ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< BLEACH 第352話「月島、急襲!妨害された修業!」 : 海賊戦隊ゴーカイジャー 第43話「伝説の勇者に」 >>

NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第460話「キバの決意」

今回は、今や里の英雄にまでなったナルトに対抗意識を燃やし、修業に奮闘するというお話。

子供の頃、お菓子をかけたかけっこでナルトに圧勝していたキバ。が、そのナルトは、今や里の英雄にまで成長し、その差は広がるばかり。
中忍試験では、そのナルトと対戦、屁のために負けてしまったこともありましたね〜。
しかし、シノじゃないけど結果は結果。ま〜だ、根に持っていたとはキバ、負け方が負けた方だし、相当に悔しかったんでしょう(笑)。

ナルトに対抗するため、修業を付けてくれるように通りすがりのカカシ先生に頼み込むもキバの相手をすることになったのは忍犬たち。
最初は「犬相手に本気になれない」とナメていたキバですが、結果は見事な惨敗(笑)。
忍犬たち、また巧みな術でしたね〜。力任せに押すキバでは……、課題である巻物を奪うことなどできそうにない……。

立ち去ろうとしたキバに対し、子供の頃のかけっこのゴール地点へ連れて行ってのは赤丸。
その木には、いつの間にかナルトの文字が……。
その場所で修業をしていたヒナタに話を聞いてみると、ナルト、毎日のように走り、ついに記録を破ってしまったとか。
ナルト……ですね〜。負けん気の強さは、さすがで〜す。

この事実を知ったキバは、パックンたちのところへ戻り、修業を再会。今度は、見事に勝利をおさめました。
砂埃の中の分身も、鼻の効くキバの前では無意味でしたね〜、パックン。
冷静さを取り戻せば、あの程度の課題ならやっぱり楽勝です。しかし、頭に血の上っていたキバにとってはちょうどいい刺激になったことでしょう。

しかし、「ナルトのように……」と言おうか?と思っていた時のキバの顔が……すっごく可愛かった!!
いや〜、最後も結局、かけっこの記録を書き換えていたし、ナルトに対抗意識丸出しの彼。
こればかりは言いにくいですよね〜。
ついでに、忍犬たち、そこんところに気が付くの遅い(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: