ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< しゅごキャラ!!どきっ 第95話「りまとやや、真珠の絆!」 : 仮面ライダーディケイド 第29話「強くてハダカで強い奴」 >>

侍戦隊シンケンジャー 第二十五幕「夢世界(ゆめせかい)」

今回のお話は、薄皮太夫の過去が少しだけ明らかになるってなお話でした。
前半は茉子の料理ネタで大爆笑でしたが、後半は売って変わってシリアスモードの展開にはびっくり。
いや〜、先週、強敵を倒したばかりなのに、一難去ってまた一難ですねぇ〜。

十臓に言われたことを気にしていた殿ですが、決闘を受けることにしたことを流ノ介や千明は心配して一言突っ込みを。
いや〜、殿なら一人で行きかねませんからねぇ
これまでの前例もありますし、心配にならないわけないですよ〜。

茉子とことはもその話を殿のことを気にしていたのか?、茉子、手作り料理を作り始めるは一大事(笑)。エプロン着け始めた茉子にビビリまくる、黒子さんたちも良かったなぁ。
まぁ、茉子姉さんの気持ちはわかるけど、黒子さん、ここはひと頑張りしてほしかったです。

出来あがった料理に驚きを隠せない殿たち。
じい、涼しい顔して、以前、姉さんの料理を食べて一日寝込んでしまった体験を元に胃薬を用意してくれるとは準備良すでしょ??
いや〜、殿の力を持ってしても一日ダウンとは・・・・、茉子の料理の破壊力や凄まじい(笑)。

しかし、茉子姉さんがこの会話を思いっきり聞いていたから大変。
とは言っても、言い訳をしつつ無理やりに詰め込んでました流ノ介と千明ですが、時すでに遅し。
茉子姉さん、一人で自分の作ったおにぎりをやけ食いしてましたよ〜。せっかくの美人を台無しにしてしまったわけで、後でちゃんと謝らないといかんでしょ??、これは(笑)。

さて、その頃、三途の川ではドウコクが十臓の抹殺に失敗した薄皮太夫に大激怒し、三味線を壊しちゃうとは・・・・・。
薄皮太夫、自分を始末しろ!とまで言うとはびっくりでしたねぇ。
この2人も、どういった関係なのか?ちょっと気になります。

料理を勉強するために料理本を購入していた茉子姉さんですが、その帰り道に三味線を治すために人を攫おうとしていた薄皮太夫と遭遇。
う〜ん、茉子姉さん、これで少しは腕が上がるといいんですが・・・・(笑)。
結果は、来週に持ち越しですかねぇ〜。

さらに、そこにドウコクの命を受けたアヤカシ“ユメバクラ”まで出現。
殿たちも参上し、茉子姉さん、人質を取って逃げた薄皮太夫を追跡し、殿の命令でその後を追うことはと何やら忙しく動いてきましたねぇ。

最後の勢いよく駆け付けた源太でしたが、登場するなりユメバクラの攻撃を受けてしまい夢の中へとは情けない(笑)
敵の攻撃を身切ってなかったとはいえ、明らかに油断しすぎです。
いや〜、みんなが必死に戦っているのに、のん気に寝ていた彼には大爆笑させてもらいました。

源太を含めた寝むらされた人たとを助けるために、殿のモヂカラを使って夢の中へと行くことんなった流ノ介と千明の2人。
さて、夢の中の源太は、ミシュランの3つ星に選ばれたと大喜びとは夢を満喫でしたねぇ。
彼を説得しようとする流ノ介ですが「普通!」を連発とは何気に酷い(笑)。何もあそこまでこだわらなくてもいいような・・・・。

お姫様のような格好をした女の子の夢を食べようとしていたユメバクラを見つけた2人はこいつを襲撃。
が、夢の中ということで、ありもしないものを繰り出してくる攻撃に大苦戦を強いられるも、条件はこちらも同じとはびっくり。
いや〜、これは千明のお手柄ですかねぇ。豪快に蹴られた流ノ介には笑いましたが、千明よく気がついたなぁと思います。

その頃、同じく夢の世界にいた茉子姉さんは、薄皮太夫の人間だったころの記憶を視聴中
薄皮太夫、好きだった人が別の人を選んだために、その嫉妬心からなのか?、放火までしちゃったとは・・・・。
新左さん、何やら直前に言おうとしていたようですが、裏切ってないと願いたいですねぇ。
できれば、このような昼ドラ的な要素は持ち込まないでほしいなぁと思うので。

流ノ介と千明がユメバクラを夢の世界から追い出したことで、ようやく目が覚めた源太は骨のシタリが出したであろう大量の大ナナシ連中と対峙。
しかし、殿、2人でダイカイシンケンオーを召喚し、さらに必殺バズーカまで使うとは無理しすぎですよ〜。
それに殿はもともと、流ノ介と千明を夢の世界に送ったことで疲弊していたわけですし・・・・。

目が覚めた茉子姉さんは、自分の過去を見られたことに激怒していた薄皮太夫と対峙。
が、変身しようと思った矢先、ショドフォンをはじかれてしまうとは失敗でしたねぇ。
そこに突っ込んできたことはが茉子姉さんを庇ってくれたものの、怪我を負ってしまうとは心配です。
茉子姉さんが一人で戦うにしても、相手は幹部クラス。間違いなく苦戦するでしょうし・・・・。

さて、ナナシを一蹴して一件落着したと思っていた殿と源太の前には何と十臓が出現とはタイミング悪すぎ。
う〜ん、こういった極限の状況でこそやり合いたいのか??、十臓は・・・・
スタミナ切れでフラフラの殿は、とても戦えるとは思えませんよ〜、心配です。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(4)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/08/21 9:16 PM
こんばんは。

殿が1日ダウンですからね、茉子姉さんの料理は十臓との一騎打ち以上に強敵ですよね(笑)

それはともかく、流ノ介と千明対ユメバクラ、茉子姉さんとことは対薄皮太夫、殿と源太対十臓と3つの同時進行の戦いが気になって仕方がないですよね。
流ノ介と千明は人数的に少ないだけで、ピンチではないですが。
ことはは腕を怪我してしまいましたし、殿はフラフラですし。
どうやってピンチを脱するのか、今から楽しみで楽しみで仕方がないです。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/08/21 11:19 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

茉子姉さんの料理は堪らんでしょうねぇ。
あの笑顔で迫られては、食べないわけにはいかんでしょうし・・・・。とは言っても、一日のダウンが待ち受けているわけで、相当な根性が必要だと思います(笑)。
しかし、ようやく料理本を手にして、どうなることやら、こっちも注目したいところ。

3つ同時進行の戦い。
流ノ介と千明以外はヤバいでしょうね、確かに。
十臓はもちろんのこと、茉子姉さんとことはも相手の太夫は幹部クラス。
当然、手こずるでしょうし、ことはは負傷してますし、心配です。
まぁ、正直、十臓はあのフラフラの殿を相手に本気でやり合うつもりなのか?はちょっとあやしいですけども。

私が一番気になるのは太夫の動向ですが、私もホント来週が楽しみで仕方ないです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2009/10/05 8:52 PM
◎侍戦隊シンケンジャー第二十五幕「夢世界(ゆめせかい)」
タケルはジュウゾウといつか戦うことを約束する。ピンクのマコさんは料理を作ろうとして、黒子があわてる。そして、黒こげの料理完成する。ジイヤは胃腸薬を用意してた。そして、ピンクは一人で食べようとすると、グリンやブルーがあわてて食べる。パクロミの太夫さんは
地下室で手記 : 2009/08/21 9:08 PM
今日のシンケンジャー 第二十五幕
「夢世界」ついにというか、とうとう茉子姐さんは自分の料理が、あまりにも残念すぎるものというか、殿が食べた後一晩苦しんだというレベルであるという事を知る事になりましたね。黒子さんも胃薬を用意したり、千明は気合でなんとか食おうとか、食事って我慢大会だっけ
Happy☆Lucky : 2009/08/21 8:23 AM
侍戦隊 シンケンジャー 〜第二十五幕 「夢世界(ゆめせかい)」
〜第二十五幕 「夢世界(ゆめせかい)」
『真・南海大決戦』 : 2009/08/21 12:44 AM
侍戦隊シンケンジャー 第二十五幕「夢世界」
今回はかつての記憶を呼び起こされて、死んだはずのお爺ちゃんと再会するお話…ではないです、そうですね。 太夫さんが外道に堕ちた過去が...
Trackback url: