能力としては、ちょっと怪しいですけどね〜。

しかし、ここでも暴れ回る赤オニさんを前に「みんなで力を合わせよう」と言い放ち、いいところを持っていってしまったホップ。
これまでの鬱憤を晴らすかのごとくの活躍っぷりですね〜。
最初からノリのいいキャラだとは思っていましたけど、ここまでノリノリな方だとは思っていませんでした(笑)。

みんなに騙されたと思った赤オニさんは、ハイパーアカンベェを繰り出し戦闘モードへと突入。
今回のビデオカメラ型のアカンベェ。そのスイッチを使って対象となる人間の動きを操作できるという能力の持ち主……。
これは強いですよ。これまでも様々な能力を持つアカンベェが出てきましたが、その中でも最強クラスの能力ではないでしょうか??

動けなくなってしまいプリキュアたちが苦戦しているところに、風来坊ホップが乱入するも全く手も足も出ずに撃沈。
カッコよかったのは登場シーンだけでしたね〜。
さすがに、アカンベェ相手にセットで使っていた木刀で向かっていくのは無謀すぎます(笑)。

しかし、続いて乱入してきたキャンディがゾウさんの鼻を使ってアカンベェの機械をショートさせるという頭脳プレー。
最初、ゾウが出てきた時はバカにしたものですが……、まさかの頭脳プレーにはびっくり。
キャンディもいつの間か成長していたってことですかね〜。まぁ、何気にこれまでも数々の修羅場をくぐりぬけていますし……。

その後は、赤オニさんが間違えて早送りのスイッチを押してしまったこともあり、あっという間に勝負あり。
とはいえ、あのスピードのプリキュアと互角に肉弾戦を繰り広げた赤オニさんも大したもの。
能力は最高のものでしたからね〜。これで倒せないとなると、とりあえずはドジっぷりを直さないことには永遠に勝てないかも、かも、かも(笑)。

一件落着後、戦いの四六時中を撮影されていたことに大慌ても、ホップがビデオテープを取り出し、そのシーンだけしっかりとカット。
いや〜、それにしてもビデオテープとは懐かしい。

さてさて、後日、映画の試写会に参加してみたみゆきたちですが、ホップの活躍ジーンだけというその内容は酷過ぎ。
たしかに、プリキュアはぼかしが入っていましたけど……。
この内容では、とても普通の料金は払えないな。明らかなぼったりというか、クレーム付きまくりではないかと思います。
ブンビー監督も、よくこんな内容でOKだしたな〜。本気で映画監督なのか怪しいです!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(4)

スマイルプリキュア! 第32話「心を一つに!プリキュアの新たなる力!!」

今回は、みゆきの奮闘もあり、ナマケ玉から無事脱出に成功するというお話でした。

みんながナマケ玉に閉じ込められてしまい、最後に残されたみゆきもみんなの救出のためにナマケ玉の中へ自ら突入。
いや〜、みゆき、威勢のいい事を言っていたものの、メンバーの中では一番心配な存在(笑)。
正直、即犯されてしまうんじゃないかと思ったのは内緒です。

ナマケ玉の中では、あかねは放課後の部活にも出ず、遊園地へ行って遊ぶという展開。
向かった先の遊園地は各種遊具がアカンベェ仕様という特別製の遊園地……。
名称は“BAD END”でしたけど、アカンベェランドとでもした方が分かりやすいような気がする(笑)。

みんなを助けるためにやって来たみゆき、最初こそ犯されていませんでしたが、みんなから差し出されたお菓子を口にするなりダメモードへ(笑)。
あのお菓子、麻薬でも入っているんでしょうかね〜。
しかし、目が死んでいて、全く生気が感じられないみんなは何とも怖かった。ナマケ玉の力、なかなかに恐ろしいです!!

続いて、みんなを助けるためにキャンディもナマケ玉の中へ突入。すでに、みゆきが犯されてしまっていたものの、キャンディの言葉を受けて復活。
あのクッキーをみんなで分けたが、またまたキッカケになりましたね〜。
「大切なことは自分で決めないとダメ」という言葉……、ものすごく正しいことだったと思います。これをキャンディが言っていることは、ややびっくりだったりしますけど(笑)。

みゆきが復活し、今度は他の面々も……と思って彼女が声をかけるも、その言葉はみんなの心には届かず。
みんな揃って完全に犯されてしまっている!!
いや〜、このシーンはちょっとしたホラーでしたよ〜。演出、怖いです(笑)。

キャンディの提案でみんなを目覚めさせるために空に向かってハッピーシャワーを放つと、ジョーカーさんが登場し、それを防御。
さらに、繰り出してきた黄っぱなとの単独の戦いへ。
「これで十分」と言っていたけど、黄っぱな…今まで登場したことありましたっけ??

アカンベェの相手をしつつ、ジョーカーさんの誘惑の言葉にも孤軍奮闘していたみゆき。
「みんな心から笑っていない」との訴えはまさにその通り。
みんな揃って、ホントに生気を失った目をしちゃっていましたからね〜。

劣勢の展開も、孤軍奮闘のみゆきがホントにアツかった!!
「答えを出すのは面倒だし、苦しいし、でも……辛いかもしれないけど、私たちはそうやって少しずつでも前に進んで行きたい」という訴え……。
これぞプリキュアというありがたい言葉だったと思います。やっぱり説教力がないとダメです(笑)。

アカンベェがみゆきにトドメを刺そうとした時……ようやくみんながみゆきの言葉を受けて復活。
いや〜、皮切りとなったあかねの登場のシーン、むちゃくちゃカッコ良かった!!
もちろん、その後に登場した面々もよかったけど、一発目があまりに印象が強くて霞んでしまった感が否めなかったです(笑)。

その後は、「頑張ったその先にあるものが、本当の笑顔」という名言を残しつつ、一致団結しナマケ玉を粉砕。
超サイヤ人のごとくオーラが噴出していたプリキュア(笑)。
ジョーカーさんも、こうなってしまったみんなを止めるのは不可能かと。

脱出した後、ジョーカーさんがアカンベェを黒っぱなに改造するも、対するみゆきたちはロイヤルクロックの力を使って、一気にこれを撃破。
ロイヤルクロックの力、今度はペガサスさんの力を借りるのではなく、フェニックスの力を借りるというものに変わっただけ……。
もうちょっと変化があるのか?と期待していただけに、ちょっとこれはちょっと残念。

ロイヤルクロックの力が発動したことで、さらにデコルを集めることでロイヤルクイーン様が復活するということが発覚。
おいおい、またですか??
前回も同じようなことを言っていたような気がするんですが……(笑)。
ホントにデコルを集めるだけで復活できるのか?、ちょっと心配になってきましたよ〜。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第31話「ロイヤルクロックとキャンディの秘密!!」

今回は、ロイヤルクロックを使って、黒っぱなを撃破するというお話。

デコルを揃えたことで出現したロイヤルクロックですが、キャンディは使い方はもちろん名前すら知らずという相変わらずの展開。
「すごいアイテム」と笑顔で言っていましたが……(笑)
最終的にはお腹が空いてしまいダウンしちゃいましたからね〜。ホントに何も知らないで、この世界に来たんだな〜。何気に大したものかと。

キャンディのためにクッキーを持ち出したみゆきは、それを6等分してみんなで食べることに。
「一人で食べるより、みんなで食べた方がおいしい」。
みゆきらしいですね〜。しかし、あのクッキーをきれいに6等分しちゃうってのが何気にすごい(笑)。

そこへホップが絵本に乗って登場、もちろん、みゆきは恒例の顔面キャッチ!!
が、ロイヤルクロックという名称だけは知っていましたが、使い方まではわからなかったようで。
しかし、「任せるでござる」と威勢よくいったものの、クロックに「もしも〜し?」と話かけるだけとは……。偶然にも動いてくれたからよかったけど、何ともテキトーな(笑)。

ホップの呼びかけに応じてクロックの中から出てきたクイーン様は、「ロイヤルクロックの本当の力を引き出すためには、キャンディとプリキュアのさらなる力が必要」とのアドバイス。
いや〜、クロックの中からクイーン様が出てくるとはね〜。
クイーン様、小さいのでちょっと迫力が足りませんでしたが……(笑)。完全復活された本物を拝んでみたいです!!

そんな中、オオカミさんがジョーカーさんから与えられた新兵器・黒っぱなを持ってバッドエナジーの回収しだし、みゆきたちは現場に急行。
新兵器の黒っぱなですが、アカンベェ本体と使用者が合体できるような代物みたいですね。
以前の作品で同じようなものを見たことがあったようが気がしますが……全く思い出せませ〜ん(笑)。

さらに悪いことにジョーカーさんがキーマン&障害となるであろうキャンディを怠け玉なるものに封じ込めちゃうから大変。
怠け玉の中で、楽しいひと時を満喫していたキャンディ。
いや〜、たしかに怠け者さんにとっては天国みたいなところでしたね〜。遊んで食べて、やりたい放題!!
一生ってのは勘弁ですが、数日ぐらいなら行ってみたい(笑)。

が、みゆきは「キャンディは戻って来ない」というジョーカーさんの言葉に対し、「ホントに笑いたい時は踏ん張って頑張らないといけない時だってある」と反論し奮起。
いや〜、反論してきたみゆきの言葉を聞いた時のジョーカーさん、「はぁ?」とか「へぇ?」というリアクションが面白かったですよ〜。
せっかく決めゼリフを言っているんだから、もう少しまともな反応してあげてくださいな(笑)。

さて、みゆきたち、その言葉の勢いでプリンセスモードに変身し、攻撃を仕掛けるも黒っぱなには効果なし。
ちょっと前に手に入れたばかりのプリンセスモードですが……、ちょっと寿命が短かったな〜(笑)。
次回以降、もうお役御免となってしまうかと思うとちょっと寂しいです。

黒っぱなの前に撃沈してしまったみゆきたちですが、キャンディは怠け玉の中から自力で脱出。
きっかけになったのはお菓子の家を一人で食べていいと言われたこと。
とはいえ、誘惑するみんなはホントに悪そうな顔してましたからね〜。こりゃ、キャンディでなくても異変を察知&逃げ出したくなるに違いないです(笑)。

ところが、目の前には敗北してしまったみゆきたちが横たわっているから意気消沈。
みゆき、こんな状況でもキャンディに優しい言葉をかけてくれました……。
イメージ通り、根性ありますね〜!!

このみゆきの言葉に反応したキャンディは、その秘めたる力が覚醒、黒っぱなのメッキを剥がしてしまうとはびっくり。
えっ?、あの黒っぱな、ホントにメッキだったんですね〜。
ジョーカーさん、急ぎ作ったからこんな中途半端なものになってしまったんでしょうか??
前回同様、また詰めの甘いような展開になりそうで心配(笑)。

キャンディの復活と共に復活したみゆき、久しぶりのアニマルパワーの「気合いだ!」を連呼、ハッピーシャワーでアカンベェを撃破。
戦いを終えた後は「キャンディも仲間、一緒に戦いたい」とひと言。
いや〜、こりゃ追加戦士は……キャンディだったりするかもな〜とちらっと思ったり(笑)。

さてさて、これにて一件落着……と思ったら、まだその場にいたジョーカーさんによって、あかね&やよい&なお&れいかさんの4人が怠け玉に閉じ込められてしまうからびっくり。
完全にフェイントでしたね〜。
あの場で待機していて、すぐに攻撃してくるとは何気にこの手の番組の掟を犯してしまっているような……(笑)。

来週は新しい力が覚醒となるんでしょうが、ジョーカーさんの攻撃もまた厄介そうですね〜。
彼、あれでかなりイヤ〜な性格していますから(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第29話「プリキュアがゲームニスイコマレ〜ル!?」

今回は、バッドエンド王国勢が仕掛けてきたゲーム大決をすることになるというお話。

夏休みの最終日……みんなで遊園地に行こう!と思っていたものの、宿題が終わってないという現実を悟り顔面蒼白のみゆき一同(笑)。
いや〜、担任の先生に指摘されるまで気が付かなかったんでしょうか??
もし、ここで彼女に遭遇していなかったら、補習はもちろんのこと、もっと大変な事態になっていたに違いない。

そんなところにキャンディがサイコロを発見、さっそく振ってみたところ、マジョリーナさんが用意してくれたゲームの世界へ移動しちゃうからびっくり。
道端に転がっているものに手を出すと……、それはマジョリーナさんの仕業だったりしますね〜。
リアルに迷惑なので、私物はしっかりと管理していただきたいものです(笑)。

マジョリーナさんが用意したゲームは、制限時間内(6時半まで)に全ステージをクリアしろとのこと。
しかし、何で6時半まで何だろうか……何とも微妙な時間ですね〜。
ひょっとして、マジョリーナさんが辺りがサザエさんの視聴者だったりするんでしょうか??

ゲームの所詮は、みゆきとマジョリーナさんがモグラ叩きで対戦。が、案の定、モグラさんがガードしたり、攻撃してきたり、穴から出て来なかったりと、マジョリーナさんは卑怯な手を使ってきました。
わかってはいましたけど、露骨に卑怯ですね〜。
みゆき、これに対して、ハッピーシャワーを穴にぶつけて、モグラくんが伸びていたところを叩きまくって、何とか勝利。
まぁ、先に卑怯なことをやってきたのはマジョリーナさんなので……この展開はアリかな(笑)。

続く、第二ステージはあかねとオオカミさんが、ゴーカートで対戦。
オオカミさん、あかねのちょっとした仕掛けを使って、鼻をくすぐったり、車事態をミサイルみたいな形に変化させたりと、これまた卑怯すぎる(笑)。
とはいえ、こちらも最後はあかねのファイアーを使った加速で無事勝利。咄嗟に、あの方法を思いつくとは……何気に凄い。

第三ステージは赤オニさんとやよいがボーリングで対決。
玉ころがしとホーリングは違うような気がしますが……、やよい、敵さんのピンの完全ガードを破ってのストライク、お見事でした。
しかし、赤オニさん、ガーターってのはヒドイです。

第四ステージでは赤オニさんとなおが野球で対決、第五ステージではオオカミさんとれいかさんが水泳で対決し、それぞれ勝利。
なお、ホームランを風の力で阻止された時は必殺技をヘディングで返しちゃうとはすごかったですね〜。
一方で、れいかさん、敵がコースにサメを放つ展開も、プールごと凍らせてしまうって……、これじゃ水泳じゃない気がしなくもなかったり(笑)。

その後は、スキー、重量挙げ、似顔絵、卓球、ババ抜きと連戦連勝して最終ステージへ。
最後は観覧車に乗って、降りた時に「ウルトラハッピー!」と言えばいいというものでしたが、これが思わぬ難関。
その道中では、宿題をやっていなかったために補習をしている姿を見せられるという精紳攻撃とは……これはキツイ(笑)。
れいかさん以外は、完全に死んでいましたね〜。マジョリーナさん、世のお子さんたちの悪癖を使ったこの作戦はGJかな〜と思います・。

観覧車を降りた時は完全絶望モードだったみゆきたちですが、れいかさんの「まだ時間はある。私も手伝いますから」の言葉で奮起し、アカンベェを一気に撃破。
観覧車型のアカンベェをやよいの雷でショートさせて、最後はペガサスさんの力を借りての攻撃はお見事でした。
いや〜、やよい、これは意外と頭脳戦……。バカっぽいと思っていたけど、こんな作戦を瞬時に考え出すとは違った一面を知ることができました!!

その後、みゆきたちはれいかさんのお手ほどきを受けつつ宿題に立ち向かうも、最後は家局は補習を受ける展開に。
さすがに、数時間程度で片づけるのは無理だったか……。
みゆきややよいを教えるは大変そうですからね〜(笑)。自業自得なので、補習を頑張ってくださいな。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スマイルプリキュア! 第28話「ウソ?ホント?おばけなんかこわくない!」

今回は、学校で肝試しをやってみる?というお話でした。

楽しい夏休みの登校日?のこと、やよいの読んでいた怖〜い話の本にビビリまくっていたなおのためにみんなで肝試し大会をやることに。
直後、同じ本を読んでいたマジョリーナさんも怖がっていましたが、一体どんな内容だったんでしょうね〜。って、魔女さん本人が怖がってはダメだと思いますが(笑)。
しかし、この提案にノリノリだったやよい。いつもはビビリキャラで通っていますけど、この手の話が得意だったとは意外だな〜と思ったり。

肝試し大会はれいかさんの提案で、学校にある怖〜い話の噂を実際に調べてみることに。
まず、向かったのは音楽室でいきなりピアノが突然鳴り出すから、怖がりななおとみゆきはもうびっくり仰天。
あれ、ホントに音が鳴っていたんですけど、外の3人には聞こえなかったんでしょうかね〜。

その後、向かったのは別の世界に通じているという鏡ですが、ここでも奇妙なz現象が起こりなおとみゆきはビビリまくり。
いや〜、鏡に映った2人の顔が凄かったです!!
とはいえ、そんな2人に対して、この状況を楽しんでいるやよいが(笑)。ホントに怖がっているのに、1人、笑顔であり続けるところが何気に凄い。

続いて続いて、向かったのは絵が動くという話があるという美術室。ここでも怖がり解消のためになお&みゆきの2人でいくことになるも、2人が反対し5人で行くことに。
すると、ホントに絵が動くから5人ともびっくり。いや、正確には4人でしょうかね〜。
やよいだけは、ものすごい目が輝いていたので(笑)。

ところが、絵に違和感を感じていたなおは、その絵が実は以前戦ったマジョリーナさんのヤングモードだということを思い出し話は別方向へ。
すぐに思い出してほしいものの、びっくりしていて混乱していたんでしょうね〜。
何と言いますか、種明かしがわかり安心しきった感じの表情のなお&みゆき。まぁ、実際に怪奇現象が起こっていたわけで、これは2人じゃなくてもビビッていたかも、かも、かも(笑)。

そこに若作りモードのマジョリーナさんが参上するも、すぐに時間切れ(笑)。
やっぱり無理しているんでしょうか??
一体、どれぐらいの使用時間がどれぐらいか?わかりませんが、年も年なのであまり無理をしないようにした方がよろしいかと。

今回のアカンベェは学校全体という代物。なるほど、だから怪奇現象が起こっていたわけですか……。
最初はプールやピアノ等々だけがアカンベェ化したと思っていたので、犯人がわからなかったんですよね〜(笑)。
しかし、マジョリーナさん、今回は大判振る舞いだな〜。

郎下が傾いたのか?、足が止まらなくなってしまったり、人体模型に追いかけられたりして大慌てだったプリキュア面々。
特に、やっぱりというか、みゆき&なおがビビリまくり(笑)。
まぁ、変身したところで、やつらに実際に追いかけられると絶対に怖いですよ〜。私でも、腰抜かして、「許して」と懇願するかもしれませんです。

ところが、みゆきたちが走りまわったことでアカンベェは悶絶、みんなを吐き出しちゃうとは……。
特大の学校アカンベェ、体内を走りまわられたりしたら、そりゃくすぐったいですよね〜。
しかし、学校アカンベェのデカさにはびっくり。以前、登場した通天閣アカンベェに継ぐ大きさでしょうか??

とはいえ、デカいだけで動きまわることができなかったようで、脱出成功したプリキュアのプリンセスモードにより瞬殺。
倒した後は、“ドヤ”って感じでしたね〜(笑)。
おまけに、今回はデコルを4つもゲット。マジョリーナさん、いくら夏休みだからって、ちょっとサービスしすぎです。

最後は、宿題がたまりにたまっており、大慌てなみゆきたち一同を見つつおしまい。
冷静沈着なれいかさんですが、自由研究は超常現象についてですか??
オカルト関係、調べるのはいいことだと思いますが、ハマりすぎないように注意していただきたいものです(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スマイルプリキュア! 第27話「夏のふしぎ!?おばあちゃんのたからもの」

今回はプリキュア一行でみゆきのおばあちゃんの家に遊びに行くというお話。

夏休み、みんなでみゆきのおばあちゃんの家に遊びに行くことに。しかし、どこぞからの駅から多少?は歩かないと行けないみたいですね〜。
あの炎天下で歩くのはキツイな〜と思いつつ、体力面では自信がありそうなあかねがバテているとは何とも珍しい光景でした。
食欲もないみたいだったので完全な夏バテでしょうかね(笑)。

そこに途中まで迎えに来てくれたのか?、おばあちゃんが登場。
開口一番、水で体を冷やしていたあかねに対して、「河童が出る」って……(笑)。
一番反応していたなお。この話題は……勘弁してほしいでしょうね、彼女にとっては。

おばあちゃんの家に到着し、一服したみゆき一行は、まず川で冷やしていたおばあちゃんお手製の野菜を堪能。
いや〜、おいしそうな夏野菜、羨ましい!!
私も暑さでイマイチ?食欲がでないので分けてもらいたいものです(笑)。

そんな中、さっきの河童の件を心配していたなおの話を聞きつつ、河童さんがイタズラをしないようにきゅうりのおすそわけ。
河童さんに明るく挨拶をするみゆきと、それを顔をひきつらせて見ていたなおの表情の違いが……(笑)。
この2人を比較すると、なおにとっては洒落にならない悩みなんだろうな〜。

小さい頃、河童や天狗、座敷わらしの話を聞かせてもらったというみゆき。
なるほど、みゆきが絵本等が好きなのはこんな理由もあったんですね〜。
なおも小さい頃から、そんな話を聞かせてもらっていたら、河童にこんなにビビることはなかったんじゃ……(笑)。

夕飯を食べてから、花火を楽しみつつ、「おばあちゃんも、みんなと一緒に暮さないか?」と本題を切り出したみゆき。
が、「宝物があるから」とこのお誘いをお断り。
結局、最後までこの宝物の正体はわからなかったけど……単純に「住み慣れた土地を離れたくな」と言ったところでいいんでしょうか??
たくさんのお知り合いもいらっしゃるみたいですしね〜。

翌日、おばあちゃんの畑仕事のお手伝いをしていたところに、オオカミさんが参上。
夏バテ気味で涼みにきたようですが……、川で何者か?に遭遇して大慌て(笑)。
いや〜、何とも情けないですね〜。みんなを怖がらせることが商売なのに、逆にビビッて逃げてくるなんてダメでしょ??

そんなオオカミさんですが、みゆきのおばあちゃんに実はお腹が減っていることを見抜かれてしまって赤っ恥(笑)。
みゆきのおばあちゃん、ちょっと表情を見ただけでその心中を察するとは鋭い!!
何気に人形として振る舞っていたキャンディにもご飯を作ってあげていたし、あのオオカミさんを見て何の躊躇もないとは、よほどの大物です。

オオカミさん、そんなおばあちゃんからバッドエナジーを吸収しようとするも、何とおばあちゃんは全く絶望していないようでこれに失敗。
さらに、「絶望なんてしないわ。天気が悪いこともあるもの。必ずお天道さまは登ってくる。ずっと真っ暗なんてことはないのよ。何があっても笑顔で一生懸命生きていれば、いつかきっと幸せはやって来る」と説教されてしまう始末。
完全に完敗ですね〜。おばあちゃん強しです(笑)。

オオカミさんをよそにご飯を作りに行ってしまったおばあちゃんですが、その間にオオカミさんはアカンベェを投入、本格戦闘へ。
まずは、おばあちゃんの家から当座ける作戦も、みゆきたちが「おばあちゃんの大切なもの」について雑談を交わしているところに攻撃されてしまい大ピンチ。
って、みゆきたち、油断しすぎでしょ??
気になるのはわかりますが、あのタイミングで話し合い開始というのはマズイです。

その隙にアカンベェはおばあちゃんの家に対して砲撃を加えるも、謎の風によってこの攻撃が消滅。
みゆき曰く、「天狗じゃないか?」とのこと。
「まさか?」と思っていると、さらにオオカミさんが川で出会ったであろう河童さんもアカンベェの足を取るという援護!!
いや〜、オオカミさん、おばあちゃんにはあらゆる意味で完敗ですね。もう、この山には近付かないことをお勧めします(笑)。

プリンセスモードで一気にアカンベェを撃破した後、みゆきたちはおばあちゃんがオオカミさんのためにこしらえてくれた稲荷寿司をパクリ。
その場で「おばあちゃんの大切なもの」について尋ねようとしたものの、結局最後までその正体はわからず終い……。
まぁ、何となくわかりましたけどね〜。しかし、おばあちゃん、オオカミさんをキツネと間違えるのは止めてあげましょう(笑)。

最後は、この山に住んでいらっしゃる皆さんからの御礼が届いている祠を見つつおしまい。
なおはビビッて、腰を抜かしてしまいそうな光景ですね〜。
とはいえ、せっかくなのでみんなでありがたく頂いてください!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スマイルプリキュア! 第26話「夏祭り!夜空に咲く大きな大きな花!」

今回は、みんなで夏祭りに遊びにいくというお話でした。

浴衣で夏祭りへと繰り出したみゆきたち一行。
キャンディもデコルを使って浴衣姿にチェンジさせてもらっていましたが、なかなかに可愛かったですね。
まぁ、みんな可愛かったけど、個人的はやっぱり……れいかさんが一番似合っていたような気がする。何というか、一番、様になっていたような気がするので(笑)。

綿あめを食べて、金魚すくいに、射的等々、みんな夏祭りを満喫している感じで、何tも羨ましい!!
れいかさんの金魚すくいの腕前にはびっくり。「おじい様直伝の技」と言っていましたけど、なぜにこんなことまで教えたんでしょうかね〜。
それから、射的では納豆ぎょうざあめを当ててしまったキャンディは可哀想なこと。しかし、納豆ぎょうざあめ……引っ張りますね〜。今後も活躍の機会ありかな(笑)。

そして、同じく夏祭りの会場に来ていたマジョリーナさん、こちらも夏祭りを満喫?
リンゴ飴のおいしさにびっくりしていたけど、たしかにあれはおいしい(笑)。私も祭りに行くたびに、必ず買っているので(笑)。
ついでながら、金魚を食べたちゃいけませんよ〜。
それはいいとして、射的でせっかくグアム旅行を当てたのに、「ガム」と勘違いしてしまうとは……勿体ないです。

飴細工ではキャンディの飴細工を作ってもらったみゆきたち。
あのおじさん、一瞬でキャンディの飴を作ってしまうって……神業すぎる!!
あんなことを目の前で披露してくれたら、感動ものでしょうね〜。

そんな中、お面に気を取られて一人で動いてしまtったキャンディが輪投げの景品になっちゃうから大変。
みゆきたち、「こうなったら正攻法で」とばかりに、なけなしのお金300円を出しあい5個の輪投げを入手し、挑戦するもことごとく失敗。
れいかさん、輪投げの出店を出していたおっさんをゲットしてしまうって……。虫に驚いて輪投げを投げ出してしまったなおはともなく、自分のほしかった商品をゲットしていたやよいはね〜、全く何をやっているのやら(笑)。

あかねが見事にキャンディに輪がかかりそうになるも、キャンディの頭が大き過ぎで輪投げが下まで通らないという事実が発覚って……。
これは「オワタ」かと思ったものの、みゆきが投げた輪をキャンディが自ら体に通して見事に救出成功(笑)。
いや〜、あんな裏技はマズイような気がしますが、よく見つからなかったな〜と。

そこにこちらも祭りを満喫していたマジョリーナさんと遭遇、戦闘モードへ。
繰り出したのは、スーパーアカンベェの戦闘力の前に大苦戦を強いられる展開……。
あの輪に一人、捕まってしまったやよい、ちょっと油断しすぎですよ〜。
しかし、暴れまくるスーパーアカンベェの戦闘力はホントに高いです。いや〜、もう最初っからペガサスさんの力を使ったほうがいいかも、かも、かも。

マジョリーナさんが祭りのことをバカにしたことをキッカケにしてみゆきたちが奮起、ペガサスフォームに変身して敵さんを一気に撃破っと。
いや〜、マジョリーナさん、あれこれと言っていたけど、祭りをかなり満喫していたような……(笑)。
おいしいリンゴ飴にも出会えなかったんですよ〜。ってか、見た目からして天狗のお面被っていたし…(笑)。

最後は、一番楽しみにしていた花火を見つつおしまいっと。
空に咲く大きな花……いいですよね〜、夏って感じで!
今年は地元の花火大会にも行けなかったので、みゆきたちが何とも羨ましい限りです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)