ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第370話「禁術発動」 : ONE PIECE 第440話「奇跡を信じて!ボン・クレー魂の声援」 >>

のだめカンタービレ フィナーレ Leçon7

Ruiとの曲をのだめとやりたいと思っていた千秋。
が、その出しおしみをしようとする彼に、シモンが
「まだ、ペーペーのくせに出しおしみみするつもりか!
ありえない!
いつだって、自分が最高だと思う演奏を目指さなきゃ、次なんてないかもしれないんだぞ!
最高の演奏をして、またそれを超えるものを目指す。守りに入ってどうする?、守りのなんかないくせに」と一喝。
千秋、若いわ〜。
シモンさんの言っていることの方が正論かな??
まぁ、気持ちはわからないでもないけど、「最高の演奏を」しないのはやっぱり失礼かと(笑)。

開き直ったようにRuiとの演奏に集中することになった千秋。
曲が曲だし、こりゃハプニング間違いないわ(笑)。

しっかし、アパルトマンからいなくなった千秋に対する面々の考え方が面白かった。
千秋、家政婦さんか?、家電製品と思われとりますな(笑)。
まぁ、温めようとしたピザを焦がしてしまうようなのだめにつきあわされたんじゃ、堪ったもんじゃないです。
そりゃ、千秋が天使に見えるのも当然ですねぇ〜。

どうでもいいけど、ターニャ、千秋のこと「クジャク」と思っていたって、どういうことだ??
詳細をうかがってみたいんですけど・・・・(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: