ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< ONE PIECE 第572話「前途多難 新世界に待ち受ける罠」 : 特命戦隊ゴーバスターズ Mission39「必殺!メサイアの拳(こぶし)」 >>

NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第509話「雷刀!!林檎雨由利」

今回はオモイが所属していた部隊が林檎雨由利と対峙するというお話でした。

忍刀七人衆雷刀"牙"の使い手林檎雨由利に追われていたオモイの所属する部隊、その圧倒的な攻撃力の前に次々と撃沈。
いや〜、サンダーゲート、もの凄い威力でしたね〜。
そこら一面が吹っ飛んでしまうとは……。たくさんの忍が黒こげになってしまっていましたけど、こりゃ逃げられないわけです(笑)。

とりあずは、年長者のユルイを隊長に任命、彼の指示でとりあえずは逃げるという瀬卓志を取ることに。
オモイは反対しましたけど…、「英雄にでもなったつもりか?」と一喝。
まぁ、ホントは作戦を心に秘めていたわけですけどね〜。どうせなら、話してくれてもよかったのでは?と思わなくもないです。

ユルイの判断に対し、どんどんネガティブモードになってしまったオモイ。
さらに、「戦ったという体裁は必要」と言って、バレバレの罠を仕掛けたユルイに対して、不信感はつのるばかり……。
「ついていくと、ろくなことがない」ってのはちょっと言い過ぎな感じもしますけどね〜。とはいえ、真意を知る前は「こりゃヒドイ」と思ったものです。

ユルイの仕掛けたバレバレの罠に怒り心頭の林檎雨由利。ついにすぐ近くまで追いつかれたところで、オモイは一人でも戦うことを決意。
が、実力は格段に相手が上という……大ピンチ!!
いや〜、今のオモイでは荷が重すぎたか……。ここでカッコ良く決めてくれるとよかったんだけどな〜、さすがにそこまでうまくは行きませんかね(笑)。

そこでオモイ、ビーさん直伝の騙し斬りをお見舞いするも、これまた見破られてしまって、今度こそ万事休す。
しかし、チケットを捌くことを条件に教えてもらっていたって……(笑)。
まぁ、ビーさん、ラップは微妙だと思うけど、あれで雲の国では大人気だからな〜。安い買い物でしょうか??

オモイのピンチにユルイたちが駆け付けるも、林檎雨由利の雷遁で早々に撃沈。っと、ここで彼の本当の作戦を教えてもらったようで、自分の軽はずみな行動を悔いつつも、オモイはその場所へと移動。
その場所へ移動したオモイ、敵さんにお得意の雷遁を遣わせることで、底なし沼にはめるというトラップにかけることに成功し、何とかピンチ脱出!!
いや〜、正直、すげ〜見え見えの罠だった気がするけど……(笑)。不死なだけに油断してんたんでしょうかね〜。

隊長のユルイが実は逃げたわけではなかったことを後から聞かさたオモイ。
上にも書いたけど、オモイにも教えてあげてほしかったな〜。
自分の力量を知っているからこその判断……。結局、オモイは林檎雨由利に手も足も出ませんでしたしね〜、ここはユルイさんに軍配かな〜と(笑)。

林檎雨由利と一緒に底なし沼に沈んでいたオモイは駆け付けたカカシ&ガイ先生の部隊に救出され、これにて一件落着。
最後は、カカシたちの元に「ナルトとビーが戦場に向かっている」との朗報が。
「ホントの英雄」ですか……。まぁ、カカシにはこうなることはすでに折り紙つきだったのかもしれませんね(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: