ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< D.C.II〜ダ・カーポII〜 第13話「桜笑み君想う」 : ちょっと旅に出ます >>

Myself;Yourself 第13話「きずな」

今回のお話は、ついに菜々香さんと佐菜さんの過去が明らかになるというお話でした。最近は、本当に暗い感じのお話になっていますが、最後はどうやってまとめるかと思いきや、案の定というかやはり少し駆け足な感じで終ってしまいまいたね。

最初は、いきなり菜々香さんの失っていた記憶に関する話からスタート。どうやら、彼女は小さいころから、バイオリンを習っていたようで、その先生というのは桜庭香さんと言う人。彼と、菜々香さんの両親はとても仲がよく、親友という関係だったようです。

ところが、桜庭さんが癌で入院してから、事態が一変。日に日に元気をなくしていく、先生の姿は、菜々香さんにとっては相当に辛いものだったのでしょうねぇ。しかし、先生もまだ若いのに、本当に可哀想。

結局、先生は亡くなってしまったわけですけど、その葬式でのことお父さんの目つきが・・・・。いったい何があったのかと思いきや、何と菜々香さんは桜庭先生との間に出来た子供だったということで、これにはびっくり。死ぬ前に、善意のつもりで桜庭さんが話したようですが、まったくの逆効果だったようです。

もちろん、彼女のお父さんは怒り心頭で、夫婦で大喧嘩。菜々香さん自身も、その事実を知らなかったわけで大ショック。これは本当に辛すぎる事実ですよ。

と何か大きな物音がしたと思って、菜々香さんはもう一度、下へ。すると、何と怒り狂ったお父さんはお母さんのことを手にかけてしまったようで、呆然と仁王立ち。そして、彼は灯油をかぶり、火を放って自殺してしまいました。でも、知ってのとおり菜々香さんは2階から飛び降りて、何とか一命を取り止めました。何とか助かったのはよかったですけど、これはさすがに封印しておきたくなりますよ。ちょっとショックが大きすぎ。

そんなことを思い出した、菜々香さんはその場に倒れてしまい、佐菜さんが家に送ってあげました。そこで、お祖父さんとちょっとお話をすると、彼はうすうすこのことに気付いていたようで、あまりにショックが大きすぎるから、思い出してほしくないと考えていたようです。一時は、犯人ではないかと思っていたお祖父さん。でも、本当は菜々香さんのことを考えていてくれる優しい人でしたねぇ。しかし、彼が犯人であるという最悪の事態だけは何とか避けることができて本当に良かったですよ。

その後、記憶を取り戻した菜々香さんは引きこもってしまいました。佐菜さんは、毎日のように彼女のもとに通うも効果はなし。優しい彼にとっては辛いですよ、これは。

そして、ある日のこと、いつものように菜々香さんの家に行くと、叔母さんが家を空けるということで、ちょっと待たせて家に上がって待たせてもらうことに。悪いと思いつつも、彼女の部屋を覗いてみるも、彼女は入浴していたようです。

いかにも長すぎると思った佐菜さんは、お風呂場へ。すると、何と菜々香さんはリストカットを行って自殺未遂。すぐに、救急車で運ばれて、何とか何事もなく済んだようで、とりあえずは一安心。やっぱり、あの過去の事実は辛すぎ。と言いつつも、彼女はあの性格だし、なかなかと上手くケアできないというのが現状なのでしょう。

退院したのか、佐菜さんはまたまた菜々香さんの元へ。「私の気持ちなんか理解できない」という彼女を前にして、ついに佐菜さんは自分も同じ経験をしたことがあるということを話ました。ずいぶんと引っ張ってくれましたが、やっとですかといった感じです。

どうやら、転校した先の学校で、ひどいイジメにあったという佐菜さん。そして、ついにガマンできなくなり、自殺未遂をしてしまったのだと。そして、故郷に戻ってきたのは、昔の自分に戻ることができるかと思ったからということらしいです。やっぱり、彼も相当につらい過去を持っていたみたいですね。予想はしてましたけど。

でも、あの時、死ななくて本当によかったといると。それは、もしあの時、死んでいたら菜々香さんを救うことができなかったから。しかし、同じ境遇の人がいたというのは大きいですねぇ。そういう人じゃないとやっぱり本当の気持ちは分らないでしょうし、何より支えになることでしょう。

と何やら、ここからは突然10年後の世界へ。雛子さんも、大きく成長していて、だいぶ大人になりましたねぇ。弟さんには、子供扱いされているようですけど。

他のメンバーはというと、麻緒衣はこれまた全然変わっていませんでした。相変わらず、明るくていい感じです。星野さんは、自然公園の市庁舎建設計画の反対運動を先頭に立って行ったのだとかで、これは彼女なりの反省の気持ちからの行動だったのでしょう。もともと、根はいい子でしたし。

どうやら、その日は菜々香さんのバイオリンコンサートがあるらしく、みんな集まっていたようです。若月姉弟もやってきていたようですが、その後いったいどうなったのでしょう。

佐菜さんは、コンサートの前に菜々香さんに婚約を申し込んだようで、ちゃんと受け取ってもらえたようで、本当によかったですね。しかし、藤村先生は生徒たちに次々と先を越されているようで、これは何気に心配です。

そして、コンサートがスタート。忘れてましたけど、再び大好きなバイオリンが弾けるようになったのは何よりですね。彼女が弾いたのは、昔、佐菜さんに送った曲で「Myself;Yourself」。見に来ていたみんなも、満足したようで、コンサートは大成功ということで、おしまいっと。


最後に全体を通しての感想です。
全体を通して見ると、それなりによくできていた作品だったと思います。いろいろな話の伏線の作りかたなどは、よく出来ていたと思うし、けっこう次の話が気になって、毎週毎週楽しみにしていたので。

と言いつつも、作品のストーリーとしては、あまり好みではないかもです。最初は、佐菜さんを中心とした普通の学園モノといった感じて楽しい雰囲気で、けっこう好みでした。ところが、後半からは一気に暗い展開。梶井さんが出てきたあたりから、何だか暗い部分が強すぎて、あまり好きじゃない感じになってしまいした。

私はやっぱり明るい感じの作品が好きなので、何というか暗いことを考えさせるような展開はちょっと・・・・・。もちろん、作品としては良くできていると思うのですけど、私の好みからすると、微妙です。

もっと佐菜さんを中心とした話にしたほうが良かったのではないかなぁと思います。彼のキャラは優しい感じがして好きでしたし、その辺をもっと前面に出しても良かったような気がします。後半とかは、そんな彼の魅力もぜんぜん出てきていませんでしたよね。そこも何気に残念でしたよ。できれば、普通のラブコメ的な展開にしてほしかったです。

それと、ちょっと最後の話に詰め込みすぎましたねぇ。いろいろと伏線を張ったまでは、良かったけど、収拾がつかなくなって、最後はかなり無理やりにまとめてしまった感があるのではないでしょうか?これは本当に惜しいところであります。若月姉弟のことは完全にスルーでしたし、菜々香さんと佐菜さんのことももっと丁寧に描いてもらいたかったですね。

と何やら、文句ばかり書いているようですが、作品としては良くできていたという思いは変わりません。ただ、それだけにいろいろなところが中途半端なのが、実に惜しいです。

最後に、スタッフのみなさんや出演者のみなさまへ。
本当にお疲れ様でした。面白い作品をありがとうです。これからも、面白い作品をどんどんお願いしますね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(14)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

アニメって本当に面白いですね。 : 2008/01/01 10:45 PM
Myself;Yourself 第13話 「きずな」(最終回)
Myself ; Yourself   お勧め度:あまりお勧めしない   [恋愛アドベンチャーゲーム]   テレビ神奈川 : 10/02 26:15   チバテレビ : 10/03 26:00〜   テレ玉 : 10/04 26:00〜   テレビ愛知 : 10/04 26:58〜   テレビ大阪 : 10/05 28:05〜   原
パズライズ日記 : 2008/01/01 4:10 PM
Myself;Yourself 第13話(最終回)
最終回は菜々香と佐菜の過去が明らかになるお話でした。 予告で菜々香の先生が怪しいと思ってみれば、実はそんなことは無く。 とりあえず、伯父さんは決して犯人などではなく、良い人でした。 菜々香が思い出した事件前後の真相は、そもそも父親が本当の父親では無
荒野の出来事 : 2008/01/01 3:19 PM
07年10月新規アニメ 第13週 感想 げんしけん2 Myself ; Yourself どちらも最終回
 げんしけん2 第12話  Myself ; Yourself 第13話  偶然どちらも最終回でした・・・。  げんしけんは実にいい最終回だったと思います!正直かなり綺麗にまとめたと思い...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 : 2007/12/31 2:55 AM
(アニメ感想) Myself;Yourself 第13話 「きずな」
Myself ; Yourself Vol.1 あることがきっかけで、欠落していた火事の夜の記憶を取り戻した菜々香。過去の自分に起きた出来事を受け入れられず、思いつめる菜々香に佐菜は優しく寄り添おうとするのだが……。
物書きチャリダー日記 : 2007/12/30 10:40 AM
Myself;Yourself 第13話 「きずな」感想
この作品もとうとう最終回。どうやってこの話をまとめるの・・・?そうそう、ゲーム購入しました。積み防止のためとりあえず開封してとりあえずやってみました。やっぱり最初は菜々香ルートで・・・ってあれ?どこで分岐するの??なんて言っているうちにキャラメル先生
ゲーム&アニメ感想館 : 2007/12/29 9:06 PM
Myself;Yourself 第13話『きずな』
マイセルフ ユア セルフ
RAY=OUT : 2007/12/29 8:29 PM
Myself;Yourself 最終回
毎週楽しみにしていた 王道ラブコメも今週でオシマイ マイユア最終回です Myself ; Yourself Vol.1(2007/12/21)Qzo商品詳細を見る
ムメイサの隠れ家 : 2007/12/29 10:55 AM
Myself;Yourself
小学5年の時に両親の都合で東京へ引っ越した日高佐菜は、5年後に単身で故郷に戻ってきた。そこで佐菜は幼馴染の初恋の相手であった菜々香と再会するが・・・ 後半は予想だにしない...
SeRa@らくblog : 2007/12/29 9:34 AM
Myself ; Yourself 第13話 「きずな」
むかしのままのみんなに会えれば――。 甦った火事の夜の記憶…。 菜々香の出生の秘密――それが悲劇となった。 佐菜は菜々香を支え、自分が桜乃杜町に帰ってきた理由を話す…。 ...
日々の記録 on fc2 : 2007/12/29 7:41 AM
Myself;Yourself #13
ついに菜々香が辛い過去を思い出してしまいました。菜々香の両親が死んで、家に火事になった事件の真相は、菜々香の出生の秘密と関係していました。菜々香の父親は、彼女の本当の父で...
アニメのストーリーと感想 : 2007/12/29 6:14 AM
Myself;Yourself第13話「きずな」
 佐菜と菜々香は、麻央衣の気の利いた計らいで2人っきりで、小槌川に遊びに行った。2人の 距離が再び縮まると、修輔と自分の秘密の場所である洞窟に案内し、光り輝く中の様子を見せた。沈んでいた菜々香は元気を取り戻したのだが、雨上がりで洞窟から夕日の光情景を
ニコパクブログ1号館 : 2007/12/29 2:54 AM
Myself;Yourself 第13話(終)
第13話『きずな』 マイユアも、今回でラストです。 全ての謎が明らかになるのでしょうか? そういえば、前回奈々香が過去のことを思い出したんでしたね。 また、すごい過去を持っているんだなぁ~。 奈々香の本当の父親は、バイオリンの先生だったなんて。 そら確か
どっかの天魔日記 : 2007/12/29 2:00 AM
アニメ【Myself;Yourself】第13話(最終話)。
『Myself;Yourself』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 最終回…第13...
よう来なさった! : 2007/12/29 1:25 AM
Myself;Yourself 第13話 『きずな』
いや〜爆笑苦笑いENDでしたね! 全く心にも何も思うところもない、超展開で急転直下何でもアリの駄目ENDでした。 まぁ前回から嫌な予感はしていたけど予想を上回る展開! これはねーーよと・・・。 こんな事になるなら王道ラブコメらしく、素直にベタな路線
Trackback url: