ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」

今回のお話は、カタロンの基地が攻撃されるという惨事が起こってしまうというお話でした。
うーん、それにしても酷い。
まぁ、力を持つものが正しいわけで仕方ないんでしょうけども、もうちょっと冷静な判断はできないものかと。

ソレスタルビーイングとカタロンの収容所の攻撃により、連邦は彼らを完全に敵と判断を下し、世界に向けて発信。
アロウズの権限を拡大するためには、絶好の好機となったわけですが、さて、これはリボンズの差し金なんでしょうかねぇ。
っと、ちょろっとあの戦争マニアの姿が見えていたような気がしますが・・・・。

一方で、思わぬ共闘となってしまったソレスタルビーイングとカタロン。
カタロン側は、ソレスタルビーイングに協力を求めますが、スメラギさんの答えは残念ながらノー。
まぁ、目的は一緒とは言え、さすがに手を組むのは無理でしょうねぇ。。
しかし、カタロン側は十分と判断していたみたいだけど、お互い全く連携がないんじゃ、あまり意味ないような気もしますが・・・・。

カタロンは、身寄りのない子供たちも引き取っていようで。
刹那は、即、自分の経験から「ひょっとして戦闘員として・・・・」と思ったわけですですが、そんなことはなくひと安心。

マリナ王女は、自身の強い希望でアザディスタンへ戻ってもらうことになり、刹那が送っていくことに。
ガンダムが使えないんですし、あの刹那だし、とても心配ですな。
それにしても、ティエリアが“そのまま帰ってこなくてもいい”と冗談を言うとはびっくりでした。本当に、この4年間に何があったのやら。

ついでに、カタロンに引き取ってもらうことになった沙慈でしたが、勝手に一人で町へ向かったのが大失敗。
アロウズの調査隊に見つかってしまい、カタロンの構成員との疑いをかけられ、尋問をされちゃいます。
セルゲイさんのおかげで、厳しい尋問は逃れたとはいえ、彼の見事な推理の前にこれまでのことをしゃべってしまったのが、何とも悔やまれます。

カタロンの基地に関する情報は、すぐに報告され、攻撃部隊が出撃っと。
その情報は、王留美にも伝わり、ソレスタルビーイングもすぐに出撃するも、少しだけ駆け付けるのが遅く、悲惨な結果に・・・・。
うーん、それにしても惨いやり方をするもんです。
最終手段として力で殲滅するにしても、もうちょっとやり方を選んでもいいんじゃないかと思います。
作戦遂行し、彼らに絶叫する二代目ロックオンの叫びが悲しすぎました。

さて、トンデモなことになってしまった現場を見た沙慈は当然のごとく大ショック。
うーん、これは立ち直れるんでしょうかねぇ、彼は。マジで心配なんですけど・・・・。

忘れていましたが、セルゲイさんがピーリスを養子にする提案がうまくいったのは本当に良かった良かった。
が、今回の一件で彼女もショックを受けているようで、どうなることやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(14)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第4話「戦う理由」

今回のお話は、マリナ女王をアザディスタンに返してあげようとするってなお話でした。

冒頭は、何やらアレルヤとピーリスが出会った場面からスタート。
アレルヤって名前、実は彼女がつけてくれたもんだったとは何気にびっくりでしたねぇ。兄弟と言っても、血を分けたものじゃなく、あの厳しい施設の中で自然と信頼し合うようになったという疑似兄弟ってことも判明。
まぁ、ピーリスの方はキレイさっぱり忘れてしまっていますが・・・・、さて。

アレルヤを助けるついでに救出したマリナ女王は、本人の意向によりアザディスタンに帰ってもらうことに。
連邦に参加しなかったという彼女の国は、今、大変なことになっているみたい。
もともと、財政的基盤の強い国ではなさそうですし、そりゃ、荒れるわな。さて、マリナさんがどうするつもりなのか?

二代目ロックオンが、いきなりフェルトに迫ったのはちょっといただけませんな。
初代と違って、人間関係にはちょっと疎いところがあるのかもですが、女の子にいきなり迫ればひっぱたかれて当然です。

戦う理由を失ってしまっているスメラギさんのところへ、一杯やりに行ったのはアレルヤ。
そのアレルヤもピーリスのことでスメラギさんに相談っと。
この問題は、今後のけっこう大きな障害になってくるかも、かも、かも。アレルヤは超人機関を抹殺してしまったし、何よりも本人が覚えてないですからねぇ。
今回もピーリスが出てきた途端に、弱腰になってましたし、妙なことになってこないか?心配ですな。

何気に気なっていた沙慈君は、意外にもイアンにこき使われていたのは・・・・。
イアンのソレスタルビーイングの話にもそこそこ納得していたみたいですし、こりゃ、そのまま仲間入りの可能性大っぽいかと思います。

アザディスタンに向かっていたところ、当然のように敵さんの来襲っと。
さすがに4年も経てば、GN粒子についての研究は進んでいるんでしょうねぇ、GNフィールドを突きつけて攻撃を直に受けておりました。
ソレスタルビーイング自体がどれだけパワーアップしているかわかりませんが、今後も4年前のようにはいかないでしょうねぇ。

大ピンチに見えるも、ここでスメラギさんのご登場。
敵さんの攻撃パターンを知りつくしているようで、攻撃がやんだ隙を突いて、一気に形勢逆転とはお見事。
新型のMAと言っても、トランザムを使われては手も足も出ないようですね。

完全勝利か?と思ったら、最後の最後でMr.ブシドーとピーリスが乱入してきて微妙な展開になっちゃいます。
いや〜、待ってましたよ、彼の登場を。やっぱり、ガンダムのライバルというと彼ですから。

ところが、カタロンの乱入により、あえなく撤退という結果は実に残念。
あぁ、もう少し見たかったよ、この2人の戦いが。

最後は、カタロンの人たちの前にやって来たマリナ女王の前に、シーリンの姿が。
これはびっくりしたことでしょうねぇ。
まさか、自分のところから離れて、連邦と戦っていたわけですから・・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(5)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第3話「アレルヤ奪還作戦」

う〜ん、ソレスタルビーイングの本格始動は次からなのかな?
どうも、テンションが上がらない・・・・。

今回のお話は、アレルヤを救出するってなお話でした。

どうやら、アレルヤは4年前の一件で、捕虜になってしまったようで、中華連邦の牢獄の中にでした。
なんか、ものすごいやつれようにびっくりでしたが、さてどんな拷問をされたのやら。

王留美の秘密情報により、アレルヤを助けに向かうことになったソレスタルビーイングの面々。
作戦は、もちろんスメラギさんで・・・・といきたいところでしたが、4年前のことで本人は全く自信を無くしてしまったようで、やる気なし。
まぁ、最後はみんなの熱意に負けて、作戦を考えてくれることに。
うーん、「後悔はしない」と言い切る刹那は、ちょっと良かったかなぁと思ってみたり。

スメラギさんが考えた作戦は、もう一気に取り返してしまえ!的な作戦。
さすがにねぇ、連邦政府の方もいきなり海に突っ込んでくるとは思わんかったんじゃないかと思いますねぇ。
完全に自信をなくしていたとは思えないほど大胆な作戦でびっくりでした。

捕虜になっている人のリストの中には、あのマリナさんもいたから刹那、これは無視できないっと。
彼女、刹那たちと接触したことがあるので重要参考人として事情聴取を受けていたとは、かなり可哀想ですな。
ついでってことで、救出することになったわけですが、うーん、また良からぬことが起こるような気がしてきましたよ、これは。
しかし、彼女を助けるのをティエリアから提案したのは、何気にびっくり。4年前の彼では想像もできないんじゃないかと。

アレルヤの刹那に救出されて、新しいアリオスなるガンダムのところへ行くと、途中でピーリスたちの部隊と遭遇しちゃいます。
「マリー?」と言いながらピーリスを説得するも、時間がなく、アリオスに搭乗し撤退。
まぁ、兄弟であることは確定なんでしょうが、さて、これも新たな火種となりそうな予感がしますよ。

ようやく、ガンダムマイスターも4人そろって、次からが本格始動かな?

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(11)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第2話「ツインドライヴ」

今回のお話は、00(ダブル・オー)が目覚めるってなお話でした。

連邦が管理するという治安部隊・アロウズは、カタロンなど反政府勢力に対する総攻撃を計画。
カティ・マネキンさん、ピーリス、さらにはあのセルゲイさんの息子であるスミルノフなどを招集してもうやる気満々ですな。
謎の鉄仮面の男もですが・・・・。

刹那は、ロック・オンの弟とスメラギさんのところへ。
スメラギさん、4年前のこと以来、酒に溺れていたようで、何ともだらしない格好。もう、夢の希望も失ってしまったようでした。
しかし、刹那、彼女を迎えに行ったはいいけど、ビリーに彼女がソレスタル・ビーイングの人間だといきなりの大暴露。
また、やつの軽率な行動が、良からぬことにつながらないか、早くも心配です。ってか、一人で行動させないほうがいいでしょう。

母艦の方では、ダブル・オーのテストを行っているも、思うような結果はでず困った状況でした。
このガンダム、どういった経緯で入手したのか?、何が特別なのか?、よくわからん機体。
ファーストシーズンの最後にちょろっと出ていただけですからねぇ、GNドライブを2つもつけているんだから、性能はいいんと思いますが。

そんな中、王留美が流した情報が発端となり、母艦が見つかってしまい敵さんが来襲してきます。
まずは、ティエリアが出撃し、奮闘するも1対3では分が悪い。
あのティエリアの新しい機体、後ろの顔は何か意味あるんでしょうかねぇ。まぁ、デザイン的にあれを使うことはないと思うので、どんな機能があるのやら。

敵さんが迫って来る中、刹那はダブル・オーに搭乗し、トランザムを起動。
でも、機動しなかったガンダムではありましたが、刹那が気合で起動させちゃうからびっくりというか、ちょっと拍子抜け。
うーん、この演出は何とかならんもんかね。あまりにも普通過ぎる展開じゃないかと思うので、もうひと捻りしてほしいですな。

ダブル・オーのことについては、あのリボンズもご存じないようで、思いっきり気になっているご様子でした。
さて、ティエリアそっくりの姉さんを引き連れて、また何か仕掛けてくるんでしょうかねぇ。

ついでだけど、監禁されてしまった沙慈君、一体どうなるよ。
まさか、あのまま牢屋暮らしってなことはないでしょうが、どうなることかちょっと心配かも。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(11)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第1話「天使再臨」

今期に始まった作品の1つ。
やっと半年を経て、あのガンダム00の続きが見れるんですねぇ。
ものすごく気になるところで終わったので、けっこう楽しみだったりします。とは言いつつ、前シリーズは個人的には微妙だったので、今期での巻き返しを期待したいところ。

では、以下いつも通りの内容を・・・・と行きたいところなんですが、何やらソレスタルビーイングがいない4年間の間にいろいろとあったようで、聞いたことのない組織が多数で、内容がさっぱり掴めませんでした。
こりゃ、ちょっとお勉強しないといけないかなと思ったり。
なので、ちょっと簡単にいきたいと思います。

今回のお話は、刹那再びってなお話でした。
アロウズなる組織で宇宙に関する仕事をしていた沙慈でしたが、不運にも、その同僚さんが反政府勢力・カタロンのスパイであったために一緒に捕まってしまいます。
何も悪いことしてないのに、彼はとことんついてない人ですねぇ。

そんな中、アロウズの宇宙空間に浮かぶ建物に侵入していたのが、刹那。
ファーストシーズンで死んだようにも見えましたが、ぜんぜんピンピンしてました。
どうやら、今は単独行動で活動しているようですが、無鉄砲な彼一人で、よく4年間も活動しきたもんです。

現在では、GN粒子を使った機体は普通に作れられているようで、カタロンの襲撃に対し、その新型機が出撃。
カタロンも応戦するも、ぜんぜん相手にならず。やっぱり性能はGN粒子を使ったもんのほうが上ですな。

一方で、いきなりの敵さんの襲撃にびっくりな沙慈君は、なんと刹那と再会しちゃいます。
混乱しているのも束の間、刹那があの小型のロボットを次々と撃破し、2人はガンダムのところへ。
ってか、いきなりの再会には本当にびっくりでしたねぇ。思いっきり、彼がガンダムのパイロットであることがバレちゃいましたし・・・・。

エクシアはかなりボロボロで、刹那、奮闘するも手も足も出ずに、いきなりヤバい状況に。
が、ここで休演に駆けつけたのは、こっちも久ぶりのティエリアでありました。
あれは、ヴァーチェにそっくりな感じもしましたが、一応、新型機ってことでいいんですよね。

4年ぶりの再開を喜んぶかと思えば、両人とも全く反応なし。
まぁ、ガンダムマイスターだし、こんなもんかと思いますが、あまりにリアクションがないのもちょっと・・・・。

刹那がガンダムマイスターであることを知った沙慈は大荒れ。
彼はねぇ、彼女に大けがを負わせ、さらにお姉ちゃんも失ってしまった、ファーストシーズンでの被害者の代表格みたいなところがありますから、当然の行動かと。
しかし、もうちょっと引っ張るかと思いましたが、第1話でもうこの事実が開かされてしまうとは、これにはびっくりかも。
ってか、刹那、もうちょっとリアクションしてほしんですが・・・・。

その他、セルゲイさんやピーリス、グラハムさんなどなど、それぞれ行動を開始っと。
さてさて、またガンダムによって、みんなが動き始めたわけですが、どうなることやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(46)