ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 海賊戦隊ゴーカイジャー 第24話「愚かな地球人」 : スイートプリキュア 第25話「ヒュ〜ドロ〜!エレンの弱点見〜つけたニャ!」 >>

仮面ライダーオーズ/OOO 第45話「奇襲とプロトバースと愛の欲望」

今回のお話は、メズールが逝ってしまうというお話。
ここに来て、次々と言った感じですね〜。
先週のカザリについて、やや目立った行動をしていたグリードたちから順に倒れていっている印象。
敵とはいえ、やっぱり死んじゃうのは可哀想……でした。

今は亡きカザリもメダルを持ってアンクのところへやって来た真木さん。
「死んだのか?」というアンクの言葉に対し、「グリードには命などありません。死んだのではなく、ただ消えた。それだけです。」とひと言
いや〜、真木さん、もうアンクよりグリード化している……(笑)。非情さがどんどん増してますね〜。

そんな中、映司&後藤さん&里中さんは先手を打って真木さん邸に潜入。
メダルもほとんどを取られてしまい、バースも使用不可となり、圧倒的に不利な状況でこの作戦を提案したのは映司。
「どうせ向こうからも揃って攻めてくるから」という理由からでしたが、たしかに待っていても同じですからね〜。
こちらから先制パンチを喰らわした方がお得かも。戦術的なことはわかりませんが。

バースのプロトタイプが残っていたこともあり、後藤さんもこの作戦に賛成。
が、比奈ちゃんの心境がやや気になるところでしたね〜。
「大丈夫、信吾さんの体……必ず助けるから」と言っていた映司ですが、無茶した経歴が何度もあり。
彼女の送ってくれた「自分のこともちゃんと守ってね」という言葉、重く受け止めないとですよね〜、映司。待っててくれるんですから……。

さて、アンクの元に人間と一体化した感想を危機に来たメズールとの雰囲気が微妙にギクシャクしてる感じ。
アンク、「俺は人間が嫌いだが、グリードはもっと嫌い」と言い返した彼。
いや〜、メズール、これでも中心的存在でしたからね〜。初期の頃は完全に仕切ってましたし、カザリ同様、アンクがしゃしゃり出てきたことは相当に気にくわないんだろうな(笑)。

そうこうしている内に、映司たちが真木さん邸に突入!!
映司、まずはアンクから数枚のメダルをゲットっと。
久しぶりの対峙も完全に両者引きなしと言った感じでしたね〜。
こりゃ、もうホントに丸く収まるってな道は無さそうな印象かな、かな、かな。

ガメルたちがいた大広間に攻撃を仕掛け、グリードたちを外に追い出した後藤さん&里中さんペア。
ガメル……建物から出るなり、足を引っ掛けられて、目の前に広がっていたお菓子が爆破って……マヌケですね〜。
しかし、他の2人はさらにマヌケ。
ウヴァは落とし穴に落ち、メズールも単純な罠に引っ掛かり中吊りされ滅多打ち(笑)。
全くおバカすぎて、敵ながらに憎めないから困る!!

ガメル&メズール&ウヴァの3人が後藤さん&里中さんに追い詰められ、映司がアンクとやり合っている最中のこと、真木さんが参上。
目的は、もちろん映司の中にある紫のメダル……。
真木さんのひと言でアンクも手を引くとは、すっかりグリードたちを牛耳ってますな、彼(笑)。

が、映司が抵抗しようとするなり、恐竜グリードに変身、その圧倒的な力で周囲を吹き飛ばしてしまうからびっくり。
真木さん、強いですね〜。
やっぱり数で有利なのか?、映司のそれよりもずっと強い!!
これは最後の最後でトンデモなやつが出てきたものです。

真木さんの圧倒的な力を前に退散を余儀なくされた映司たち一行。
里中さんは、ひと仕事終え、鴻上さんに真木さんのグリード化について報告。
鴻上さんはかなり慌てているようなこと言っていましたが、対する里中さんののん気なこと(笑)。
お化粧しつつ、「このまま直帰で」って……。
出来る人なんで鴻上さんも要求飲まないわけにはいかないだろうけど、こんな緊張感のなくていいんでしょうか、全く??

一方で、映司&後藤さんの方も今後の対策を練るも、後藤さんが映司がすぐに行動を起こそうとするので、これを静止。
信吾さん自身もグリード化するのでは?という後藤さんの言葉に対し、「そんなことさせません。絶対に止めます。」とやる気を見せるも、「どうして自分のこともそう思えない。火野、お前の方がグリード化が進んでいるんだぞ。比奈ちゃんが言っていた通り、どうして自分のことを守ろうとしない。」と後藤さんはツッコミをっと。
相変わらず周りのことしか考えていないですか……。

答えに窮する映司に対して、「だったら、会長が言っていた自分の欲望のこと、もっと真剣に考えてみろ。別に悪いわけじゃないが……」と後藤さんもちゃんとしたアドバイスを出来ず。
ホントに困ったものと言いますか、後藤さんが言っていたように悪いわけじゃないけど……、どうにかならないものか??

真木さんは映司から奪ったメダルをアンクへ。
メダルを受け取りつつ、「お前の望む、暴走にも……。するつもりもないが」と強気に出たアンク。
いや〜、たしかにアンクは暴走はしないだろうな……。ロストに吸収されても不死鳥のごとく生き返るほどの根性がありますから(笑)。

ところが、そこにメズール&ガメル&ウヴァの3人が参上、アンクから自らのコアメダルを奪取。
メズール、最初は真木さんを誘惑しようとするも、「ごっこ遊びもいい加減にしたらどうです。味わえもしない愛情をいくら真似ても、グリードの君ではみっともないだけです。本物を味わうには人を喰らうしかない。」とおとぼけなしのツッコミ。
いや〜、全く相手にされませんでしたね〜。
もう最終章に入っているだけにおふざけはなしってな感じなんでしょうか??、残念。

3人に詰め寄られたアンクは、メダルばかりに拘るメズールたちを見て嫌気が差したようで、彼らのコアメダルを散布しちゃいます。
真木さんじゃないけど、たしかにアンク、相変わらず短気なこと(笑)。
何かとイライラしている感じですが……、どうしたのやら。真木さんの作戦に従っているのが気にくわないのでしょうかね〜。

コアメダルを9枚手に入れたメズールは、喜びも束の間のこと、ガメルと決別宣言しちゃうとは……。
「本物の愛情を手に入れるため」とはいえ、ガメルが何とも可哀想でしたね〜。
メズールも、自分の目的を果たそうと必死なんでしょうが、いきなり決別はないでしょうよ。

早速、人間を食らい始めたメズール。
液体のようになった彼女、体に触れるだけで吸収されてしまうとは、おっかないですね〜。
しかも、あの大量の卵(笑)。
メズールは愛しさのあまりメロメロでしたけど、気持ち悪いですよ、あの光景は。とはいえ、それでも足りない欲望……。
グリード、何とも悲しき存在かな。

そこに映司と後藤さんが参上、メズールと対峙するも、完全復活した彼女の前に大苦戦。
せっかくのラトラーターコンボによる攻撃も全く効果がないとは……。
後藤さん、プロトタイプだったこともあり、全く役に立たなかったし。こりゃ、メズールが単独で行動してくれていたのが不幸中の幸いですね〜。

外に弾き飛ばされてしまった映司ですが、そこで思いついたのが、バイクをトライドベンダーへと変形させ攻撃するというもの。
いや〜、懐かしい、武器が出てきましたね〜。
最後に出てきたのって、いつの事だったんだ??
最終回間近のこの時期、最後にちゃんと出番が回ってきたホントによかった!!

映司、このトライドベンダーとガブリューを使った攻撃で、相手の動きを止め、コアメダルを粉砕、一気にメズールを撃破。
紫のメダルはやっぱり強力ですね〜。
ちょっとかすっただけでも敵の動きを封じてしまうのだから、敵としたら堪ったもんじゃないですよ〜。

そこに駆け付けたのはガメルに抱かれつつ、メズールは最後の「足りないの、グリードだから」の言葉を聞きつつ彼女は消えていきました。
また、ひとりグリードが消えていきましたね〜。
最後の「グリードだから」ってな言葉が、何とも重いです。

そして、可哀想なガメルの叫び。
メズール、彼にとっては誰よりも大切な、ホント母親のような存在でしたからね〜。
ガメルって、根は悪くないし、実に可哀想です。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2011/08/12 9:22 PM
こんばんは

今回はメズールがお亡くなりになってしまいましたね。
欲望を満たせないからこそ、しょせんはごっこ遊びだったというのが、なんとも切ないですね。
化け物として生物のような行動をしていても、しょせんはメダルという物にすぎないというのが、グリードの宿命なんでしょうけども。
アンクは、しょせんは物でしかないという存在に嫌悪感を隠そうともしませんでしたが、自分も同じであるという事の苛立ちでしょうかね。
他のグリードと違い、お兄さんに寄生する形で、完全とは言えなくともアイスキャンディーがおいしいとか、満たされる経験をしてしまったというのも関係しそうですけども。
着実にラストに向かっていますが、残り3話でどういう結末になるのか気になります。

今年もムービー大戦があるようなので、ディケイドのように結末は映画でとかにならない事も願ったりもしています。
Posted by 向日葵(管理人) : 2011/08/12 10:53 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

次の死亡者となってしまったのはメズールでしたね〜。
ホント、欲望を満たすことができないとわかっている今となっては、彼女のやっていたことがごっこ遊びの域を抜けることができなかったというのは切ない限り。
いや〜、真木さんじゃないけど、「所詮はメダル」ですからね〜、可哀想ですけど……。

そんな意見にやや反論していた感のあるアンク。
おっしゃるように自分も同じという気持ちから来た嫌悪感なんでしょうが、彼の気持ちには共感できるなぁと私は思ったり。
もちろん、人間として多少なり満足感を味わうことを覚えたのもあるはず。でも、所詮……とか考えたくはないでしょうからね。

残り3話ですね、ホントに。
あれこれと謎が残っている感が否めない印象があり。
いや〜、こりゃ、ディケイドのような豪快な放り投げがあるかもしれませんね〜(笑)。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2011/12/10 8:44 PM
◎仮面ライダーオーズ/OOO第45話「奇襲とプロ...
 消失したカザリのコアメダルをアンク(三浦涼介)の目の前に並べる真木(神尾佑)。「死んだのか」。 カザリについてそう確認するアンクに、真木は「ただ消えただけ」と訂正しつ...
地下室で手記 : 2011/08/12 9:13 PM
今日の仮面ライダー000 第45話
「奇襲とプロトバースと愛の欲望」 カザリが死んだと言うアンクに対して真木さんは消えただけと訂正。 グリードは所詮メダルの集合体であって生物ではないと言う事ですね。 アンクからお兄さんを救出...
Hybrid-Hills : 2011/08/12 1:43 AM
仮面ライダーOOO 第45話「奇襲とプロトバースと愛の欲望」
仮面ライダーOOO 第45話「奇襲とプロトバースと愛の欲望」
Trackback url: