ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

天装戦隊ゴセイジャー epic40「ストロング・アラタ」

今回のお話は、過去の世界に行ってしまったアラタが大奮闘するというお話でした。
いや〜、今回は妙に名言が多かったような……(笑)。

アラタがいなくなって意気消沈のゴセイジャー面々に対し、望む。「アラタがいないなら、アラタの分までみんなで戦おうよ。それが護星天使でしょ?」とひと言。
望、いいことをいいますねぇ〜。
持っていた似顔絵が遺影に見えてしまったのがやや困りものでしたけど(笑)。

データスが必死に解析を進めた結果、アラタは過去の世界に飛ばされてしまったのでは?という情報が。
データス、煙を吹くまでやってくれるとは、よく頑張ってくれたもの。
残された面々にとっては、生きているということがわかっただけでも朗報ですからね。

一方で過去の世界に飛ばされたアラタは、何とか天の塔が破壊されるのを阻止するため他の面々を説得するもうまくいかず。
たいした交流がなかったかもですが、過去の他のメンバーの陰湿なこと(笑)。
他のメンバーに無関心で、ホントに嫌な人に見えました。
いや〜、現在の状況からは想像できないですねぇ〜。

みんなの説得に失敗し単身で天の塔のもとへ向かったアラタですが、待ちかまえていたのはバクトフージERの前に大苦戦。
が、望を助けたというアラタの人柄を知った面々、助けに来てくれました!!
やっぱりアタラは人柄というのは魅力的ですね〜。
実際にはあんなキャラはいないんでしょうけど、彼がウソつくような人には見えないと他人に思わせるだけでも十分にすごい。
そんなオーラを、わたしも身につけたいですわ。

話は戻って、現在では残された面々がマトリンティスと対峙。
しかも、データの収集のためにロボゴーグ閣下が自ら出陣!!
いや〜、強気な閣下に対してゴセイナイトは「わたしたちのパワーは無限大に湧き出る!」と一喝しちゃうとはびっくりしました。
ゴセイナイト、相変わらず熱血してますねぇ〜(笑)。

過去の世界ではバクトフージERに苦戦していたものの、アラタの熱血パワーがみんなに伝染、一気に敵さんを撃破!!
「この星も、すべての生きる命も、わたしたち仲間も、絶対に傷つけさせない!」の熱血っぷりを発揮したセリフはシビレました。

バクトフージERを撃破したことで現在に戻ってきたアラタ、続いてはロボゴーグ閣下と対戦。
アラタ、強大な力を持ち、人間を見下している閣下に対して「力は自分のためではなく、誰かを守るためにこそあるんだ!!」のひと言。
名言が出ましたねぇ〜。
今回はホントにシビレるセリフが多くてすごいです。

ロボゴーグ閣下、アラタによって吹っ飛ばしされるも、ほとんどダメージはなし。
いや〜、とりあえずはひと安心。
閣下のやれらっぷりを見ていて、撃沈しないか?とかなり心配だったんですよねぇ〜。
ゴセイジャーは幹部クラスでもあっさり撃沈してますから(笑)。
閣下には、まだ少し期待できそうだなぁと。

閣下がデータ収集を終え引き返したことで、メタルAとブレドRUNも退却。
残りはバクトフージERの巨大戦となったわけですが、案の定、あっさり撃沈(笑)。
能力の見せ場もなくて、敵さん、ちょっと可哀想でしたです。

最後は、アラタの夢が「みんなで地球を守ること」ということを知っておしまいっと。
過去に飛ばされたアラタ、昔の自分が自分の力で地球を守ろうとしていたということを学んできましたか……。
何の変化もないように見えるアラタですが、彼もやっぱり成長しているんだなぁと思ったりしました。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(2)

天装戦隊ゴセイジャー epic39「エピック・ゼロ」

今回のお話は、アラタがタイムスリップしちゃうってなお話でした。

未来の履歴書なる宿題のために将来の夢について考えていた望。
天文学者に宇宙飛行士、映画監督、画家、公務員等々、望にはたくさんの夢があるんですねぇ〜。何ともうらやましい……(笑)。
とはいえ、個人的には画家がオススメでしょうか??
これまでの話から相当な画力があることは明らかですから、その力をぜひ生かしてもらいたいです。

風に吹き飛ばされ川に落ちそうになった帽子を救ったアラタ。
アラタ、いけないとわかっていても、こういったことはちょこちょこやっているみたいですな。
彼らしい手助けですね。
いや〜、それにしてもアラタの将来の夢というのが気になるところ。

そんな中、マトリンティスが出現。
今回の敵は、時間を10秒巻き戻す能力を持つタイマーのバクトフージER(イーアール)。
たった10秒とは言え、その能力は厄介極りない代物ですね。
未来がわかっているわけですから、攻撃は難なく避けられてしまいますし、超天装もできない。
いつもながらにすごいメカを送り込んできたものです。

しか〜し、こいつは単なる前座。
出てきたのは、チュパカブラの武レドラン改めサイボーグのブレドRUN!!
やっぱり蘇ってきましたねぇ〜(笑)。
敵に利用されての再生ではありますが、その執念はさすがのひと言です。

早速、ブレドRUNと対峙したアラタですが、戦闘力はそれなりにアップしているようで大苦戦。
これからも良い戦いっぷりを見せてほしいですねぇ〜。
ついでに、吹っ飛ばされっぷりもですが(笑)。

ブレドRUNにやや不具合が発生したところで、バクトフージERが巨大化。
大きくなっても、その能力は相変わらず厄介でしたね。
やっぱり、時間を戻してしまうとなると反則と言ってもいい技だなぁと。

苦戦していたところに、ブレドRUN、ゴセイジャーの戦いっぷりを見て微妙な反応を示し、バクトフージERを後押し!!
何とその影響で、アラタだけがタイムスリップしちゃうとは……。
この展開にはびっくりでしたねぇ〜。
アラタ、過去の望と会ったはいいものの完全に不審者扱い(笑)。
挙句、緊急事態とはいえ、ゴセイパワーまで使ってしまったがために、ますます逆効果。
子供たちの驚きっぷりと言ったらかなり笑えました!!

そこで、過去の世界にやって来たアラタは、悲劇的な未来を何とかするために行動開始。
うん??、こんなことしちゃっていいのか??と思いつつ、来週のアラタはどう動くのか?、かなり楽しみであります。

しかし、心配なのがマトリンティス。
予告編からするに、もうロボゴーグ閣下が出撃してくる感じ。
まさか……、やられたりしないでしょうね。
まだ登場してからたったの7話。もし、これで滅ぼされたりしたら、いくらなんでも問題ありですから(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

天装戦隊ゴセイジャー epic38「アリスVSゴセイナイト」

「教えてやろう。人が人を思う気持ち、それを愛というのだ!!」
ゴセイナイトがメタルAに対して言い放ったひと言。
……、ホントにカッコ良すぎるんですが……(笑)。
ちょっと前までは人間に全く関心のなかったというのに、こんな早く愛について語ってくれる日がくるとは思ってなかった!!
いや〜、わたしなんかもう完全に超えられてしまっている感じですかね〜。
ゴセイナイトに愛についてのご教授を願いたいものです。

さて、話は本編について。

単身赴任中だというヒゲ所長の奥さん、裕子さんが帰って来るという連絡を受けた面々は大喜び。
おいしいお蕎麦屋さんにつれていったのに自分はカツを食べた、外国に行って「外国人多くない?」と言った、得意料理はTKGことタマゴかけご飯という数々の伝説を持つという彼女。
いや〜、ぜひ登場してほしかったなぁと思ったり。

そんな中、マトリンティスではメタルAが出陣し、電車という交通網を破壊。
なるほど、なかなかに目の付けどころはいいですねぇ〜。
現代は電車に限らず、各種交通網が発達しまくってますから、そのうちの1つでも欠けるともう大混乱は必至。
敵さんが狙ってきたのが、電車だけだったのは不幸中の幸いかも、かも、かも。

ゴセイジャーが駆け付けるなり、一度撤退していったメタルA。次に狙ったのは電車が通る鉄橋なのでした。
しかも、運の悪いことに裕子さんが乗って来る予定の電車が通る予定の……。
奥の手として鉄橋を狙ってきましたか。これまた1つでも破壊されででもしたらもう堪ったもんじゃないですな。

何とかメタルAが目を付けた鉄橋を突き止め、爆弾を止めようとするゴセイジャー面々ですが、大量発生した敵さんの前に大苦戦を強いられることに。
いや〜、それにしてもここからの熱血説教タイムはよかった!!
特にハイドの「ただの人間などいない。みんな特別な人間なんだ!!」には、もう感動しちゃいましたよ。
そう、みんな特別なんですよね(笑)。

さらに、熱血タイムは続き、ゴセイナイトの「教えてやろう。人が人を思う気持ち、それを愛というのだ!!」の名言。
これは、ゴセイジャー史上、最強の名言ではないかと。
メタルA、あっという間に粉砕されちゃいましたけど、こうなったゴセイナイトはもう止まりませんから仕方ないですな(笑)。

時限爆弾かと思って爆弾を止めようとしたものの、メタルAの持つスイッチでいつでも爆破可能であり、鉄橋はあえなく大破。
時限式じゃありませんでしたか……。
この辺りは、意外と抜け目ないですねぇ〜。この展開は予想外でしたです。

しかし、ここでゴセイワンダーカードが出現するという奇跡が!!
ワンダーヘッダー、出現するなり線路の代わりになり、電車を無事に通過させるという活躍を見せてくれました。
まさか、線路になるとは……(笑)。
この発想は、実にユニーク!!
線路になったヘッダーだち、可愛かったし実によかったなぁと思います。

最後は、巨大化したメタルAをワンダーゴセイグレートにて撃破。
ここにきて、また新しいメカの登場ですねぇ〜
クリスマス商戦を見据えてのことでしょうか??

そして、期待していた裕子さんはというと、お土産に夢中になってしまったがために電車に乗り遅れてしまったとかで、結局登場せず。
面白そうな方だっただけに、ぜひとも登場してほしかった!!
残り話数は少ないですけど、一度は拝みたいものです。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

天装戦隊ゴセイジャー epic37「エキサイト・モネ」

今回のお話は、モネが悟りを開いてしまうというお話でした。

買い物の帰りにモネが見つけたのは、ダイエットメーターなる代物。
いや〜、敵さん、可愛いウサギさんのかぶり物をした上に、タダで配るとはなかなかの作戦。
これは騙されても仕方ないかな?と思ったり。

しっかし、割り込んできたおっさん、嫌な人でしたねぇ〜。
悪いことをしたのはあっちなのに、文句ばかり言うとは厄介極りない!!
ルールはちゃんと守ってほしいものです。

モネが帰宅しダイエットメーターを自慢しているところに、アドボルテG(ジー)が出現。
すると、現場には石灰化した人たちの姿があり。
腹の立つことをされても怒らせないようにし、もし怒れば石灰化させてしまうとはこれまたなかなかの作戦ですね。
アドボルテG、実力もさることながら、頭もいいですな。

ダイエットメーターをつけられてしまったモネの怒りが頂点に達しそうになったことで、ゴセイジャー面々は一時退却。
いや〜、怒らないようにと自宅待機を命令されてしまったモネ。
お茶に座禅にお花ですか……。
たしかに、落ち着きそうなものではありますが、彼女のようにこのようなことが苦手なタイプの人にとっては完全に逆効果ですな(笑)。
我慢できなくて暴れていたモネが面白かった!!

怒り心頭のモネを癒してくれたのは、ヒゲ所長のなぞかけ。
素晴らしき大喜利の会という大舞台を控え、モネに疲労してくれたのは、
「天知博士と説きまして、刑事ドラマの主人公と説きます」、「その心は??」、「どちらもホシを追いかけます」という代物。
これはこれは……(笑)。
謎かけとしては微妙も、これがモネを救ってくれたわけでさすがはヒゲ所長。

ところが、モネ、このひと言で究極の悟りを開いてしまうとは思いもしませんでした!!
いつもとは違うお嬢様口調で、冷静な戦いっぷりを披露。
ってか、モネ、怖いわ!!
優しい口調でも、敵さんをコテンパンにのしてましたからねぇ〜。
どんなに冷静に見せようとしてみたところで、心の中は怒りで満ち溢れているのが丸わかりではないかと(笑)。

人質を取ろうとしたところで、ついに怒りの感情が表に出てしまいそうになるも、石灰化してしまう前に敵さんを撃破。
アドボルテGの石灰化の攻撃は、ゴセイナイトにも通じませんでしたけど、今回はモネの独壇場でしたね。
あのナイト様も認めていらっしゃいましたし……。ホントにお見事でした。

巨大化も難なく撃破して、一件落着。
最後はネタが受けなくて落ち込んでいたヒゲ所長をモネが慰めている光景を見つつ、おしまいっと。
いや〜、たしかに何気に最大の立役者はヒゲ所長かもですねぇ〜。
彼のさむ〜いネタがなければ、今回のような奇跡は起こらなかったわけですから(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

天装戦隊ゴセイジャー epic36「走れ、アグリ!」

今回のお話は、アグリがその足でアスリートたちを救出しようと奮闘するというお話。

常に鍛えているアグリの前に現れたのは、直人という100m走のメダリストを夢見る青年。
アグリよりも足の速い彼の最終目的は、世界的な選手を数多く輩出している陸上団“チーム・ミティア”と契約することでした。
いや〜、生身の人間がアグリよりも足が速いとはねぇ〜、びっくりですよ。

そんな中、バザルソLJ(エルジェー)が出現。
今回の敵さんの作戦は、相手の肉体を分析する能力を使って優れた肉体を持つ人間を集め、メカ人間軍隊を作るというもの。
サンプルとはいえ、メカ人間軍隊の映像はおもしろかったですよ〜。まるで、どこぞの独裁国家の軍隊みたいでしたから……、怖い怖い(笑)。

バザルソLJが出現した時に駆け付けたゴセイジャー面々でしたが、一度目の対戦は例のごとく敗北。
で、アグリ、攫われてしまった人たちの居場所を突き止めるために、直人さんも出場するというチーム・ミティアの記録会に出場することにっと。
あの敵さん、戦うことが目的でないだけに、人を攫ってしまうと即トンズラ。人質を使った作戦しかないですよね。

しかし、アグリの特訓がまたすごかった。
特に、ゴセイナイトですよねぇ〜。
グランディオンを使って追いかけまわすとは……、ホントに容赦ない!!
ってか、ゴセイジャー面々もこんな特訓をしているゴセイナイトを傍観してないで突っ込みををいれるべきでは??と思ったり。
ついでに言えば、疲れ果てているのに水をぶっかけていたハイドも……(笑)。

そして、本番では直人さんが夢に向かっている力を発揮し、アグリが負けそうになるもそこは正義のヒーロー、最後は同着に持ち込みました。
いや〜、それでも2人もよく頑張ったですよ〜。何気に日本記録更新していたし……(笑)。

走りきってしまった直後、直人さんとアグリは攫われてしまうことになるも、居場所が突き止められた時点でほとんど勝負あり。
測定不能なほどの底力を出した、ゴセイジャー面々によって、バザルソLJは難なく粉砕されました(笑)。
人間のこと、ナメちゃいけませんですよ、マトリンティスの面々様たち。

最後は練習のしすぎでボロボロのアグリを見つつ、おしまいっと。
過度の練習で無理していたんですねぇ〜。
結果は同着だったものの、実力ではやっぱり直人さんの方が上かな、かな、かな。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

天装戦隊ゴセイジャー epic35「パーフェクトリーダーを探せ!」

今回のお話は、ゴセイジャー面々がリーダーを決めようとするってなお話でした。

晩ごはんのメニューについて激論を交わしていた面々(笑)。
ゴセイジャー面々、あれでみんな頑固なところがありますから、あの手の話はなかなかまとまらないでしょうね〜。
一人、暇そうなアラタが可哀想でしたです。

そんな中、マッハのズテルS(エス)が出現、人間を捕まえて彼ら自身を収容するための施設を作らそうという計画を実行。
これはこれはまた大胆なことやってくれますね。
ここまで真っ向から人間を敵視している敵さんは最近少ないような気がしないでもないです。敵キャラとして申し分ないなぁと思ったり。

ゴセイジャー面々はすぐに現場へ急行するも、その素早い動きの前に大苦戦。
空を飛んでいるだけでも厄介なのに、あの動きはますます厄介ですねぇ〜。
ゴセイナイトの射撃の攻撃もらくらく交わしていましたし……。
これまでの分析からこのような敵を出してきたのかもですが、来週以降、こいつのパワーアップ版が出てきたらホントにヤバイですな(笑)。

ズテルSに「リーダーがいないことが問題」と指摘されたゴセイジャー面々は、ハイドをリーダーにして再出陣。
ハイド、空を飛んでいるズテルSを引き付けつつ、捕まっている人たちを助けるという作戦はさすがですねぇ〜。
暗証番号を解読するところで冷静すぎる一面が出ちゃいましたが、彼、リーダーの素質あは十分にあるんじゃないでしょうか??

その後は慎重するぎるハイドに代わって、突撃型のアグリ、天然型でヒゲ所長に護星天使であることをバラしてしまったエリ、リーダーの役を投げ出したエリに代わってリリーフしたモネと次々にリーダーが交代。
いや〜、そういえば、モネって仕切るの得意じゃありませんでしたっけ??
その一面が出れば、この場限りのリーダーなら十分につとめられたような気もしたりしなかったり。

結局、リーダーを決めてもまとまらないゴセイジャー面々はアラタの指示でいつも通りの戦闘モードへ切り替えることで、敵を圧倒。
「大切なのはリーダーがいることじゃない。気持ちでつながっていること」との自分たちなりの答えを導き出しましたねぇ〜。
いや〜、この考えがいいのか?、悪いのか?は判断しかねますが、彼ららしい考えていいなぁと思います。

一気にズテルSを撃破したゴセイジャー面々は、続いて巨大戦へと突入。
スカイックゴセイグレートが撃沈してしまった後はどうなるか?と思っていましたが、ゴセイアルティメットと合体してしまうとは……。
こればかりは敵さんの意見に賛成ですねぇ〜(笑)。
勢いに任せて、こんなヘンテコは合体しちゃうものではないですよ〜。

最後はまたもや夕食のメニューで口論になるも、アラタが「全部のせたエリ丼で」と無理やりにまとめちゃいました(笑)。
いや〜、何だかんだで、やっぱりリーダーはアラタじゃないでしょうかねぇ〜。
本人は自覚ないし、絶対に認めないんでしょうけど、中心にいるのは間違いなく彼かと思うのです。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

天装戦隊ゴセイジャー epic34「ゴセイナイト・ジャスティス」

今回は、やっとゴセイナイトが一緒に戦ってくれるようになるってなお話でした。

新しい敵である機械禦鏖(ぎょおう)帝国マトリンティスは4500年前に海底に沈んだ文明国とのこと。
そして、その生き残りである10(テン)サイのロボゴーグが人類を支配しようと企んでいるらしい……。
今回は、地球を汚しまくっている人間を批判するタイプの思想をもつ敵みたいですね。これは何とも難しい。

それにしても、マトリンティスは思った以上の強敵。
前回、妙にあっさりとやられてしまったなぁと思っていたら、今回は前回の失敗を生かした敵を送り込んできました。
いや〜、これから毎回毎回戦いを分析されてパワーアップしていくとなると、ヤバイですよ〜、ホントに。ってか、今回も何気にヤバかったですし……。

さて、大幅にパワーアップを果たしたザンKT2に苦戦するゴセイジャー面々と救援にかけつけたゴセイナイト。
が、メタルA(アリス)に地球を汚すつもりはないと言われ、ゴセイナイトさん、誘惑されちゃうとは……。
これは痛いところを突いてきますね〜。幽魔獣は地球を汚すのが目的で、ゴセイナイトはそれを阻止するために一緒に戦っていた。人間を守るためってのは、これまでの戦いにはない理由ですから、この点を指摘されるとはなかなか。

悩みまくるゴセイナイトでしたが、望の「あしたがあるから」という言葉と「護星天使だから」という言葉を聞いて覚醒!!
「今を明日につなげることができるのは、今生きている人間のみ」との考えに改めてくれたようで、ほっとひと安心(笑)。
とりあえず、変な方向に行かなくてよかった。ナイトさんを導けたのは、望の大手柄ですね。

それにしても、ここからがすごかった!!
ゴセイナイト、一度スイッチが入ると、もう止まらない!!
その熱血漢でもって、ゴセイジャーをリードし、一気に敵を撃破しちゃいました。
巨大戦のトドメを刺す時なんて、「今だ、ゴセイジャー。お前たちの力を今こそ示せ!」と言って、背中を押してくれましたし……。
今までの彼なら、ありえんですよ〜(笑)。
その熱血パワーはこれからも期待できそうです。

ついでに、ゴセイジャー面々も、ザンKT2と対峙、変身がとけてしまった時に生身で特攻(笑)。
こちらもゴセイナイトに負けず劣らず熱血してましたけどねぇ〜。
今回はみんな揃って、熱血していた回だなぁと思います。

最後は、望の絵を受け取ってくれて、望に対しても「また、会おう、望」と声をかけてくれました。
これまたびっくりなひと言。
ゴセイナイトって、こういったことを恥ずかしがらずにすらっとできるところがすごいです(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

天装戦隊ゴセイジャー epic33「恐怖のマトリンティス帝国」

新しい敵さんが登場いたしました!!

マスターヘッドがいなくなってしまい、天の塔もなくなってしまったゴセイジャー面々。
落ち込んでいるか?と思いきや、全くそんなことはありませんでした!!
.ハイドは笑顔について学びたいとの思いから、アグリ&モネはさらなる成長を誓い、エリは帰った時にみんなに自慢することを増やすためにとそれぞれ目的があり。
いや〜、みんな、かなり成長したなぁと思います。

しかし、アラタの言いだした理由の深さにはびっくり。
「地上は俺たちのいるべきところじゃない」と言った時は驚いたものの、その真意は「本当に地球を育むのは地上の命」とのこと。
つまりは「地球は地球人の手で平和にしましょう」ってなことですか??
アタラ、抜けているようなところがあると見せかけて、こんな深いことを考えているとホントにいつも驚かされますです。

さてさて、今回は新しい敵として機械禦鏖(ぎょおう)帝国マトリンティスが登場しました。
ボスは、皇帝・10(テン)サイのロボゴーグ。
全く天才じゃなくて、10サイという名前にするとは趣味は変わっている方ですねぇ〜。
ウォースターや幽魔獣の失敗を生かしての参戦。
ストーリー的にはあと十数話の命なんでしょうけど、その戦いっぷりには期待したいです。

今回出てきたのは、シールドのザンKT(ケーティー)。
最初こそ押していたものの、ゴセイジャー面々が本気モードのなると瞬殺。
一応、ビービ虫を使って巨大化してみたものの、こちらも瞬殺と、はっきり言っていいところなし(笑)。
幽魔獣は毎回面白い作戦で攻めてきただけに、これだけあっさりとやられるとちと物足りないような気も……。

っと、そういえば、吹っ飛ばされた時に奮闘してくれた望と、アラタの考え方にかなり影響を受けている感じでしたね。
これまでは一貫して、その辺りは無関心だった彼。
来週は、その辺りに関するエピソードみたいなので、楽しみであります。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(2)

天装戦隊ゴセイジャー epic32「究極の奇跡を起こせ!」

ドレイク政権に続いて、幽魔政権も終了のお知らせ〜(笑)。

膜インを倒した!と喜んでいたのも束の間、ゴリさんとパワーアップした膜インさんが襲撃っと。
膜インさん、あっさりやられたなぁと思っていたら、しっかり生きてました(笑)。
前回、猿芝居をしたのはエルレイの匣にゴセイジャーのパワーを利用するため。で、都庁に張り付いた膜インさんは、そこから地底に粘菌ネットワークを広げて地球になるという壮大な計画を画策。
ゴリさんが余裕だったわけですねぇ〜。膜インさんの粘菌、あれでかなり強力ですし、本領発揮するとすごいですわ、やっぱり。

ゴセイジャー面々、都庁にてゴリさん&膜インさんと対峙するも、ゴリさんに一蹴され早々に撃沈。
ゴリさん、こちらもやっぱりお強い!!
膜インさん、同様、伊達にボスはやってないってな感じでした。

そんな中、ナイトさんが登場し、彼にゴリさんの相手を任せ、ゴセイジャー面々は膜インさんの方へ。
ところがところが、膜インの力とエルレイの匣が融合した謎の亜空間・幽魔ホールが出現。
ブラックホームみたいな代物ですか?
エルレイの匣、こんなものまで作り出せるとは、ホントに便利な代物ですね(笑)。

とはいえ、そんな時こそ、燃えるのがゴセイジャーの面々。
その熱血パワーで都庁に潜入、多少手こずるも膜インさんを一気に倒してしまいました。
粘ったものの、やっぱりあっさりと撃沈でしたね。
この作品はボス級の扱いが、何とも呆気ないなぁと再自覚(笑)。

ゴセイジャー面々、膜インさんを倒したはいいものの、そのまま幽魔ホールに閉じ込められてしまうことに。
膜インさん、捨て身の攻撃!!
でも、マスターの登場で、やっぱりあっさりとピンチを回避しちゃいましたけど(笑)。
あまりにもあっさりすぎて、膜インさん、可哀想だなぁと思ったり。

さて、閉じ込められたゴセイジャー面々は、マスターヘッドの力を借りて幽魔ホールから脱出っと。
マスターヘッド、自らの力をすべて注ぎ込んでくれるとは……。
アラタたち、相当に期待されているですねぇ〜。今後の活躍については、責任重大ですな。

外ではナイトさんが、ゴリさんを撃沈するも、巨大戦で苦戦している真っ最中。
そこへ天の塔の礎から作りだしたゴセイアルティメットが参上、ゴリさんもあっという間に撃破。
ゴリさん、その活躍には期待してみたものの、やっぱりあっさり撃沈の運命は変わらず(笑)。
作り手さんも、もうちょっとぐらい粘らせてあげてもよかったに……。

来週からは、新たな敵が出現みたいですな。
ゴセイジャーも、マスターを失くしてしまい、ここからは踏ん張りどころ。
とりあえず、来週以降の展開が楽しみです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(4)

天装戦隊ゴセイジャー epic31「ネバーギブアップ!ゴセイジャー」

今回は、膜イン様が逝ってしまうというお話。

望の誕生日パーティをしようと盛り上がっていたところに、膜イン&ゴリさんが出現。
膜インさん、エルレイの匣の力を使って自らのパワーアップさせた粘菌をばらまき、腐らせる作戦とは、さすがは幹部級ですね。
通常の力では消しさることのできないので、これは厄介極りないですわ。

しかし、封筒を開ければ一生暮らせるってなことが書かれていたネンキン特別便。
その封筒を開けると、地球が腐るとはねぇ〜。
ネンキンと年金。作り手さんは、子供たちにも年金がヤバイものだって教えたかったんでしょうか(笑)。

駆け付けたゴセイジャーと対峙した2人、最初は押され気味かと思いきや、それは猿芝居。
いや〜、いくら強くなったとはいえ、幹部級があんなにあっさりとやられたんじゃねぇ〜(笑)。
猿芝居で、ホントによかった。

さらに、一転して幽魔ダイナミックなる攻撃でゴセイジャー面々を圧倒。
膜イン様、砲台にするとはユニークな技ですね。
って、膜イン様が腰を曲げるだけの変身なんですけど……(笑)。その絶妙なコンビプレーには笑いましたです。

膜イン&ゴリさん、ナイトさんがゴセイジャーをかばったことでダメージを受けたため、一時撤退。
ナイトさん、身を挺して守ってくれるとは……。
この奮闘っぷりにはびっくりしました。ひと昔前とは違って、彼らのことを相当に信用しているってなことですかねぇ〜。
できれば、その行動の真意を聞いてみたかったですわ。

ナイトさんがフリーズドライしてくれた粘菌が溶けだしてしまい、ゴセイジャー面々は再び出陣。
が、今度はブラック&イエローの活躍で、幽魔ダイナミックを封じることに成功。
おいおい、必殺技なのに見抜かれるの早っ!!
幹部クラスでも、活躍できたのは最初だけでしたね(笑)。

ここからは、もうゴセイジャーの押せ押せっと。
ミラクルゴセイダイナミックを喰らわせ、さらに巨大化した膜イン様を一気に撃破しちゃいました。
いや〜、幽魔獣のボスも一話にしてお役御免(笑)。
まだゴリさんが残っているし、何かしらの秘策があるっぽかったですが、幽魔獣が滅びるもの時間の問題ですかね。

っと、膜イン酸のお言葉についてもひと言だけ。
「地球に一番やさしくないのは人間」って……。
そんなこと言われても困りますわ(笑)。
確かに、環境問題等々、いろいろと悪いことしまくっている人間ではありますが、それがいけないということに気がついている人がいるのも事実。
その辺りも認めてほしいなぁ……。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)