ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< フレッシュプリキュア 第38話「クローバーボックスをさがせ!!」 : クロスゲーム 第30話「若葉」 >>

仮面ライダーディケイドその後 こんなことになっていたとは・・・・

「仮面ライダー」幕切れ、続きは映画なんて・・・
 テレビ朝日が8月30日に放送した特撮番組「仮面ライダーディケイド」の最終回で、本編終了直後に同作品の映画告知を続けて放送したことについて、同社の早河洋社長は、29日の定例会見で「表現方法として不適切だった」と発言した。
 最終回は、戦闘シーンの途中で番組が終了。その直後に、「ライダー大戦は劇場へ」の字幕とともに、12月公開予定の映画の予告編が流された。
 「映画を見てもらうため、わざと最終回を中途半端な形で終わらせたのではないか」との声が上がり、放送界の第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の青少年委員会にも多数の批判が寄せられ、審議されていた。
 同社は今月21日、不適切な表現だったことを認め、本編と予告編の区切りをはっきりすべきだったとする回答を送り、同委員会は27日、これを了承していた。

※この記事・写真等は、読売新聞社の許諾を得て転載しています。詳細については、
 読売新聞社の著作物についてをご覧ください。
 10月30日付のYOMIURI ONLINE(読売新聞)より転載
 参照元URL
 →http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20091029-OYT1T01026.htm


ってな、記事を発見。
おいおい、まさかこんな事になっているとは思ってもみませんでしたねぇ。

う〜ん、別に、謝罪することないんじゃないの??
「映画を見てもらうため、わざと最終回を中途半端な形で終わらせたのではないか」
と書いてありますが、その通りかと。

作り手さんは、少しでも観客に足を運んでほしいに決まっとります。
つまりは、企業として当然のことを当然のようにやっただけ。
頭を突き合わせて、話し合った上で「この戦略が一番客を集められるだろう」と判断したから実行したんでしょう。
私でも、同じ立場なら同じ事するだろうと思いますな。

まぁ、今回の件は確かにびっくりでしたし、どんな方法を使ってもいいとは思いませんけどねぇ。
でも、企業の方針として決めたわけでしょ??
BPOもそれに口出しするのは、お門違いじゃないですかねぇ。
いちいち、こんなことされたら、ちゃんとしたものが作れなくなってしまいますよ〜。

しかし、テレ朝も情けないなぁ〜。
自分たちの決定にもっと自信を持っていいんじゃないのか??
謝罪するってことは、自分の非を認めるってなことですよ。
ってことは、作り手さんは皆、間違った方針で作っていたってことになりません??
これはいかんでしょ、やっぱり。

自分たちの決めた方針なら、それに誇りを持てばいい。
「俺たちは利益を出すことを第一に考えている。この戦略なら、観客を呼び込めると思ったんだ」ぐらいのこと言い返してほしかったです。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: