ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< しゅごキャラパーティー! 第17話 : 仮面ライダーW(ダブル) 第21話「還ってきたT/女には向かないメロディ」 >>

侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえいえんに)」

正面突破とばかりに、一丸となってドウコクに向かっていったシンケンジャー面々ですがほぼ瞬殺!
やっぱり、ドウコク強し!でしたねぇ。
ダメージを負った場所に攻撃したはいいものの、あっさりと耐えられちゃうとは・・・・。
やつ、攻撃力は半端ないし、その存在が反則ですな(笑)。

撃沈中の面々のところへ駆けつけたのはじい。
さすがは、格さんを演じていただけはありますねぇ。
黒子さんを倒すなんて、お手のものですか??

う〜む、今回は最終回ってなことで、みんな顔出しで演技してましたけど、ちょっと・・・・ねぇ(笑)。
がんばっていたのはわかるけど、少〜しだけ素人っぽさがありましたから。まぁ、ご愛敬で済む話なんですけど・・・・。
その点、年季の入っているじいはさすが一味違うものがあったように思います。

姫を狩ると屋敷に向かったドウコクに再び対峙したシンケンジャー面々。
今度は、丹波さん得意の縛のディスクを使って動きを封じ、千明&茉子姉さん&ことは&源太による波状攻撃、二刀流の烈火大斬刀と攻撃、流さんの炎の攻撃でついに撃破に成功。
いや〜、さすがのドウコクもこれには耐えられませんでしたか・・・・。
その怒涛の攻撃には、大興奮。かなりの出来でしたわ。

2つ目の命で復活したドウコク。
またも苦戦することになるシンケンジャー面々でしたが、ゼロ距離からの最大出力による一撃でもって惨殺!!
いや〜、ホンット興奮しましたよ〜。
殿が「お前たちと戦えて本当に良かった」の一言とそれに続くみんなの言葉も最高。一方で、これが最後の戦いなんだなぁと寂しさもありましたけど・・・・。

っと、どうでもいいけど、最後ドウコクの撃破が後光光線じゃなくて良かったなぁ。
侍なのにビームじゃあねぇ(笑)。
製作者さん、よく惨殺を選択してくれたもんだと思います。

一件落着後、侍一同は屋敷を流さんの舞の中、屋敷を後にすることに。
流さん&千明&ことはは実家へ、茉子姉さんはママさんのいるハワイへ、源太は巴里に進出、姫様は丹波と一緒に放浪の旅へっと。
姫様、付き添いが丹波とは心配だなぁ・・・・(笑)。
いや〜、それにしても最後まで見せてくれますねぇ、シンケンジャー。
一人ひとり去っていくシーンはシビれました。“大和魂”ってな感じですな、実にいい演出でした。

しっかし、じい、カルチャースクールに通うことにしたとはびっくり。
まぁ、殿、これまでの教育の影響か?、かなり時代遅れな思考回路してますので、いい機会でしょうな。
あの屋敷、この時代は必須のアイテムであろうパソコンぐらいは置かないと時代に取り残されます(笑)。


さて、終わった・・・・、ついに終わってしまったシンケンジャー。
去年のゴーオンジャーが個人的には大好きで「あれを超えるものはないな」と思っていましたけど、こりゃ同等ぐらいかな??
ストーリーは伏線回収もちゃんとできているとは感心。
最近の作品は「伏線は放り投げるためにある」という悪しき法則ができつつあるので、仮面ライダーシリーズ等々も見習ってほしいぐらい。
もちろん、侍として見所たっぷりだった斬り合いのシーンも最高の出来だったと思います。

まぁ、1つ文句をつけるとするならロボットですかねぇ。
おもちゃ業界が苦しいのはわかってますけど、その乱発っぷりは酷かった
ダイゴヨウを加えると13体・・・・、どう考えても需要がないでしょ??
初期登場のカブト、カジキ、トラなんて後半全く活躍のシーンなし。
クリスマス商戦の時期には謀ったように、無理やりに登場させたりしてちょっと見苦しかったですからねぇ(笑)。

それにハオーのデザインも微妙だったし・・・・。
巨大合体は戦隊ものとしては当然の展開なわけですが、もうくっつけすぎでごっちゃごちゃ。
おかげで、歩けないというありえない代物ですからね(笑)。

まぁ、メーカーさんにはちょっと同情しますけどねぇ。
不況、少子化とおもちゃが売れるという要素がない中、根性で売らないといけないわけでしょ??
そもそも、戦隊ものが一年周期で変わるのも、おもちゃの販促上の戦略でしょうし・・・・。
まぁ、切っても切り離せないものなんでしょうねぇ〜。
私は密かに応援してますので、戦略を見直してがんばってほしいもです。

では、おしまいっと。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2010/02/08 11:38 PM
こんばんは

終わってしまいましたねぇ。
最終回ですので、最終決戦後の事に時間を割くかなと予想していたんですが、さいごまでガッツリと殺陣をやってくれましたよね。
ドウコクを倒したのが、流ノ介というのには驚きました。
みんなでドウコクを動けなくしたところで殿の二刀流でフィニッシュだとばかり思ったらば、そこから続きましたからね。
水のモヂカラなのに、がっつり炎を使えるのか考えてしまいますが、そこらへんは実力は2番手なのと、それすらも実はネタだったという事なんでしょうかね(笑)

最後、1人1人去っていくのは、なんだか切なかったですよね。
本当にみんないなくなると広いなって。
広くなった屋敷から出て殿は何のカルチャースクールに通うのか、すごく気になります(笑)
Posted by 向日葵(管理人) : 2010/02/09 10:30 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

終わっちゃいましたねぇ。
最後は、豪快な殺陣での締め。
やっぱり、一番の見せどころですから、強調したかったんでしょうね。
顔出して演じていた殿たち一同も大変だっただろうに・・・・、「すげー」と思いつつ見てました。

そういえば、最後のトドメを刺したのは流さんだったのは私もびっくりでした。
ホント、二刀流でおしまいかと思いますよねぇ、普通は。
流さん、水属性なのに炎を使ってましたけど、心の炎でも燃やしていたのでは(笑)。

最後の一人ひとり去っていくシーンは思わずしんみりしでしたね。
流さんに舞を踊らせる演出もセンスが光っていたですよ。

しっかし、殿&じいはカルチャースクールで何を学ぶのかは、真に気になります。
まぁ、殿たち、相当に時代遅れなところがあるわけで、教える方も大変なんじゃないでしょうか?
そんな殿も見てみたかったなぁと。

寂しくなりますが、来週からの新シリーズに期待しましょう。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2010/04/14 10:16 PM
◎侍戦隊シンケンジャー最終幕「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえい...
慟哭とシンケンジャーの最終決戦始まる。レッドは、カオルさんに託されたディスクを使う。そして、名無しの大群と戦う。タケルは、ダメージ受けた場所を狙うが効かなかった。そして、ディスク壊れる。さらに、慟哭の反撃を受ける。みんなぼろぼろになるが、止めはささな
地下室で手記 : 2010/02/08 11:31 PM
今日のシンケンジャー 最終幕
「侍戦隊永遠」ドウコクとの最終決戦。姫から志葉家のモヂカラディスクを渡された殿、使えるのは恐らく一度きりという条件のため、ドウコク目指して殿を家臣が守るフォーメーションで突破します。その甲斐あってドウコクの傷跡に一撃。しかし、ドウコクはどこまで強いん
Happy☆Lucky : 2010/02/08 10:33 PM
侍戦隊 シンケンジャー〜最終幕 「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえいえんに)」
〜最終幕 「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえいえんに)」
Trackback url: