ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< ONE PIECE 第415話「ハンコックの告白 姉妹の忌わしき過去」 : エレメントハンター 第9話「絶縁覚悟!許せ母ちゃん」 >>

07-GHOST 第22話「水底の光に導かれ、覗きしものは…」

今回のお話は、テイトたちが第二次試験に臨むってなお話でした。

無事に一次試験を突破したテイトとハクレンの2人は、ランセ司教がみんなの動きを監視していたことを知ってびっくり。
あの相棒を殴って、勝者の門に入って行ったやつは酷いでしょ??
あんな荒んだ心では、処刑→試験失格になっても当然じゃないかと思いますねぇ。
対する殴られた方は思いやりも持っていましたし、ものすごくいい人に見えましたから・・・・。

そして、リアムとヴィーダも2人揃って合格できてひと安心。
美しき兄弟愛は素晴らしい(笑)。

一次試験を突破した面々は、暫しの休憩タイムっと。
それはいいとして、シスターさんが用意してくれたのは、またまたあの目玉入りのスープでしたが、あれは食べたくないですよ〜。
味はいいみたいだけど見た目がねぇ、エグすぎます(笑)。

が、テイト、ラゼットに用があるということで、彼女のところへ行き、彼女の案内で教会の地下に広がる空間へ。
そこに広がっていたのは、広い芝生の空間っと。
まさか、あんな広い空間があるとは・・・・、この施設って、すごいですよねぇ、ホントに。一度、施設内の詳細図でも見てみたいものです(笑)。

お互いのことについて話すテイトとハクレン。
家柄を気にして母上を助けなかった父を憎んているというハクレンに対し、テイトは「その人のおかげでハクレンに会えたから感謝している」と一言っと。
もう、この2人、ダチでいいんじゃないかと思うのですが・・・・(笑)。

そんな中、広場の中心にテイトにだけ見える門が出現し、フラウに導かれるままに彼は門の中へ。
そこに待っていたのは、テイトのパパさん??
パパさんからラグスの王であることを告げられ、ファーザーからはゼーレの地へ行こうと言われたテイト。
が、「ゼーレの地」と言う言葉を聞いた途端、倒れちゃうからびっくり。
ゼーレの地って・・・・。またまた、もう最終回も近いのに謎が出てきちゃいましたけど、大丈夫なんでしょうかねぇ(笑)。

カストルさんに導かれて門の見えなかったハクレンも中へ向かうも、倒れていたテイトを見て彼のところへ。
ところがところが、テイトがザイフォンを発動して元の地へと戻るなり、ザイフォンが回復していたとは・・・・・。
ファーザーのお導きですかねぇ〜(笑)。

元大司教の2人に言葉をかけられ、2次試験の現場に到着したテイトとハクレンの2人はギリギリセーフですか??
ランセ司教、何気に容赦ないですからね。
何気に危なかったんじゃないかと思ったりしなくもないです。

二次試験の会場への移動中、セブンゴーストについての石碑みたいなものを見たテイト。
なるほど、セブンゴーストが存在するのは、新たなフェアローレンを生み出さないようにするためだったようで、存在理由がわかりましたね。
まぁ、カストルさんたちに口止めされていたとはいえ、セブンゴーストの存在は公認されているってことなのか??

二次試験からは1人になるようで、また次の門に到着したものが合格というもの。
さて、中には巨大なコールがいたわけですが、テイトもハクレンもこれは難なく撃破っと。
しかし、このコールを瞬殺したフラウは・・・・、やっぱりスゴすぎ(笑)。

が、本番の試験は倒した後から。
ハクレンの前にはパパさんらしき人が、テイトの前にはアヤナミさんらしき人が出現し対峙することに。
う〜ん、一番恨んでいる人を撃破しろってところですか、この試験は。

さてさて、その試験の最中、外ではバルスブルグ帝国が、ミカエルの瞳の所持者調査の名目で軍を派遣したという緊急事態。
う〜ん、また騒がしくなってきましたけど、どんな最終回になるのやら・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: