ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< しゅごキャラパーティー! 第8話 : 仮面ライダーW(ダブル) 第12話「復讐のV/怨念獣」 >>

侍戦隊シンケンジャー 第四十幕「御大将出陣(おんたいしょうしゅつじん)」

今回のお話は、ドウコクが攻め込んでくるってなお話。
ついに、アクマロが本性を見せましたか??
こいつ、ホントに外道の中の外道ですねぇ。
ドウコクを当然のごとく裏切っただけでなく、太夫に対するあの態度・・・・、こいつはマジで許せん!!

稽古の最中、千明に対して、本気で斬りかかろうとしてしまった殿はやっぱり変。
表情に鬼気迫るもんがありましたからねぇ。
って、むしろ怖かったと言った方が正しいか・・・・。
あの顔を見れば、流さんじゃなくても、突っ込みを入れたくなるものですよ〜。

三途の川では、ドウコクが太夫の三味線が恋しくなり、アクマロから取り戻すと言い出すから大変。
が、地上には出ることのできない彼の代わりにシタリさんがついていくことにっと。
いや〜、彼、苦労人ですねぇ(笑)。
ドウコクの機嫌を取るために、あれこれとコキ使われて大変そうだなぁと思ったり。

三味線を隠したという場所で、外道衆について語り出したアクマロは、「特に苦しみや悲しみに引かれることこの上なし」と一言。
う〜む、このあたりから目的が読めそうな気はするんですけどねぇ。

さて、シンケンジャー面々の方は、なんと源太のゴールド寿司が雑誌で紹介されたとの情報が。
おいおい、マジですか??
流さん、「この記事からするに、味よりは屋台の珍しさで評価された」と評している悔し想な顔がなんとも良かった。
実際、味は星2つだったし、あながち間違いじゃないと思いますけどねぇ。ってか、しゃべる提灯であるダイゴヨウがいる時点であの屋台は相当に目立っていると思いますし(笑)。

肝心な時に不在だった殿は、十臓に「弱くなった」と言われたことをじいに相談中
殿自身は、その原因を「流さんたちに近づきすぎたから」と思ってたようで。
おいおい、これを聞いたら流さんたち悲しむぞ〜、マジで。

そして、じいの口からも、「そうは思わない。志葉家当主とは、そのすべてを飲み込めること」の回答っと。
その言葉を受けても、なお悩みまくる殿。
こりゃ、相当に重症ですねぇ。
そんなところに乱入してきた源太でしたが、せっかくの朗報もかすんでました

ドウコクが、かつて毎日のように聞き入っていたという太夫の三味線。
その悲しみに満ちた音色は、生まれたばかりの荒れ狂っていた彼の怒りを静める効果もあったとか。
いや〜、苦労人のシタリさんにとっては、これは助かったに違いない(笑)。

やがて、外道に落ちた太夫を出迎えてくれたのはドウコク。
う〜む、何年も何年もその音色に聴き入っていたわけですからねぇ。
特別な感情を抱くのも納得ですな。

しっかし、相変わらず、シンケンジャーには似つかわしくないこのエピソードが心配の種なんですよねぇ。
作り手さんには悪いけど、このテーマって朝っぱらからやるもんじゃないでしょ??
ちょうど一年前のキバの例もありますし・・・・。まぁ、あそこまで暴走することはないんでしょうが、どうやってまとめてくれるやら個人的にはかなり注目してます。

三味線を取り出したアクマロですが、ついにその本性を現し下剋上開始!!
「いいわけが思いつかなかったから、抹殺することにした」って、嫌なやつですよねぇ。
挙句、ドウコクも難なく逆らおうとするとは・・・・。
そりゃ、腹も立つわ(笑)。

シタリさんを追っ払った後、何やら作戦を決行し始めたアクマロさん。
彼が必要としていたものは、極上の苦しみが詰まった三味線十臓だと言ってましたけど、まだわからんですね、彼の目的。
十臓を器にでもして、何かやらかそうってのか??

そこへ駆けつけた殿たち、早速、撃破しようとするも、「何もしてない」としらを切ろうとするわ、こちらも駆けつけた用無しの太夫を抹殺しようとするは、ホントに最悪です。
容赦ない攻撃で、太夫をなぶり殺そうとする彼。
その攻撃からも、性格の悪さが垣間見えましたね。
酷い、酷過ぎる!!これは、弁解の余地ないわ(笑)。

そんな中、シタリさんから事情を聴いたドウコク、堪忍袋の緒が切れて、無理を押しての出陣。
ついに、総大将登場!!
周りも暗くなって、雰囲気が出てましたねぇ。登場シーンは、凄みもあって、かなり良かったんじゃないかと思います。

怒り狂っているドウコク、まずはアクマロに攻撃を仕掛けるも、やつは勝てないとわかるなり早々とトンズラ。
そりゃ、彼が怒りたくなるのも納得ですよ。
猿芝居やっていて、用無しになったらポイッですからねぇ。
アクマロ、こいつこそ、外道の中の外道!!
私、思いっきりドウコクを応援してましたので(笑)。キツイおしおきしてやった方がいいですよ。

殿、そのドウコクに挑むも轟沈。
続いて、流さんたちも攻撃をしかけるも、ノーダメージ。
ドウコク、強ぇ〜〜!
その実力たるや、半端ないです。
インロウマルの力を使って、さらにモウギュウバズーカを使っても瞬殺でしたからねぇ。
こんな化け物に勝てるのか??
正直、心配になってきた・・・・・。

アクマロと殿を片付けた後、太夫に「テメェは外道に落ちた」と言いつつ、三味線を元に戻してくれたドウコク
うん??、太夫に対しては全く態度が違うそ??
あの荒れようからは、想像できないくらい優しい接し方でしたね。こりゃ、かなり特別な感情を持ってますな。

が、ドウコク、水切れもありシタリさんに押されて、三途の川へと帰還っと。
ここでも苦労人のシタリさん。
ホント、御苦労さまです(笑)。

去り際に、大筒を持った大ナナシ連中を呼び出して行った敵さんに対し、シンケンジャー面々もダイカイシンケンオーとモウギュウで応戦。
少しパワーアップしているっぽかったけど、残念ながら瞬殺でした(笑)。
しっかし、イカテンクウバスター、ずいぶん久しぶりに見た気がする。クリスマス商戦も近いし、たまには活躍させてあげないとね。

無理を押して出陣したドウコクは、全身ボロボロでしばらくは三途の川でエネルギー補給ですか??
でも、その男気溢れる行動はさすがは総大将。
実力もさすがのものがあり、強敵ですよ、彼は。

そんな中、変わらぬ表情で戻って来たのが、アクマロ。
こいつは・・・・、ドウコクがいないからって、余裕綽綽なのが、かなりムカつくわ!!
前述しましたけど、弁解の余地なし。
もう一度、三途の川の底へ沈めてやった方がいいです(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/12/05 11:29 PM
こんばんは

アクマロは見事に裏切りましたよね。
裏切りそうなキャラではありましたが、あそこまで正面切って裏切るとは思いませんでした。
しかも、あのドウコクの圧倒的な強さですからね、裏切るのは相当の覚悟と勝算がないと裏切れないですよね。
何か企んでいるようで、それがアクマロの勝算なのかもしれないですが、はたしてどういうものなのか気になりますよね。

そして、殿は完全にどつぼにはまっていますよね。
仲間と一緒に戦う事は悪い事だとは思わないんですけども、それを否定する理由は何なんでしょう?
これも怒涛の展開で今後が気になり過ぎますよね!
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/12/06 12:06 AM
>茶留蔵 様
こんばんは。

アクマロは案の定でしたねぇ。
ドウコクが出てこれないことを見越しての裏切りだったんでしょうけど、よくもまあ大胆に裏切ってくれたもんです。
そりゃ、腹も立ちますよ〜。

今回は、明らかにされなかったやつの本当の狙い。
ここまで大胆な行動に出たわけで、それなりの勝算はあったんでしょう、おそらくは。
そうでなきゃ、こんなことしませんので(笑)。

それも御大将の出陣によっておじゃんでしたけどねぇ。
まぁ、あの反則級の強さは逃げるしかないです(笑)。

やっぱり気になるのが、撃沈中の殿ですよ。
何が理由であそこまで仲間を拒否しているのやら・・・・。
復活のカギは、やっぱり女の子組じゃないですか。2人は殿の異変に気が付いていたみたいですし、その活躍っぷりがちょっと楽しみであります。

う〜む、怒濤の展開。
これからは追い込みなので、目が離せんですね〜。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2010/03/06 2:17 PM
◎侍戦隊シンケンジャー第四十幕「御大将出陣(おんたいしょうしゅ...
タケルは、ジュウゾウに図星をつかれて落ち込んでた。ドウコクはタユウを連れ戻すようにホネノシタリにいう。そして、シタリは、アクマロにシャミセン渡せという。シタリはアクマロについていくことに。そして、パクロミちゃん再登場?ゲンタは、寿司でグルメ雑誌に載れ
しるばにあの日誌 : 2009/12/10 12:58 PM
侍戦隊シンケンジャー 第40幕「御大将出陣」
(東映スーパー戦隊シリーズVol.33 #1669)
地下室で手記 : 2009/12/05 11:26 PM
今日のシンケンジャー 第四十幕
「御大将出陣」殿は十臓に弱くなったと言われた事を気にし続けているようで、稽古にも身が入らない感じになっていますね。千明の攻撃に対し劣勢になってから余裕がなくなり、あわや本気で怪我するレベルまでの攻撃を出すように。流ノ介が止めてなかったらば、しばらくは
Trackback url: