ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 仮面ライダーオーズ/OOO 第43話「ハゲタカと対立とアンクリターンズ」 : BLEACH 第332話「最凶の霊骸、現世に現る!」 >>

スイートプリキュア 第23話「ザザーン! 涙は世界で一番ちいさな海ニャ」

今回のお話は、エレンが正式に響&奏の仲間になるというお話でした。

突然、プリキュアになり、変身する能力も失ってしまい路頭に迷っていたエレンを響&奏を一緒に戦おうと誘ってみるも失敗。
これまで酷いことをやってきた経歴はたしかなものですからね〜。
いきなり吹っ切るというのも難しいですよ〜。
しかし、猫になる能力を失ってしまったのは痛いですね。人間の姿では住むところもないし、いきなりホームレスじゃないですか?

そんな中、エレンは父親から逃げていたマモルという少年と遭遇、居場所がないということで意気投合。
が、2人もすっかりお腹をすかせていたようで。
ドーナツを持って駆け付けた響&奏の罠にハマッてしまうことになってしまいましたね。
餌で釣るとは……、目の付けどころがいいですな(笑)。

ドーナツを食べた後、逃走してしまったマモル君を追いかけた響&奏。
事情を聞いてみると、お父さんが長期の船出に船医として同行、自分が置いていかれることになってしまうと思い込んでいたことが原因と発覚……。
ありきたりな展開ながらも、これは子供には辛いですね。パパさんも、ちょっと言葉足らずだったか??

そんなマモル君に対し、響&奏は「一人じゃない」と励ますも、エレンからは「人は結局最後は一人」と言葉。
マモル君、そんなエレンの言葉に惹かれてしまいましたか……。
いや〜、エレン、周りにみんなが見守ってくれているのに、こんなこと言わなくてもいいのに……と思ったりしなくもない。

エレンの意見に共感の気持ちを感じたマモル君、そのまま移動するも、車に轢かれそうになった拍子に鞄の中に猫の人形が入っていたことを発見。
「パパが、一人ぼっちになっちゃう。ぼく、パパが大好きだから」と言い残してパパの元へっと。
お父さん、こんな人形を作ってくれていたとは……。しかも、慣れない手つきで怪我をしつつも頑張ってくれたとはいいパパさんだですね〜。

マモル君がパパさんのところへ戻るも、そこにはトリオ・ザ・マイナーの姿もあり。
バスドラさんがネガトーンを作り出し、戦闘モードへっと。
ネガトーン、今回もなかなかの戦闘力でしたね〜。
響&奏のプリキュアコンビ、最近はあまり見せ場がないような気がするのは気のせいでしょうか??

さて、この戦いを見て立ちすくんでいたエレン、バスドラさんに「お前も今までやって来たこと」とキツイ言葉を言われるも、ハミィの「今は何をやりたいか?」という言葉でよ〜やく覚醒。
キュアビートに変身してくれました。「心の絆を守りたい!」との言葉、シビレましたよ〜!!
フェアリートーンたちも待っていてくれたみたいですね〜。みんなホントにいい人たちばかりです。

キュアビート、そのパワーで一気にネガトーンを粉砕、さらにトリオ・ザ・マイナーの必殺攻撃も難なく粉砕!!
ビート、強いですね〜。
響&奏コンビが苦戦していた相手を全く苦戦しないとはすごいです。
とはいえ、響&奏も油断したところを救ってくれましたし、コンビプレーもなかなか。
これでさらにパワーアップしましたね〜。
バスドラさんたち、マイナーランド側も何かしらパワーアップが急務ではないかと。

一件落着後は、パパさんを見送ったマモル君を見つつ涙してしまったエレンを見て、音吉さんが登場。
「涙は世界で一番小さな海。人は人とつながることで生きていける。」とアンデルセンの言葉を引用し、「きっと誰かと繋がることができる」とアドバイスを。
音吉さん、さすがのアドバイスですわ。

最後は、そんな言葉を聞いたエレンが海に向かって大きな声で謝るシーンを見つつおしまいっと。
これですっきりしましたかね〜。
よ〜やく彼女と仲良くなることができて、私もホントにうれしい限り。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(7)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2012/09/21 4:46 PM
◎スイートプリキュア♪第23話ザザ〜ン!涙は...
エレン:どうすればいいの?メイジャーにもマイナーにも帰れず、姿も変えられない。ハミ:三人で力を合わせて:私がいままでどんなことをしてきたか。私に、かまわないで。〜バス:...
しるばにあの日誌 : 2011/08/13 4:59 PM
スイートプリキュア♪  第23話  ザザ〜ン! 涙は世界で一番ちいさな海ニャ!
(プリキュアシリーズ通算 364話) *アナログ放送ではこれが最後のプリキュアシリーズとなりました。(東北3県:岩手朝日テレビ・東日本放送・福島放送は除く)
三十路男の失敗日記 : 2011/07/30 6:52 PM
スイートプリキュア♪ 第23話 「ザザ〜ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」
あれ? 今週は映画のCMやらないの…? やはり、あのオレンジの子がまずかったか。 でももう遅い、私は鼻でスパゲッティを…。 もうマイナーランドにも、メイジャーランドにも戻れない、ネコにも戻れないエレンさん。 今週は、自分を置いて一年間、船医として仕事に
あしたはきっとやってくるさ! : 2011/07/30 5:00 PM
「スイートプリキュア♪」第23話 「ザザ〜ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」
涙は心の汗だ!夕陽に向かって叫べ!という話。
のらりんすけっち : 2011/07/30 11:08 AM
スイートプリキュア♪ 第23話「ザザ〜ン! 涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」
今週もキュアビート無双w メロディとリズムは完全に露払いと太刀持ちでしたね。 ミューズさんに至っては出番なし(^_^;) ビートの個人技カッコよかった。 ラブギターロッドの能力はシャイニータンバリンに...
アニメ徒然草 : 2011/07/30 12:15 AM
スイートプリキュア♪ 23話
罪を憎んで人を憎まず。 というわけで、 「スイートプリキュア♪」23話 今始まるストーリーの巻。 信じるのが怖かった。 誰かとつながることに怯えていた。 ぼっち問題の本質ってのは、大体そんな...
日々の記録 : 2011/07/29 10:42 PM
スイートプリキュア♪ #23
キュアビートになったものの、エレンは行き場をなくしていました。そんな時エレンは、マモルという男の子と出会ったのでした。自分のこれまでの悪行を思い出すと、素直にプ
Trackback url: