ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 仮面ライダーウィザード 第8話「新たな魔宝石」 : ONE PIECE 第569話「明かされた秘密 古代兵器の真実」 >>

スマイルプリキュア! 第36話「熱血!? あかねの初恋人生!!」

今回は、ブライアンという交換留学生とあかねのひと時の物語……なお話でした。

堤防にて手を貸してもらった男性が交換留学生としてみゆきたちのクラスへやって来て、びっくり仰天なあかね。
しかも、知り合い?ということで学校の案内まで任されてしまうとは災難なこと(笑)。
みんな、英語が話せないから敬遠していた感じでしたけど…、あかねに気を遣ったんですよね、ね、ね。

学校の案内をしている中で、女性に対して気を遣ってくれるブライアンに対するあかねのリアクションがまた良かった!!
レディーファーストってやつですか……。
さすがに外国の方は、その辺りの気づかいがすばらしい。いい意味で、壁を作らないところは素敵です。

あかねのバレー部に誘ったことでバレー部に入り浸り、完全に彼のお世話係になってしまったあかね。
と、やよいの「恋では?」の余計な?一言がきっかけとなり、「告白しよう!」との大変な事態に発展……。
いや〜、ノリノリだったみゆき&やよいが面白すぎる(笑)。この手の話題は彼女たちには悟られないほうが懸命だな(笑)。

あかねのためにこれと画策するみゆきたち一同ですが、みんなちょこっとずつズレているような印象。
直球勝負ななおに、手紙をしたためるれいかさんに、絵手紙で……というやよい等々。
しかし、みゆきのシンデレラ作戦はな……ないです。突然、靴が降ってきたら絶対に不自然だし……(笑)。

そんな中、日本食を食べようと店を探していたブライアンをあかねが自分の店に誘ったことで、さらに意気投合。
「もっと日本のことを知りたい」という彼の期待に応えて、日本語や弓道、さらには近場の娯楽施設などを回ることに。
最後はキレイな夕日の見えるスポットへ……。って、最後はもう完全にデートでした(笑)。

しかし、そんな楽しい三週間もあっという間に過ぎ去り、ブライアンはみんなに見送られつつ帰宅の途に……。
見送りには、肝心のあかねの姿はなし。
本人は「一緒にいるのが楽しかっただけ」と言っていましたけど……、これはすっごく大切なことだと思う。
「もう会うこともない」との言葉。今はインターネットの時代ですよ〜、その気になればいつでも交流できる……と思ったのはナイショであります。

そんな中、ウルフルンさんが登場、戦闘モードへ。
男女で仲良くしている姿を見ていて苛立っていた彼。それしても、「無駄」だとか「裏切られておしまい」とかヒドイです。
相変わらず口が悪いですよ、ウルフルンさん。

この言葉に反応したみゆきの「意味がないなんて寂しい」のひと言であかねが覚醒。スポーツデコルを使って繰り出した竹刀を使って、ハイパーアカンベェを一気に撃破。
いや〜、「一緒に過ごした時間は消えへん」と言いつつ、竹刀が炎の剣に(笑)。
さすがは、あかねというカッコよさたっぷりな演出でした。

一件落着後、あかねは、ブライアンに別れの挨拶を言うために大急ぎで空港へ。最後は、「あかねのおかげで、この国をとても好きになれました。おおきに」という言葉を交わしつつお別れ。
日本を好きになってくれたか…嬉しいですね〜。
またいつか会えるといいな〜。ブライアン、むちゃくちゃ包容力ありますから(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

しるばにあの日誌 : 2012/10/28 10:56 AM
スマイルプリキュア! 第36話 熱血!あかねの初恋人生
(プリキュアシリーズ通算 425話)
日々の記録 : 2012/10/28 9:56 AM
スマイルプリキュア! #36
あかねが、留学生のブライアンと仲良くなるお話でした。学校帰り、あかねは1人の外国人の男の子と出会いました。それがブライアンでした。なんとブライアンは、あかねのク
三十路男の失敗日記 : 2012/10/27 11:20 PM
スマイルプリキュア! 第36話 「熱血!?あかねの初恋人生!!」
今週から、映画宣伝特殊OPです。    ニコさんかわいいよニコさん(*゚▽゚)ノ このOPさえ見れば、映画を見なくても良い仕様(えー)。 星空さんのクラスに、イギリスから交換留学生のブライアンがやって来た! …脚本は成田先生…ナリタブライアンという馬がいたよ
Trackback url: