ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 我が家のお稲荷さま。 第24話「お稲荷さま。初詣に行く」 : マクロスFRONTIER 第24話「ラスト・フロンティア」 >>

アリソンとリリア 第24話「列車大作戦」

今回のお話は、敵さんがついにマティルダ王女襲撃の実行するってなお話でした。

偶然にも同じ列車に乗ってしまったリリアに遭遇してしまったトイレズは、もうどうしたらいいのやら。
まぁ、その場は王女様がやって来て、なんとか収めてくれてひと安心でした。
王女様、一目見たたけで、リリアがトラヴァス少佐との関係に気づいてしまうとは、すごいですねぇ。

王女様はヒルダという名前の有名な宝石商ってなことになっているようで、一緒にお茶をごちそうになることに。
トレイズが新しいお茶を取りに行っている間に、王女様、彼女がトラヴァス少佐の関係のことを聞き出し、事情を察してリリアのことを抱きしめちゃいます。
戻ってきたトレイズ。何があったかはナイショということで。

そんな中、一人の女の人が急に苦しみ出し、トラヴァス少佐たちが犯人であると騒ぎだす男が一人。
予想外の展開に、彼らも困惑。
まぁ、何の事情も話してはくれないし、事件があれば疑われてしまいそうな気はしますが、さて。

さらに、少佐のところに列車の上を歩いている人がいるとの連絡が入り、捕えてみるとその怒鳴っている人の奥さんで、これはもう決定的か。
彼を問い詰めようとすると、やつはナイフを片手にリリアを人質にとってしまうからびっくりです。
が、ここはアリソンが自分が代わりになると言い出し、半ば無理やりにやつを平伏しさせちゃいます。
アリソン、カッコ良すぎです。まぁ、あのまま人質を交換していても、やつはとっちめられていたでしょうが・・・・。

事情を聞いてみると、彼は誰かから指示を受けただけてあるということがわかっただけで、そのまま毒の影響で気絶。
これは、緊急事態。少佐は、すぐに食堂車よりも前の車両を切り離し、別行動を取ることを決定します。
せっかく、リリアと出会った王女様は残念そうですけどねぇ、仕方ないですな。

ガイドってことになっていたので、王女様を乗せた列車にトレイズは乗せてもらえず。
仮にも皇族の一人なんですよねぇ、警護の一人もなしですか?
いくら緊急事態とは言え、何気にかなりひどい扱いされているような気がします。

一方で、先に向かった王女様を乗せた列車では、少佐の指示により次の駅で降りて、後は陸路で祖国へ戻ることに。
でも、少佐は何かを見落としているような感じがしてならないっと。

そして、列車の通過後、何者かが後続の列車が同じ道に来ないように切り替えをし、ついに王女様襲撃計画を実行。
ってか、あんなに数がいたとはびっくりです。
少佐たちは、臨戦態勢をとりますが、さてさて、どうなることやら。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(4)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

パズライズ日記 : 2008/09/20 11:02 PM
アリソンとリリア 第24話
今回は、車内で毒物騒ぎが発生するお話でした。 その騒動と、そこから来る列車切り離しまで想定しての計画って凄いですねぇ。 というか最初から運転士が敵方ではどうしようもなさそうです。 リリアとトレイズがばったりで、そこにマティルダ王女も現れたからさぁ大
あにめ漬け : 2008/09/20 12:55 PM
アリソンとリリア 第24話 列車大作戦
マティルダさん良い人ですね。 リリアがトラヴァスの娘だと見抜きました。 リリアはトレイズが乗っていたことをマティルダさんの説明で納得。 早速仲良さげなマティルダさんとリリアです。 そして列車内では毒物事件が発生。 トラヴァスたちが毒をもったのでは
日々“是”精進! : 2008/09/20 4:17 AM
「アリソンとリリア」第24話
第24話「列車大作戦」列車の故障で、偶然にもトラヴァスとトレイズが乗る列車に乗り換え、旅を続けることになったアリソンとリリア。車内でリリアは金貿易商の娘ヒルダを名乗るマティルダ王女と心を通わせる。そんな二人の様子にドギマギするトレイズ。そんな中、乗客
「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 : 2008/09/20 3:32 AM
『アリソンとリリア』 第24話 観ました
この作品、唯一の弱点が今回も目立ってしまったと思う回でした。 いえ、確かに脚本もシナリオも作画も動画も良いのですが、唯一つ、メカの動きが速過ぎるんですよね。これは飛行機でも同様でしたが、列車になったらもっと酷いことになってしまったのが残念。 などと、
Trackback url: