ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< スキップ・ビート! 第3話「欠けてる気持ち」 : カレイドスター 第15話「歌姫の すごい 愛」 >>

花田少年史 第18話「約束」

実は、この18話から21話までは、アニメのオリジナル作品。
でも、ちょっと自信ないんですが、2005年に実写の劇場版が公開された時に5巻として出版されたはず・・・・。
オリジナルと言っても、原作に全く劣らない出来はさすがのひとこと。

今回のお話は、洋平と一路が互いの約束をめぐって大ゲンカしちゃうというお話でした。

昨日、近所であった餅まきに行った一路は、一人で大量の餅をゲットすることができて、朝から上機嫌っと。
が、そんなやつの前に、坊主頭にされてしまった洋平がいたからびっくり。
いきなりのイメチェンに一路は、大爆笑でしたが、自分の心に耳を傾けると、野球の試合の助っ人をすることをすっかり忘れていたことが原因。
まぁ、忘れることはあるとは思いますが、丸坊主ってのは屈辱ですな。

怒りの収まらない洋平は掴みかかりますが、原因が自分にあると自覚してい一路は何の反応もせず・・・・。
先生が来て仲介してくれるも、両人ともさすがにかなりの意地っぱり。
原因は一路なんですけどねぇ、彼は洋平のやつが「誤っても許さない」と言うもんだから、謝らないっと。
結果的には、謝ったわけですが、洋平の怒りは収まらず・・・・。

その後も思いっきり険悪なムートの2人ではありましたが、洋平の命令で、クラスのみんなも一路と口をきくことを禁止されちゃいます。
うーん、これはねぇ、ちょっとやりすぎですな。

珍しく落ち込んでしまった一路に話しかけてきた一人の女の子でしたが、即お化けであることを見破るとはびっくり。
まぁ、今話しかけてくるのは、家族と桂ちゃんぐらいだからと・・・・。

さて、彼女のお願いはというと、なんとあの洋平がしてくれた約束を思い出させてほしいというもの。
これは、約束を破って裏切り者扱いされている一路にとっては願ってもないお願いでしたねぇ。

もちろん、大急ぎで洋平のところへ行き、事情を説明するも、彼は全く覚えていないようで、いちゃもんをつけられた思い、またまた大げんかになっちゃいます。
それにしても、会話しないで、バットを使い地面に書いて言いたいことを伝えるとは、彼も徹底してますね。
丸坊主の恨みは相当に強いみたいです。

完全に失敗してしまった一路でしたが、今日はやり方が悪かったと反省。
しかも、幽霊の女の子に「簡単にあきらめるなよ。本当はヤバイ状況なんじゃないか?」、「俺、明日はきっとうまくやるから」と伝えます。
何気に、すごく成長しているような気がします。昔だったら、幽霊ってなだけで嫌がっていたのに・・・・。

一方で、一路と喧嘩をした洋平の方もボロボロで、もちろん、お母さんにはキツク注意されることに。
約束は絶対に守らないといけないってな考え方は、どうやら彼のお父さんの指導の賜物のようですな。座右の銘は、不言実行ですから・・・・。

一路の方はというと、こっちはマジで落ち込んでいるようで、自分で取って来た餅を食べてる表情は浮かない感じ。
さらに、「どうだ、友情と引き換えの餅の味は?」とお父さんにからかわれて、最後には泣きだしてしまうとはちょっとびっくりでした。
こりゃ、相当に堪えているっぽかったけど、お父さんの言い方も酷いですよねぇ。

次の日、あきらめない一路はまたまたあのお姉さんのことを思い出してくれるように洋平のに言いますが、案の定、またまた喧嘩に。
今度は、椅子を振りかざして、もうすごいことになってましたよ。
まぁ、本人は完全に忘れているし、「メロン」なんて名前聞いてもねぇ、思い出せないのが当然かとも思います。

先生のところに再び呼ばれた2人。
一路の言っていることが信じられないのが、普通に決まっているので、洋平に謝るように言うけど、またまた意地っぱりなこと。
が、そこにいたメロンちゃんには危機が・・・・。

この先はねぇ、洋平が約束を思い出すのが、ちょっとだけ遅かったために悲劇が起きちゃうんですよねぇ。
これは、感動じゃないけど、すごく伝わってくるものがある話だと思います。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: