ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第502話「秘話・最強タッグ!!」 : 仮面ライダーウィザード 第6話「キレイな花には」 >>

特命戦隊ゴーバスターズ Mission33「モーフィン!パワードカスタム」

今回は、メサイア様の種から生まれたメタロイドをパワードカスタムを使って撃破するというお話でした。

ヴァグラスが消滅していなかったことを知り、「その狙いは何か?」を考えていたヒロムたち司令部一同。
やっぱりこれは予想外の事態だったのか??
しかし、エンターさんの狙いは……イマイチ掴めないな〜。名目上は人類の支配なのかもですが、彼のキャラ的にはそんなこと興味なさそうですしね。

そんな中、微弱なエネトロン反応があり、ヒロムたちは現場に急行。すると、巨大なアリ地獄のようなものが発生しており、その中に次々に生徒たちが引きずり込まれていってしまうから大変。
いや〜、生徒たちだけでなく学校まで飲み込んでいましたからね〜。
さすがはメサイア様の種から作られたメタロイド、やることが非常に派手です(笑)。

さらに、現場にはエンターさん&スナドケイロイドが登場。そして、エンターさんはご丁寧にも、「亜空間にて爆破される前にしっかりとバックアップを取っていたこと」を説明してくれました。
なるほど……データですからね〜
亜空間のあらゆる施設を爆破するだけの余裕はありませんでしたからな〜、あの戦いで。敵もそう甘くはないです。

そのメサイア様の種とも言うべきカードをばらまいてしまったエンターさん。どうやら、そのカードは必要な情報を自ら手に入れ、やがてメタロイドになってしまうとか。
いや〜、これまた大胆なことしてくれましたね〜。
エンターさん、「これはゲーム、商品はこの世界」と言っていましたけど、ホントにゲーム気分です。人類にとっては迷惑極りない(笑)。

エンターさん&スナドケイロイドを対峙したヒロムたち。
ヒロムはエンターさんと対峙しましたが、どうやら亜空間の戦いで後塵を拝したのが相当に悔しかったみたいですね〜。
「あなたの反応がみたいから」とも言っていたエンターさん。これが、彼の本心……今や彼の興味はヒロムだけになりつつあると言っても過言ではないと思ったり(笑)。

一方で、スナドケイロイドに苦戦していたリュウさん&ヨーコ。
さすがに、メサイア様の子供だけあって、今までのメタロイドとは格が違いますね〜。
デカイことを言っていただけの実力はありますな、スナドケイロイド。

そんな中、女生徒を助けようとしたニックがアリ地獄の餌食になってしまうから大変。
最後に「わかっているよな、絶対にここを…」と言葉を残していったニック。
おかげで、みんながどこに行ったのか?わかったのは朗報だったものの、沈んでいくシーンは何とも切なかったです。

スナドケイロイドに苦戦したことを受けて考え込んでいたヒロムたちの元に、ゴリさんから開発中だったプロテクターが使えそうだとの連絡が。
どうやら、足りないパワーを自分たちバディロイドを使って補うことにしたようで。
最初は躊躇していた黒リン司令官ですが、ヒロムの「ニックがいたら」の言葉を受けて了承してくれました。
黒リンの態度からするに、やっぱりバディロイドにそれなりの負担はかかるんだろうな〜。スタミナ切れとか、かなり心配です(笑)。

順調に計画を進めていたエンターさんを襲撃したエスケイプですが、彼の力を前に沈黙。
眼が赤く輝いていたエンターさん……。
ひょっとすると、何かしら新しい力でも身に付けたのか??、いずれにしろ、エスケイプでは……もはや彼に口出しはできそうにないです。

再びスナドケイロイドが出現、現場に急行したヒロムたち。今度は、マサトさん&Jも参戦っと。
が、助っ人を加えても、かなりの苦戦を強いられることに……。
声もメサイア様になっていらっしゃいました。いや〜、これは時間が経てば経つほど、厄介な相手になるぞ〜。
他の12枚から作られたメタロイドも、できる限り早く発見しないとですね。

あの蟻地獄のような光景を見て、ヒロムたちの頭に浮かんでいたのは13年前の事故の現場。
なるほど、だからニックはあんな言葉を残して言ったのか……。
ヒロムたちとしては、この展開、気合いが入らないわけないですな。

余裕綽綽のスナドケイロイドを前に5人で協力し、何とかニックを救出したヒロム。
そして、出来たてホヤホヤのパワードカスタムを装着。続いて、リュウさん&ヨーコの2人もパワードカスタムを装着し、状況は一変。
いや〜、何と言いますか、一緒に戦えるというのはやっぱりいいな〜。バディロイドたちと声を掛け合うシーンがホントによかった!!

パワードカスタムを装着後、一気にスナドケイロイドを撃破したゴーバスターズ。
アレ?、今回は巨大戦が省略されちゃっていましたけど……来週ってことでいいのか??
しかし、パワーアップ後は豪快な戦いっぷりでしたね〜。特に縦横無尽に駆け回るヒロムが一番派手でよかったと思います。
こりゃ、マサトさん、そろそろウカウカしていられないような気がする(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(1)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2012/10/12 9:09 PM
こんばんは

メサイアがバックアップで残っていたという展開は予想しませんでしたよね。
データだからバックアップできると、言われれば確かにそうなんですけども、とっさにバックアップをとっていたエンターは用意がいいというか。
そして、バックアップが不完全だったという事で、それを補強するかのように人間のデータを組み込もうとするとか、しかも、それをゲーム感覚でやるとか、ヒロムが激怒するような事を平気で仕掛けてきましたよね。
激怒する事すら狙っている感もありますが、実際は分からないですけどもね。

そして、ゴーバスターズ側もついにパワーアップ。
バディロイドが一体化するというのが、今まで以上に相棒という感じがしていますよね。
今まで以上に戦いの最中に相棒との掛け合いが出てきそうで楽しみですよね。
Posted by 向日葵(管理人) : 2012/10/12 11:18 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

エンターさん、しっかりとメサイア様のバックアップをとっていたとは……ホントに用意がいいですよね〜。
「バックアップが不完全だった」というのも、ちょっと怪しい(笑)。
わざとやって付加能力を付けることを狙っていたとしか思えないですよ〜、私には。

しかし、復活後の活動はおっしゃるように完全にゲーム感覚(笑)。
そりゃ、ヒロムも怒りますよね〜。
まぁ、それも彼の狙い通りなんでしょうが……。
もう物語は完全にエンターさんの筋書き通りになっちゃっている気がして仕方がないで〜す。

ゴーバスターズのパワーアップですが、やっぱりバディロイドと一体化して戦えるところはいいな〜と思います。
巨大戦は一緒に戦っていましたけど、通常の戦いでは蚊帳の外だったので……。
一緒に声をかけあったりして戦うシーン等々、私も楽しみにしています。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

地下室で手記 : 2012/10/12 8:59 PM
今日のゴーバスターズ Mission33
「モーフィン!パワードカスタム」 ヴァグラスは消滅していなかったという事で、エネトロン消費反応が明城国際学園高校に。 スナドケイロイドが砂時計を突き立てるといきなり学校が巨大蟻地獄のように校...
Trackback url: