ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< NARUTO‐ナルト‐疾風伝 第365話「禁術の継承者」 : ONE PIECE 第435話「マゼラン強し!ボン・クレーまさかの敵前逃亡」 >>

のだめカンタービレ フィナーレ Leçon2

やや忘れられている感がある孫Rui。
が、今回のメインはその彼女だったんじゃないかと思いますな。

う〜む、アニメは原作をかなりカットしているので、どんな展開になるやらわかりませんが、ここは丁寧に描いてくれてよかったです。
孫Rui、その実力は千秋も認めるところとはいえ、ここのところは空気ですから・・・・(笑)。
実際、ここ終えると、彼女の活躍は全くと言っていいほどありません。それだけに、ホントに貴重なエピソードではないかと思いますので。

しっかし、オクレール先生、なかなかに厳しいですな。
それだけ孫Ruiの実力を認めていて、教えることがないってなことなのかもですが、のだめに対する指導と彼女に対するそれでは差がありすぎですわ。
聴講に来た時も途中で邪魔者扱いされる始末・・・・。
まぁ、レッスンは押しかけみたいなもんですから、扱いの差は仕方ないのかもですけどねぇ。
それにしても、あれでは孫Ruiが少々不憫だなぁと思いました。

千秋とのだめは、千秋がアパルトマンを出ていくことでひと波乱あり。
とは言っても、今回のメインは孫Ruiでしたので、かなり影が薄かったですが、のだめの変態っぷりには笑わせてもらいました。
「シャツで我慢している」って・・・・。
巴里編でストーリー的には真面目な展開になっているけど、彼女だけはホントに変わらんですな。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: