ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

CLANNAD AFTER STORY 第6話「ずっとあなたのそばに」

今回のお話は、あのネコくんが実は美佐枝さんに志麻君の思いを伝えに来たということがわかるというお話でした。

いつも通り校門のところで待っていた志麻でしたが、やっぱり五十嵐のやつのことが相当にダメージだったのでしょう、学校は欠席っと。
帰り道で偶然、美佐枝さんに遭遇した彼ではありましたが、慰めるつもりがフォローがあまりにもヘタ過ぎで大爆笑。
プロレス技をかけられまくりだったのは哀れでしたが、あれは仕方ないです。

志麻君、実は美佐枝さんのことが好き・・・・。
その理由は叱ってくれるところ。
で、美佐枝さんもまんざらでもないようで、かなりいい感じでした。
志麻君、タイミング良かったですな。
一転して、いい関係になった2人は、一緒に帰りつつ夏祭りに行く約束をっと。

ある日のこと、生徒会のお仕事で帰るのが遅れるなると伝えてくれた美佐枝さんのお友達。
ところが、志麻君、美佐枝さんの仕事しているところを見てみたいと口を滑らしてしまったのがいけませんでした。
何と女装して潜入なんてことをやらされるとは、びっくりでした。
でも、彼の女装した姿は似合過ぎですよ。

そのまま美佐枝さんの友達と一緒に、志麻君の家に行くことになるも、本物の志麻君はすでに他界しているとは・・・・。
何となく、嫌な予感はしていましたが、びっくりでした。
しかし、お友達もびっくりしたでしょうし、いろいろと聞きたいこともあるだろうに、特に追及しないとは、いい子たちだと思います。

そして、2人で約束していた夏祭り。
女装した志麻君、やっぱりバレてました。何気に、これは恥ずかし過ぎます。

願い事を言ってほしいという志麻君ですが、手にしていた小さな袋の中には何も入っていない・・・・。
で、美佐枝さんが伝えた願い事は、「すっと、いつまでも好きでいてください」と一言。
短い時間だったけど、志麻君の思いちゃんと美佐枝さんに通じていたんですねぇ。
がんばっている人の姿は、素敵ですから・・・・。

これを聞いて、泣き出してしまった志麻君ではありましたが、美佐枝さんが飲み物を買いに行き、戻って来ると、彼は消えちゃいました。
なるほど、こんな切ない恋を体験していたんですねぇ。

っと、ここでいきなり現実世界に切り替わり、どうもあのネコちゃんが朋也に代弁者を頼みに来たのかな?
このことが気になっていて、せっかく渚と祭りに行っても雰囲気を楽しんでいなかった朋也。ちょっと可哀想かな?

美佐枝さんを祭りに引っ張り出してきた猫ちゃんでしたが、そのまま朋也たちのところへ。
ネコちゃんの言葉を伝える朋也。
最後まで一緒に祭りを回れなかったことの謝罪とこれからもずっと一緒にいるという2つのことを伝えつつおしまいっと。

あの猫、志麻君の思いを猫に託していたんですかな?
でも、ようやくちゃんと思いを伝えられて良かったですよ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

CLANNAD AFTER STORY 第5話「君のいた季節」

今回のお話は、美佐枝さんの学生時代の恋についてのお話でした。

冒頭は、美佐枝さんの猫を売り飛ばそうとした春原がぐるぐる回されている場面からスタート。
おいおい、いくら貧乏だからって、さすがにそれはやっちゃダメでしょ!!
朋也と渚の2人は、夕食のあまりを春原に届けにきてくれたわけですが、大喜びする春原でしたが、またもや美佐枝さんの一撃が・・・。
前回はカッコ良かったけど、春原はやっぱりこういった役回りなんですね。

今度は、そこに智代さんが来て、かつて美佐枝さんがやって退けた無遅刻無欠席を達成するためのアドバイスを。
ってか、問題は春原のみではと・・・・。

美佐枝さん、実は今だに生徒からの信頼も厚く、何かと相談にくる生徒も多数いる。
でたまたま、やって来たのが恋の相談をしに来た人だったけど、彼に対しては秋祭に一緒に行ってみることを提案っと。
盗み聞きしていた春原は懲りずに、哀れな姿になってましたが・・・。面白いな、やつは。

さて、朋也と渚さんだけ残されて、美佐枝さんから言われたのは、「渚ちゃんと一緒に秋祭に行け!」とのこと。
まぁ、確かに真新しい進展は何もないですからねぇ。私としては、それはそれでもいいと思ってしまうですが・・・・。

そんな中、突然、あの猫ちゃんから「1つだけ願い事を叶える」とか何とかいう声が聞こえてまいります。
もちろん、声が出ているわけでもないのすが、ここからは美佐枝さんの過去の話へ。

美佐枝さんが帰る途中で、いきなり校門で出会ったのが、志麻君。
でも、肝心の美佐枝さんはさっぱり記憶がなかった人物だったわけですけども、毎日毎日、彼女のことを待っているてくれる。
毎度のプロレス技にもめげないとはすごいですな。

そんな彼でしたが、美佐枝さんに付きまとっていたのは、彼女の願いを1つだけ叶えるため。
ころっと忘れていたけど、どうやら入院していた時に、少しだけ言葉を交わしたことがあったのでした。彼にとっては、その時の彼女の言葉にとても感謝しているらしく、恩返しというわけです。

そんな美佐枝さんには、五十嵐先輩という好きな人がいる。
彼のことを彼氏だと勘違いされては大変と大慌てな美佐枝さんでしたが、ホント、そっちの方が良かったんじゃないかと思ってしまうのは私だけか?
願い事は、その人が好きになってくれること?と志麻君が言うも、人の気持ちを変えちゃうのはダメ。
さて、何気に迷惑な気もしますが、一生懸命な彼は何かかなり好感が持てます。

ある日のこと、雨の中でずぶ濡れになりながら、美佐枝さんを待っていた志麻君を学校に連れ込んで、介抱してくれたとは優しいですな。
好きになってしまうことも十分に納得。

ところが、その日のこと、また校門のところで美佐枝さんを待っていた彼でしたが、何だか浮かない表情。
その理由は、美佐枝さんが好きな五十嵐先輩に、「自分には彼女がいるからあきらめるように言ってくれ」と言われたから。
こいつ、自分の口から言うの嫌だからって、勝手に人に押しつけるとは酷いやうだなぁ!

もちろん、志麻君は美佐枝さんのことを大切に思っているから、そんなこと言えるはずもなく・・・・・。
と思ったら、そこに女性と歩いている五十嵐先輩が通りかかったのを目撃しちゃうから大変。
さてさて、どうなることやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

CLANNAD AFTER STORY 第4話「あの日と同じ笑顔で」

今回のお話は、芽衣ちゃんが春原をサッカー部に戻そうと奮闘するってなお話でした。
しかし、サッカー部のやつら、マジでイラついたわ。
うーん、あれは暴行事件があったからとは言え、春原じゃなくても退部する当然ですよ。

芽衣ちゃんは、変になってしまった春原が元に戻るためには、サッカーをやるしかないと考えているようで。
ことみは、芽衣ちゃんに自分の華麗なバイオリンを披露したいというけど、それは明らかにいじめなのでやめてあげましょうね。

やっぱり、サッカー部に復帰してほしいと思っている芽衣ちゃんは、朋也と渚ちゃんも一緒にサッカー部へ「春原の復帰を」直談判へ。
が、そのサッカー部は噂以上の最低野郎の集まりでした。
芽衣ちゃんだけでなく、朋也や渚ちゃんまで言いたい放題とは・・・、イラつくな、ホント!

朋也は、その後、図書館の宮沢さんのところへ相談へと向かいます。
この学校のサッカー部は、何やら独特の雰囲気があり、上下関係が半端なく厳しいらしい。
で、我慢できなくなった春原は、暴力事件を起こしてしまい退部させられたっと。
うーん、あれは退学するわ、そりゃ。
暴力事件は悪いことだろうけど、春原の判断は正しいと思います。

さらに、宮沢さんから彼女のお兄ちゃんの話を聞いて、芽衣ちゃんは再びサッカー部へ直談判へ。
すると、あの最低部員どもは、朋也、渚ちゃん、芽衣ちゃん3人にボール拾いをさせやがります。
が、ボール拾いとは名ばかりで、適当な場所に蹴って、玉拾いをさせ楽しんでいる始末。
さらにさらに、芽衣ちゃんにボールをぶつけるとは・・・・。ホント、最低なやつらです。

一生懸命、ボール拾いをして、最後の芽衣ちゃんがもう一度、春原の復帰を頼んでみるも、やつらは全く聞く耳持たず。
さらに、芽衣ちゃんを捕まえて・・・とやりたい放題。
ついに、朋也は我慢の限界。
そりゃ、ここまでされてキレないやつなんていませんよ。まぁ、私の場合だと、勝算があるならですが・・・・。

朋也が殴りかかろうと思った瞬間、これ以上ないタイミングで春原が参上。
そして、朋也もその喧嘩に加わり、もうめちゃめちゃな状況になっちゃいます。

サッカー部の野郎どもと喧嘩を終えると、今度は朋也と春原が喧嘩を始めてしまうという展開に。
まぁ、やっぱりこうなっちゃうのね。
ヘタレな春原に対し怒り心頭の朋也でしたが、春原自身の「渚をあきらめてまで芽衣ちゃんを取ったなら・・・・」ってのは本心だったのかも、かも、かも。
しかし、2人のホント、アツいですね。

後日、顔を合わせた朋也と春原。
2人も顔はすごいことになってましたが、顔を合わせるなり、笑いだすとは・・・・。
いや〜、これは男にしかわからんですね、たぶん。
2人が出会ったのは、職員室に呼ばれた時。この時も、顔を見るなり笑ってしまった2人だけど、その後は一気にお友達へ・・・ってか親友の領域かな?

最後は、早苗さんを嫁に・・・・っと決心した春原が、秋生さんのところへお願いに向かうから大爆笑。
ってか、本当に秋生さんが旦那様だと気づいてなかったんですな。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

CLANNAD AFTER STORY 第3話「すれちがう心」

今回のお話は、芽衣ちゃんが春原の気を引こうとするってなお話でした。
うーん、それにしても、春原のやつがあんな性格だとは思わなかったですねぇ。単に妹に一任しているってな考え方もできないでもないけど、あそこまでされて何の反応もないとは、ちょっと・・・・。

春原の相手は、早苗さんが変装した磯貝さな子にびっくりな芽衣ちゃんには、いきなりの大爆笑。ってか、あれで気づかないとは、変装がうまいからなのか?、それとも芽衣ちゃんが鈍化だからなのか?、謎ですな。
それにしても、彼女を見た瞬間に、春原の彼女になってしまったことに突っ込みを入れるとは、やつは哀れですな。まっ、当たっているけど。

しかし、春原とのデートはかなり最悪なもの。
食事はやつの行きつけのかつ丼屋さんで、続いて行ったのが、ゲーセンとは・・・・。
おいおい、もうちょっと考えてほしいもんです。

そんな中、公園でいじめられている女の子を発見し、芽衣ちゃんは春原に止めに入ってもらうことを期待していたようだけど、やつは全く関心なし。
でも、結局はお兄ちゃんがやって来て、喧嘩は収まるも、さな子さんが事情を聞いてみると、帰り道がわからなくなったとか?
みんな送ってあげよう提案するも、嫌がる春原。
うーん、これはちょっと己の欲を出し過ぎかなと思いますねぇ。デートなら、また次の機会でもいいかと思いますし・・・・。

さな子さんという彼女ができて以来、春原はもう上機嫌。
が、別に便座にこだわる必要はないと思うのですけども、やつはこれが気に入っちゃったのかな?

家でも上機嫌の春原でしたが、ここで芽衣ちゃんがいきなり、彼氏がいると言い出すからびっくり。
実は、春原の気を引こうとした猿芝居だったわけですが、やつは何の反応もなし。
昔は、芽衣ちゃんがいじめられていると、必ず飛んで来てくれたらしい。
うーん、あそこまで腑抜けてしまうと、ちょっと寂しいってな気持ちはわかりますな。

そんなわけで、朋也たちは芽衣ちゃんに、さな子さんの正体をバラし、事情を説明っと。
まぁ、早苗さんがノリノリでは、やめさせることはできんかと。
秋生さんが、乱入してこれば面白かったような気がしますが、どうなることやら。

さて、デートに出かけた春原を放っておいて、朋也と芽衣ちゃんは2人でお出かけっと。
「お兄ちゃん」ってな言葉に反応しまくる朋也には大爆笑。
しかも、女性陣に見つかってしまうし、周り人たちには白い目で見られるしで大変そうたったけど、自業自得ですな。

ところが、芽衣ちゃんに完全に骨抜きにされてしまった朋也は2000円というプリンセスなクレープまでおごらされちゃうとは・・・・。
続いて、プリクラも撮影。
が、ここで春原参上。
チャンスと思った朋也は、「芽衣ちゃんと付き合っているのは自分」と言い出してみるも、春原は何の反応もなし・・・・。
どうしたの、春原?、マジでこんなヘタレ野郎なんですか?

最後は変わってしまった春原を元に戻ってもらうためには、もう一度サッカーをやるしかないと言い出す芽衣ちゃんと見つつおしまいっと。
さてさて、どうなることやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

CLANNAD AFTER STORY 第2話「いつわりの愛をさがして」

今回のお話は、春原の恋人探しをやるってなお話でした。
もう、春原エンジン全開!ちょっと飛ばし過ぎじゃないかと思ってみたり。

春原、渚ちゃんのところに厄介になっている芽衣のことが気になって仕方がないようで。
まぁ、春原はあの性格ですからねぇ、見張られているのはストレスが溜まるかもです。

さて、そんな彼に対し、朋也が考えたのは恋人作戦。
春原のやつにちゃんとした恋人がいれば、彼女も安心して、帰ることができるんじゃないかというわけです。
しかし、ベビー春原と言われて、喜んでいるやつって・・・・・。

早速、行動開始で、まず目をつけたのは椋。
当然のように断られただけではなく、泣してしまうとは、コラ!
でも、あんな風に泣かれてしまっては、手を出したくなるやつの気持ちはちょっとわかりますがねぇ。

さて、続いてその姉の杏が登場するも、こっちは変な噂が彼女の耳に入ってしまいトンデモなことに。
キツイ拳を食らった上に、さらなる攻撃・・・・。本当に哀れなやつです。

次に目をつけたのが智代。
が、これはさすがにないだろうと思っていましたが、怖いもの知らずなのか?、果敢に挑戦するも、結果は・・・・。
わかっていたとは言え、笑えた。

続いて、図書館の宮沢さんのところへ向かうも、今度は親衛隊の前に、あれなく返り討ちにっと。
その後は、町でナンパをして彼女をゲットしようとするも、やつのやっていることは明らかな変質者ですな。
しかし、何で春原は、あんなことをなんなくこなしているのやら・・・・。

そんな中、ヘルプを出してくれたのが、早苗さんだったとはねぇ。
彼女はノリノリでしたし、その気持ちはすごくうれしいけど、ちゃんとことを理解しているのかと思ってみたり。
ついでだけど、コスプレまでしちゃうほどの気合にはびっくりでしたな。

予行演習では、春原のやつがめちゃめちゃ緊張しているから大爆笑。
しかも、彼女のことを渚ちゃんのお姉さんと勘違いしているんですよねぇ。
うーん、何気にその事実を知った時の彼のリアクションも見てみたい気がしますが、次の話でバレるのかな?

当日、春原のやつは大量の缶ジュースを飲んて気合い満々。
やって来た早苗さん・・・・、制服とは・・・・。
さてさて、どうなることやら。
いや〜、それにしてもサイトを循環しているために微妙に先の内容を知ってしまっているので、ちょっとテンションが上がらない・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

CLANNAD AFTER STORY 第1話「夏の終わりのサヨナラ」

本放送より20日遅れというありえない遅さなんですが、ようやく東海地区でも始まりましたよ。
ってか、あまりの遅さにテンションが上がらない・・・・。
まぁ、水曜日は激戦区なので何を書くかはまだ決めてないんですが、簡単に書いていこうかな?と思っております。

では以下、第1話の感想を。
今回のお話は、いきなりのメンバー総出演で野球をやるというお話でした。

何やら、因縁の相手である隣町の連中と野球の試合があるとかで気合入りまくりの秋生さん。
相手のチームは、元甲子園の選手が入ったために、ここのところは連戦連敗・・・。今度こそ勝利をわが手に。
てか、早苗さん、この結果で町の雰囲気が暗いというのとは関係ないと思いますが・・・。

そんなわけで、もちろん朋也も強制参加で、かなり無理やりにメンバーを集めることになってしまいます。
とりあえず、演劇部の春原、藤林姉妹、ことみちゃんを誘い、さらに智代ちゃんも。
しかし、春原扱いがいきなり酷いな!面白いからいいけど・・・・。

さらに、帰り道で偶然見かけた芳野さんを勧誘。初めは断られるも、春原をダシに使って勧誘することに成功し、美佐枝さんと芽衣ちゃんを加えて、無事にメンバーを確保。
他のメンバーは、応援要員ってことですが、あれだけのメンバーに応援されれば、やる気も出そうですな。

さて、本番当日となり、試合が始まると、一回の攻撃でいきなり4点を獲得とはすごい。
朋也と春原以外の女性陣の活躍がすご過ぎでびっくり。
しかし、これは情けないよ!

順調に試合を進めているも、敵さんがバットがピッチャーの秋生さんの脛を直撃するというハプニングが発生し大変なことに。
それにしても、次のピッチャーが渚ちゃんとはねぇ、びっくりでした。
中途半端な玉を投げるよりも、思いっきりヘロ玉の方がいいってな発想はなかなかですが、バックが良かったとは言え、よくも4点に抑えたもんです。

その後も、男性陣は全くいいとこなしで、女性陣は大活躍するも、5点を入れられてしまい逆転されちゃいます。
まぁ、ほとんどの原因を作ったのは、春原っぽいですが・・・・。
完全にボケキャラの立ち位置を確立している彼は、今期も期待できるかも、かも、かも。

最終回となり、バッターは渚ちゃん。
これは難しいかな?と思えば、きっちりヒットを打ち、続くバッターもヒットで出塁し、2アウト満塁。
バッターは、朋也。
肩を痛めているから、バットを振れないけど、みんなの声援があってはがんばるしかないっと。

そんな彼、最後は見事にファールフライを打ち、無事に勝利。
いや〜、勝つことができてよかったですねぇ。もし負けてたら、秋生さんの荒れようがすごかったと思うし、何よりも×ゲームの早苗パンが怖かったですし・・・。

そんなわけで第一話は終了っと。
完全にギャグ回だったようが気がするけど、本格始動は次からなのかな?

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(4)