ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< しゅごキャラパーティー! 第11話 : 仮面ライダーW(ダブル) 第15話「Fの残光/強盗ライダー」 >>

侍戦隊シンケンジャー 第四十三幕「最後一太刀(さいごのひとたち)」

いつも通り、1週間遅れでの更新。
いや〜、最後の展開はかなり続きの気になるものでしたが、個人的には今週はお休みで助かった(笑)。
毎週毎週遅れ、どんどん遅れてますからねぇ。
今週も先週よりも、さらに遅れちゃってますし・・・・。
これまたいつものことながら反省です(笑)。

今回のお話は、アクマロを撃破するってなお話でした。
アクマロ・・・・、残念ながら年越しは無理でしたか・・・・(笑)。
ちと勿体ない気はしますが、最後は敵ながらあっぱれな散りっぷりだったと思います。

地獄の瘴気が吹き出し気を失ってしまったシンケンジャーの面々。
しっかし、ホントにヤバい感じでしたねぇ。
辺り一面の紫色の空気は、雰囲気出ていたなぁと思いました。

そんな中、源太、倒れていた十臓を発見。
怪我を負っているようだし、二度とないチャンスとばかりに撃破しようとしますが、気の優しい彼はトドメを刺すことができず・・・・。
家族のことが頭を過ってしまいましたか??
これは倒せないですよ〜。

まぁ、確かに大チャンスではありますが、ここで倒しちゃいけないですねぇ。
正義の味方としては、弱っているところを狙い撃ちって絶対にNGじゃないでしょうか?
やっぱり正面からやっつけないどダメです(笑)。

一時帰還して、状況を立て直すことにしたシンケンジャー面々。
案の定、あちらこちらで被害が出ていたみたいですな。
あのヤバい空気、一般人なんぞひとたまりもなさそうですからねぇ〜。

状況を打開するためのキーマンは、裏正によって最後のひと押しをすることになる十臓
やっぱり家族のためとなると弱いですよねぇ。
十臓って、一応は元人間だし、ホントにやりにくい展開になってきちゃいましたな。

そんな中、源太、十臓を見逃してしまったことを告白し、みんなに詫びをっと。
その事実を聞いて、彼を責めたのは流さん
他の面々は「仕方ない」ってな感じでしたけど、彼は根っからの侍ですから納得できませんか??
でも、個人的には流さん、非情過ぎる気も・・・・。姐さんも言っていたけど、あの状況で倒すことはできないでしょうよ。
ってか、もし殺っていたら、視聴者から非難の嵐だったと思いますよ(笑)。

みんなに謝って、その場を立ち去ってしまった源太。
今さらながらに、侍の厳しさを知ってしまった形ですねぇ。
まぁ、私は源太の対応は間違ってなかったと思いますけど・・・・。

次の日、源太のことが気になっていた流さんと千明は彼のところに向かおうとするも、本人は一人で十臓のところへ向かってしまったようで。
しかも、時を同じくしてアクマロも出現し、殿たちは別れて現場へと出撃することに。
どうでもいいけど、殿。
何気に人選が間違ってません??
アクマロの方がヤバいわけで、戦力的に上であろう千明は殿について行った方が良かった気もする。

十臓と対峙していた源太、戦いを挑むかと思いきや、土下座で頼むとはびっくり。
いや〜、源太、好きだわ〜。
非情になりきることができない彼ですけど、彼らしいやり方はかなりカッコ良かったです。

しかし、そんな源太に刀を向けようとした十臓でしたが、流さん&千明がこれをがっちりとガード。
流さん「お前のような侍が必要だ」の一言がなかなか。
あの対応を見せられれば、完敗ですよねぇ(笑)。
うむ、千明じゃないけど、これ以上ないであろう彼らしい対応だったでしたので。

アクマロのもとに裏正を取りにやって来た十臓。
しっかし、アクマロの執念には頭が下がりますね
何とか阻止しようと次々に仕掛けられるシンケンジャーの攻撃をことごとく跳ね返した、その根性は凄いっすよ。
まぁ、何百年越しの計画ですから、そうなるか??

ところがところが、裏正を手にした十臓が、アクマロを切りつけるとはびっくり
彼、裏正の正体はとっくに気がついていましたか???
それでも、人を斬りまくっていた彼。
ニヤリと笑った顔の目・・・・ ヤッバいわ〜(笑)

さらに、アクマロにトドメを刺すか?のごとく、容赦なくぶっ刺し。
無残に地にはいつくばるアクマロを笑っていた太夫は、ここぞとばかりですよねぇ〜。
こいつには恨みたっぷりですから(笑)。

十臓のことを「本当の外道」と評したアクマロ。
それに対し、十臓さん本人は、「だったら俺にやらせても無駄だったな」と開きかけた地獄の入口を切り閉じちゃいます・・・・。
いや〜、もう完全に外道入りですかねぇ〜。

夢破れたアクマロは暴走。
シンケンジャー面々も、このタイミングを逃すはずもなく、モウギュウと大筒を使ってこれを撃破っと。

呆気ない最後でしたが、アクマロさんの本領発揮は巨大戦でした。
2体の切神を召喚。
こやつら雑魚は、シンケンオーとダイカイオーで瞬殺するも、アクマロが粘る粘る
まさか、ハオーの超必殺技を跳ね返しちゃうとはびっくりでしたよ〜。
さすがは、中ボスクラスといったところでしょうか??
いや、夢を果たすことができなかったことからくる怨念と言った方が正しいかな(笑)。とりあえず、凄かったなぁと思います。

思わぬ苦戦を強いられることになったシンケンジャー面々でしたが、ここで恐竜が出てくるとは・・・・
おいおいお〜い、またクリスマス商戦の宣伝ですか??
メーカーさん、気持ちはわかりますが、どう考えても時すでに遅しだと思いますな。
来年は、戦略の大幅な見直しをした方がいいのではと(笑)。

さて、恐竜の力を借りて、無事にアクマロを撃破。
高笑いしながらの最後は敵ながらにあっぱれ!!
その暴走っぷりが印象的な好敵手だったなぁと思います。
今頃は地獄で堪能していることでしょう(笑)。

一件落着後は、外道衆を倒すことという目標を確認することになったシンケンジャー面々。
う〜む、何か重い感じになってきたなぁ・・・・。
「侍」とテーマに据えている以上、予想はしてましたが、十臓のそれは子供向けとは思えないんですよ。
出来は最高なんですが、ちと心配。

じい、ダイゴヨウから聞いたのか?、源太がこっそり用意していたモミの木を屋敷に持って来てくれてたようで。
みんなで飾り付けをししつつおしまいっと。

いや〜、今回が今年の最後だったようで。
来週は年の瀬とはいえ、27日ですので、放送されると思っていたんですけど、間が空くのはちと寂しいですね。
でも、年明け以降は、もうラストに向けての怒濤の展開なんでしょう。
今から楽しみで〜す。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/12/28 12:00 AM
こんばんは。

アクマロは見事な最後でしたね。
地獄を求めていたので、むしろ散り際に地獄を垣間見た感じがうれしそうに思えましたが。

そのアクマロの想像以上の外道だった十臓はすごかったですね。
どこからどう見ても自ら人である事を棄てた存在ですよ、あんなんじゃ源ちゃんが土下座したくらいじゃ止まってくれません。
源ちゃんとしては、生まれながらの侍ではないからこその覚悟の見せ方だったんですけどもね。

それにしても、年末最後もがっちりと楽しませてもらいましたが、それを吹き飛ばすかのような予告!
なんで、今週放送がないんだって本気で思います!
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/12/28 11:37 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

ホント、アクマロは見事な最期でしたよねぇ。
あの高笑い・・・・・。
その暴走っぷりには思わず笑ってしまいましたので(笑)。
まぁ、今頃はお望み通り、地獄を堪能していることでしょうな。個人的には、地獄で生活するアクマロも見てみたい想ったりしてますが、無理でしょうね〜。

十臓、もうちょっと人間味のあるやつかと思ったら、あれはヤバいすぎますよ〜。
源太がいくら頼み込んだところで、無駄でしょうね。
せっかく、カッコ良く決めてくれたのに、ちと可哀想な気もしますな。

その外道の中の外道である十臓さん。
殿たちは、どう対処するつもりなのやら・・・・。
個人的には、抹殺は避けてほしいですね〜。一応、元人間なわけで、話的にもそうでない方がうまいこといくんじゃないかと。

しっかし、最後のあの予告編を見ては反則(笑)。
まぁ、遅れて更新しているので、助かったりしている面もありますが、やっぱり気になりますよ。
私も、年明けの一発目がホントに楽しみです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2010/03/14 2:40 PM
◎侍戦隊シンケンジャー第四十三幕「最後一太刀(さいごのひとた...
アクマロが奈落落としをやって、シンケンジャーたち重症。ゲンタは、ジュウゾウを殺すかどうか迷う。結局殺さずに去っていく。そして、シンケンジャは、会議をする。ジュウゾウがなにもしなければ地獄はやってこない。ゲンタは謝る。ジュウゾウを見逃してしまった。ブル
しるばにあの日誌 : 2009/12/28 12:55 PM
侍戦隊シンケンジャー 第43幕「最後一太刀」
来週12/27は休みです。新春は1/3より放送です。 (東映スーパー戦隊シリーズVol.33 #1672)
地下室で手記 : 2009/12/27 11:57 PM
今日のシンケンジャー 第四十三幕
「最後一太刀」前回の続きから、アクマロの裏見ガンドウ返しの術によって噴き出た瘴気によって、大ダメージを食らう事になりました。その中には、十臓の姿もあり、源ちゃんは倒れている十臓の姿を見た瞬間に、今が最大のチャンス!と思いながらも裏正の因縁が頭をよぎっ
Trackback url: