ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 海賊戦隊ゴーカイジャー 第21話「冒険者の心」 : スイートプリキュア 第22話「ララー♪ 魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」 >>

仮面ライダーオーズ/OOO 第42話「氷とグリード化と砕けた翼」

今回のお話は、映司が何とかアンクを救出するというお話でした。

アンクの元へ向かおうとする映司の前に立ちふさがった真木さん。そして、グリードになろうとしているだろう?という告白……というか忠告?
「グリードとはその名の通り欲望の塊です。が、逆を言うと欲望しかない。ただ、欲し続けるしかなく、どれほどの欲望を抱こうとも、それを満たされる喜びを味わうことができないんです。」とグリードに関する説明を始めた真木さん。
さすがは自身がすでにグリードと化しつつあるだけあって、なるほどと言わせる内容ですね〜。欲望が満たされないがために暴走していたってなわけですか……。

さらに、「例えば欲望が満たされたと感じるツールの1つ感覚。見る、聴く、嗅ぐ、味わう、触れる。つまり、人間の五感。グリードたちの見る世界の色はくすんでいます。音は濁っている。君もそろそろ感じているはずです。いや、感じなくなっていると言った方がいいですか。」と追加の説明を。
五感すら違うとは……。
何の感動もないとなるとちと切ないですね〜。グリードという存在……。

続いて、最後には「だから、グリードは欲するんです、ひたすらに。彼らがコアメダルを揃えて完全復活した時には、人間の感じるそれらすべてを貪るでしょう。人間ごと喰らって……。それをさらに大きく暴走させれば、世界そのものを喰らう。それでも満たされない絶望的にまで深い欲望で、それは塵1つ残らない美しい終末」と終末について熱弁。
何にもない砂漠になってしまうわけですか……。
映司の想像の中の映像がありましたけど、さすがにおっかないであります。

さて、その頃、グリード相手に苦戦していた後藤さんですが、里中さんの出勤を持って無事、グリードを追い払うことに成功!!
後藤さん、里中さんに頼りっきりですね〜。
しっかりと時間に出勤してくれるので、ある意味で計画は立てやすいのかもですが(笑)。
こりゃ、後藤さん、一生、里中さんの部下だなと思ったり。

「しかし、渡せば君が美しいものを美しいと感じるままに終末を迎えられますよ。こうならずに……」とグリード化した自身の手を見せたところで、後藤さん&里中さんが登場、映司を救出っと。
真木さん、ここまでグリード化していましたか……。
しかし、救出後、自分の準備していた人形たちに不幸に対するリアクションが面白すぎる!!
「ウワォ!」って……。で、あの格好は何だ??
やっぱり真木さん、グリードになってもおいしいところはそのままみたいですな(笑)。

真木さんのグリード化の件について、鴻上さんに報告に行った里中さん。
鴻上さんもかなり気にしているみたいな感じでしたね〜。初めてのことだけに、彼のツテを使ってみたところで、どうすることもできない……。
それに彼は鴻上ファウンデーションについて、あれこれと調べていたみたいですし、相当に厄介だと思っているんでしょうな。

後藤さんはというと、泉兄妹に映司のグリード化について報告っと。
前回のご飯を食べた時のリアクションは、すでに味覚がなくなりつつあることから来たものでしたか……。
自分の意思ではグリード化を止めることはできないみたいですね〜。
とはいえ、いつの間にかここまで進行しているとは思ってなかったのでびっくりです。

この事実を聞いて比奈ちゃん、映司がもう戦わないようにすると決意。
いや〜、この事実を知ってしまっては、何としても止めないとですよね〜。

一方で、川岸で野宿していた映司は「味のないガムみたい」とつぶやきつつも、戦いに備えて栄養補給。
そして、頭に浮かんだのは信吾さんの体を使ったために味感を感じるようになったアンクの姿……。
なるほど、味覚がないとなれば、そりゃアイスを夢中で食べたくなってしまうのも今更ながらに納得ですね〜。楽しくなってしまうわけです。とはいえ、彼は明らかに食べすぎだったとは思いますが……(笑)。

「言えばよかったのに」と叫んだ時、目の前にはアンクの影。
何とも切ない描写でしたね〜。
彼は全く気にしてなかったんでしょうし、映司が言うように言わなかったんでしょうけども……。

さて、ガメル、そんな味覚がないと知った矢先にお菓子を食べたい放題で大喜び。
本当のことを知ってしまってから、こういったものを見ると何とも微妙な気分ですね〜。
けん玉をおいしいって……。
ホントに味感がないんだなぁと思い知らされてしまうので。

映司の持つ紫のメダルを奪うために再び活動を始めた真木さん。
が、アンキロサウルスヤミーに命令を出した後の描写が……(笑)。
もうグリード化が完了したみたいですね〜。さて、これは来週辺りにお披露目となるのか??


さて、町中に出現したアンキロサウルスヤミー、通りすがりの人たちの下半身を凍らせ、オーズに助けを呼ぶように仕向ける作戦。
真木さんが考えそうな作戦ですね〜。
そうでなくても彼は駆け付けると思いますけど、助けを叫ばせるって……非常に悪趣味(笑)。

グリードの出現を察知した映司はすぐに現場に急行するも、その前に立ちふさがったのは泉兄妹。
比奈ちゃんには「これ以上は戦わないで」と入れ、信吾さんには「自分の体のことを考えるように」と諭されるも映司は「大丈夫だよ」とひと言。

さらに、比奈ちゃん「大丈夫じゃない。映司くん、味もわからなくなって、このままどんどんグリードに……そんなの酷過ぎる」と熱弁をふるうもやっぱりダメ。
そこにさらにオーズに助けと乞う声が聞こえてきたから大変。
これは……行かないわけにはいかないですよ〜、全く真木さんもうまいこと考えたものです。

比奈ちゃんそれでも止めようとするも、映司は笑って「大丈夫、心配しないで」とのお言葉。
「何で笑ってるの?」と突っ込みを入れた比奈ちゃんだけど、ここで笑えるのが映司なんだろうな……。

そして、ついに我慢できなくなった比奈ちゃん、助けを叫んでいる人たちに「やめて!」と絶叫!!
「比奈ちゃん、ごめんね。でも、ありがとう」と言い残して現場へ。
やっぱり止めるのは無理だったか……。
比奈ちゃんとしては、ホントに辛いだろうな。

ラトラーターコンボで駆け付けた映司は、難なく囚われていた人たちを開放。
しかし、オーズに助けと求める人たちの描写が(笑)。
どこぞかの洗脳された人たちの集まりにしか見えないですよ〜。
命の危機となると、こうなってしまうのかもですね、人間は……。

とそういえば、現場には先に駆け付けていた後藤さん、何をやっていたんだ??
いや〜、それにしても先に駆け付けたのにオーズと違って全く感謝されていないのが可哀想……(笑)。

映司の前に立ちふさがったのはロスト。
アンクの意思は完全に消え去ってしまいましたか……。
しかし、アイスのことは記憶に残っていたようで、ロストは「アイスっておいしいの?」と質問。
いや〜、一体どんだけアイスが好きだったんだよ(笑)。死してもなおアイスが残るって……笑うしかないです。

アイスの質問に対する返事として、「あいつはそう簡単に消えるほど、素直じゃないってことかな」とひと言。
うむ、たしかにその生命力の強さは折り紙つき(笑)。
何だかんだで一年近く寄り添ってきたわけですからね〜。この辺りのことは、映司の方がずっと詳しいですよ〜。

メダルを返すように言うロストに「お前のじゃない、あいつのだ」と言ってプトティラコンボに変身、本格的な戦闘モードへ。
手加減なしの本気モードですね〜。
しかし、ロストは強い。他のグリードは圧倒してきたプトティラコンボと互角ですからね、ホントに厄介だなぁと。

映司の戦いを上から見ていた信吾さん&比奈ちゃん、「結局、彼は俺たちが望んでいる通りに戦うんだな、彼は」との言葉。
比奈ちゃん、「何で、私、映司くんに戦ってなんて……」と反論するも、「比奈はアンクのことだって助けたいとおもってたんじゃないのか?、同時に俺のことも助けたい。けど、映司くんが戦うのは嫌だ。俺も同じだよ、さっきの人たちもそうだ。みんな勝手な望みを言う。それを黙って全部引き受けるんだ、彼は……。そんなことができる人間だけがきっと……」とバッサリと言い返されてしまいました!!
なるほど、全く意識してなかった!!
みんながいろいろなことを望んていたんだなぁ……、映司がそれを一人で背負っていたと。
そんなこと、梅雨知らずだった自分も情けない。

ブレストキャノンでアンキロサウルスヤミーを撃破した後藤さんですが、直後に映司が暴走。
比奈ちゃんはその姿を見つつ倒れ込んでしまうことに。
しかし、信吾さんから、「しっかりしろ!、比奈が映司くんの手をつかむんだろ!、このまま彼を都合のいい神様にしちゃいけない」と言われて復活!!
信吾さん、いい人だぁ〜。比奈ちゃんが、お兄さんのことを大好きなのも納得ですわ、ホントに。

暴走した映司はその圧倒的な力で、ロストを粉砕。
しかし、まさか彼のコアメダルを破壊し、完全に消し去ってしまうという荒技に出るとは……思ってなかったです。
私はてっきり片腕を引っこ抜くとかして穏便に済ませると思っていたので、正直かなりびっくりしました。
いや〜、やっぱりプトティラコンボの暴走は怖いです。普段の映司なら絶対にこうはならなかったと思います。

ロストを粉砕後、相変わらずプトティラコンボの暴走が止まらずヤバイ状況も、比奈ちゃんが彼の手を取ってくれたことで無事に変身は解除。
比奈ちゃん、よく頑張ってくれたなぁ!!
ホントに天使みたいでしたよ〜。

さて、ロストが消え去った後、アンクは無事に復活。
が、「今度ばかりは礼を言ってやってもいい」と相変わらずのデカい態度(笑)。
全く、アンクは……。とはいえ、素直に御礼を言うやつじゃないと周りも分かっているんでしょうが……

ところがところが、一件落着後、アンクは信吾さんの前へ。
また、彼の体を使うつもりですか……。
こりゃ、来週はまたひと悶着ありそうですね〜。
意識が戻った今、信吾さんがどういった態度を取るのか?ってのが注目。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2011/07/21 11:56 PM
こんばんは

今回でグリードという存在の説明がよりはっきりしましたね。
欲望しかないという事で、欲望はあるけども充足はできないというのは、つらいですね。
例えば五感ということですから、五感以外でも同じように何をやっても充たされることは無いという事ですから、人間からグリードに自らなった真木さんは、終末以外の興味が本当にないんですね。

映司のグリード化の進行は心配ですね。
真木さんがグリード化しても変化があまり感じられない(体は変化してきていますが)映司は紫のメダルによる暴走が明らかに普段とは違いますからね。
その暴走のおかげでアンクの救出に成功したわけですが、メダルを破壊するなんていう事は普段の映司からは考えられませんから。

映司の変化と復活して自分で体も作り出せるようになったアンクの変化、どう影響するのか気になりますよね。
Posted by 向日葵(管理人) : 2011/07/22 10:32 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

グリード、単なる欲望の塊かと思いきや、かなり問題のある存在ですね〜。
五感も人間とは違っていて、いつまで経ってもその欲望を満たすことができないって……、ホントに辛い。
真木さん、もともと望んでいたこととはいえ、もう終末しか残っていない印象ですね。
グリードの事実がわかった上で、彼のことを考えるとやっぱり切なくなります。

映司のグリード化、ホントに心配です。
見た目は真木さん同様ほとんど変化ないみたいですが、味覚がなくなる等々ちゃくちゃくとグリード化は進行しているみたいですからね。
おっしゃるように暴走すると手が付けられないところも大問題……。
アンクのためとはいえ、ロストを粉砕しちゃいましたからね〜。ホントに普段の彼ならあり得ないこと。早く手を打ってほしいなぁと。

そして、こちらも自分で体を作り出せるように進化したアンクですが、一体どうなることやら……ですね。
予告編からするに、カザリも絡んで来て、またひと悶着ありそうですが……(笑)。
彼のことだから、すんなり解決……とはいきそうにないですからね。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2011/12/10 5:24 PM
◎仮面ライダーオーズ/OOO第42話「氷とグリー...
真木(神尾佑)に体内のメダルを狙われた映司(渡部秀)。必死で抵抗を試みるが、真木のメダルの力は強く、映司はもがき苦しむだけだ。 そんな映司に真木はグリードとはどういうも...
Hybrid-Hills : 2011/07/23 6:27 PM
仮面ライダーOOO 第42話「氷とグリード化と砕けた翼」
仮面ライダーOOO 第42話「氷とグリード化と砕けた翼」
地下室で手記 : 2011/07/21 11:44 PM
今日の仮面ライダー000 第42話
「氷とグリード化と砕けた翼」 メダルを奪おうと映司に近づいてきた真木さん、ヤミーに動きを封じられた後藤さんと大ピンチ同時進行していましたが、後藤さんは上司の里中さんの出勤でピンチを脱しました。...
Trackback url: