ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

とらドラ! 第12話「大橋高校文化祭【中編】」

今回のお話は、竜児とみのりんが喧嘩しちゃうというお話でした。

文化祭の準備は順調に進み、大河とお父さんも仲も特に問題なし。
大河のお父さん、彼女のために毎晩、どこかへ連れて行ってくれると何気にマメなことしているので竜児はかなり彼のことを信頼しちゃってます。
うーん、確かにそう見えるけど、やっぱり何か裏があるんですかねぇ。

文化祭に大河のお父さんが来てくてくれるということで、大河、何とか主役を演じたいので竜児に相談してから川島亜美のところへ。
大河のお土産、かなり高級なもんだったらしいけど、その場で彼女に食べてもらい、主役の件を無理やりにOKさせちゃいます。
最初から、説明すればいいのに・・・・。まぁ、川島亜美ですから結果はわかりませんがね。

そんな中、大河のお父さんのことをめぐって、竜児とみのりんが喧嘩をはじめてしまうからびっくり
これにはホント驚きました。これまでの内容だけを見ると、そんなに悪い人にも見えないですし、竜児の言っていることが正論な感じもする。
でも、やっぱり、みのりんは彼の本性を知っているんですかねぇ

大河は喧嘩をしている2人のところへ駆けつけ、握手をさせようとするも無駄で、竜児はその場を立ち去ってしまいます。
で、彼のところへやって来たのが、川島亜美。
大河ともみのりんとも違う、彼女なりの慰め方は、見事でした。竜児じゃないけど、ホント変わりましたねぇ、彼女は。

家に帰って夕飯の準備をしていると、お姉ちゃんから「大河が引っ越す」と聞いてびっくり。
お姉ちゃんも、大河のお父さんについては違和感を感じているみたいですな。
しかし、ホント、急だな!
まぁ、大河が満足しているのなら問題ないか?とも思いますが、あの笑顔の裏には絶対に何かあるような気がいたします

その夜も遅くに帰って来た大河は、みのりんと仲直りするようにと竜児に一言。うーん、確かに竜児の言っていることは間違ってない気がするけど、現時点ではどっちに分があるか?、わかりませんな。

そして、文化祭当日。
雰囲気をブチ壊してしまった竜児はお詫びのつもりで、思いっきり悪役らしいメイクを
あれは、怖すぎでしょ?そりゃ、みんなビビるわ!

かなりの客入りの中、一回目の公演がスタート。
えっと、秘宝ってのが、赤い糸とはびっくりでした。
大河と竜児は、敵の親玉役で登場。あの「ビビビっ、ビビビッ」ってな掛け声はこれだったんですな。
緊張のあまりいきなり噛んでしまった大河は良かったです。

赤い糸のピンチに先生が乱入してしまうというピンチもありましたが、そこは他のキャストを使って何とか回避。
この先生、ホント、イッちゃってますな。

みのりんの役は、いったい何ですかねぇ、あれは??
「アタックチャンス」の掛け声とともに、「世界一美しい人」と観客の野郎どもに言わせる役。
川島亜美の笑顔に完敗でしたな。もちろん、野郎だけでしょうが・・・・。

相変わらず、噛んでしまう大河ではありましたが、その後のプロレスは得意分野なんで特に問題なし。
まぁ、やられる方の役だったんで、いつもとは逆な気もしますけどね。

一回目の公演には姿を見せなかったお父さんのことが気になり、しょっちゅう携帯をチェックっと。
相変わらず食いしん坊さんの彼女、やっぱり何か食べているところが一番輝いると私は思います。
北村君、大河が自分を意識していることに全く気が付いてないのが何とも・・・・。でも、大河可愛いよ。

そして、最終公演も終了するも、結局、大河のお父さんの姿はなし。こりゃ、胡散臭い感じになってきましたな。やっぱり、みのりんの言うことが正しいんでしょうかねぇ。
喧嘩したままの、竜児とみのりんもどうなるか?、気になります。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

とらドラ! 第11話「大橋高校文化祭【前編】」

今回のお話は、大河のところにお父さんが訪ねてくるというお話でした。

夏休みが終わると、次は文化祭っと。
せっかくの夏に何もなかった先生の落ち込みようは凄かったですが、春田のやつの切り替えの早さにはびっくりです。

さて、やつが気合が入っていた理由は、文化祭でメイド喫茶をやろうと考えていたから。
おそらくは、そのためだけに実行委員になったんでしょうな。
それを野郎どもに提案すると、その反応は上々だけど、チャイナ服やらナースなどなどの多数の意見が噴出するという予想外の展開。

しかし、竜児のロリータって何???、自分がまた大河の胸パットを作ってやらないといけないと頭を過ったのはわかりますが・・・・・。
まわりの面々がそっち方面の人ばかりだったのは不幸中の幸いだったと思います。

家に帰ると、お父さんから電話がかかってくるも大河は出ず。
竜児は出るように注意するも、彼女に逆に言い返されてしまいうという始末・・・・。
そんな良くない雰囲気の中、インコちゃんが余計な言葉を覚えちゃったのは、かなり笑えました。

ついに、文化祭の出し物を決めるという、野郎どもにとっては一斉一大の時。
やる気満々で、コスプレ喫茶を提案する野郎どもでしたが、当然、女の子たちからは大ブーイング。
まぁ、確かにその人が好きならともかく、嫌な人にとっては堪ったもんじゃないですよねぇ。

しかし、鉄の鎖でつながれている野郎どもは多数決という数の力で・・・・、ってここでくじ引きでくるとは思いませんでした。
アホ過ぎます。結束した意味なし!
結果、先生が提案したプロレスショーという結果になっちゃいます。
野郎どもの夢潰える!

大河がお金を下ろしにいくも、残高がゼロになっているからびっくり。
最近、お父さんからの電話を一方的に無視していたから・・・・。
うーん、でもこれはちょっと酷いなぁ。

で、竜児が代役として、お父さんのところに事情を聞きに行くことに。
彼が大河と離れて暮らすことになったのは、再婚した奥さんとの間に出来た子とうまくやっていけなかったから。だから、大河が家から出て行くことになったとのこと。
ところが、その再婚した人とは近々別れるとかで、大河とやり直すことにしたらしい。
うーん、詳細なことがわからんのですが、親の都合で一人暮らしさせたり、突然、一緒に暮らそうと言ってみたりとは大人の勝手な言い分じゃないかと思います。

家に帰り、大河に事情を説明するも、彼女は全く聞く耳持たずで、喧嘩になっちゃいます。
難しい問題ですな。

結局、プロレスショーになってしまった文化祭の出し物ですが、ホント、立ち直りの早い春田君は反省の意味も込めていきなり台本を作ってくるとはびっくりでした。
正義の味方の川島亜美と悪の帝王の大河とその手下・竜児の物語。
虎&竜コンビはもちろん反対するも、意外にも生徒たちの反応はいいから大変。
いきなり悪の帝王とはねぇ、反対するに決まってます。まぁ、確かにこれはかなり面白そうではありますが・・・・。

さらに、北村君から文化祭の豪華な優勝賞品が発表され、ますますみんなやる気になるという展開。
冷蔵庫やらクーラーの設置からに、トイレの解放に、買い物の券。こりゃ、気合いが入るというものです。
虎&竜コンビはもう諦めるしかありませんな。

そんなことがあり、帰宅の途につくと、大河のお父さんが待っていたとは驚きました。
しかし、彼の顔を見るなり、いきなりのキンテキ攻撃を仕掛ける大河。あれは、ホントに痛かったことと思います。

お父さんに会おうともしない大河を説得する竜児。
ところが、そんなお父さんへの気持ちが、自分がお父さんに会えないことからの反動であることに気が付きます。
そんなわけで自分に謝ってくれた竜児の気持ちに応えるように、大河はお父さんのところへっと。

前編ってことなんで、まだ来襲ひと波乱あるんでしょうな。どうなるか楽しみです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

とらドラ! 第10話「花火」

今回のお話は、みのりんを驚かそうと思っていた竜児&大河が逆にハメられてしまうというお話でした。
まぁ、先週の時点で何となくやつらが犯人じゃないか?とは思っていたんですが、怖いもの嫌いも演技だったとはびっくりでしたよ。

濡れたベッドと髪の毛、さらに妙な音のせいで全く眠れなかった竜児と大河は、もうこの時点で完璧に敗北しているような・・・・。
みのりんを驚かす作戦も、自分たちがこんなじゃ不安になるのも当然かと。
さらに、偶然?、北村君にもバレちゃうとはねぇ、どうしょうもないように思いますな。

朝っぱらからみんなのために一人で弁当を作る竜児は本当にこういったことが好きなんですねぇ。
そこにやって来たみのりんも一緒に手伝ってくれることに。
料理のことをホメられてややデレモードの竜児でしたが、彼女のそれも相当なもの。実は、弟がいて、弁当を作っていたようで、そりゃ、うまいはず。

みのりん、昨日、竜児に話したことは内緒と約束を。
いつもの彼女とは違いましたからねぇ。まぁ、竜児なら、ペラペラしゃべることはないとは思いますが・・・・。

みんな海へ向かう準備万端なのに、なぜか川島亜美が不在。
で、竜児が彼女を呼びに行くと、まさか自分で自分の水着姿を見ながら感嘆に浸っていたとはねぇ。
しかも、みのりんに気があることを知ってか?、明らかに竜児を誘惑している感じはいかにも彼女らしい
野郎が、目の前であんな攻撃されたらビビるに決まってます。

北村君の提案で、彼女もみのりんを驚かす作戦に参加してくれることになるも、理由を話してくれないので不参加ということになっちゃいます。
しかし、彼女は本当にやり手ですな。竜児にとって、この質問は痛すぎると思いますからねぇ。

北村君と竜児は「トイレに行って来る」という明らかに怪しい言い訳をして、洞窟に仕掛けをしに出かけます野郎のコンビ。
で、ついにみんなでその洞窟へっと。
が、竜児も大河も、北村君がどこか?抜けている人であるということを忘れていたのは完全な失敗でしたな。
いくらなんでも、油あげにケチャップはありえんです。食いしん坊タイガーじゃなくても、バレちゃいますよ、これは。

ところが、ここで竜児が昨日に続き、妙な髪の毛を発見し、大河と一緒にビビリまくり。
うーん、この2人も微妙に気がついてもいいような気がしますがねぇ。

洞窟に入ると、あまりのアホさに、川島亜美が一人帰ろうとし、竜児は彼女の後を追いかけます
そして、洞窟の中で2人っきり・・・・。
川島亜美は、竜児とみのりんが合わないことを指摘し、誘惑っと。
おいおい、彼女は本当に確信犯ですな。今度こそ、竜児、ダメかと思っちゃいましたが、落ちない竜児にはびっくりですよ。不沈艦ですな、彼は!

ところが、ここで川島亜美がいきなり迷ったと言い出すからびっくり。
竜児もびっくりで彼女を励まそうとするも、これまだ彼女のウソだったとは・・・・。
あれは完全騙されたんでしょうな。竜児のポカ〜ンとした表情には面白すぎました。

そうこうしているうちに、洞窟の奥の方からみのりんの叫び声が聞こえてきたので、急いで引き返すとみのりんが消えたとのこと
北村君は、果敢にも洞窟の奥へと進み、叫び声とともに消失・・・・。
ビビリまくりの竜児と大河が微妙に面白かったわけですけども、もう作戦どころじゃなくなってしまいましたね。

大河も奥に突っ込んで行き、やっと種明かしっと。
竜児と大河、みのりんを驚かすつもりが、逆にハメられてしまっていたとは、何ともオマヌケですよねぇ。
こりゃ、北村&みのりんペアの方の完全勝利かと思います。
ついでですけど、みのりん、実はホラー嫌いじゃなくて、大のホラー好き。もう、作戦段階で失敗だったとは・・・・・。

最後は、花火をしつつ、竜児は川島亜美には「お前がいないと寂しけど、結局はお前が寂しいかどうかだ」と、みのりんには「驚かせたのは、宇宙人がいると思わせたかったから」とそれぞれ回答を。
うーん、竜児のやつ大河も好意持っているし(ってか、思いっきり宣言しちゃったし)、いったいどうなることやら・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(40)

とらドラ! 第9話「海にいこうと君は」

今回のお話は、みんなで海に旅行に出かけるというお話でした。

冒頭は、竜児がたくさんの子犬の子供を持ってしまうという恐怖の夢からスタート。
しかも、産んだのが大河だったから、もう大爆笑。
意外と彼の真の気持を表しているような気がしないでもないですが、さすがにビビると思います。

大河も同じような夢を見ていたようで、またすごいタイミングだこと。
「これを何かの前兆ではないか?」と考えた大河は、旅行でどらか一人の恋を応援するということを言い出しちゃいます。
で、勝負はバトミントンで行う予定だったけど、デカい犬が来襲し、あえなく大河の敗北っと。
実は、バトミントンが得意だった大河。卑怯なことを考えたためにバチが当たったんですな、きっと。

待ち合わせの駅に行って見ると、迎えてくれたのは変なダンスをしていたみのりんと北村君
これだけでも十分面白かったわけですが、その後の川島亜美のリアクションはホント良かった。
うん、あの集団は明らかに怪しいので近づかない方が賢明です。

夏休み中なのに、バイトと部活で忙しいみのりんと仕事漬けの川島亜美は何気にご苦労なこと。
さて、この話題を大河に振った竜児でしたが、彼女が取り出したるはヘンテコなオカルトメロディ。
これを聞いて、みのりんはびっくり。しかし、彼女が怖いものが苦手だったとはねぇ、ちょっと意外かも。
大河は、彼女のこの性格を利用して、竜児とくっつけようという計画。なるほど、妙に自信があったことも納得です。

宿泊先に到着すると、竜児を残して、みんなは海へ。
一年も放置されていた部屋をやる気満々で掃除する竜児は本当にもの好きですねぇ。でも、他の面々もちょっとぐらい手伝ってあげてもいいものの、一人とは何気に寂し過ぎます。
っと、北村君、川島亜美に生徒会が云々と言われていたのが、微妙に気になったり・・・・。

買い出しに行くという北村君。
で竜児は、大河に一緒に行くように言うも、彼女はこれを拒否っと。
うーん、確かにおいしい展開ではありますが、2人っきりで、しかもバイク移動ではちょっと彼女には無理かもですね。

2人は計画のための場所を探すも、竜児が入った洗面所に川島亜美が入っていたからもうびっくり。
他に掃除していただけでしたけど、びっくりな竜児のリアクションが面白すぎました。
しかし、川島亜美も性格が悪いですな。

買い物から帰って来たみのりんに早速、ワカメを使ってビビらせる作戦を決行する竜児と大河
みのりんのリアクションが面白かったわけですけども、ホント、彼女はこっち方面が苦手なんですねぇ。

夕飯を作っている竜児のところに集まってきた面々でしたが、北村君、あの格好さすがにヤバいですよ
この後、さらにヤバいことになりみのりんが倒れちゃってまし、竜児もあの言いわけはかなり苦しいと思います。

そんなハプニングがあったがために、みのりんの提案で激辛カレーを作り出してしまった竜児
みんな悶絶しておりましたが、一体どれだけ辛くしたのやら。
でも、大河以外はみんな何気においしく頂いたようなので、良かったとは思いますけどね。

おかげで胃が痛くなってしまった大河は薬を持っているという北村君のところへ。
部屋で2人っきりという本当はうれしい展開でしたけど、緊張しすぎてしまうとは・・・・。
一方で、竜児はみのりんと2人っきり。
彼女に思い切って「恋人とかいるのか?」と聞いてみるも、幽霊が見える?見えない?という話に絡めつつ、「いない」という回答。
竜児は、フォローしている感じでしたが、みのりんの今までとは違った一面を見ることができてよかったです。

体調がよくなった大河は、竜児のところへやって来て夜食を作らせるっと。
うーん、この2人、何気に気兼ねなく話せて、周りから見るといい感じだと思うんですけどねぇ。本人たちは微妙に気がついてないみたいですが・・・・。

最後は、濡れたベットに生暖かい服にびっくりな竜児と大河。
しかも、周りからは妙な音。
明らかに夢ではないと思うのですが、さてさて、どうなることやら・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(36)

とらドラ! 第8話「だれのため」

今回のお話は、川島亜美と大河が水泳対決をするってなお話でした。

みのりんにより提案されたスポーツ対決でしたが、種目はよりにもよって水泳とはねぇ。
大河が苦手ってか、泳ぐことすらできないと知って水泳を提案するとは、川島亜美ってホントに黒いな!
しかし、大河が提案していたバーリトゥードって何ですか?

この対決「高須争奪杯」と命名され、川島亜美と大河?どっちが勝つのか?を賭けることになっちゃいます
もちろん、みんなほとんど川島亜美。そりゃ、大河は泳ぐことができないわけで、当然のことと思いつつも、竜児は一人堂々と大河に賭けてくれるとは男ですよねぇ。

早速、大河は竜児と一緒に練習するも、完全に彼女の敗北が決定していると思い込んでいる外野がかなり鬱陶しい
「気にするな!」とか言っても、気になるに決まってます。
しかし、川島亜美に取り憑かれてしまっている野郎どもは情けない・・・・。

大河、竜児の作る御飯に肉が出てこないことを不満に思いつつも、召使と化しているやつもかなり哀れですな。
もくもくと練習するも、体育の授業は雨で中止になってしまい練習できず。
そこに北村君が市民プールのチケットを持って参上。
彼も大河に賭けた勇者だったわけですが・・・・・。
大河は大喜びでしたが、一緒に行ってくれるのは彼じゃなくて、竜児だったからちょっとガっくり

飲み物を買いに行くと、川島亜美と遭遇し「あまり大河をからかわないように」と言う竜児。
彼女の反応は、一応、計画は立てているとは言え、何とも微妙。
しかし、さすがは同性の感ってやつなのか、大河がヤキモチを焼いていることに気がついているとはねぇ
バカと言われちゃった、竜児でしたが、彼も全く気がついてないようで困ったもの。

帰宅の途に就こうとしたところ、下駄箱のところでみのりんと遭遇
彼女は審判だから応援することはできないけど、大河の味方っと。
いつもはパワー全開で、破天荒な行動にびっくりな彼女ですけども、ちゃんと大切なこともわかっているんですよねぇ
だから、ホント、彼女が好きだ、私は。

市民プールでの練習では、浮き輪を付けてとは言え、そのキック力にはびっくりでした
いつも、暴れまくってますからねぇ。
それにしても、すごいスピードだな!どこまで行っちゃったのよ!

そんな中、雨が降ってきてしまい練習は中断になってしまうも、練習したいという大河のためにちょっと休憩っと。
竜児、大河にがんばれと言いつつも、その理由は北村君のためや川島亜美に勝ちたいからと言ったのが不味かった・・・・。
彼としては応援しているつもりだったんでしょうけども、大河、自分でもわかってないもやもやがあるようで。こりゃ、野郎にはわからんですな。

大河と険悪なムードになってしまうも、打開のヒントをくれたのはお姉さんでした。
まぁ、大河の普段の態度からは、竜児のことを気にしているとは思えんのは当然でしょうが、あれが彼女のスタイルですからね。
これくらいの喧嘩なら、いつもやってそうだし・・・・。

さて、いよいよ対決の当日。
プールでは、川島亜美との対決をしないとまで言っていた大河でしたが、やっぱりやる気になってくれたみたい でひと安心。
で、その日の弁当は、竜児なりの反省のつもりなのか?、肉ばっかり・・・・
おいおい、運動前にあれはキツイんじゃないのか??竜ちゃん、もっと気を利かせたほうがいいような・・・。

対決の時間になってもプールにやってこない大河。
が、野郎どもは、先にやってきた川島亜美の水着姿に完全に取り憑かれいる状況っと。
川島亜美、ホント、周りも取り込んでしまう作戦ですか?

そこへ大量の浮き輪を持った大河が登場。
ここからが面白かったですねぇ。
いきなり川島亜美の視線を下に向けさせ、浮き輪をぶつけて、さらに水着を剥いでしまうとは・・・・。
まさか、こんな作戦でくるとは思わなかったし、かなり笑えました。
野郎たちも大感激?していたし、一気に面白い展開に。

さて、出鼻をくじいた大河でしたが、ターンしたところで足がつってしまうというハプニングが発生
ヘルプに入る竜児でしたが「主人のためにがんばっているんだから・・・」と一喝し、宣戦復帰。
いいコンビだよ、この2人は。

ところが、ここで興奮したギャラリーどもが竜児の上に降ってくるという大ハプニングが発生するからもうびっくり。
勝負に熱中してしまうのはわかりますけどねぇ。
こりゃ、単なる迷惑行為でしかないわけで、これはいかんですな。

気を失ってしまった竜児を前に、大河は「竜児は私のものだ!」「誰も触るな!」と叫びなら大泣き。
えっ?、これって思いっきり告白じゃないの?
竜児のやつは聞こえていたんでしょうかねぇ、主人のこの声が・・・・。

さて、最後は結局みんなで川島亜美の別荘へ行くことに。まぁ、大河の理由ってのはさすがにかなり無理があるような気がしましたが、ご愛敬っと。
意外と簡単にOKしてくれた川島亜美にはちょっと拍子抜けでしたけど、絶対に何か考えているな!!
どうなるか?、ホントに楽しみでなりません。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(4) : trackbacks(40)

とらドラ! 第7話「プールびらき」

今回のお話は、学校のプールをめぐって、トンデモなことが起こってしまうというお話でした。

川島亜美のお色気作戦の前に、びっくりな竜児とその現場にやってきてしまった大河。
あぁ、これはさすがに終わったな・・・・と思ったけど、こいつはかなり意思の強いやつでした。
びっくりな大河の方も、みのりんには部屋には誰もいないと報告っと。
修羅場的な展開になるか?とも思いましたけど、とりあえずは我慢してくれて、ひと安心。

思いっきり不機嫌の大河の機嫌を直してもらうために、食べ物で釣ろうとする竜児でしたが、そう簡単にはいかず。
なぜか?苦しんでいたインコちゃんでしたけど、そのまま倒れちゃうとはねぇ、哀れ。

次の日、遅刻しそうになってしまった竜児と大河の2人ですが、朝っぱらから川島亜美の攻撃とはねぇ。
あれは、イラつくわ。

そんな中、なんとプールが始まると聞いてびっくりな面々。
ってか、実は一番ビビっていたのが大河でありました。
いつもの面々で水着を買いに行くと、大河は自分は胸が全くないことを気にしていることが発覚っと。
まぁ、悩みは人ぞれぞれですからね。男の竜児が気がつかないのも当然のこと。
しかし、スタイルの良さを見せつけ、自分でカワイイとか言っている川島亜美は本当に真っ黒ですな!

家に帰っても、食欲もない大河は全く元気なし
竜児は、彼女が悩んでいる理由に全く気がついていなかったわけですが、竜児ママが仕事前に、豆乳を飲んでいたことに関心を示しやっと気が付きました。
悩みまくりの大河でしたが、さすがに男ではこの悩みはわからないわけで、何とも困った事態になっちゃいます。

さて、そんな彼女のために一肌脱ぐことになった竜児は、大河のために夜を徹して胸パットを作ってあげることに
いや〜、竜児は優しいな!

当日は、真っ黒な川島亜美は案の定、野郎どもを虜にっと。
彼女、自分で自分のこと「カワイイ」とか言うなよ!!、本当に黒、真っ黒です。

大河はというと、竜児お手製の胸パットを着用し、みんなの反応は上々。
しかも、みのりんにやってもらった髪の毛が、北村君にウケたから、もうウハウハ気分に
本当に、北村君絡みとなると、彼女はデレデレですよねぇ。私は、好きだなぁ〜!食べている時の彼女が一番だけど・・・・。

ところが、川島亜美がちょっとしたイタズラで大河をプールの中に投げ込んでしまったから大変。
まさか、本当に泳げなかったとは・・・・。
完全に溺れているっぽい感じの彼女のところへ助けに向かう、竜児でしたが、溺れているのに胸パットがとれたことを気にしているとは、大した根性してますな。

困った竜児が取った行動はというと、仕方ないから俺が・・・・って、おい!
この後、大河が不機嫌になったのは当然のことだわ。
しかし、竜児も大胆なやつです。

最後は、またまた険悪なムードになっていた大河と川島亜美の2人に対して、スポーツ対決を提案するみのりんを見つつおしまいっと。
ってか、大河としては川島亜美よりは竜児に怒っているだけなんですけどね。まぁ、原因を作ったのは彼女だから、さすがに溺れちゃ、責任感じますかね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(43)

とらドラ! 第6話「ほんとの自分」

今回のお話は、川島亜美が自分の本性をさらけ出そうとするってなお話でした。

いきなりのこちょこちょ作戦を実行する大河とみのりんにはびっくり。
遠足で持って行けるお肉は300円までって・・・・、これはさすがに酷い。
普通の人でもキレるんじゃないかと思いますが、そこまでされても本性を出さない彼女はプロですな、本当に。

川島亜美に大勝した大河は上機嫌。
サラダまで作ってあげるとか何とか言ってましたが、それも束の間のことでした。
何者か?に追いかけられている彼女がいきな竜児に抱きついてきたので、ブチ切れの大河には大爆笑。
あのストーカーも、何気に哀れですよ。おそらくは川島亜美を狙ったであろうゴミの直撃を受けていたし・・・・。

そんなわけで、竜児のところでかくまってほしいと願い出るも、安全性の関係?で大河のマンションに泊まることに。
甘かったですねぇ、川島亜美は・・・。
自分のところにやってきた彼女に、物まねに乗じて夜通しで歌を歌わせるとは・・・・
人に弱みを握られると大変なことになるんで、以後気をつけなければ・・・ですな。

一転して有利に立った大河にいいようにされてしまう川島亜美は、ちょっと可哀想かなっと。
友達と予定があるも昼ごはんに緊急招集され、一緒に食べることに。
大河のお弁当は竜児が拵えたものなので、彼女は彼女で大変そうでしたけども。

放課後は、生徒会のゴミ拾いに参加することになった、大河、竜児、みのりん、川島亜美の4人。
まぁ、目的は北村君と・・・ってなわけだったわけですけども、彼とは別の班になってしまいテンション下がりまくりの大河。

川島亜美と竜児がゴミ拾いをしていると、泥の上で転んでしまい、さらにカエルの来襲にびっくりした拍子に彼の前で本性をさらけ出してしまうことになっちゃいます。
そんな彼女の姿を見て、竜児は「なぜ?」と説得してみるも、ダメっと。
まぁ、そんな何かしらの理由があるわけで、そんなに簡単にはいかんわな、そりゃ。

そこに、川島亜美のストーカーがやって来るからびっくり。
なるほど、突然転校して来たのはやつから逃げるためで、あの大量のお菓子はストレスからくる焼け食いに使われるもんでしたか?
全く、こういう輩には困ったもんです。

さて、困ったと思っていると、そこに大河とみのりんがやって来て、思わず2人の写真を撮るストーカー・・・・。
が、これが間違いでしたねぇ
いきなり写真を撮られた大河は、怒り心頭でやつのことをボコり出すから大爆笑。まさか、あんな凶暴な方だとは思わんかったことでしょう。まぁ、自業自得ですけども。

そんな大河の姿を見た、川島亜美は一変して、自分の本性をさらけ出すからびっくり。
やつも、これで懲りたかな?
まぁ、いい子ぶっていたから、あんな野郎が憑いてしまったわけですから・・・・。

最後は、ストーカーを追い詰めて、ちょっとビビっていたところに竜児が優しい言葉をかけたために、2人の中が急展開?
川島亜美が思いっきり迫っている感じのところを大河に思いっきり見られてしまいましたが、さて。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

- : trackbacks(38)

とらドラ! 第5話「かわしまあみ」

今回のお話は、超腹黒の川島亜美が転校してくるってなお話でした。

ある日のこと、大河がいつものように竜児のところへご飯を食べに来ていると、やつが余計なことをいうもんだから、スープがこぼれてしまうとは・・・。
で、2人は例のみのりんの働いているファミレスへ。
彼女に会いたい竜児は、何かと理由をつけて大河と一緒にあのファミレスへ通っているようで。
うーん、大河の方はねぇ、かなり迷惑な話だと思います。

そこに、雑誌でモデルをやっている川島亜美北村君がやって来るからびっくり。
まぁ、大河は有名人よりも北村君かもですけども。

彼女、竜児にうまいこと取り入っているかと思えば、あんな裏の性格を隠していたとはねぇ。
北村君と竜児がいないことをいいことに、大河には言いたい放題。
あの光景を見た竜児も驚いたことと思います。
しかし、彼女にしてはかなり我慢したんじゃないかと思いますが、最後は耐えきれずに一発を。まぁ、当然のことだな。あれはいけません。
それにしても、その夜のやけ食いはすごかったです。
個人的には、大河がご飯食べているところって、微妙に可愛いような気がする・・・・。

ところが、川島亜美が自分たちの学校に転校してきたから、もうびっくりな大河と竜児。
うーん、これはまずかったですねぇ。大河は彼女の本性を思いっきり知っているわけですし、バレたら大変だと思います。

そんな大河をよそに彼女はクラスのみんなからは大人気っと。
北村君が、同じ学校に2人がいることを隠していたのは、彼女の本当の姿をみんなに知ってもらうため
彼は裏の彼女も嫌いじゃないと言いますが、個人的にはこれは本人の考えることですな。
例え、みんなに受け入れられても、嫌なもんは嫌だと思います。

やっぱり本性を知られたくないのか?、川島亜美はひょっとしたら大河に話を聞いてしまったかもしれない竜児にしっかりと根回しっと。
彼、本当はすでに全部知っていることを知らない彼女は微妙に哀れかも。
ついでに、竜児は竜児で、みのりんに勘違いされているし・・・・、本当にいつもそんな役回りだな!

その放課後、一人、教室で竜児を待っていた大河のところに川島亜美がやって来て、北村君に大河の暴力的な性格を暴露してしまったと聞いてもうびっくり。
彼女、本当に腹黒だな!唯一、自分の本性を知っていると思っているわけで、相当に恨まれてます。
まぁ、仮に大河がすべてをばらしてしまったとしても、彼女の言うことを信じてくれるか?は微妙だと思いますけどねぇ、私は。

おかげで、すっかり元気を無くしてしまった大河は竜児の説得もほとんど効果なし。
さて、どうなることか?と思いましたが、まさか?トンカツで復活するとは思いませんでしたねぇ。
何気に単純な性格で良かったかも、かも、かも。

さて、最後はコンビニにソースを買いに行ったついでに買った雑誌には、川島亜美休業の文字を発見し、なぜか?大量のお菓子を持って夜中の街を歩いている彼女を見ちゃいます。
うーん、大河は何かに気がついているみたいでしたが、さて。
やっぱり、ここから大河の怒涛の反撃が始まるのかなと思ってみたり。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

- : trackbacks(41)

とらドラ! 第4話「あのときの顔」

今回のお話は、大河が北村君の写真を撮ろうとするってなお話でした。

朝から大河の部屋に彼女を起こしに行った竜児が見つけたのは、北村君の写真が大量に入ったアルバム。
ってか、女の子の部屋をあさるのはヤバいと思いますが、まぁ、やつはこの事実を知っている分だけましかなと思ってみたり。

しかし、北村君のことを意識しすぎでてしまう大河の撮る写真はブレが酷いものばかりで、代わりに竜児のやつが写真を撮ってあげることに。
その朝、さっそく北村君に遭遇するも、緊張のあまりに出てしまったのが「オッハー」って古っ!
でも、ちゃんと同じ方法で返してくれるあたり、かなりノリのいい子ですな、彼は。

その後も、朝礼で会長さんに文句を言ったり、弁当を一緒に食べることになった時に、竜児が作っていることをバラしたりと、全くいいとこなし。
それにしても、思いっきり興奮していた大河が本当にいい感じ。

放課後は、部活動中の彼を竜児と一緒に激写っと。
まぁ、竜児がもたもたしていたために、ほとんど役に立っていない感じでしたけど、あんな恰好して撮影すればブレるわな、そりゃ。
自分で撮影した写真を眺めつつ、デレデレの大河はもう面白すぎ。ってか、かわいい。

北村君に竜児の作った弁当を食べさせることにしたので、大河もちょっとお手伝いすることになるも、あの豪快な包丁さばきには大爆笑。
さすがに、あれはないでしょうねぇ。じゃがいもが、勿体ないです。

学校で北村君の写真を見つつ、それを竜児に押し付けたつもりが、当の本人のご登場にはびっくり。
さすがにマズいなと思っていましたが、その北村君が大河に告白したことがあり、しかもフラれていたとは、さらにさらにびっくり。
ってか、両想いだったんですねぇ。

大河は、北村君に告白された時、びっくりしてしまい思わず断ってしまうも、その後、意識してしまうようになり恋に落ちちゃったとは・・・・。
うーん、これは彼女にとっても思わぬ展開だったことでしょうねぇ。
まぁ、いきなり告白されれば、びっくりするけど、悪いような印象は持たないでしょうし。

さてさて、どうなることやら。
っと、竜児、みのりんの写真盗んだな、テメェ!さすがに、バレたらヤバいだろ!!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

- : trackbacks(35)

とらドラ! 第3話「君の歌」

今回のお話は、竜児が櫛枝さんの魅力に取り憑かれてしまうってなお話でした。
それにしても、大河と櫛枝のダブルコンビは、テンション高すぎだろ!!
大河とか、つねにキレてしましたし、櫛枝さんも常にキラキラで、すごいよ、この2人は。

竜児は、ソフトボールをやってたり、携帯をデコメにしたりと、つねにキラキラな櫛枝さんにデレデレ。
確かにねぇ、怖いし、コキ使われるしな大河なんかと常に一緒にいたら、彼女に憧れてしまうのも当然かな。いや、普通に憧れちゃうと思うけど・・・・。

家に帰ってもデレモードの竜児が、大河に一撃を浴びせられたのは当然のこととして、思いっきり挙動不審に見えたのは本当のこと。
可哀想だけど、これは事実なんで仕方ないです。

夕食を作ろうとすると、炊飯器が壊れてしまい、大河の案内で櫛枝さんがバイトしているというファミレスへ。
って、竜児の野郎は彼女のウェイトレス姿を見て、デレモード。
でも、本当に可愛いですなけど・・・・。

その後、休日という理由をつけて、またまた櫛枝さんのバイト先のファミレスへと向かう竜児。もう、完全に取り憑かれてますな、彼は。
ところが、その道中のこと、偶然にも酒屋でバイトをしている櫛枝さんと遭遇するから、びっくり。
しかし、本当に彼女、働くこと好きですねぇ。

ここからが、また面白かった。この酒屋さんの主人は、竜児のお姉ちゃんのお得意様だったために、こき使われることになってしまったのが、大河が哀れすぎ。
しかも、自転車で配達に行こうにも、自転車に乗れないから、走ってとは・・・・。遅すぎでしょうに。

一方で、残された櫛枝さんと竜児の野郎は、蔵の中へ荷物を取りに行くも、そのまま閉じ込められてしまうというお決まりの展開。
それにしても、こんな状況でも歌を歌ったり、ソフトのマネしてみたりと、輝きを失わない彼女には憧れちゃいますな。
凶暴な手乗りタイガーとは大違いです。

そのタイガーは、自分が孤軍奮闘しているのに行方不明になってしまったバカ犬を探して怒り心頭。
うーん、よく彼女は、このテンションが続きますねぇ。

最後は、大河に見つかってしまうも、犬に蹴りを食らわせたために、一緒に蔵の中に閉じ込められることになっちゃいます。
さて、あの後どうなったのやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

- : trackbacks(41)