ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 喰霊-零- 第5話「頑想 -かたくなのおもい-」 : CLANNAD AFTER STORY 第3話「すれちがう心」 >>

とある魔術の禁書目録 第5話「十二時(リミット)」

今回は、当麻がなんとかインデックスを救おうとするってなお話でした。

とりあえず、タイムリミットは十二時らしく、ステイルたちがやって来たのは、ちょっとした確認と最後通告のため
自分には何もできないことで悩みまくる当麻は哀れだけど、仕方ないかと。

でどんどん時間が迫って来る中、神裂から再度、最後通告の電話がかかってくるも、当麻は対抗意識をむき出し。
「魔術では無理でも、科学の力なら何とかできるかもしれない・・・」と言ってはみるものの、軽く流されちゃいます。
まぁ、何の実績もないし、ついでに時間もないしじゃ、信用できんはな。
魔術と科学の関係がよくわからんのですが、当麻が考えつくようなことなら、彼らだってとっくにやっているでしょうし・・・・。

続いて、病院に電話をかけまくるも、時間が時間だけに、全く取り合ってもらえず。
そりゃ、そうだと思います。

そうこうしているうちに、ステイルと神裂の2人がやって来ます。
それでも、なんとかならないのか?と彼らに問いかける当麻でしたが、彼にはそんな力あるはずもなく一蹴。
残念だけど、これが現実ですな。やっぱり、彼の考え方があまりにも甘いかと。

とりあえず、小萌先生の部屋の中にある脳科学の書をあさってみるも、埒が開かず、先生に直接電話して聞いてみることに。
説明を聞いてみると、完全記憶能力なるものは、めずらしいものとは言え、単なる体質的なもんらしい。
さらに、記憶がパンクするということなど絶対にありえないとのこと。
どうやら、人間の脳ってのは140年分ぐらいの記憶ができるようになっており、いろいろな記憶を司る部分に分かれているっと。
省略されすぎでさっぱりでしたが、とりあえずいくら知識を詰め込んでみたところで、記憶がパンクするってなことは脳医学上ありえないことが確定。
当麻、無力は無力なりにがんばるとは、なかなかあきらめが悪いやつだと思ってましたが、やってみるもんですね。

当麻は右手でインデックスに触れてみるも何の反応もなし。
まだ、触れてない部分・・・・と考えた挙句、口の中に手を突っ込んでみると、防御システムが作動し、大変なことに

インデックス、怖い怖い。

なんか、またまたヤバそうな展開になってまいりましたよ。
ステイルや神裂にとっては、何気に迷惑極まりないんじゃないかと。
全くの素人でかつ、部外者の当麻が出しゃばったおかげで、良からぬ展開になってしまったわけで、このままだと記憶の消去ができんような気がしますが、どうなることやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

- : trackbacks(12)

スポンサーサイト

- : -

TRACKBACKS

物書きチャリダー日記 : 2008/11/09 5:05 PM
とある魔術の禁書目録第05話「十二時」感想
今回はとうとう最初の山場を迎える・・ことになるのかな?どんな展開が・・・?とある魔術の禁書目録(13)早速感想。とうとうインデックスの一年周期の終わりの日がやってきた・・・ってこで記憶の消去が。・・・単純に当麻がそれを許すわけもなく色々頑張るけど結局タ
のらりんクロッキー : 2008/11/08 2:16 PM
とある魔術の禁書目録 第5話「十二時 -リミット-」
まさか火織たちも一杯食わされていたとは。 インデックスの記憶消去のタイムリミットは刻々と迫る。 「別れの時間は必要ありませんか? これは対話でも交渉でもなく、命令です。 我々が到着する前に、あの子に別れを告げて、 その場を離れなさい」 淡々と当
空色きゃんでぃ : 2008/11/08 3:15 AM
とある魔術の禁書目録 第5話「十二時(リミット)」
タイムリミットは12時! と思ってたら、12時10分!? インデックスの記憶が消されてしまいます! えー!こんな大変なときに、小...
自由で気ままに : 2008/11/08 12:40 AM
とある魔術の禁書目録 「十二時」
何だかんだしているうちに5話になっちゃいました
風庫~カゼクラ~ : 2008/11/08 12:17 AM
とある魔術の禁書目録 #05『十二時(リミット)』
何と言うか・・・ネセサリウス許すまじ!ってな展開ですよ、な とある魔術の禁書目録 第5話。 奇しくも前回ギモンに思ってた部分がちょっと掠っていた模様。
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) : 2008/11/07 2:50 PM
とある魔術の禁書目録第5話『十二時(リミット)』の感想レビュー
『そんなに自分の力を信じているならやってみろ!ヒーロー気取りのミュータントが!』 いよいよ最初のボス登場!という感じで盛り上がってまいりました。 刻限を前にあがく上条さん。インデックスの記憶を救う方法とは? コミック版のイラストを忠実に再現している箇所
日々“是”精進! : 2008/11/07 7:22 AM
「とある魔術の禁書目録」第5話
 #05「十二時」10万3000冊もの魔道書の内容を頭の中に収めているため、常人の15%しか脳を使えないインデックス。完全記憶能力を持つがゆえに、その記憶をきっかり一年周期で消さなければ、彼女は死んでしまう。その事実を知らされた上条の元に、神裂から連絡
アニメレビューCrossChannel.jp : 2008/11/07 6:59 AM
とある魔術の禁書目録 第5話「十二時(リミット)」
インデックスの記憶消去までのタイムリミットに向けての当麻の葛藤、憎まれ役のステイルと神裂の持つ過去の痛みも描く「とある魔術の禁書目録」第5話。 でもまあ、丁寧と言えば聞こえはよいが進行が遅い。投球動作に入ってから一球を投げるまでに1話消費する、ふた昔前
ニコパクブログ7号館 : 2008/11/07 2:45 AM
とある魔術の禁書目録 第5話
第5話『十二時(リミット)』とある魔術の禁書目録 第1巻 (初回限定版)とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)ついに、タイムリミットが。インデックスを助けることが出来るのでしょうか?
沖磨純雲 -おきまもとん- : 2008/11/07 1:41 AM
とある魔術の禁書目録 #05
#05「十二時(リミット)」仕方なく一年ごとに記憶を消去して延命させてきたステイルたちと、大口叩いておいて結局病院にしらみつぶしに電話をかけるだけで
日々の記録 : 2008/11/07 12:08 AM
とある魔術の禁書目録 #5
インデックスに残された時間はあとわずか。このまま記憶を消去されてしまうのかと思った時に、当麻がふとある事実に気がつきました。インデックスを助けたいと思っているのに、逆に自...
おぼろ二次元日記 : 2008/11/07 12:02 AM
とある魔術の禁書目録#5「十二時(リミット)」感想
今、目の前にいる女の子一人も助けられないなんて!時間は来た。「十二時」あらすじは公式からです。一〇万三〇〇〇冊もの魔道書の内容を頭の中に収めているため、常人の一五%しか脳を使えないインデックス。完全記憶能力を持つがゆえに、その記憶をきっかり一年周期で
Trackback url: