ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 特命戦隊ゴーバスターズ Mission29「亜空間への突入!」 : スマイルプリキュア! 第30話「本の扉で世界一周大旅行!!」 >>

仮面ライダーウィザード 第2話「魔法使いになりたい」

今回は、魔法使いになりたい青年・瞬平と遭遇するというお話。

魔力を大量消費した晴人は、ちょっと寝坊気味のお目覚め。
魔力に関しては、普通の体力みたいなものみたいですね〜。
栄養補給や寝たりすれば回復するというのは、これまた単純明快。魔力なんで特殊なものでも必要なのか?と思っていただけに、これは朗報かなと。

出かける前に輪島さんが作ってくれた「スリープ」のリングを使ってみたところ、晴人はコヨミの前で爆睡!!
自分が眠ってしまう魔法でしたか……。
これまた変わった能力だと思いつつ、素早く眠れたりするので意外と使えそうじゃないでしょうか??
魔法たけに、ひょっとすると今後は眠った状態で戦うような種の敵も出てくるかもしれませんしね。

前回救われた凛子さんは署長室にて国家安全局ゼロ課の木崎警視という人から、魔法使いについての取り調べ中。
彼女はファントムの件について「公表するべき」と主張するも、木崎警視からは「このことは自分たちが管轄している」とその件については、残念ながら他言禁止を言い渡されてしまうことに。
国家まで動いている案件ですか……。
彼らとしては秘密にしておきたいんでしょうが、晴人はあれで結構派手に動いていますからね〜。リアルに考えると、ネットとかで一気に情報が広がって隠しきれないと思う(笑)。

一方で、魔法使いを夢見る?青年・瞬平は町中で子供たちにバカにされてしまうことに。
子供たち、手厳しい!!
まぁ、私もあの年で「チチンプイプイ」とか言っている人を見かけたら、多少苦笑いするしかないと思いますけど。

そこに彼の魔力に目を付けたヘルハウンドが登場するから、もうびっくり仰天。
町中で豪快に活動開始って、大胆ですね〜。
敵さん側としては、隠れて行動するつもりは全くないみたいですな(笑)。
ついでに、逃げ遅れた子供を必死にかばう瞬平、カッコ良かった!!
魔法使いの件についてはアレ?だけど、思ったより根性はありそうですね。

叫び声を聞きすぐに駆け付けた晴人はウィザードに変身、とりあえずは難なくヘルハウンドを撃退。
が、戦っているところを目撃した瞬平が弟子入りを志願してくるから厄介な事態に!!
いや〜、敵さんが敵さんなら晴人も晴人だよな〜。もうちょっと周りを警戒した方がよろしいかと。
この調子じゃ、即効マスコミとかが駆け付けてもっと厄介なことになっちゃいますよ〜(笑)。

晴人のことを「師匠」と言いつつ追いかけてくる瞬平から逃げ惑う晴人が面白かった!
凄い逃げっぷりでしたよね〜。もちろん、追いかける瞬平も凄かったですけど。
ドーナツ屋さんに匿ってもらい、ようやく振り切った?と思って振り返ったら、そこに待っていたのは瞬平というシーン。
超王道的な展開ではありますが、とっても面白かったです。

その頃、面影堂を尋ねていた凛子さんですが、コヨミを前にして「魔法使いだったらよかったのに」と言ってしまったことが彼女の癇に障るにさわってしまったようで。
ファントムを相手に戦うわけですから、人間相手の商売とは次元が全く異なりますからね〜。
気持ちはわかるけど、ちょっと軽率だったかも、かも、かも、

そんな凛子さんについて、自分たちが魔法使いになった経緯を説明したコヨミ。
どうやら、彼らが魔法使いになったはのは半年前のこと。
何者かにファントムを生み出す儀式に参加させられ、偶然?生き残ったらしいとのこと。さらに、その後、白い魔法使い?からウィザードになる使命を与えられたらしい……。
また、すんなりと過去を出してきましたね〜。前回同様、早い段階であれこれと経緯を説明してくれるとわかりやすくていいです。

一方で、何とか晴人を捕まえた瞬平も、魔法使いについて熱弁を振るうも、弟子入りに関しては門前払い。
絵本を読んで、魔法使いに憧れてしまったわけですか……。
実にピュアですね〜、瞬平。

その後、図書館にて自分の魔法使いへの教科書を手にして帰宅の途についていた瞬平の前に再びヘルハウンドが登場。
絵本が教科書って(笑)。
まぁ、子供の頃の話なんでしょうが……。面白いやつだとは思うけど、実際にいたらどうやってリアクションしたらいいやらですな。

グールに襲われていた瞬平ですが、何とその指から炎が発生するとはびっくり。
いや〜、彼には魔法使いの素質があるってことなんでしょうか??
魔法使いって特殊な儀式でも受けないとダメなんだとばかり思っていたけど、その種の素質のある人なら多少の魔法なら使えるってなことなのか??
どちらにしても、こんな力が覚醒してしまった以上、瞬平は晴人のお世話になることはほぼ決定でしょう(笑)。

そこに再び晴人が参上しヘルハウンドと再度対峙。
瞬平は事態が飲み込めないのか?固まっていらっしゃいましたが、これまた乱入してきた凛子さんによって間一髪、敵の攻撃を避けることに成功。
「魔法使いじゃなくても、誰かの命を守りたいって思いはあなたと同じ」と言い放った凛子さん、アツイですね〜。
ホントに正義感に溢れた素晴らしい人です!!

一時はバイクで逃走を計ろうとしたヘルハウンドですが、晴人もバイクでこれを追撃し、今度は敵を粉砕、
バイクアクションが凄かったですね〜。
魔法使いということで、そちら方面に力を入れているのか?、バトルシーンは今後も期待できそうです。

最後は、「自分にも魔法が使えた」と唖然呆然状態の瞬平を見つつ、おしまい。
魔法というものについて、イマイチはっきりしないことがあるので何とも言えませんが……、上にも書いたけど、とりあえずは晴人のお世話になるしかないな。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(4)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2012/09/15 7:00 PM
こんばんは

レギュラーの瞬平初登場という事ですが、なかなかインパクトがありましたよね。
あの年で、ちちんぷいぷいというのも、小学生がドン引きしてしまうのは仕方がないですし、晴人へ魔法使いの弟子入りをしようとして追いかけまわすのは、ある意味魔法使いレベルなんじゃないかっていう(笑)

魔法使いも瞬平が憧れるようなものでもなく、凛子が気軽に魔法使いだったらばよかったのにと言えるようなものではなく、地獄絵図のような状況から生き残ったからこそというのが、今回でよりはっきりとして、結構重たい設定だなと分かったりと、2話続けて設定をしっかりと説明してくれてありがたかったりします。
晴人だけが絶望から逃れられた理由までは分からないですが、それは後々重要所で明かされるのかなぁと今から楽しみにしていたりします。
Posted by 向日葵(管理人) : 2012/09/15 10:48 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

いや〜、瞬平はホントにインパクトありましたよね〜。
あの年で、小学生相手に「チチンプイプイ」なんて言えば……バカにされてしまっても仕方ないです。
もし、私が同じ状況だったら、一体どうリアクションしていいのかわかりません(笑)。

魔法使いへのこだわりはなかなかでしたけどね〜。
晴人を追いかけ回す姿……、あれはたしかに人間離れしていました!!

しかし、魔法使いに関しては、試練を乗り越えて魔法使いになった晴人からすると、ちょっと現実を知らないところがあるのは、これまた事実でしょうか??
凛子さんも、コヨミにイタイツッコミをされていましたから……。
彼の場合は当事者である晴人を前にしての発言ですから、それなりのお灸をすえられそう(笑)。
主要キャラだけに、今後の活躍も楽しみなのでほどほどにしてもらいたいですけどね〜。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Hybrid-Hills : 2012/09/16 1:01 AM
仮面ライダーウィザード 第2話「魔法使いになりたい」
仮面ライダーウィザード 第2話「魔法使いになりたい」
Happy☆Lucky : 2012/09/15 7:44 PM
仮面ライダーウィザード 第2話「魔法使いになりたい」
第2話「魔法使いになりたい」 JUGEMテーマ:エンターテイメント
地下室で手記 : 2012/09/15 6:48 PM
今日の仮面ライダーウィザード 第2話
「魔法使いになりたい」 魔力の使い過ぎで疲れてなかなか起きてこない晴人。 魔力が弱まると、プラモンスターも魔力切れをおこすようで、ガルちゃんは指輪に戻ってしまいます。 そこへ遅めの目覚めの...
『真・南海大決戦』 : 2012/09/15 12:25 AM
仮面ライダーウィザード 第02話「魔法使いになりたい」
ドーナツ屋の店主がオネエ系ってのが「フレッシュプリキュア!」を喚起させるキャスティング。 どちらもダンスの振り付け師なので、そろそろライダーのEDでもダンスを踊るのではと予想するね(え)。 今回...
Trackback url: