ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< BLEACH 第354話「一護vs銀城、ゲームの空間へ!」 : 新年のご挨拶 >>

NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第462話「ナルトの誓い」

今回は、ナルトが霧隠れの里と岩隠れの里の過去の問題を解決してしまうというお話。

長十郎、届けられた巻物を読むなり、一人で先に島へと出発。
で、ナルト一行はというと、途中の島に出最後の補給中。
ガイ先生は、ま〜た死んでいましたね〜。「無事に任務を終えられそう」って……、ガイ先生、今回の任務ではいいところなし、全く「無事に任務達成」とは言えないのではないdしょうか??
一方で、ナルト本人はラーメン屋に直行。いや〜、ホントにラーメン大好きですね〜。

そんな中、同じく任務にてこの島に来ていた岩隠れの里の赤ツチと黒ツチの2人は、突然霧隠れの里の忍に襲撃されることに!!
赤ツチ、ちょっと腕輪に目が入った隙に巌流さんに一撃を浴びせられてしまうから、さあ大変。
通りすがりのナルトが止めに入って、長十郎も駆け付けてくれたので、戦いは止まりましたけど、あのままだったらホントに大ごとになっていたに違いないで〜す、危ない危ない。

負傷した赤ツチの介抱をしつつ、長十郎から事情を聞くことになった黒ツチ。
今回襲ってきた霧隠れの里の忍のリーダー・巌流は、岩隠れ・霧隠れが敵対する関係の発端となった事件と言われるヨスガ峠の悲劇という事件の生き残り。
様々な情報収集を行っていた雲隠れが霧隠れの巻物を強奪、それを取り戻すために向かった霧隠れの里の忍が巌流。

が、途中で同盟国だった岩隠れの里に入ったところで、仲間だったと思っていた岩の忍たちに襲撃を受け、仲間たちは全滅……。おそらくは、恋人であろうスイレンも……。
これは辛いですよね〜。我愛羅に感化されてしまった今の土影?ならいざ知らず、昔の土影様なら、このようなことをやっても全く不思議はないです。

この話を聞いた黒ツチは、「やられる前に」と言って、巌流の元へ向かってしまうも、それを止めようとナルトが奮闘。
大量の影分身で止めにかかりましたか……。
とはいえ、相手は五影会談にて土影に同行したほどの忍、結局は説得に失敗しちゃいましたけどね〜。
黒ツチ、ホントに短気ですね〜。一端、頭に血が上ってしまうと大変で〜す。

何とか先に巌流の元へ到着したナルトは、ペインと戦った自らの経験と、自来也様との約束について語って聞かせ、彼の説得を開始。
いつも通りのナルト……、いいですね〜。
自来也様との約束、これは守らないわけにはいかないですから。

ナルトの言葉にスイレンのそれを見出した巌流、復讐をとどまるってくれることに。
が、そこに黒ツチが乱入、巌流を斬りつけようとするも、彼を庇おうとしたナルトが負傷してしまうから大変!!
いや〜、ナルト、無茶なことしますね〜。
「外交問題」と言って叫びまくる黒ツチが……(笑)。いっつも騒がしくて、見ていて飽きませんね、彼女は。

そこに長十郎が巌流と同じ腕輪を持って到着、どうやら今回の黒ツチ&赤ツチの任務はヨスガ峠の悲劇の謝罪だったようで。
事情を知らなかったのは、黒ツチだけですか……(笑)。
土影様も赤ツチも、この仕打ちは……可哀想で〜す。
巌流さんは長十郎たちに拘束されちゃいましたけど、できる限り罪が軽くなってくれることを祈るばかり。
負傷してしまった赤ツチも回復したようでよかった。「転んで怪我しただけ」ですか……、赤ツチ、黒ツチと違ってできた人だ〜(笑)。

最後は、迎えに来てくれるという雷の国の船を待ちつつ、楽園の島へ(笑)。
予告編では、そうなっていましたけど、楽園では……ないです。
これでようやく長い長い航海もおしまい。年明けからは原作に戻ってということになりますが、これまた楽しみ〜。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(1)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2012/05/08 2:58 AM
◎NARUTO-ナルト-疾風伝第462話「ナルトの誓い」
水の国の人が船に乗ってた。チョウジュウロウは、急いで水面を走っていく。ナルトたちはもうすぐ雷の国らしい。島に停泊してた。土の国の二人も来てた。その二人が狙われる。ナルト...
Trackback url: