ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

仮面ライダーキバ 第38話「魔王・母と子の再会」

えっと・・・・・、
音也〜〜〜〜〜〜、テメェ!
ゆりさんというものがありながら、真夜さんと隠し子を作っていたんかい!
ゆりさん派の私としては、やつを許すことはできませんな
今現在、やつがどこで何をしているか知りませんが、楽しい生活を送っているなんて話は絶対にありえないです。
やつがゆりさんを地獄へと突き落とした・・・・・、ちゃんと反省してるんだろな、ゴラァ!!

ってか、本当に最低だろ!
やつは、真夜さんがファンガイアということを自覚しつつ、しかも本人のいる前で堂々と浮気していたんだから、本当に許せん。
やつを骨抜きにした真夜さんにも責任があるような気がするけど、口ではうまいこと言っている音也も、こっそりとやることやっているんだから、言っていることとやっていることが全く違うだろ!
これじゃ、全く説得力ないです。

ひょっとしてゆりさんが亡くなった原因を作ったのは、音也の野郎じゃねぇのか?
だとしたら、ますます音也に対する怒りのボルテージが・・・・・。


と前置きはこの辺にして以下感想を。
今回のお話は、大牙と渡さんが違う父親を持つ兄弟であることが発覚してしまうというお話でした。

現在の世界。
渡さんがキバ、大河がキング、深央さんがクイーンであることが発覚して、びっくりの面々。
いきなり、総バレとなってしまうとはねぇ。しかも顔見知りとなれば、ショックに決まってます。

錯乱状態の渡さんは、その場を離れるも気絶してしまい、目が覚めると次狼さんの前。
いくら現実を受け入れたくないとは言え、夢を見ていたとはちょっと苦しすぎる言い訳ですな。
ここに来て、次狼さんって、ザンバットソード化したのかと思っていたんですけど、まだそのままでした。まぁ、実態がないのかもですが・・・・。

過去の世界。
暴走して一人ファンガイアに向かっていたゆりさんでしたが、目が覚めると病院のベットの上で、そばには音也の姿が。
自分が音也の才能を理解できないことに悩んいることを告白するも、やつの言動はいつものまま。
ってか、こいつ、まだ自覚なのかい?花瓶ぶつけられても当然ですよ。

現在の世界。
キバが渡さんであったという事実を知り、ショックの大牙さんは、ビショップを問いただします。
まぁ、やつは20年前からこの地位についていたんですから、すべての真相を知る人物なんでしょうねぇ。
だから、同じ悲劇が起こらないようにしているんじゃないかと思います。

大牙さんは、ビショップに言われて、真夜さんのところへ向かい、尋問をっと。
キングという地位から、人間を愛することがご法度だということは理解できますが、実の母親に対しても容赦ないですねぇ、彼は。

過去の世界。
真夜さんが、音也と付き合っていることを先代キングが黙認していたはずもなく、彼やビショップに追及される彼女でしたが、全く余裕綽綽。
うーん、ルールはルールですからね。そりゃ、心配にもなりますな。

現在の世界。
渡さんと一緒に真夜さんのところへ行くことにした大牙さん。
あの死んだファンガイアを再生している死神みたいなファンガイア、ちょっと気になりますが、どっちにしてもクイーンに恨みを持っているやつなのかもです。
しかし、無力となってしまった彼女は、自業自得とは言え、可哀想。

真夜さんの前にやって来た渡さんは大喜びしたのも束の間のことで、自分と大牙さん父親違いの兄弟であることを知ってびっくり。
彼女は、渡さんを出産して、こっそりあの屋敷に暮らすようにしたんですねぇ。
まだ、詳細ははっきりしてないとは言え、存在が知れればファンガイアによって抹殺されるでしょうから、当然のことですな。

そこにゾンビ化したファンガイアが多数出現して、そいつらに向かっていくキバとサガ。
ってか、渡さんがファンガイアであることが決定したということは、ザンバットソードを持つ彼がキングになるんじゃないか?と。
でも、彼は人間とファンガイアの混血ですから、そう簡単にいかないかもですが・・・。とくにビショップ辺りが納得するはずがありませんから。

過去の世界。
どういう風の吹きまわしなのか?、次狼さんの前に突然姿を現した先代キング。
思いっきり、ピンチだと思いますが、さて。

ついでだけど、名護さん、どうしちゃったのよ。
「753」とかいうTシャツを作るわ、メガホンを使って指示を出すわ、もう完全にギャグ要員になってます。
健吾さんがイクサを使っても何の問題もないようだし、今後が心配なんですけど・・・・・。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(5)

仮面ライダーキバ 第37話「トライアングル・キングが斬る」

うーん、何でしょうかねぇ、この昼ドラ的なドロドロ展開は・・・・。
ちょっと見るのがつらくなってきたよ。

今回のお話は、渡さんがキバであることがバレてしまうというお話でした。

現在の世界。
深央さんにいきなり告白された渡さんはもうびっくりだったわけですが、普通にお断りっと。
でも、家に帰ると思いっきり、ウキウキ気分。が、大牙さんのことを考えると、そう喜んでもいられない・・・・。
彼は、本当にわかりやすい性格してますな。

もちろん、困ってしまった大牙さんでしたが、ビショップの提案でかなり強引にことを進めることになっちゃいます。
堂々と自分と深央さんの結婚式の招待状を渡さんのところへ持って行くのは、さすが。
が、ここは渡さんもすぐには「Yes」と答えてくれるはずもなかったわけですが、言ってみたはいいものの思いっきり殴られてしまうことに。
でも、ここはよく言ったと思いますね、私は。

過去の世界。
もう、完全に暴走しているゆりさんは、一人でラットファンガイアに向かっていくも、全く相手にならず。
そこに、裏切りものの音也さんがかけつけるも、全く相手にされずイクサを奪われてしまうことに。
こいつ、自分がやらかしたのかわかってないのかい!何が原因なのか、自分の胸に聞いてみろよ、ゴォラァ!

今度はイクサに変身し、ラットファンガイアに向かっていくも、またまた返り討ちにされてしまうゆりさん。
もう、可哀想過ぎだろ、彼女が。音也のやつは、ゆりさんがピンチなのに、全く姿を見せないし・・・・。
テメェは、本当に最悪だな!、もうちょっと見せ場を作ってくれよ、マジで!

変身も解けてしまい大ピンチになったゆりさんを救ったのが、真夜さんだったってのはびっくり。
「命よりも大切なものを奪おうとしているから十分だ」と。
えっ?、もう奪うつもり満々なんですか?彼女も許せねぇ!!

現在の世界。
ついに決心したのか?、深央さんを呼び出すも、その途中で彼女を狙っているラットファンガイアを見つけて交戦になってしまいます。
で、代わりに深央さんの前にやって来たのが、大牙さん。
いくら彼女を説得するためとはいえ、親友である渡さんのことを「人間としても最低の部類に入る」とはちょっと言い過ぎでしょ

ラットファンガイアと交戦していた渡さんでしたが、やつはまた3体に分裂したから大変。
結局、返り討ちにされてしまい、変身までとけちゃいます。
ってか、何でエンペラーフォームにならなかったのか?と思うわけですが、まぁ深く感がないようにしましょう。

倒れこんでしまった彼の前に現れたのは、次狼さんで、渡さんにもう一度、ザンバットソードを抜くチャンスを与えたのでした。
まだまだ弱い自分のことを自覚し「深央さんを守るためにも、もっと力を・・・・」と願うと・・・・、ザンバットソードが抜けたのです。
愛の力は、すごいってなことですな。

ところが、ザンバットソードの力に操られてしまい、渡さん、いきなり暴れ出してしまうからもう大変。
さて、どうするのか?と思いましたが、ガルル、バッシャー、ラモンの3体がザンバットソードに合体し、無事に元通りっと。
うーん、これはちょっと呆気なかったというか、何というか?私は、渡さん本人の力で何とかしてほしかったですねぇ。

その頃、過去の因縁からクイーンに襲いかかるラットファンガイアどもを一人で相手にする大牙さんはさすが。
うん、彼は絶対に渡さんになんか負けてないです。 まぁ、力だけで虜にするってのは無理でしょうけども。

そこに、ザンバットソードを手に入れてやって来た渡さんは、エンペラーフォームに変身し、ラットファンガイアを一気に殲滅。
さらに、向ってくるサガまで返り討ちにしちゃいます。
それにしても、あの研ぐ仕草は余分じゃないかと。ちょっとカッコ悪いですよ。

キバの完全勝利か?と思った矢先、そこに深央さんが乱入してきて、さらにクイーンに変身し、キバに攻撃してきたから大変。
クイーンの攻撃の前に、変身が解けてしまった渡さん・・・・。
一気に総バレとなってしまいました・・・・。クイーン→深央さん、キング(サガ)→大牙さん、キバ→渡さん。
これは、どんな展開になるのやら・・・・。

それにしても、過去も現在も鬱な展開になってきてますなぁ。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(9)

仮面ライダーキバ 第36話「革命・ソードレジェンド」

キングこと、大牙さん、深央さんにものの見事にフラれちゃいました。
彼は、本気だったんでしょうし、かなり可哀想ですよ、あれは。

今回のお話は、キングがフラれてしまうというお話でした。

現在の世界。
ブラディ・ローズが復活し、意気揚揚と弾いているも、「うるさい」とまたまた近所のおばちゃんたちが抗議にやってきます。
渡さん、素直に謝り、近所の方ともすぐに和解することができましたが、昔とはずいぶんとかわりましたねぇ。

キャッスルドランの中に出現した剣は、次狼さん曰く、ファンガイアのキングが代々受け継いできた魔剣、ザンバットソードとのこと。
どうやら、この剣は主を選ぶ代物のようで、微妙に制服を着ているのが気になったラモンと怪力の力が剣を引き抜こうとするもダメ。
しかし、何でこんなところにあったか?ってのは気になります。

ビショップの提案もあり、大牙さんは深央さんとの結婚の話を進めようとするも、いきなりフラれてしまってびっくり。
彼、本気で彼女のこと考えている感じでしたし、ウエディングドレスの案まで考えてくれていたのに、これはショックでしょう。
うーん、深央さんももっと早くに告白してあげるべきでしたねぇ。

もう一人のキバ、つまり渡さんのことが気になったビショップは、先代クイーン・真夜さんのところへ。
これ、何気に気になるんですよねぇ。渡さんって、やっぱり彼女の子供なんでしょうけどだとしたら、音也許せんな!

過去の世界。
音也さんは、ブラディ・ローズの完成を祝い、真夜さんと食事をしつつ、彼女のために一曲。
彼、一応、ゆりさんのこと忘れていないみたいでしたけど もう遅いよ。ゆりさんが、どれだけ心を痛めたのか?知ってのか、こいつは!

そんなゆりさんは、ファンガイアに一人で突っ込んでいき、もうかなりヤケクソな状態。
なのに、音也の野郎はそんなこと気がつくこともなく、真夜さんのための演奏を行っているとは、マジで酷い。

現在の世界。
深央さんにフラれてしまった大牙さんは、渡さんに一緒に彼女の好きな相手を探ってほしいと相談に行きます。
ってか、渡さんって、マジで自覚なかったんですかね?
だとしたら、仕方ないけど、あの白々しい態度、彼も大牙さんのこと裏切っているよ、明らかに。
せめて、自分の口から言ってあげるのが良かったんじゃないかと。

深央さんが相談に行ったのが、健吾さんのところに行ったのはびっくりでした。
まさか、深央さんをめぐる三つ巴の争いが勃発か?と思ってしまいましたからねぇ。
さて、どうなることやら。

そんな中、渡さんの前に次狼さんがやって来て、あのザンバットソード引き抜いてくれと頼んでくるも彼でも抜くことはできず・・・・。
あんなヘタレな彼では無理でしょうねぇ。まぁ、クイーンに愛されているのは彼ですから、いずれ使えるようになるとは思いますが、それでも彼の心ひとつではないかと。

がっくりしてぶらぶらしていると、渡さんは深央さんと鉢合わせんになるも、いきなりラットファンガイアが出現。
深央さんは一発を浴びて気絶してしまいたので、渡さんはすぐにキバに変身して応戦、撃破するも、ラットファンガイアは3体いたようで思わぬ苦戦を強いられることに。

さらに、そこに怒り心頭のサガも加わり、やつはキバに猛攻撃を仕掛けてきます。
いい迷惑な感じもしますがねぇ、大牙さんの気持ち、わかるような気がしますよ、私は。
最後は必殺仕事人の技を繰り出す前に、トンズラしちゃった渡さん。
しかし、この2人もお互いの正体を知らないだけに、何ともいえないですな。

逃げてしまったキバを探していたサガは、偶然にも深央さんが「私が好きなのは、渡さんなんです」と言ってしまうところを聞いてしまいます。
ついに、バレちゃいました・・・・。
親友の彼が恋の天敵にもなってしまい、キングとしても彼は敵。
なんか、ものすごく鬱な展開になってきてしまったような気がしますが、さて。

最後は、ザンバットソードを手にする過去の世界の先代キングを見つつおしまいっと。
彼もフラれてしまったかもしれないんですよねぇ。
しかも、子供まで作られてしまったとは・・・・・、考えるとまたまた鬱になってしまいます。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(8)

仮面ライダーキバ 第35話「ニューアレンジ・飛翔のバラ」

最初に言いたいことがあるんですが、
音也、テメェ!何、堂々と浮気しているんだよ、マジで!
昔はあれだけゆりさんにベタ惚れだったのに、「これとそれは別」って、そんな理由で納得できるわけないでしょうに。
しかも、あれだけ自分のことを思ってくれているゆりさんが影で泣いているのに、無視とは何事ですか?本当に最低。
これまでは、いい加減なことしていても、本心では絶対に裏切らないやつだと思っていたのに、このままだとマジで嫌いになりそう。
「ごめんなさい」で済まされる事態じゃないような気がしますが(ってか、私は絶対に許しません)、どんな償いしてくれるんですかねぇ、本当に。

今回は、渡さんがブラッディ・ローズを修理するってなお話でした。

現在の世界。
先代クイーン・真夜さんのところへやって来た深央さんは、クイーンを辞めたいと進言すするも、「私が選んだんじゃなくて、クイーンの魂があなたを選んだのよ」と一蹴されちゃいます。
さらに、真夜さんは人間に恋してしまったことで、こうなってしまったことをめちゃめちゃ悔いているようで。
まぁ、彼女がクイーンでなくなってしまったわけで、辞める方法はあるにはあるんでしょうが、やっぱり彼女みたいに幽閉されてしまうのかも。

その頃、渡さんはというと、壊れてしまったブラッディ・ローズの修理を終えるも、何かがまだ完ぺきとは言えない。
ってか、上薬であれだけ悩んでいたのに、これはあっさり修理できちゃうとは何気にびっくりかも、かも、かも。

過去の世界。
真夜さんとヴァイオリン作りに熱中してしまっている音也さんは、ゆりさんのことなんか全く眼中なし。
ゆりさん、マジで可哀想。音也、マジで最低。

そんなゆりさんの前にやってきたストーキング次狼さんは、彼女に事情を聴き、音也さんのところへ行き説得を。
うん、今のやつは完全にファンガイアに魂を持っていかれていってしまっていると思います。取り憑かれているに違いないです。
しかし、そんな彼の説得も無視とは・・・・、もうどうしょうもないな、コイツは。

現在の世界。
ブラッディ・ローズに足りないものについて悩んでいると、そこに現れたのは次狼さん。
彼は、渡さんに足りないものは祈り。音也さんは、それに祈りを行っていたとアドバイスをしてくれます。
しかし、彼、どうやってここに来たのか?、次狼さんたち3人の現状は謎が多いです。

怪我を負ってしまいイクサが健吾さんの手に渡ってしまった名護さんはもう大変。
ってか、普通に喧嘩したら、健悟さんの方が上っぽいですしねぇ、このまま彼がイクサに昇進しちゃうのか?
まぁ、まだ一回も変身したことないので、わからんですが、そうなったら名護さんは暴走しちゃうこと間違いなし。

ファンガイアを使って実験を繰り返していた神田とかいうやつは、嶋さんの説得も聞かずに実験を継続。
が、ついに実験体だったホースフライファンガイアが暴走してしまい、神田さんは帰らぬ人になってしまいます。
利用していたつもりが、利用されていたとは哀れ。やっぱり、ファンガイアは生身の人間の手には負えんということですな。

そのホースフライファンガイアはさらなる力を得るために、なんと深央さんを拉致しちゃいます。
それを追いかける渡さんと大牙さんの2人。
渡さん、親友である彼に自分も彼女が好きだと、よく言ってくれましたねぇ。今後がちょっと心配ではありますが・・・・。

大牙さんの案内で、神田の研究所に到着した2人は、分かれて深央さんを探すことに。
先に彼女を見つけたのは、渡さんの方で、早速、キバに変身して戦闘となります。
けど、大牙さんは、そんな彼にククルカンを差し向けるから、キバはそのまま気を失ってしまい、さて困った。

なぜか鳴り響く、ブラッディ・ローズを抱えてやって来たのはタツロット。
祈り・・・・、音也さんの音楽に対する気持ちってのが、彼がこの楽器に込めた願い。それが伝わってきたのです。
まぁ、取り憑かれていても、音也さんはやっぱり音也さんですな。

過去の世界。
ブラッディ・ローズは完成しするも、真夜さんからは最後に祈りが必要との提案が。
音楽に対する思いをそのヴァイオリンに込め、ついにブラッディ・ローズは完成します。

現在の世界。
音也さんの込めた思いをしっかりと感じとった渡さんは、「自分の音楽を見つけたい!そうすれば、もっと強くなれるから・・・」と彼なりの思いを込め、ついに彼もブラッディ・ローズを完成させます。
が、その瞬間、エンペラーフォームに変身したかと思えば、いきなり覚醒して大暴れ。
これは、さすがにびっくりでしたねぇ。

さて、最後は真夜さんはその渡さんの会いたいってな気持ちを察したようで。
さてさて、どうなることやら。

JUGEMテーマ:テレビ全般


comments(0) : trackbacks(7)

仮面ライダーキバ 第34話「ノイズ・破壊の旋律」

今回のお話は、渡さんが深央さんをあきらめようとするってなお話でした。
今回はねぇ、もう完全に現代メインの話でした。ってか、びっくりしたのが健吾さんですよ。
音楽ができなくなってしまい、愚れているかと思えば、あんな形で登場するとは・・・・。

現在の世界。
好いていた深央さんがよりにもよって、大牙の婚約者だと知ってびっくりな渡さん。
何やら、ケーキをこしらえていると思えば、まさか失恋パーティを開くとは・・・・。
ぜんぜん、目出たくないでしょうに。
が、静香さんや恵さん、名護さんはなぜかノリノリでかなり盛り上がっている感じ。名護さんのあの銀ピカの服は何だ?

そんなパーティの中、大牙さんがやって来て、事情を聴くも、彼の深央さんのことを言い出せるはずもなく・・・。
これはねぇ、数少ない友達である彼には言い出せないわな。
そんな事情も知らない彼は「どうせ、バカな女だろ!」とか言っているのには、ちょっと笑ってしまいました。

大牙さんは、そんなわけで渡さんと深央さんを連れて遊園地に遊びにやって来ます。
これは、何のいじめだよ。元恋人同士えをコーヒーカップに乗せるとは、わかっていないとは言え、2人が可哀想過ぎます。
もちろん、渡さんは彼女を見ることもできずに、かなり険悪な雰囲気になってしまったのは当然のこと。

そこに、何やら一人の脱走藩が現れ、人質を取って怒鳴り出すという事件が発生。
名護さんがやって来て、やつをうまいことハメて一件落着かと思えば、やつの馬鹿力は凄まじく返り討ちにされちゃいます。
しかし、ここで助けに入ったのが、あの健吾さんだったというのにはびっくり。
名護さんを一発でふっ飛ばしているあたり、かなりパワーアップしているっぽいですが、さて。

容姿やしゃべり方まで変わってしまった彼は、青空の会に入ってきました。
初っ端から、名護さんと険悪な雰囲気になってましたが、本当に変わりすぎです。
喜んで彼のところにやって来た渡さんにも、「お前は偽物の友達だ!」と一蹴。まぁ、何の手助けをしてもくれなかったってのはあるんでしょうが、前の方がぜんぜん良かったですよ、マジで。

またまた、投資する会社を回っていた大牙さんでしたが、今度の研究は能力を付加させるというもの。
これは、ファンガイアにとっても有用なので、本当に投資するつもりらしい。
でも、ファンガイアを使って、かなり怪しい実験しているっぽいですが、彼女の体に何を埋め込んだのやら・・・・。

深央さんのことで悩みまくっている渡さんでしたが、そんな中、突然、ブラディ・ローズに亀裂が入ってしまうからびっくり。
原因は不明ですが、やっぱり渡さんの心の乱れが原因なのか?

さて、深央さんはというと、やっぱり人間を襲うことはできないと自覚し、ビショップに「クイーンをやめたい」と進言を。
もちろん、そんなことが受け入れられるはずもなく、ビショップは激怒。
先代のクイーンの悲劇があることを伝えて、実際に会ってみるといいと言い出します。
えっ?、生きてるですか?先代のクイーンである真夜さんが・・・・。

大牙さんが投資を決めた怪しい実験をする神田とかいうやつは、なんと元青空の会のメンバーでした。
嶋さんのゆるいやり方についていけず会をやめてしまったみたい。
でもねぇ、こいつの実験はマジで危ないわ。いつか、絶対にその身が危険にさらされることは、目に見えてます。

キングこと大牙さんにも呼びだされたビショップ。
大牙さん、自分は好意を抱いている深央さんのことや、もう一人のキバである渡さんのことがかなり気になっているっぽいです。
ビショップは、自信を持つように言うも、彼の心の闇は深そう。
ビショップって、チェックメイトフォーの精神的な柱になっているっぽい。まぁ、大牙さにゃ深央さんよりも、年齢も上そうだし、冷静な判断ができそですし。

そんなビショップが、渡さんの前に出現し、大胆にもいきなり父母のことについて聞き出そうとします。
もちろん、そんなやつが普通の人であるわけなく、キバに変身し、戦闘となります。

名護さんもすぐに駆け付けるも、こっちはあの神田とかいうやつについているファンガイアが出現。
名護さん、コテンパンにやられている感じ。
エンペラーフォームに変身したキバによってよって何とか助かるも、こりゃ、次の話では、久しぶりに暴走するかもしれませんな。

最後は、深央さん、やっと先代のクイーンを発見。
本当に生きてました。
いったい何があったのやら・・・・・。

ついでに過去の世界。
今回、こっちは何の進展もない感じでしたが、真夜さんと一緒にヴァイオリンを作っている音也さん。
それが気になりまくりのゆりさん。
妙な展開になってきましたな。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(8)

仮面ライダーキバ 第33話「スーパーソニック・闘いのサガ」

今回のお話は、過去・現在ともに女性関係が怪しくなってくるってなお話でした。

過去の世界。
変身して真夜さんに襲いかかろうとする力に対し、彼女も本来の姿に変身して応戦を。
勝負はクイーンの圧勝でしたが、彼女がファンガイアであることにびっくりな音也さんでしたが、彼女は「問題ある」と平然としてます。
ってか、問題大アリでしょ。

現在の世界。
またまた、クイーンに襲われたキバではありましたが、無事に撃退することに成功。
戦いの後、偶然にも?深央さんと出会った渡さんは、不安そうにしている彼女に対し、優しい言葉をかけて、励ましてあげます。
まさか、この後のあんな展開になろうとは、予想してなかったことでしょう。

過去の世界。
自分がファンガイアであることがバレてしまった真夜さんは、平然として、音也さんに戦うか?、宿題の答えを聞くか?を尋ねます。
当然というか、彼の答えは後者。
何だかんだ理由をつけて、その答えを聞き出すと、彼は自分にふさわしいバイオリンを持っていないからという。

が、そんな名器を買おうにも高すぎると思っていると、真夜さんからは作ればいいと言われて、音也さん、拍子抜け。
どうやってつくるのかと思えば、真夜さん、昔、あのストラディバリの弟子だったから、自分が教えると。
彼女って何気にかなり長いことクイーンをやっているんですねぇ。

キングの執事さんである黒沢には咎められてはいますが、人間に興味がある彼女にいは関係ないっと。
すでにヤバい感じが・・・・。

現在の世界。
大牙さんが社長を務めるという会社の本社にやってきた渡さん。
ちょうどいいところだから自分の婚約者を紹介すると言われ、無理やりに誘われてしまうことに。
が、トイレに行って、戻って来た時にそこに待っていたのは、何と深央さんだから、もうびっくり。
2人の放心状態でした。
さらに、修羅場と化していくような予感が・・・・。

深央さんが大切な親友の大牙さんの婚約者であったことに大ショックの渡さん。
風呂に入りながら、あれこれ考えていると、そこに入って来たのが名後さんでした。
って、野郎の入浴シーンとかあまり見たくはないんですが、風呂が気に入ったからって住み着いてしまった名護さん、迷惑は話です。

そんな中、深央さんが渡さんを訪ねては来ますが、思いっきり気まずい雰囲気。
静香さんが乱入してきて彼女を「最低」とバッサリと一喝したかと思えば、名護さんも逃げて行ってしまった彼女を追いかけようとする渡さんを静止します。
完全に2人の関係にひびが入ってしまいましたねぇ。

深央さんはクイーンだけど、仕事は失敗続き。
先代クイーンの悲劇?ってかそっちの方が気なるわけですが、その経験から深央さんがクイーンにふさわしくないと思い、彼女に襲い掛かります。
でも、キングこと大牙さんによって逆に返り討ちに。
深央さんの気持ちは渡さんなんでしょうが、彼、本当に優しいじゃないですか?
しかしねぇ、その大牙さんも2人の関係を知らないわけで、もし知ったらどうなることやら。

過去の世界。
真夜さんと一緒に早速、バイオリンを作り始めた音也さんは、なんだかとってもいい雰囲気。
そんな2人をこっそりみていたのがゆりさん。
ゆりさん、やっぱり浮気と思ったんでしょうねぇ、泣きながら出て行ってしまいました。
おい、音也、何をやってくれるんだ、全く。

現在の世界。
そんな深央さんに対し、自分のターゲットを倒すように言ったキング。
が、またまた失敗しちゃいますが、「後は僕が」とキング。

そんな逃げ回る彼の前に、黒沢が登場し、やつをボコり始めますが、そのファンガイア、うまいこと逃げちゃいます。
こんなことでいいんですか?

で黒沢こと、ムースファンガイアの前に現れたのが、魂が抜けてしまいキバットに引っ張られてきた渡さん。
でも、そこはキバ。
最初こそおされてはいましたが、エンペラーフォームにドッガの力を合わせて、無事にやつを撃退っと。
意外と弱かったです。

最後は、黒沢から逃げていたファンガイアの死刑執行を行うキング。
サガっていうらしいです、あのキングの格好。
それに変身し、やつに天誅を下しておしまいっと。
サガの必殺技って、必殺仕事人みたいな技なの?ものすごく、微妙なんですが・・・・。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(7)

仮面ライダーキバ 第32話「新世界・もう一人のキバ」

今回のお話は、渡さんがキングこと大牙を遭遇するってなお話でした。

現在の世界。
いきなり後ろからクイーンに蹴りつけられたキバはびっくり。
さすがにクイーンだけあって特殊な攻撃をしていましたが、まだ戦い慣れしてないんでしょう、キバの攻撃を受けてクイーン方から退却していきました。
両人とも正体を知らないわけでこれは何とも悲惨な光景。

キバットとクイーンの噂をしていると、そこに怪我をして倒れている深央さんがいたから渡さんびっくり。
って、自分がやったんでしょうに。

そんな中、キングこと大牙さんは、どこぞかの会社に投資するかということを話しあっておりました。
キング。まだまだ、若いやつでした。

深央さんを自分の家に運んだ渡さんは、自転車で転んだってことにして、2人で包帯を巻きあいラブラブモード全開ですな。
真実を知らないのが、かなり悲惨だけど。

過去の世界。
こっちはこっちで音也さんとゆりさんは、ラブラブモード。
ゆりさん、ルークを倒してしまったので、青空の会をやめて結婚ってなことまで考えていました。昔からは、想像もできません。

そんな音也さんの前にあらわれて、見事なバイオリンを披露する真夜さん。
彼のことを100年に一度の天才と言い、彼とそっくりの演奏を披露。
怪我をした指を治療してあげてましたけど、こんな光景をゆりさんが見たら修羅場と化すような・・・・。

現在の世界。
名護さんに呼び出された渡さんは、いきなり指名手配の強盗犯を捕まえるように言われるからびっくり。
って、敵に「あの?、強盗犯ですよね」とか聞いたら逃げるのが当然というもの。逃げられた彼を追いかけますが、逆にボコられてしまいます。人間のときは弱いですな。

そこに、青年が一人やって来て、初めこそボコられていましたが、眼力だけで見事に撃退しちゃいます。
彼こそは、渡さんの友達である大牙さんでした。昔からすると、様変わりしているように見えますがねぇ、彼は一発で渡さんのこと見抜きました。
って名護さん、一人で強盗犯を捕まえているけど、渡さんにそのまま無視されてしまって哀れ。

2人は、再開を喜び合っているも、そこにやって来た恵さんに対する大牙さんの対応は、散々なもの。
いきなり暴れ出すんじゃないかと思いましたよ。

正体はキングである彼は、クイーンと結ばれる運命。
って、そのクイーンである深央さんと食事をしているも、なんか微妙な雰囲気でした。
この2人に渡さんが関係しているとはねぇ。キバだけに、友達もファンガイアとは悲しいです。

そこに、彼の教育係である黒沢からの連絡が入り、仕事完了の知らせが。
こいつらの投資ってのは、人間が高い技術を持つことを防ぐこと。そういったもんに目をつけて、始末しちゃおうってなわけです。

過去の世界。
音也さんの前に再び現れた真夜さんは、彼に対し、「なぜ、同じ演奏ができたのか?」という宿題の回答を尋ねますが、彼は相変わらずのはぐらかしよう。
そこに力が来て、真夜さんを「こいつ危険」と言って変身し、そんな彼を前にして彼女も本来の姿へ。
音也さん、これにはびっくりなようでしたが、さて。

現在の世界。
ファンガイア出現の知らせを受けて、渡さんは現場に急行。待っていたのは、ムースファンガイア。
さすがに、キングの教育係なだけあって、エンペラーフォームに変身しても押されているような気がします。
2人を見つめる、クイーンの影・・・・。
ビショップに指示されるままにファンガイア狩りを始めていましたし、彼女、もうファンガイアの仲間ですな。
さてさて、どうなることやら。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(6)

仮面ライダーキバ 第31話「喝采・母に捧げる変身」

今回のお話は、ついにルークを撃破するというお話でした。

現在の世界。
ついについに、キバの正体がバレてしまった渡さん。
いきなり掴みかかるんじゃないか?とかまたまた名護さんが暴走してしまうんじゃないか?とか思っていたけど、ぜんぜん普通でした。

過去の世界。
4人でルークに向かっていくも、返り討ちにされてしまった面々にはもう打つ手なし。
4人が弱いのか、ルークが強いのか知りませんが、彼らにはもうちょっといいところ見せてほしかったです。
っと、ゆりさんが何か作戦を思いついたようで。

現在の世界。
渡さんがキバだと知った名護さんでしたが、意外にも冷静な対応。「彼なら大丈夫だろう。私の弟子になりなさい」といつもと変わりません。
彼は、また弟子ときましたか?彼はいつもの俺様っぷりをまた発揮してくれました。

がそれを聞いていたのが健吾さん。
名護さんにバッサリと言われて、大ショックで外へ飛び出してしまいます。
友達、師匠、夢、一気に全部失ってしまった彼は大雨の中、一人、たそがれておりました。
うん、嶋さんがやってきたわけですが、思いっきり会に入れる気満々な感じでしたねぇ。

そんなわけで、渡さんは深央さんに相談しようとするも、いきなりの失踪。
ビショップたちのところへ行っていたのです。ついに、キングが降臨されたようで。

過去の世界。
ゆりさんがイクサナックルを持って逃げ回り、それをルークに渡してしまうからびっくり。
力に憧れているルークは当然、イクサに変身して、向って来ます。
4人はそんなやつに対抗して、変身。
うーん、これが作戦だったとは・・・・。まぁ、あの単純なルークだからこそ引っ掛かったのかもです。

現在の世界。
相変わらず恵さんの説得を続ける光秀君。
母親は、本当は彼に戦士になってほしかった・・・・。
そこに、宝くじをよく当てるので予知能力があると思った阿鐘が出現し、ウォートホッグファンガイアに変身して襲いかかってきます。
ゆりさんは必死に向かっていくも、光秀の野郎は腰が抜けて倒れているだけ・・・・。
男の子なのに、何しているのやら。
てっきり、ボコられているお姉ちゃんのために敵に向かっていくとかするかと思えば、ただ逃げるだけとは本当に情けない。これじゃ、戦士は無理ですね。

でも、名護さんが駆け付けイクサに変身し無事に救出。
さらに、そこになぜか?ライオンファンガイアが登場し、恵さんに「俺を殺してくれ!」とか何とか言いだすからびっくり。
本当に天国へ行くつもりだったんですか?こいつ、本当にアホですぎる。

恵さんはヤバい状況だったけど、渡さんが駆け付け、キバに変身し、無事にまたまた無事に救出されました。
やっぱり、生身の人間では明らかな戦力不足。恵さん、ここまで生きていること自体が奇跡に等しいんじゃないかと思います。


過去の世界。
圧倒的に不利な状況だったゆりさんたちだったけど、イクサを許容時間を超えて装着していたためにルークは思わぬダメージを受けることになっちゃいます。
まだ、未完成のイクサを使った見事な作戦でした。
これで、一気に形勢逆転。ボコられまくりなルーク。

現在の世界。
イクサ、キバ、ライオンファンガイア、ウォートホッグファンガイアで激しい戦いとなります。
もう、人間の立ち入ることのできない領域ですな。

過去の世界。
4人の攻撃により、かなり押されてきたライオンファンガイア。
そんな中、音也さんが突然、変身を解き、「トドメはお前が刺せ!」とイクサナックルをゆりさんに渡します。
やっぱり、こいつカッコいいですねぇ。最後で、しっかりゆりさんのことを考えています。

現在の世界。
名護さんが善戦し、ライオンファンガイアはキツイ一撃をお見舞いされ、追い詰められていきます。
そして、名護さん。
自分の前にボロボロになりだからも現れた恵さんを見て、「トドメは君が刺しなさい」とイクサナックルを彼女に渡します。

過去・現在の世界。
同時に、ゆりさん、恵さんがイクサに変身。
両人とも、最初こそ不利な状況になりますが、結果的にはライオンファンガイアを撃破します。
うーん、やっぱりゆりさんの戦いっぷりの方がすごかったな。火事場の馬鹿力っていうんでしょうねぇ、ルークの腕を掴んで、引き離した時はすごかったです。
でも、現在の世界でもルークが出現したってことは、確実に復活するってことですよね。ゆりさんもルークに殺されたみたいだし・・・・。

現在の世界。
ルークは倒されるも、ウォートホッグファンガイアに苦戦していた渡さんではありましたが、無事に勝利を収めます。
ところが、そこにクイーンが出現し、後ろからキバに一撃を。
深央さん、恋人を後ろから蹴り飛ばしているよ。2人も正体知らないけど、渡さん、哀れです。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(8)

仮面ライダーキバ 第30話「開演vib. キバの正体」

今回のお話は、キバの正体が明らかになってしまうというお話でした。

現在の世界。
ルークに向かっていた恵さんではありましたが、もちろん返り討ちにされちゃいます。
でも、やつがタイムプレイの最中で且つアホだったから助かりました。
本当に天国へ行くつもりなんですか?

過去の世界
ゆりさんも当然のようにルークに返り打ちにされるも、その前にはストーカー次狼さんが。
やつのタイムプレイを利用して、何とか危機を脱出。
ストーキングをしておいて、よくもまぁ、ゆりさんの前に出てきましたねぇ、やつは。

現在の世界。
大けがをしてしまった恵さんのところに、弟の光秀君がやって来て、彼女に危険なことをやめるように説得っと。
が恵さん本人は、お母さんのことを考えると、この気持ちを変えることはできないわけで、もちろんお断り。
でもねぇ、あの怪我が日常茶飯事って・・・・。イクサにも変身できない彼女ですし、いつの日か本当に死がやってくるんじゃないかと思います。

その頃、渡さんは深央さんをデートに誘おうと電話の練習しておりました。
って、キバット、相手に練習してもあまり意味ないよいうな・・・・。
そこに悪魔モード静香さんがやって来て、そんなデートは破棄。彼女、深央さんに自分がフィアンセだと根回しをしっかりしておりますな。

過去の世界
ルークを倒すと言ってきかないゆりさんに対し、音也&次狼さんはある作戦を実行。
力にルーク役を任せて、彼女をおびき出そうとする作戦です。ゆりさんは、それを聞き大急ぎで現場にかけつけ、力を追っているけど・・・・。
ついでに、この2人は相変わらずっと。

現在の世界。
怪我で入院していた健吾さん。やっぱり怪我の影響で、もう二度と前のようにギターを引くことはできなくなったみたいで大ショック。
さらに、それを隠していた渡さんとも絶交宣言しちゃいます。
これはねぇ、健吾さんのことを考えての行動でしょうけど、完全に逆効果でしたね。

健吾さんに絶交され、深央さんとも音信不通。
元気のない彼のところにやってきたのが、名護さんでした。
あのボタンのことを怪しんでいたんですねぇ。でも、裸で風呂で語り合うのは、やめてください。

自分のしたことの重要さをしった静香さんは、渡さんと深央さんをデートに誘います。
また、すごいノリノリな彼女でしたが、誘ったのが大衆演劇みたいなところとは・・・・。顔に似合わず、渋いものが好きなんですねぇ、びっくり。

過去の世界
音也さんたちは、4人でルークをおびき出す作戦っと。
くそ熱い中、あれはキツイですな。
真夜さんが近づいてくるも、そんなのは後回しです。

まんまとルークをおびき出すことに成功し、音也さんたちは4人がかりで向かっていくも、完全に返り討ちにされちゃいます。
ルーク強いな。って、音也さんたちが弱いのか?
まぁ、現在の世界でもルークが生きているってことは、この世界では完全敗北したってことわかってはいるんですけどね。
死んだかどうかは別として。

現在の世界。
何かの撮影をしている恵さんたち。
って、あの赤い仮面をつけた野郎の番組、あれなんですか?ビル消えているけど、何の番組なのやら、謎?ついでに、人気あるんでしょうかねぇ。

そこにルークが出現し、恵さんはまたまたルークに向かっていくも、早々に返り討ちにされちゃいます。
あの赤仮面は消されたけど、恵さんは無事。もう、やめてくれよ。本当にいつか死んじゃいますよ。

ウォートホッグファンガイアが登場し、ルークと激しい戦いを始めます。
すぐに名護さんと渡さんが駆け付け、イクサはウォートホッグファンガイアを、キバはルークを相手にしますが、これが大苦戦。
ライジングもエンペラーフォームもぜんぜん実力不足なんじゃ・・・・。キングが登場したら、間違いなく完敗じゃないかと思います。この先、不安ですな。

最後は、渡さんが変身を解いたところ、それを後ろにいた名護さんにバッチリ見られちゃいます。
てか、ものすごく不用心でな、渡さんは。
キバには一度敗北したこともある名護さんですからねぇ、さてさて、どうなることやら。

ついでだけど、ギターを弾けなくなった健吾さんも気になりますね。
このままお役御免なんてことはないでしょうが、これからどんな役回りになってくるか楽しみ。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(8)

仮面ライダーキバ 第29話「聖者の行進・我こそキング」

今回のお話は、恵さんが弟によって素晴らしき青空の会をやめさせられそうになるってな話でした。

現在の世界。
一度は、渡さんとお別れをした深央さんではありましたが、彼女は渡さんを電話で呼び出し仲直り。
とりあえず、恵さん、ちゃかすのはやめましょう。

深央さんと仲直りできた渡さんは、うれしさ爆発。お風呂の中で、暴れまくってます。
一方で、深央さんの方も、元鞘に戻ることができてひと安心。
もちろん、自分がクイーンであるということは伏せて。って、渡さんの正体はキバですからねぇ、いつか、悲劇が起こるような気が・・・・。

その頃、阿鐘とかいうファンガイアが、一人の占い師のところへ登場。
全く、この占い師も未来が見えるとかホラを吹くもんだから、ターゲットにされちゃうんでしょ。本当に、哀れなやつでした。

ある日、高級レストランに集合した素晴らしき青空の会のメンバーの前に、光秀という恵さんの弟が登場。
何やら、会にたくさんの寄付をしてくれたとか。宝くじが当たったからってな理由は微妙ですが。
恵さん、一応、3年間ってな約束で実家をでたらしく、彼は彼女を連れ戻しにやって来たってなわけです。
何気に、恵さんの実家が呉服屋だったとはちょっとびっくり。お嬢様なのかな?

過去の世界。
一緒に住み始めた音也さんとゆりさんは、もうラブラブモード全開になっておりました。
でも、ゆりさんには戦士であり、ルークを倒すってな使命がある自分が今の幸せすぎる生活を送っていていいのか?と疑問に感じてしまいます。
まぁ、音也さんは相変わらずだけど、こいつの言うことは意外に説得力があるし、とりあえずはこいつの言う通りにするのが最善かと。

また、今度はサングラスを持つ人を使って、またいつものゲームを始めたルーク。
その前に、ストーカー次狼さんが登場するも、あえなく返り討ちに。

そこで、やつは考えました。
自分と音也さん、ラモン、力の4人がかりでルークのやつを倒そうと。
「化け物の問題は化け物同士で」と音也さんは引き下がろうとしますが、「ゆりのため」と言われては仕方ないですか?

現在の世界。
一人、また焼き魚定食を食べている恵さんのところに、光秀がやって来て、もう一度彼女を説得。
微妙に鬱陶しいやつだと思っておりましたが、戦士として戦っていることを母親が望んでいたのか?ってなひと言で心に迷いが生じてしまいます。
嶋さんのところに相談に行くと、彼女の敵であるルークを倒すのはやめといたほうがいいと忠告。
まぁ、この時代にルークが生きているってことは、過去の連中はみんな敗北したってことですからねぇ。嶋さんは、きっとそれを知っている人物に違いありませんから、止めたのは当然だと思います。

そんな中、またまた人間を襲っていたウォートホッグファンガイア。
キバはすぐに現場に向かいます。

過去の世界。
ストーカー次狼さんは、4人なら楽勝と余裕でしたが、そこにルークが出現。
以前も2人でやって返り討ちにされてますからねぇ、ここは逃げます。
が、追いつかれてしまい、次狼さんは早々に退場で、音也さんはというとイクサに変身して向かっていくも返り打ちにされちゃいます。

現在の世界。
ウォートホッグファンガイア、やつは次期キングを狙っているファンガイアでなかなか強い。
キバもエンペラーフォームに変身して戦うも、互角の戦い。
さすがに次期キングを狙っていることだけはあるかもですが、どうせ無理だろうから、今のうちに倒されたほうがいいでしょう。
まぁ、遅かれ早かれ、ダメになる計画ですから。

悩んでいた恵さんの前には、偶然にもルークが出現。
恵さん、懸命に闘うも完全に押され気味。
って、ルークって、本当にアホですねぇ。今度はいいことをやって天国にって、どこからそんな発想が出ててくるのやら。

過去の世界。
返り打ちにされてしまった音也さんのところへ駆けつけたゆりさん。
彼女には秘密の作戦だったのにねぇ、初っ端からバレてしまいました。
彼女も、ルークに向かっていくも、イクサでもダメだったのに、生身の彼女が勝てるわけないのに・・・・。

最後は、過去の世界ではゆりさんが、現在の世界では恵さんが、ルークに襲われて大ピンチってなところでおしまいっと。
まぁ、死ぬことはないでしょうが、どうやってここから生還するか気になります。

ものすごくついでたけど、入院していた健吾さん、たぶん音楽の道は閉ざされたのではないかと思います。
前回、思いっきり手にダメージ食らっていたし・・・・。
だとすると、彼の今後も気になります。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(4)