ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< ONE PIECE 第412話「非情の裁き!石にされたマーガレット!!」 : しゅごキャラ!!どきっ 第95話「りまとやや、真珠の絆!」 >>

07-GHOST 第19話「まじわらぬ愛、されど消えぬ愛の行く末は…」

今回のお話は、クロユリを撃退したか?と思ったら、結局はテイトを奪われてしまうってなお話でした。

司教試験を受ける予定のヴィータとリアンの2人は、大司教様のミサを聞くために教会へとダッシュ。
ミサが終わった後は、教会の外で問題を出し合う2人が何とも微笑ましい。
しかし、リアンに何かとヒントを出しているラゼットがまた良かったですよねぇ。

さて、帰る前にフェストという魂と魂をつなぐセブンゴーストの像のところへ。
ところが、その像の前には愛を誓い合う人たちや、恋について熱く語っている人たちが・・・・。
こりゃ、このフェストの像の前って、ちょっとした観光名所にでもなっているんじゃないかなぁと思ったり(笑)。

さて、そのフェストを従えるカストルさんは、クロユリを捕獲し、彼の体を使ってアヤナミさんと交信中。
どうやら、クロユリとアヤナミさんの体はリンクしているようで、アヤナミさんの本体にもダメージが・・・・。
しかし、アヤナミさん、口から血を流しつつ、「お前を犬死などさせぬ」と言い放つとはカッコイイですねぇ。
さすがは、頭というか、腹の据わった言動はさすがだなぁと(笑)。

苦しみもがいていたクロユリに対し、さらに容赦ない攻撃をするカストルさん、そのサディストっぷりを遺憾なく発揮ですね。
しかし、クロユリも捕ったと見せかけて爆弾攻撃とは負けず劣らず(笑)。
結局、ハルセがクロユリを連れてトンズラしちゃいましたが、この2人ならどちらか死ぬまで争っていたかも、かも、かも。
しかし、ハルセ、すでにラブラドールの術中に落ちたとばかり思っていたので、その登場には何気にびっくりでした。

何とか逃げたクロユリとハルセでしたが、力を使い過ぎたのか?、ハルセがヤバい感じに。
すると、クロユリ、自らの血を彼に分け与えようとするとは・・・・。
この作品は、ホントいい男の友情を描いた場面が多いので堪らんです(笑)。

ヴァルスファイルを操り、死を遂げてしまったバスティンの葬儀を上げていた教会の面々。
フラウは、一番、ショック受けていたんでしょうねぇ。
祈りとは、「今度は幸せになれるように」という気持ちだと気がつかせてくれたバスティンに手を合わせるフラウは何とも切なかったです。
来世の幸せを願っていたんだろうな・・・・、きっと。

実は、フラウが犯人ではと思っていたシスターたちは、フラウに直接謝罪をっと。
が、ヴァルスファイルを持っても侵されなかったフラウは、ひょっとしてセブンゴーストでは・・・という話が出てくるから大慌て(笑)。
フラウよ、いきなり危ない本を出して、タバコを吹かすとは・・・・、これはいかんでしょ??
フラウに激しい突っ込みを入れるカストルさんも良かったなぁと。

気を失っていたテイトを見ていたハクレンですが、彼に触れようとした途端にミカエルの瞳が反応。
大切な人間とわかるなり弾いてくれましたけど、いや〜、おっかない(笑)。

テイト、目が覚めるなり、いきなりハクレンに抱きつくとは、大胆なことしますねぇ〜。
バスティンを殺害してしまったことを悔いていたテイトに「お前は正しいことをした」と優しく言葉をかけてくれるハクレンはホントに優しい。
いや、ホントにどうしちゃったの??ってぐらいですよ〜、これは(笑)。
とは言っても、「俺の心は清くない」と言っていたテイトは心配だなぁと思いつつも、ハクレンやフラウが癒してくれるから、大丈夫でしょう。

そこへやって来たフラウたち。
とテイト、フラウの顔を見るなり、「俺になら殺されてもいい」と言ったことを追及。
これは怒られも当然ですよねぇ(笑)。
後でカストルさんに思いっきり突っ込まれてましたけど、フラウが悪い。

フラウ、そんなテイトに対し、「お前の魂が好きだから、お前になら殺されてもいいと思っただけ」と一言。
おいおい、こんな恥ずかしいことよく言えますねぇ。
びっくりして赤くなっていたテイトがホント良かったなぁと思います。ってか、テイトの本心が気になるなぁ・・・(笑)。

先走り過ぎの発言をしてしまったフラウに容赦ない突っ込みを入れるカストルさんには大爆笑。
頭、モロに踏みつけてましたからねぇ。
完全に突っ込み担当の地位を築きつつあるカストルさんですが、これからの2人の絡みも楽しみです。

次々に大切な人が死んでいく中で、「苦しい、悲しい」と考えていると、なんとテイトの中に潜んでいたヴァルスファイルが覚醒。
異変を察知したフラウはすぐに現場に向かいますが、テイトと彼を抱いていたハクレンの姿はすでになし。
いや〜、最後に笑ったのはクロユリでしたか・・・・。
場所がよくわからんので、何とも言えないですが、どうなることやら心配ですよ〜。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: