ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

喰霊‐零‐ 第2話「憎発露 −にくしみのはつろ−」

うーん、何とも話についていけない・・・・。
今回からは、環境省のやつらがメインで怨霊どもと戦っていたところから考えると、第1話で出てきた特戦四課の面々は、もうお役御免ですか?
公式HPのキャラ紹介では、環境省の連中はまだ更新されてませんでしたけど、死んじゃったもん仕方がないですからね。

以下、簡単に感想いきます。
今回のお話は、黄泉が神楽を手に掛けようとするってなお話でした。

特戦四課の面々は残念ながら絶命してしまったということで、次に出てきたのが環境省が率いる面々でした。
秘密行動だから、サイレンを鳴らしてはいけないとは・・・・、これはこれで厄介なこと。

とりあえず、彼らは親玉の怨霊を神楽のところへ誘導して無事に撃退に成功。
彼女がこれからの物語の中心になるのかなと思ったけど、最後の終わり方からするとまさか、彼女も死亡かも・・・・。

親玉を無事に倒して問題解決かと思えば、いきなり死体が動き出して大変なことに。
ってか、すごい数でしたが、あの余裕はすごいです。
まぁ、中身は単なる死体ですし、考えて行動するわけじゃないので、そんな強敵でもなんでしょう。

そんな中、環境省の親玉さんは防衛省に直々に乗り込んで、怨霊の情報を入手します。
特戦四課が全滅した以上、彼らにもう戦うすべはない・・・。あの人、かなりのやり手ですねぇ。涼しい顔して、あの威圧感。
まぁ、彼女の言っていることが正論である以上は、従うしかないです。

その情報から、特戦四課を殲滅したのが、黄泉さんという行方不明になっている同僚であることが判明しびっくり。
と思った矢先、その黄泉さんはデカイ怨霊とともに来襲し、いきなりの攻撃に、大量のゾンビが襲いかかってくるという始末。
彼女を殲滅する命令が下され、神楽と紀之さんが彼女のところへ。

黄泉と出会った神楽は、傷つけたくはないと思いつつも、挑発してくる彼女と戦闘になってしまいます。
結果、通路ごろガス爆発を起こすも、黄泉さんはピンピンしてまして、逆に追いつめられることに。
さて、最後は神楽に刀を振り下ろす瞬間でストップでしたけど、彼女もまさか死亡なんてことになるのか・・・・?

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(18)

喰霊−零− 第1話「葵上―あおいのうえ―」

今期に始まった作品の1つ、いつものように原作未読。
とは言っても他のサイト様の記事を読んでいると、どうも原作はあるけど、その世界観だけを継承しつつ、独自にストーリー展開を試みるってなつもりらしいです。
1話を見た感想としては、うーん、確かにすごくいい作品とは思ったわけですが、私がこの作品の記事を書くだけの力がないような・・・・。
まぁ、とりあえず視聴は継続、記事を作成するかどうかは様子見ということにしておきたいと思います。

では以下、簡単にではありますが感想を。
今回は、初っ端から特戦四課の隊員たちが全滅?してしまうってなお話でした。

冒頭、まずは主人公・トオルとナツキがアオイさんの墓参りに出かけていたシーンからスタート。
まだ、多くは語られていないですが、何やらすでに嫌な思い出を抱えて、戦っている見たい。
早くも、復讐心的なものを感じますな。

その頃、あれは悪霊?とか言ってましたが、何か霊的なもんなんでしょうかねぇ?、そいつらの襲撃に対し出動して行った部隊が、思わぬ大物に出くわしてしまい壊滅状態に。
普通の人には見えない、何やらスライムみたいなぐにゃぐにゃした感じのもんと恐竜みたいにデッカイやつ。
こりゃ、おっかないな。

そこに駆けつけましたのは、特戦四課の面々。
バイクで迫っていくナツキさんとそれにまたがって攻撃するトオル。さらに、続いて空から冷水を散布するマサキさんとクドウさんの4人の攻撃により、撃退に成功。
あの悪霊ども、冷水に弱いとは、これまたけっこう意外な感じも。

ほっとしたのも束の間、またまた大物の悪霊が出現したとの情報が入り現場へ直行。
が、今度の敵さんは結界を張って動きを封じているとは言え、倒すためには200トンというかなり大量の水が必要で、困った事態になっちゃいます。
頭をかかえていると、キリヤという司令官の提案により、あれは水路みたいなところでしょうか?、に追い込んで倒そうという作戦を実行です。
いや、あの司令官さん、クールな顔してますけど、防衛省のお偉い方との会議にも意味深なこと言ってましたし、本当にキレ者なんでしょう。

作戦は、トオルの射撃ミスがあり、ナツキさんのバイクが大破してしまうも、無事に作戦成功。
マサキ&クドウのヘリでの救出、本当にナイスタイミングなこと。

これで終わりだと思ってました。
が、最後の最後で、特戦四課が一服していると、そこにさらなる敵襲があり、全員死亡という事態に。
えっ?、主人公、初っ端から死んじゃったよ?
まぁ、主人公がいないんじゃ話になりませんから、生きているのか?、又は蘇生されるんでしょうが、どんな展開になるのか気になります。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(22)