ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

仮面ライダーW(ダブル) 第39話「Gの可能性/バッドシネマパラダイス」

亜樹子、またまたまた……暴走してましたねぇ〜(笑)。

今回の事件は、シネコンに勤めるというあいさんによる「自分が主演の映画が放映されている」との依頼からスタート。
って、翔太郎、またデレてた!!
ホント、女性には弱いみたいですねぇ〜、彼(笑)。

で、その犯人はあいさんに好意を持っていた同じシネコンに勤める気弱な青年・透。
おいおい、こやつ、いくら好きな子を主演にして7時間もの長編映画を放映するとは……、マジ迷惑すぎるですよ〜。
あいさんが人のいい人だったから良かったものの、やや犯罪臭がしないでもないです(笑)。

それにしても、彼の持っていたジーンのメモリの能力がまた面白い。
遺伝子を組み替えてまったく別のものを作るとは、これまで出てきたメモリの中でもかなり特殊な部類。
戦闘向きではありませんので戦いとなれば瞬殺でしたけど、ダブルの手を牛の人形に変えてしまった技はなかなかだったと思います。

しっかし、肝心のメモリ対峙を差し置いて、大活躍だったのが亜樹子。
超気弱な透君が、あいさんに好意を寄せていると悟るなり、刑務所送りにされる前に映画を作ろうと言い出すとは……。
また、彼女のおてんばっぷりが久しぶりに発揮ですな(笑)。

映画に招聘されてしまった竜さん、マッキーさん、ウォッチャマン。
いや〜、可哀想でしたねぇ〜。
竜さんは魔法使い?、マッキーさんは天使ですか??
で、残りの面々は雑用という可哀想な扱い(笑)。
主演のあいさんはナイトっぽい格好してましたけど、一体どんな内容の映画なのやら……。
すげー気になります。

それにしても、あいさん、ノリのいい人ですねぇ〜。
こんな映画の撮影なんぞ、普通なら即断ると思うのですが……。
よく文句も言わずに撮影に付き合っているものだと思います。

さてさて、亜樹子の奮闘っぷりについて語ってしまいましたが、園咲家でも新たな動きがあり。
冴子さんが、亡き霧彦さんのナスカのメモリを手に入れてパワーアップ。
いきなりLV3の力を発動するとは、さすがは名門の園咲家の出ですねぇ。

とは言っても、ちと可哀想なのが霧彦さん。
ナスカのメモリの力を発動する時、冴子さんが口にしたのは井坂でしたからね。
彼女の頭の中には、すでに霧彦さんのことは完全に消えてしまっているんだろうか?

来週は、ジーンのメモリ&その持ち主・透君を手に入れようとしてエクストリームに完敗した若菜さんが覚醒??
亜樹子たちの映画のその後も気になりますし、来週も目が離せそうにないです。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(6)

仮面ライダーW(ダブル) 第38話「来訪者X/ミュージアムの名のもとに」

流兵衛様・・・・、若菜さんに何やったんだ??
逃亡を企てるも、当然のごとく失敗。その後すぐにガイアメモリの製造工場らしきところへ行き、大変貌!!

フィリップ君、山城との対談の後、すぐに駅に駆け付けるも時すでに遅し!!
駅で会った彼女は、もう以前の若菜さんではありませんでした。
あの明るくてかわいらしかった彼女が真っ黒ですよ。
正直、この変貌っぷりはかなりショックなんですけど……。何がどういった理由でこうなったのか定かではありませんが、以前の彼女に戻ってほしい・・・・。

そして、フィリップ君の正体が山城の口から本人に伝えられちゃいました。
これまでの展開からおおよその予想はついていたものの、園咲家(若菜さんもいる)が敵の本丸で、自分のその組織の家族。
フィリップ君にとっては、ダブルパンチですよ〜。

とは言っても、わかったのはそれだけ。
フィリップ君がなぜに記憶を消されて、園咲家から追放されたのか?は謎。
流兵衛様の息子なら、男だし後継ぎの筆頭でも良さそうなもの。
この件は、おそらくはシュラウドさん辺りが関係しているんでしょうけど、その詳細は1つの注目点ですな。

そういえば、冴子さん、生きてましたねぇ〜。
今度は、園咲家よりも上位の組織である財団Xと手を結びそうな雰囲気。
いや〜、それにしても彼女がちょっと可哀想に見えてきました。
おそらくは使い捨てにされる可能性が高いと思うし、井坂と組んでしまったことでもう踏んだり蹴ったりですね。

しっかし、ミックが強い!!
敗北を喫した処刑人の女性を口封じのために粉砕。
弱っていたとはいえ、その戦闘力は凄まじいです。
幹部級を難なく葬り去るほどの実力者となると、かなり手こずりそうな予感がいたします。
全くおっかない猫ちゃんだな(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

仮面ライダーW(ダブル) 第37話「来訪者X/約束の橋」

冒頭こそ笑わせくれたものの、全体として実にシリアスな内容でしたね〜。

井坂と共に、流兵衛様に反抗してしまった冴子さんに差し向けられる刺客。
お父様、容赦ねぇ〜(笑)。
逆らったとはいっても、実の娘。先週の段階では、多少の罰を受ける程度かと思ってましたけど、そんな甘くはなかった!!

さらに、若菜さんに対して、冴子さんの後を継ぐように要求。ってか、命令??
もう直系子孫は彼女しかいないわけで、この運命からは逃れられそうにないでしょうね、残念ながら。
突然、トンデモな運命を突き付けられてしまった彼女。ちと可哀想な感じもいたします。

しっかし、お父様、ぱっと見は温和な感じも、むちゃくちゃおっかないですな(笑)。
ひょっとして、若菜さんも要求を受けなければ抹殺では??
現段階では、彼がラスボスでほぼ決定かと思ってますけど、こりゃかなりの強敵ですよ〜。

一方で、家族に会うためにミュージアムを抜け出してきた山城が登場っと。
何とフィリップ君の記憶を消した張本人だったとは・・・・。
こんな重要人物が出てくるとはびっくり。
途中から翔太郎が怪しんでいたものの、彼の本当の素性が明らかになったのは最後の最後のこと。
詳細については、来週執り行われるであろう尋問に期待いたしましょう(笑)。

さてさて、園咲家の真実を知ってしまった若菜さんは、フィリップ君と一緒に逃亡を画策??
前述した通り、ヤバイと思いますけどねぇ〜。
園咲家に残るにしても、逃亡するにしても、不幸な運命が待っているような彼女。フィリップ君といるときは、ホントに輝いたのに・・・・。
ファンの一人としては、何とか何とか幸せになってくれることを祈るばかり。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(7)

仮面ライダーW(ダブル) 第36話「Rの彼方/全てを振り切れ」

今回は、竜さん、竜さん、もう竜さん祭りでしたね。

まずは、何といってもトライアルのメモリで誕生した竜さんの新ライダーでしょう。
その能力は、超高速移動で555のアクセルフォームやカブトのクロックアップみたいなものですかねぇ〜。
この手の能力、派手さはありませんけど強力です。そもそも触れることすらできないわけで、相手方としてはどうしょうもないですからね(笑)。

新ライダーの必殺技はというと、その機動力を生かした超ハイスピードコンボによる攻撃。
井坂、あまりに豪快にタコ殴りされていたので面白かったですわ(笑)。
さすがにあそこまでの演出をされるちょっと可哀想かも・・・・。いくら余裕かましていたとはいえ、攻撃する間もないほどの一瞬の勝負でしたからねぇ〜。
竜さんも竜さんであそこまでコテンパンにするとは・・・・、否定されているはずの復讐心から来ているような気がしないでもないです(笑)。

それから、竜さんの凪さんへの気遣いが実に良かったです。
復讐心からではなく、凪さんを守りたいという気持ちから行動を起こした彼。
やっぱりヒーローはこうでないといけないですな。
復讐という負の気持ちを切り替えることで、井坂を撃破できたのは今後の彼にとっても重要だったのではないかと思います。

しかし、一件落着後は、「君を守れてよかった」のひと言にはシビレました!!
いや〜、あの最後の笑顔はいかんわ(笑)。
男気のある行動とそれを実践してしまった力といい、普通に惚れちゃうのでは??
ってか、最後普通にいい雰囲気でしたし・・・・。今後の2人の展開も描いてくれることを強く要望いたします。

さてさて、井坂、ついに撃沈ですねぇ(笑)。
竜さんにタコ殴りにされた後は、メモリを大量使用していた副作用から刑務所送りにされることなく自然消滅。
最後は彼らしいものだったとはいえ、やっぱり寂しい・・・・。
最低な野郎だったけど、悪役としては超一流でしたからね。

そんな井坂の死によって、取り残されてしまったのが冴子さん。
思いっきり流兵衛様に逆らってしまいましたからねぇ、もう帰る場所がないです。
とは言っても、いくら流兵衛様とはいえ、実の娘を抹殺する可能性は低いでしょう。
ある程度の罰は覚悟しないとけいないでしょうが(笑)。
彼女の動向には注目ですね。

最後に1つ、シュラウドの動向も気になるところ。
彼女に関しては、全くの謎ですからね。
話数も、もう30後半に差し掛かるわけで、そろそろ追い込みも近いはず。
楽しみな要素がありすぎて困ったものですな(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(6)

仮面ライダーW(ダブル) 第35話「Rの彼方に/やがて怪物という名の雨」

イ〜サ〜カ・・・・、テメェ!!
こいつの変態っぷりは今に始まったことではありませけど、今週は特に酷かったですねぇ〜。

井坂、最終目的は流兵衛様も持っているテラーのメモリを手に入れることでしたか?
たまたま、流兵衛様がテラーのメモリを使用していたのを見かけてしまったのが、そのきっかけ。
自分の知りえない世界を見たかったってなところでしょうか??
その探究心はすごいと思いますけど、完全に方向がズレとりますな(笑)。

いや〜、いつからネジがずれてしまったでしょうねぇ〜。
最初からこんなやつじゃなかっただろうし、こんな性格になるには何かしらのきっかけがあったのでは??
できれば、こいつの過去の詳細を見てみたいなぁと思います。

しかし、井坂、自分の研究のために、凪さんという少女を利用していたとは・・・・、許せないな!!
無理やりにメモリを打たせて、さらに恐怖を与えるために家族を殺害し、その後も怖がらせ続けていたようで。
これは、いくらなんでも酷すぎでしょ??
自分の体を使って考えを実行するなら勝手だけど、周りを利用するのはいかがなものかと。
むちゃくちゃ嫌がっているのに、無理やりに抑えようとするのはさすがにマズイと思います。

ついでに、冴子さん、井坂と心中することを決めたようで。
おいおい、朝っぱらから妙な描写は自重(笑)。
この手の描写はキバ以来、懲り懲りなので、ホントにやめてください。

さて、自分と同じ境遇にいたことで親しみを感じてしまった竜さんは、彼女を守るために必死に井坂に立ち向かうも撃沈。
竜さん、カッコ良かったですねぇ〜。
結果はともかく、立ち向かっていく姿も男気があってカッコイイ!!
妹からもらった首飾りと一緒を送りつつ、見せてくれた笑顔にはシビレました。

が、力不足を痛感した竜さんは、シュラウドに自ら進言することでパワーアップにチャレンジ。
予告編でちらっと見えていた新ライダーは、アクセルとはずいぶんと違う印象。
どんな戦いっぷりを見せてくれるやら、楽しみです。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

仮面ライダーW(ダブル) 第34話「Yの悲劇/あにいもうと」

雪絵さん、兄を殺された復讐のために、果敢に園咲家へと乗り込むも、あえなく返り打ちに!!

悪ぶってましたけど、彼女の目的はやはり兄の敵討でしたねぇ〜。
地上げ屋を始末しようとしたのも、兄と一緒に通った思い出の幼稚園を守るため。
回想シーンからするに、相当に中の良かった兄妹みたいでしたから、我慢ができなくなってしまうのも当然かと。

が、冴子さん&変態井坂のコンビは、そんな彼女の考えをお見通しで返り打ちにされてしまうとは・・・・、全く言わこっちゃない!!
変態井坂が、「彼女を仲間に・・・」と押した時は、「まさか?」と思ったものの、やっぱりそんなうまくいくはずがないですよねぇ〜。
完全にハメられてしまった雪絵さん、可哀想でした。

さて、この2人、返り討ちにするだけではなく、雪絵さんの能力を跳ね返し、実験台に使ってしまおうとするとは、また酷い。
やっぱり、井坂にだけは関わってはダメですねぇ(笑)。
全く何されるか?わからんし、おっかな過ぎますわ。冴子さんは、よくもこんなおっかない人をそばに置いておけるなぁ・・・・。

こんな井坂の所業を見て、怒り心頭の翔太郎&フィリップ君は、早速やつに対しておしおきタイムを決行、
竜さん、ここぞとばかりに駆け付けるも手も足も出ずでしたねぇ〜。
さすがは井坂、強敵ですな。

が、エクストリームという新たな力を得たダブルは、井坂を圧倒。
結局、逃げられてしまいましたけど、やっぱりエクストリームの力を使えば、恐るるに足らずですよね〜。
4つのメモリを使った必殺技も出さなかったし、しばらくは大丈夫かと。
まぁ、あいつのことですから、すぐに何かしらの対策を講じてくるだろうし、油断はできないと思いますけど・・・・(笑)。

しかし、最後、雪絵さんがイエスタデイのメモリの副作用で記憶喪失になってしまうとは、何とも切ない終わり方でしたねぇ〜。
自業自得とはいえ、大切な兄様の記憶まで失くしてしまうとは可哀想です。
翔太郎じゃないけど、いつか記憶を取り戻してほしい。そう願わずにはいられませんね。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(5)

仮面ライダーW(ダブル) 第33話「Yの悲劇/きのうを探す女」

いや〜、イエスタデイの能力が面白い!!
相手の前日に起こったことをそのまま再生させるという、このメモリの能力。
傍から見たら、ヤバイ人ですよねぇ〜、絶対に(笑)。

冒頭に登場した地上げ屋さんの一味の行動。
プールに飛び込んだことを再生されてビルの上から飛び降りたり、高速道路走行を再生され一般道を爆走、犬の散歩を再生され道路に飛び出したりと、キケン過ぎる!!
本人の自覚も全くないみたいですし、再生されたら終わりですよ(笑)。

そして、まんまとこの能力の餌食になってしまった翔太郎。
一人で猫の真似したり、竜さん相手に愛を囁いたりと、一人相撲したりと、その行動は前述の方々と同じく危なすぎます。
見事に操られており、亜樹子のスリッパも全く効果なし(笑)。
いや〜、実にユニーク且つ厄介な能力ですな。なかなか斬新なメモリには楽しませてもらいましたわ。

しかし、今回の依頼人さん兼イエスタデイのメモリの持ち主が、まさかあの霧彦さんの妹さんだったとはびっくり。
冴子さんを狙ったのは、兄を始末された復讐ですか??

私は、彼女を応援したいですねぇ(一応、犯罪者だということは断っておきますが)。
霧彦さんは、私も大ファンだった一人。
冴子さんは彼を始末した張本人だけに、いずれ何かしらの罰は受けるべきかと思っておりますので。

さて、妹さんは、その能力を使って園咲家と乗っ取るようですが、また大きくでましたねぇ〜。
とは言っても、園咲家の主・流兵衛様は強敵。冴子さんや変態井坂もいますから、そう簡単にはいきませんよ〜。
逆に返り打ちにされたりしないか心配です。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(5)

仮面ライダーW(ダブル) 第32話「嵐が呼ぶB/今、輝きの中で」

翔太郎も進化しましたねぇ〜。

ダブルの変身が解けてしまい、挙句、フィリップ君に「今の翔太郎は弱すぎる」とまで言われてしまった翔太郎、これはショックですよねぇ〜。
完全に腑抜けになってました(笑)。
フィリップ君も、事実とは言え容赦ないですな、全く。
彼の性分なのかもしれませんが、もう少しやんわりと言えなかったものかと。あんな言い方では、普通に相手を傷つけちゃいますよ〜。

が、これで諦めなかった翔太郎。
クマの置物を探し出して、単身で事件の解決へと奔走。
いや〜、完全に自暴自棄になっていたな。
雨に打たれつつ、クマの置物を持ってきたところとか、かなり痛々しかったです。

しっかし、鈴子さん、有馬の共犯者だったとはびっくりしました。
あれが猿芝居だったとは、真っ黒ですねぇ(笑)。
翔太郎が推理を聞いている時の豹変といったらありえないわ〜。
罪をかぶってくれた尾藤さんに対しても酷い裏切りだというのに、逆ギレ!!
おっかない人です。

さてさて、一人で無茶をしでかしてしまった翔太郎を見て、フィリップ君は
「完璧な人間などいない。互いに支え合っている」とおやっさんの言葉と、クマの置物に入っていたメッセージとを引用しつつ、翔太郎へ「相棒は・・・」とアツいメッセージを。
良かった!
ホントに良かった!のひと言に尽きます。
泣きそうになりつつ、「ありがとう」と言う翔太郎がまた良かったです。
男の友情・・・・、美しいっス!

そして、友情パワーでもって進化した翔太郎、エクストリームのメモリを呼び寄せて新たな力を覚醒させ、恒例のおしおきタイムへ!!
地球と一体化し、すべての情報を持ちうるとはすごい。
必殺技はデンカメンソードみたいなもので、4つのメモリのマキシマムを同時に発動できるとは、やや反則な気も・・・・(笑)。
これで、井坂、恐るるに足らずですな。

いや〜、それにしても、あの変身には笑いました。
ダブルだからって、真ん中から割れるとはねぇ〜(笑)。
アクセルにも言えることですが、この作品、ライダーの変身の手法が実に面白いです。

最後は、尾藤さんも屋台の親玉に戻って、すべて一件落着。
欲を言えば、尾藤さんの活躍がなかったのがちと残念ではあります。
実に、いい味を出していただけに、もう一度ぐらい有馬&鈴子と対峙するところが見たかったなぁと思ったりしました。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

仮面ライダーW(ダブル) 第31話「風が呼ぶB/野獣追うべし」

翔太郎、パワー不足で大ピンチ!!

今回の依頼人は、尾藤さん。
出所後に事件の真相を知るために、10年前おやっさんに依頼を出しておいたとか。
いや〜、彼、実にいい味出していましたねぇ。
好きな女性のために有馬の犯した罪をかぶったというのもまた男気があります。
古めかしいその姿もいい感じでしたし、カッコ良い!!

それに対して、有馬は・・・・全くダメ。
すげー大きな借りがあるというに、何だあの態度は??
世間の評判もよろしくないみたいだし、良からぬことをやりまくっているんでしょう。
10年前、トラック襲撃事件から、全く懲りてないみたいだし、最低のひと言につきますな(笑)。
私腹を肥やしている今の地位を築くことができたの、誰のおかげなのか?、今一度、自分の胸に聞いてみた方がいいかと。

しかも、翔太郎が証拠の臭いを臭わせるなり、即襲撃とは小物過ぎる!!
後々、そんなに後悔することになるなら、最初からやらなければいいのに・・・・と思ったりしなくもないです。

さてさて、そんなことよりも今回のメインは、翔太郎、フィリップ君とのパワーバランスが悪くなり、ダブルに変身できなくなってしまったこと。
有馬相手は乗り切ったものの、変態井坂の相手をしている時に、変身が解けてしまうとは危ない危ない。
フィリップ君、あの園咲家の血筋なら、当然、特別な存在。
どこかで、生身の人間である翔太郎がついていけなくなってしまうのは、仕方ないのか???

でも、男の友情を崩してほしくないなぁ・・・・。
彼の相棒は、翔太郎意外には考えられない!!
予告編を見る限り、大丈夫そうな予感はするけど心配ではあります。
翔太郎、どんな手を使うのか?わかりませんけど、そのド根性を発揮してもらいましょうかね(笑)。

どうでもいいけど、変態井坂は勘が良すぎ!!
何て、こう毎回毎回、一番嫌なタイミングでやって来るんだ??
エスパーですか?、あいつは(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

仮面ライダーW(ダブル) 第30話「悪夢なH/王子様は誰だ?」

王子様は誰だ・・・ったんだろう(笑)。

初っ端は、井坂が襲いかかってきて大ピンチのシーンからスタートでしたな。
翔太郎、亜樹子に叩き起こされるも時すでに遅し。
いや〜、このタイミングは運が悪いとしかいいようがない!!
変態井坂の第六感が働いてしまったわけで、どうしょうもなかったと思います。

フィリップ君、重傷?を負ってしまうも、鳥型のエクストリームのメモリによって救出され、何とか危険を回避。
エクストリームのメモリ、戦闘力すげー!
あの井坂相手に、攻撃を難なくかわして、跳ね返してしまうとは半端ないです。

さて、メインの話へ。
夢の世界へ入ったことでヒントを得た翔太郎、ひめかりんの誰にでも「王子様」と抱きついてしまう性格から、恋敵では?と推測。
同じ研究室の福島に目をつけますが、直後に夢の世界へ・・・・。
いや〜、これが猿芝居だったとはねぇ。正直、倒れた時は「えっ??」と思いましたけど、こいつしか犯人いないわな。

犯人探しのために、夢の世界へと旅立ったのは亜樹子。
先週の予告編で大阪の描写は、彼女の夢だったわけですね〜。
たこ焼きの屋台を経営していた亜樹子に、なぜか不良の竜さん&フィリップ君。翔太郎は何だか適当でしたけど、ホント彼のことはよく思ってないないんだなぁと再自覚しました。

それにしても、亜樹子、寝言なのにはっきりしゃべりすぎ。
お手柄なんですけど、この特技は実生活ではかなり迷惑では??
ここまでのはっきりとした寝言を言うとなると、翔太郎たちゆっくりと寝られないんじゃ・・・・(笑)。

亜樹子の寝言をヒントに犯人を突き止めた翔太郎。
真犯人は、案の定、福島でした。
犯行理由についても、当初、翔太郎が推理した通り、ひめかりんが自分のことを好きに思っているとの勘違いから起こってしまったというもの。
突然、あんなこと言われたら勘違いしてしまうのも納得ですけどねぇ。
しばらく、一緒にいれば「誰にでも同じなんだ」ってわかりそうなものでしょうに(笑)。

真犯人発覚後は、おしおきタイム・・・・と思いきや、フィリップ君が行方不明という緊急事態。
2人いないと変身できないのは、こういう時、ホントに厄介ですな。

当のフィリップ君は、エクストリームのメモリ内にてシュラウドさんとお話中。
翔太郎から離れるように諭されるも、これを一蹴、すぐに相棒のもとへっと。
迷いのないひと言は、カッコ良かったです。

フィリップ君、到着後はすぐにおしおきタイム決行。
敵さん、現実世界だと能力が使えないため、ほとんど手こずることはありませんでしたね。
竜さんじゃないけど、楽しい夢の世界を堪能させてもらったので敵としてはいいやつだったと思ったり。

ひめかりんは最後まで変わらずも、あの性格はもう治らんわ(笑)。
社会の荒波の中で生きていくには苦労しそうな感じも、周りが合わせてあげるしかないかと。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)