ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第508話「脅威、甚八・串丸コンビ!!」 : 仮面ライダーウィザード 第10話「国家安全局0課」 >>

特命戦隊ゴーバスターズ Mission38「実況!エースデスマッチ」

今回は、ヒロムがエンターさんが主宰するデスマッチに招待されてしまうというお話。

みんなに異種格闘技頂上決戦へ参加しようと持ちかけたマサトさんですが、みんなはあまり乗り気でないようで。
マサトさん、格闘技が好きだったのか……。
やっぱりというか普段から鍛えているんですね〜。戦いの参考ぐらいにはなりそうなので、ヒロムあたりは行ってもよかったんじゃないでしょうか??

そんな中、エネトロン異常消費反応&4体のメガゾード転送のお知らせが入り、ヒロムたちは現場に出動。
早速、メガゾード“ドームゾードα”されてくるも、エースで出撃したヒロムだけはドームの中へ吸い込まれてしまうから大変。
まぁ、エースがエンターさんの狙いだったみたいですけどね〜。彼の情報収集、ここのところホントにしっかりしてます。

通信もできず、リュウさんの一撃やバスターヘラクレスの一撃を持ってしても破壊できない頑丈なドーム。
いや〜、パンチを繰り出したリュウさん、痛そうでしたね〜。
ロボでも破壊することができない代物だけに、リュウさんの拳のダメージも凄かったんじゃないでしょうか??

一方で、ドームの中ではエンターさんが主宰するデスマッチが開催、ヒロムの操縦するエースは転送されてくる4体のメガゾードを倒さないといけないという大ピンチ。
しかも、正々堂々戦ってくれたのは最初の1体だけ……。
次の2体からはルール無用のデスマッチ(笑)。
いや〜、ゴングを鳴らし、観客としてエースのデータを収集するエンターさんが楽しそうでしたね〜。さすがに、いい趣味しています!!

メガゾード“ドームゾードβ”“ドームゾードγ”の2体がかりの攻撃に苦戦するヒロムの問題は持久力。
言われてみると、巨大戦でそこまで長時間戦ったことなかったな〜。
亜空間に侵入した時はみんなもいてくれたし、この状況はなかなかに辛いです。

何とかβを撃破したヒロムでしたが、すぐに4体目のドームゾードδが登場。
この4体目、外に転送されてきたのでリュウさんたちは、こいつと一緒にドームの中へ……と考えるも、あえなく失敗。
いや〜、かな〜り堅固なガードですね〜。以前も同類の敵に苦戦させられたことがありましたが、今回はその時以上じゃないでしょうか??

γとδの2体の波状攻撃の前にロープに追い詰められてしまったヒロム、エースの一部は大破、スタミナ切れも近く大ピンチ。
「エースはロープに張り付けられた真っ赤な蝶」というノリノリな解説とは裏腹に、ムエタイやパンチ、キックによる攻撃はさすがにキツイです。
リュウさんたちがいればな〜、合体して瞬殺なのに……。エンターさんのこの分断作戦、敵ながらいい作戦ですよ〜。

そんな中、「降伏すれば見逃す」と切り出したエンターさんですが、ヒロムは当然、この申し出をお断り。
「あきらめるなんて選択肢は最初から持ってない!」と言い切ったヒロム、カッコいいじゃないですか??
まぁ、エンターさんに「人間はこの程度」なんて思われるのも癪ですしね〜。っと、エンターさんのあの言葉はちょっと余計だったかも、かも、かも。

さて、ドームの外ではタテガミライオーの隠された力を引き出し、バスターマシンと5体を合体させ“ゴーバスターキングが誕生。
こいつの力でドーム……いやドームだったメガゾードを攻撃。
なるほどね〜。まぁ、ヘラクレスで攻撃した時は火力が足りなかったということか??

エースが脱出できたこともあり、最後はゴーバスターキングに担ぎあげてもらい、敵さんにラリアットをお見舞いし撃破。
「実況してきたものとして、ここで簡単に負けるわけにはいかない」と最後まで名解説をしてくれたドームロイド。
歴代の敵さんの中でも、結構お気に入りになりました(笑)。

最後は、再び異種格闘技頂上決戦に誘うマサトさんと、ニワトリのかぶりものをしたレスラーを見て固まってしまったヒロムを見つつおしまい。
おいおい、マサトさん、これじゃ、ヒロムが途中でフリーズしてしまうでしょうに(笑)。
こりゃ、半分嫌がらせが入っていますな。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(1)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2012/11/15 11:42 PM
こんばんは

異種格闘技というか、完全にプロレスだった今回ですが、巨大戦でここまで格闘技をやるという事が、あまり前例が思いつかないですが、操縦しているヒロムにも負担がかかり長時間にわたって闘っていると危険になるというのが、うまく繋がっているなと思いましたね。

それにしてもヒロムはせっかく、エンターの降伏を突っぱねるカッコイイ事をやってのけたのに、オチは久しぶりのにわとりフリーズ(苦笑)
フリーズさせたのは明らかにマサトのいたずら心ですが、ヒロムも本当に振れ幅の広いキャラになったなぁって(笑)
Posted by 向日葵(管理人) : 2012/11/16 11:50 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

いや〜、ホントに完全なプロレスの試合中継でしたよね〜(笑)。
私も、ここまで派手な巨大戦は記憶にないです!!
ちょっと無理やり感はありますけど、ヒロムの持久力と熱血パワーを引き出すにはいい機会にはなりましたかね。

最後のオチは…何とも可哀想。
な〜んか久しぶりだっただけに、豪快に固まっていたし……。表情もかなりマヌケでしたから(笑)。
ホント、シリアスな展開からギャグまでヒロムはマルチな活躍ができるようになったな〜と私も思います。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

地下室で手記 : 2012/11/15 11:34 PM
今日のゴーバスターズ Mission38
「実況!エースデスマッチ」 異種格闘技頂上決戦!(異種格闘技という響きにどことなく昭和を感じさせますが)を見に行こうとみんなを誘うマサトですが、みんなの食いつきは悪く、肩透かし気味。 ヨーコは...
Trackback url: