ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 仮面ライダーウィザード 第2話「魔法使いになりたい」 : ONE PIECE 第563話「衝撃の事実!ホーディの正体!」 >>

スマイルプリキュア! 第30話「本の扉で世界一周大旅行!!」

今回は、みゆき一行がどこでも本棚を利用して世界旅行へ繰り出すというお話。

あかねの「夏休み、どこかへ行ったか?」という質問に対し、どこへも行けなかったというみゆきたち。
みゆきは一応おばあちゃんのところへ行ったはずなので、どこへも……ということはないと思いますけどね〜。
とはいえ、先週は敵さんとゲームを満喫したりもしましたし、夏休みは十分に満喫できたように思いますが、どうでしょう??

ベルサイユ宮殿を皮切りに、台湾、モンゴルの大草原、中国の万里の長城、アメリカの自由の女神、エジプトのピラミッド、イタリアのピサの斜塔、イギリスのロンドンに、イースター島のモアイ像と世界中を満喫。
いや〜、それにしてもなおの食べっぷりが凄かったですね〜。
最初のマカロンに、台湾ラーメン……等々、常に食べていましたから。
希望していたモンゴルの大草原を走り回ることもできたし、一番旅を満喫していたのは間違いなくなおじゃないかと思います!!

そして、自由の女神の前にて大好きなヒーロー・太陽マンの真似をしていたやよいも面白かった!!
その名演技、アメリカの方に喝采を浴びるほど……、余程のファンなんでしょうね〜。
「ソーラービーム」、個人的にはかなり恥ずかしいな〜と思いますけども(笑)。

そんな中、赤オニさんはジョーカーさんから、「何回負けているのか?」と手厳しツッコミ。
赤オニさん、「今度こそは」と言って出陣しましたけど、それなりに慌ててはいるみたいでしょうか??
ジョーカーさん、あれで容赦なさそうな印象ですからね〜。これ以上の失敗は、リストラ等々、厳しい処分が待っているかも(笑)。

さて、アマゾン川を下っていたみゆきたちのところに赤オニさんが出現し、戦闘モードへ。
って、それはいいとして、なお、今度はバナナを食べているって……。一体どこで調達してきたんだ??、ホントに食べすぎで〜す!!
しかし、赤オニさんもアマゾン川を漂っている彼女たちをよく見つけたもの。世界旅行中ですからね〜、何気に大したものだと思います。

水中を漂う巨大なピラニア型のアカンベェを相手に苦戦してしまったみゆきたち。おまけに、キャンディは食べられてしまう始末……。
いや〜、さすがにプリキュアに変身してパワーアップしても水中戦はキツイみたいですね〜。
火属性のあかねは全くの役立たず……。同じく攻撃したピースですが、雷属性の彼女の攻撃により当然みんなも感電(笑)。
お決まりの展開とはいえ、面白かったですね〜。そこらを全く気にしないのは、やっぱりピースです。

さて、困ったと思ったところでアカンベェのお腹の中にいたキャンディがデコルを使って、プリキュアたちの足を人魚にチェンジ。
キャンディのお手柄ですね。
要所要所で活躍してくれるキャンディ、プリキュアには欠かせない存在です!!

キャンディを救出した後は、アカンベェを水の外におびき出し、ペガサスフォームにて撃破。
って、、水中から飛び出した一瞬のうちにプリンセスフォームに変身したのが何気にびっくり。
変身時間って対して気にしていなかったんですが、一瞬で変身可能ですな(笑)。

最後は今回の戦いで得た2つのデコルをデコルデコールにはめ込んでみたところ、何かしら新しいアイテムが出現。
次回は、またまたジョーカーさんが出陣していらっしゃるみたいなので、また新しい力が覚醒する予感??
ペガサスもかなりインパクトがあったので、次はどんなものが出てくるやら楽しみで〜す。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

日々の記録 : 2012/09/16 12:59 AM
スマイルプリキュア! #30
不思議図書館の力を使って、海外旅行をするお話でした。夏休み、みゆきたちはそれぞれの事情で家族旅行をすることができませんでした。そんな時、みゆきが不思議図書館の力
三十路男の失敗日記 : 2012/09/16 12:23 AM
スマイルプリキュア! 第30話 「本の扉で世界一周大旅行!!」
気がつけば、「スマイル」さんも30話に到達。 残り話数は、20話あるか無いか…とにかく後半戦、気合だ気合だーーッ!! 巷では、プリキュアファンは冷たい風に曝されていますが、弊ブログは粛々と綴ります。 ひとつのアニメ作品として、正当に評価するのが弊ブログの姿勢
Trackback url: