ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< しゅごキャラ! 第51話「エンブリオをこの手に!」 : 仮面ライダーキバ 第35話「ニューアレンジ・飛翔のバラ」 >>

炎神戦隊ゴーオンジャー GP−33「原始エンジン」

今回のお話は、古代炎神が走輔さんの味方になってくれるというお話でした。
ここに来て、また新しい炎神が出てくるとは、ちょっと遅いような気も・・・・。とは言っても、ガイアークの方も出現が期待されるやつらが2人いますからねぇ、こんなもんかもしれません。

いきなりG9に体当たりしてきたあの謎の炎神たちの攻撃のおかげで、スピードルは大ダメージを。
これには、怒り心頭の走輔さんではありましたが、みんなからは彼らが炎神の姿に似ているとの声が聞こえてきます。
キャリゲータ曰く、彼らは古代にこの地球にやって来た古代の炎神らしい。
しかし、そんなこと言われても、単細胞な走輔さんの怒りは収まるはずもなく、スピードルを連れて、やつらを探しに出発っと。

一方で、ガイアークでは、ヨゴシュタインとドリルバンキが喧嘩をしちゃってました。
いきなりの攻撃で仕方なかったのに、言いたい放題の上司のヨゴシュタインにドリルバンキの怒りのボルテージが上がる一方。
ちょっとぐらい言い訳、聞いてあげてもいいでしょうに、何気にドリルバンキが可哀想かも。

そんな2人が出会ってしまったから、もう大変。
両人ともストレスがたまっているだけに、激しい戦いに。
ドリルバンキ、前回はその固い体ですべての攻撃は無効だったのに、今回は圧倒されちゃってましたが、やっぱり単純な彼だけに感情に左右されるんしょうか?

ところが、そこに再び古代炎神が出現し、ドリルバンキは勇猛果敢に向かっていくも見事に返り討ちに。
走輔さんは、必死に彼らにくっついていきましたが、途中で振り落とされてしまいます。
何とか現場に彼らのところに到着した走輔さんは、スピードルの提案で、古代炎神たちを説得することにします。
これはねぇ、仲間にしないわけにはいかないでしょうに。

その頃、他のメンバーは古代炎神たちを呼びだすために、センクウオーとガンバルオーで喧嘩をしているからびっくり。
いくら頭が単純だからって・・・・。しかも、最初は軽くだったのに、だんたん本気モードの喧嘩になっているし、アホすぎます。

タイムリミットが近いのでそろそろやめようか?と思っていたところに、タイミングが悪くドリルバンキが出現。
短期決戦を仕掛けようとするも、センクウオーとガンバルオーは返り討ちにされちゃいます。
全く、なんとタイミングがいいことやら。

ロボットがいなくなり、巨大化したやつが相手とヤバい状況に。
さすがに、相手があれだけデカイのでは相手にならないでしょうに・・・・。ってか、炎神って、活動時間が限れられているんですが、そのあたりの対策も立てておいたほうがいいんじゃないかと思います。

スピードルが古代炎神たちを説得している中、連絡を受けた走輔さんは一人、巨大化したドリルバンキに向かっていくからびっくり。
彼、本当に単細胞過ぎなんですが、意外と善戦していたことの方がびっくりでした。

そんな彼の姿を見た古代炎神たちは、やっと彼らに(ってか走輔さんだけかな?)に協力する気になってくれたようで。
彼らの名前はキシャモス、ケライン、ティライン。微妙に覚えにくいですな。

3体はまずはドリルバンキに体当たりを喰らわせて、続いてキョウレツオーに合体。
圧倒的な力でドリルバンキを撃破しちゃいます。
ストレス溜まりまくりのドリルバンキでしたが、最後は全くいいところなしでしたねぇ。

さて、無事に仲間になってくれた古代炎神たちではありますが、言葉が通じないってのがちょっと不便かな?と思ってみたり。
まぁ、スピードル他、炎神たちなら彼の言葉がわかるようなので、特に問題ないかもですが。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(8)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

瑠璃色の蝶 : 2008/10/09 10:36 PM
ゴーオンジャー33話感想
GP-33 「原始エンジン」 ・スピードルはかなりの重症のようですよ そんな風には見えなかったんですがw 「よくも俺の相棒を・・・!」と怒りに燃える走輔 周りは結構冷静 「ねえ、あの炎神 3体が繋がってたよね」 早輝何気に観察力が凄い というかやっぱり炎神だ
JAOの趣味日誌 : 2008/10/08 7:48 PM
炎神戦隊ゴーオンジャー GP-33「原始エンジン」
テレビ朝日|炎神戦隊ゴーオンジャー 先週から登場の古代炎神族、エンジンオーG9に体当たりしてそれが元で スピードルが深手を負ってしまったから、走輔が怒るのも無理もない。 一方ガイヤーク、どうやらヨゴシュタインは、古代炎神を蛮機族ホロンデルタール と思
『真・南海大決戦』 : 2008/10/08 2:15 AM
炎神戦隊ゴーオンジャー GP-33「原始エンジン」
エンジンの御先祖だから蒸気機関なのか…。 後ろの二匹はカンケーないけど…。
Sweetパラダイス : 2008/10/07 11:32 PM
ゴーオンジャー#33「原始エンジン」
炎神のご先祖様が古代炎神族だった。スピードルが元の大きさに戻らなくなっちゃった相棒を傷つけられた走輔は敵討ちに。こっちの味方だと思ってたヨゴ様。部下のせいにしてます。ヨゴ様の勘違いだったのに古代炎神が戦いの場に飛び込んで来る?ご先祖様は人間が気に入ら
無限回廊幻想記譚 : 2008/10/07 12:02 AM
炎神戦隊ゴーオンジャー GP-33「原始エンジン」
 【ストーリー】 黄金の龍による衝突を受けたスピードル(声・浪川大輔)は、キャストのパーツが破壊されて元の姿に戻る事が出来なくなってしまっていた。 腹を立てる江角走輔(古原靖久)に、キャリゲーター(声・津久井教生)なら何か知っているか
Happy☆Lucky : 2008/10/06 11:25 PM
炎神戦隊ゴーオンジャー 〜GP-33 「原始エンジン」
〜GP-33 「原始エンジン」
レベル999のマニアな講義 : 2008/10/06 11:10 PM
炎神戦隊ゴーオンジャー 第33話 古代炎神族
『原始エンジン』内容謎の炎神によりスピードルが壊された。ボンパー、連によるとキャストが自然回復するのを待つしかないという。キャリゲーターによると、古代炎神族すなわち炎神のご先祖。しかし、怒った走輔は、謝らせようと探し始めるのだった。だが見つからない。
地下室で手記 : 2008/10/06 11:03 PM
今日のゴーオンジャー GP-33
「原始エンジン」今回は、前回登場の古代炎神を仲間にするというお話ですね。大人の事情で炎神をたくさんださないといけないという事だとは分かっていても、正直やめてもらいたかったのですよね。増えると相棒としての炎神の存在が軽くなってしまうので。といった気持は
Trackback url: