ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< ドージンワーク 総評 : 2007年9月 >>

瀬戸の花嫁 第25話

今回のお話は、永澄さんと燦さんがケンカをしてしまうというお話でした。

ついに、明乃さんが永澄さんと燦さんを別れさせようとしている理由が発覚。その黒幕は、貴族の源義魚が燦さんのことがえらく気に入ってしまったから、2人を別れさせて何とか彼女を自分のものにしたいというもの。

これまた何と言う自分勝手な理由ですね。でも、さすがに貴族なだけあって、やつには誰も逆らえない模様。でも、そんな権力で人の心を動かせると思ったら大間違いですよ。というか、例えそんな方法で彼女を手に入れても、絶対に2人はうまくいくはずがありません。そんなこともわからないのでしょうかね、やつは。

そんな時に限って、永澄さんと燦さんはケンカ中。いつも燦さんがいてくれることに安心感を得てしまったみたいですが、「成り行きで結婚しちゃった」という発言には、さすがの燦さんもお怒りモードです。

しかし、永澄さんのお母さんのお父さんへの扱いはかなりひどいですね。安いお肉はともかくとしても、保険金をつり上げているとは、いったい何を考えているんだ、この人は。でも、父が言っていたように女が根に持つというのは確かだと思うので、さっさと謝っちゃえばよかったのに、2人も意地っ張りなんだから。

学校でも2人がケンカをしているという噂が広まっている様子。委員長さんは、この隙に彼をゲットしようと思い立つも、眼鏡を取った彼女はラストアマゾネス。彼女は一生、眼鏡ははずせませんね。

三河さんは、相変わらずの調子。巡さんだけは、燦さんの相談にのってくれますが、ケンカの原因が靴下ということで、彼女の力でも何ともなりません。

そんな中、明乃さんから瀬戸内組へ源義魚主催の宴の招待状が渡されます。豪三郎さんは文句たらたらでしたが、貴族の招待とあっては逆らえない様子。やっぱり貴族って、すごいんですね。

家に帰ると、留奈さんが永澄さんを調教中。でも、ご機嫌斜めの燦さんと彼の間の溝はさらに深くなってしまっているような。これは、かなり長期戦になりそうですよ。

そして、そんなケンカしたままの状態で、燦さんは宴会へと出発。自分に一言も言わずに出て行ってしまった燦さん。彼は、彼女がいない中で、彼女の存在の大切さを再確認。

そうなんですよ。大抵の場合、失ってからその人の大切さに気付くものなのです、人間はという生き物は。普段、日常の中にある大切なものには、まったく気付きません。でも、ほとんど失った後では手遅れの場合が多い。果たして、永澄さんは間に合うのでしょうかね。

燦さんの大切さを自覚した彼は、巡さんのアドバイスで、三河さんと留奈さんと一緒に海王丸で瀬戸内海へ急行です。というか、三河さんがいつになくカッコイイんですけど。こんなに彼が良く見えたのは、はじめてかもしれません。それに、彼の財閥の情報網もこれまたすばらしいこと。

でも、肝心の燦さんは、みんなが眠らされてしまってすでに大ピンチ。こりゃ、急がないと本当にヤバイですよ。明乃さんも立場上、手が出せない様子。でも、彼女がこのまま黙って見ているとは思えないんですけどね。先制攻撃をお願いしますよ。

これは、番組史上最大のピンチ。さて、どうなることやら・・・。みんなで、あのお調子ものの義魚をぶっ飛ばしてやりましょうよ。そして、永澄さんはちゃんと燦さんに謝りましょうね。やっぱり、こういうことは男からやらないとダメだと思いますよ。

comments(0) : trackbacks(16)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

雪山小僧♪ : 2007/12/06 3:01 PM
スキーとスノーボードの情報です。
スキー&スノーボードの情報サイトです。今年こそは初めてみよう!という方からスキー&スノーボードが大好きな方まで色々な情報をご用意しています。ぜひご利用下さい。掲示板は常時更新していきます
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン : 2007/10/05 12:27 PM
レビュー・評価:ゼロの使い魔(アニメ)/ゼロの使い魔・双月の騎士・第12話「さよならの結婚式」(最終話)
品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 2 件 脚本:脚本:北条千夏絵コンテ・演出:鈴木洋平作画監督:藤井昌宏敵の魔法により同士討ちを始めたトリステイン軍の兵士たち。混乱に乗じて攻め込
美しい夢想家-BeautifulDreamer- : 2007/10/02 12:22 PM
瀬戸の花嫁【第25話】
うる星やつら『君去りし後』や『完結篇』などを思い起こさせる内容?ナツカシイナァモゥ・・・
王様の耳はロバの耳 [beta3] : 2007/10/01 10:44 PM
瀬戸の花嫁 (25)
[アニメ 瀬戸の花嫁 第弐拾五話「家族ゲーム」] 来たキタキタ。 最初のころから待ち望んでいた展開が、 燦と永澄のストーリーが最後になってようやく来ました。 ++ ED 本...
方丈にて徒然なるままに : 2007/10/01 9:19 PM
瀬戸の花嫁 第弐拾五話
何、この熱血展開!? Bパートは、まるでそっくりさんが、演じているようではないですか(笑)。
パプリカさん家のアニメ亭 : 2007/10/01 6:01 AM
瀬戸の花嫁 第25話「家族ゲーム」
「瀬戸の花嫁」アニメオフィシャルサイト いっちゃってる感が本作らしくない、浪川大輔さんによる源義魚登場。ラスボスにふさわしく、三河と異なり今回ではボロが出ていないのがたまりません。最近、自分の見ているアニメには殆ど出てこないタイプのキャラですので、で
I want love you … : 2007/10/01 4:51 AM
私にとっての先生は。
今日先生が、この9月一杯(今日まで)で居なくなる。 この学校には、もう居ない。 昨日その事が分かって、卓球部のお別れ会は日曜日になった。 藍莉が副キャプだから教えてくれた。 先生に、今日は学校でカッター姿で会うの最後だったね。 だから、今日私が福祉体験のた
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 : 2007/10/01 2:49 AM
(アニメ感想) 瀬戸の花嫁 第25話 「家族ゲーム」
瀬戸の花嫁 セルDVD 第2巻 通常盤(仮) 些細なことから始まった永澄と燦のケンカ。しかし、それが取り返しの付かない自体を招いてしまった・・・。
ニコパクブログ1号館 : 2007/10/01 1:52 AM
瀬戸の花嫁 第25話
第25話『家族ゲーム』 今回は燦ちゃんと永澄がケンカをする話。 なんか、このやり取り、熟年の夫婦みたいだな・・・ 永澄の「成り行きで結婚」発言はまずいでしょう。 コレはさすがに燦ちゃんも怒りますよ。 学校でもケンカは続いているようです。 永澄も意地っ張
物書きチャリダー日記 : 2007/09/30 11:51 PM
瀬戸の花嫁 第25話「家族ゲーム」感想
瀬戸の花嫁。この作品ももう今回を入れて後二回。どんな感じで最終回に持っていくのか・・・?「瀬戸の花嫁」キャラクターソング6 らせん早速感想。なんか意外に最終回にむけて話が動いてる〜。でも笑いは忘れない、さすがです。今回は長澄と燦が喧嘩、ちょっとしたす
沖磨純雲 -おきまもとん- : 2007/09/30 11:48 PM
瀬戸の花嫁 第弐拾伍話
第弐拾伍話『家族ゲーム』源義魚という貴族が燦に注目していて それで永澄と燦を別れさせようと その身分をいいことに明乃を使っているようです。 最悪のチャラ男です。
ミルクレモンティー : 2007/09/30 10:55 PM
瀬戸の花嫁 第25話 「家族ゲーム」
何だこのうぜぇチャラ男はっ!! (;゚ Д゚)イラネ!  30分見るまでもねぇ!ブッ飛ばしてもいいですか?答えは(ry  こいつアレか・・・あの怪しげなポーションでも飲んでるんじゃ  ねぇのか・・・顔見えないのに妙にイラつく(笑)  女をは
現代視覚文化研究会「げんしけん」 : 2007/09/30 10:55 PM
さようなら、、、永澄さん・・・。燦ちゃんが目の前から居なくなってわかったんだ・・・囚われの人魚姫。
 魚人貴族【源 義魚】の暗躍。貴様が【燦】ちゃんと【永澄】を別れさせようとしていた張本人か・・・【明乃】自身はどうしたい・・・。役人として・・・。その前に【燦】の友人として・・・。  これが、中学生夫婦の現実。靴下・・・。【燦】ちゃんの話をちゃんと聴
LUNE BLOG : 2007/09/30 10:30 PM
瀬戸の花嫁 第25話
 別れは、唐突に。
幻影現実 私的工廠 ブログ : 2007/09/30 9:36 PM
瀬戸の花嫁 。。。。 第25話 家族ゲーム
燦ちゃん 救出のため 三河 動く! いやぁ、スカッ! とするほど 今回の三河は カッコよかったっ! やっぱ 持つべきものは 財閥系の 悪友 御曹司ですな(笑) しかし、三河の潜水艦って、艦名に「丸」がついていたのか(笑) 別に いいけどね。 それから。。。。
ゆかねカムパニー2 : 2007/09/30 9:35 PM
■瀬戸の花嫁 第25話「家族ゲーム」
 源義魚、あんなのが貴族だなんて、貴族ももう末期症状みたいなのです。  でもまあ、貴族を現代風にアレンジしたら、あんな感じなのかもしれないね。  義魚の喋り方っ
Trackback url: