ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< みなみけ 第11話「となりの南さん」 : CLANNAD -クラナド- 第10話「天才少女の挑戦」 >>

D.C.供船澄Εーポ供繊‖茖隠河叩嵜瓦硫佑蔚供

今回のお話は、美夏さんがみんなに受け入れられるようになるというお話でした。しかし、今回は見ていて、それなりに楽しめはしたのですが、やっぱりちょっと唐突な感じはしたかなぁ・・・・。なんと言うか、あまりにもといった感じでちょっと拍子抜けしてしまいましたよ。

とここからは、本編へ。小恋さんは、今日もお休みであります。回りのみんなは暖かく見守っていてくれるようですが、本人たちにしてみれば、そう簡単な問題でもなさそう。実際、義之さんがお見舞いに行った時は、避けられちゃいましたし・・・・。小恋さんの方も、かなりお疲れモードみたいでしたから。

そんな中でも、義之さんの今の一番の関心事は美夏さんの件。学校での、彼女への風当たりは相変わらずのようで、彼にとってはこっちも本当に頭の痛い問題であります。まぁ、お友達がいじめられているのを見ていられないというのだから、それは優しいということなのでしょうけどね。

そして、帰宅しようとする美夏さんの靴がなくなっちゃいます。しかし、今時、本当にベタなことをやる人がいますねぇ。しかも、その靴があったところというのが、これまた焼却炉とは、本当にベタベタすぎですよ。でも、そんなことをされても美夏さんは、「やらせておけばいい」と無反応。優しいのはいいことだと思いつつ、ちょっと反応しなさすぎかもです。義之さんの反応がやっぱり普通ではないかと。

そこへやって来たのが、委員長さん。彼女のロボット嫌いは、相変わらずのようで、やっぱり美夏さんに対しても、厳しいお言葉。でも、彼女自身も美夏さんを責めることが、間違っているということは自覚しているようです。とは言いつつも、やっぱり弟のことを考えると納得できないと。まぁ、彼女の気持ちも分らないでもないですが、ちょっとオーバーすぎる感じはしてしまいますね。お父上も、良かれと思ってやったことですし、あんまり言うと、そのお父上が可哀想ですよ。

ところが、そんなところへ委員長さんの弟に突っ込んでくる車が一台。それを見た美夏さんは、咄嗟に弟さんを救出してくました。これはさすがは美夏さんと思いつつ、何気に車の方の運転手は大丈夫だったのでしょうかねぇ。けっこう派手にぶつかったような感じでしたけど・・・・・。

結局、委員長さんの弟は特に怪我は無かったのわけですけど、美夏さんのほうはエネルギーを一気に使ってしまったために、機能停止。この時は、ちょっと焦りましたよ。

そして、美夏さんはすぐに水越先生のもとへ。外傷とかはほとんどなかったようですが、これでいよいよ彼女がロボットであるということが隠し通せなくなった感があり、かなり困惑気味。さすがに、車に追突されて生きているのでは、怪しむなという方が無理というものでしょうね。

次の日、美夏さんは普通に登校。いろいろと噂になっているようで、これは困ったと思いきや、みんなの反応はまったくの逆。彼女が教室に入った途端、拍手喝采。ちょっと唐突な感じもしつつ、美夏さんがうれしそうだったので、個人的にはそれなりに満足であります。

これで、義之さんもようやく一安心ですね。全く何が災い転じて福となって本当に良かったですよ。なかなかと人の反応って、予測できないものかもです。

いつも通りに、お昼ごはんを一緒に食べに来た美夏さん。そこで、問題の委員長さんと、お話して、ついに2人も和解であります。まぁ、弟の命の恩人ですし、さすがの彼女も悪いようには言えませんよねぇ

みんなでご飯を食べてから、再び2人でお話。美夏さんは、委員長さんを見ていると昔の自分を思い出していたと、彼女にお話しました。でも、自分は義之さんたちと接するうちに、考え方が変わったと。相手のことをちゃんと知らないうちから、一方的な価値観で物事を考えるのはダメだということに気付いたと言ってくれました。本当に彼女も大きく成長したと思います。

ところが、そんな中、学園長からのお呼び出し。何やら、学園長よりも偉い学園の理事長が、彼女の退学を決めてしまったのだとか。大人の勝手な考えとは言え、権力がないかれらには何もできなさそう。義之さんは、さくらさんを探しに自宅へ。

とその道中、小恋さんと遭遇であります。これまたギコチナイ感じの会話だなぁと思っていたら、彼女の口から「元の関係に戻ろう」の一言。その言葉に、義之さんは驚いた様子でしたが、彼はいったいどうするのでしょう?彼女の決意はずいぶんと固そうでしたけど、どうなることやら。

しかし、最後の最後で最大のピンチがやって来てしまいましたかぁ。このままお別れというのは、あまりにも寂しすぎ。義之さんの活躍に期待しましょうかねぇ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(12)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ゼロから : 2007/12/23 7:23 PM
D.C.II 第12話 「心の架け橋」
天枷美夏、悟りを得たのか。靴を隠されても、怒らず動じない。まあ、こんなことをするのは人間の屑だから相手にしないのが、一番。ロボットである美夏が、一枚上手です。
かがみのひだまり日誌 : 2007/12/22 7:57 PM
D.C.II 〜ダ・カーポII〜 第12話 「心の架け橋」
なんてベタな・・・ こんなマニュアル通りの作り方で視聴者が喜ぶとおもってるのか? このアニメ酷いわぁ・・・^^; 靴を隠されても耐え続ける美夏。 いくら由夢や義之が...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 : 2007/12/22 1:11 AM
(アニメ感想) D.C.II 〜ダ・カーポII〜 第12話 「心の掛け橋」
D.C.II~ダ・カーポII~ Vol.0 陰湿になってくる美夏へのイジメ・・・。苦しむ、美夏と義之達を、見てないながらも頑なな態度を取り続ける麻耶。そして事件が起きる・・・。
LUNE BLOG : 2007/12/22 12:58 AM
D.C.II 〜ダ・カーポII〜 第12話 「心の架け橋」
 美夏ちゃんが望んでいた自分の在り方。
方丈にて徒然なるままに : 2007/12/21 11:07 PM
D.C.II 第12話
色々な意味でベタな展開。 「しかし、それが『D.C.』だ」と言われれば、確かにその通り。 まあ、こういうベタな展開が、嫌いな訳ではないので良いんですけどね。
White wing : 2007/12/21 6:58 PM
ダ・カーポII 第12話「心の架け橋」
学校を休んでいた小恋は自分から二人の関係を終わりにしようと義之に告げました。 義之の気持ちを分かってはいるが、苦しさに耐えられなくなったかな。
ネギズ : 2007/12/21 2:45 PM
D.C.II 〜ダ・カーポII〜 第12話 「心の掛け橋」
美夏へのいじめが深刻化。 そして、頑として美夏を敵視する麻耶。 そして小恋は・・・。
ルナティック・ムーン : 2007/12/21 11:03 AM
D.C.II 〜ダ・カーポII〜  第12話
[美夏の靴が隠され、美夏へのいやがらせが少しずつエスカレートしていく。そんな中、沢井摩耶に抗議する義之の面前で、事故は起こった。摩耶の弟が車にひかれそうになったのを、美...
パプリカさん家のアニメ亭 : 2007/12/21 9:29 AM
D.C.?〜ダ・カーポ?〜 第12話「心の架け橋」
D.C.ダ・カーポ オフィシャルサイト - 初音島.com 美夏が「ベタ」と言う言葉を使ったのには微妙に驚いた今回。でも、まさに「ベタ」を基本に展開していきましたね。美夏の靴を隠すのも、隠し場所もベタでしたが、沢井の弟をロボのパワーで助けるのも、それを見て、噂に
物書きチャリダー日記 : 2007/12/21 8:21 AM
D.C.II〜ダ・カーポII〜第12話「心の掛け橋」感想
美夏、小恋、現時点で一番注目するべきキャラクターか。どんな話が待っているのか・・・・???TVアニメ「D.C.2〜ダ・カ-ポ2〜」エンディングテーマ::優しさは雨のように早速感想。美夏のロボットというだけでのひどい扱いは変わらず。・・・が、ある事件でクラスのみ
パズライズ日記 : 2007/12/21 7:34 AM
D.C.II 〜ダ・カーポII〜 第12話
今回は美夏と委員長が和解するお話でした。 美夏へのイジメがベタな手段なら、その美夏を悪く思っている委員長の弟の危機を救うというのもベタと言えばベタ。 でも何が幸いし災いするか分からないもの、生徒達に受け入れられたと思ったら退学命令は辛すぎます。 小
幻影現実 私的工廠 ブログ : 2007/12/21 6:01 AM
D.C.II 〜ダ・カーポII〜 。。。。 第12話 心の架け橋
 われはロボット決定版 第一条、ロボットは人間を傷つけてはならない。また、人間が傷つくのをだまって看過してはならない。 第二条、ロボットは人間の命令に従わなくてはならない。但し、第一条に反する場合はこの限りではない。 第三条、ロボットは自分を
Trackback url: