ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< BLEACH 第233話「敵となった斬月」 : ONE PIECE 第413話「ルフィ大苦戦!ヘビ姉妹の覇気の力!!」 >>

宙のまにまに 第7話「月とキンモクセイ」

今回のお話は、朔が天文部よりも文芸部で活動しちゃうってなお話でした。

文芸部に手伝いに行くということをみんなの前で宣言してしまった朔は、その失態を悔いまくり(笑)。
いや〜、咄嗟のことだったとはいえ、ホント失敗でしたよねぇ。
挙句、反対してくれるか?と思った美星はあの笑顔で、その決定を大歓迎してくれるとは・・・・。
朔には大ダメージだったに違いないです(笑)。

結局、草間先生の許可もとり、文芸部に顔を出すことになった朔ですが、その寛げいっぷりにはびっくり。
生徒会長さんの活躍っぷりを見て、ますますドツボにハマっているような感じも・・・。
しかし、文芸部のみなさん、作業が早すぎ!
あの表紙、もともとあったものを貼り付けたり、合成しただけなのかもしれないけど、それでも凄いですよ〜(笑)。

天文部でもちゃくちゃくと作業を進めていましたが、美星には異変が・・・・。
朔との初めての文化祭ですからねぇ。草間さんも加わって、これからという時に肝心の帆人がいないのは痛いすぎ。
まぁ、本人は明るく振る舞ってましたけど、その笑顔がまた痛いです(笑)。

文芸部から天文部員にも感想を書いてほしいと言われ、部室へと向かった朔は微妙な気分だったことでしょう。
が、部室には誰の姿もなくちょっとひと休みと思ったら、美星が登場し、思わず抱きついちゃうとはびっくり。
周りの人の反応が何気に面白かったですね。抱きついた側の美星が気が動転して叫んじゃいましたし、これは良からぬことをしていたと見られても仕方ないでしょう(笑)。

駆け付けた草間先生の言葉を聞いて、美星のことを意識し始めた朔。
どうなることやらわかりませんが、やっぱり天文部の活動には参加してほしいですねぇ。
しかし、草間先生のセリフは良かった。ちょっとキザでしたけども(笑)。

文化祭、本番一週間前だというのに、文芸部の手伝いをやっていた朔に生徒会長さんが一言。
朔、転校ばかりしていたことで、知らないことばかりになっていたことに劣等感を抱いているっぽいですね。
自分が取り残されている形は確かに寂しいかも、かも、かも。

帰宅の途に就こうと思った矢先、昇降口のところで待っていた姫から天文部の活動日誌をもらった朔は、その足で天文部へ。
いや〜、朔、完全に自爆しているような気がしないでもないですが、どうなることやら(笑)。
まぁ、悩み悔いまくっている彼は見ている分には面白いんですけどねぇ〜。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(2)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

あにめ漬け : 2009/09/03 9:04 PM
宙のまにまに 第07話 月とキンモクセイ
プラネタリウム制作日誌 姫ちゃん健気ですね〜 でも熟女は酷いと思いますw フーミンも文芸部に引きとめたことをまず謝るところが良いですよね。 大人でクールなフーミンと姫ちゃん。 この2人が不憫で仕方ないです。 素直になれない朔と美星は見ていてもど
日々の記録 : 2009/08/24 3:35 AM
宙のまにまに #7
美星と草間先生がベタベタしているのを見て、思わず文芸部を手伝うと言ってしまった朔。それを後悔したものの、事態は改善されるどころか悪化してしまったのでした。いきおいで文芸部...
Trackback url: