ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 侍戦隊シンケンジャー 第二十四幕「真侍合体(しんさむらいがったい)」 : フレッシュプリキュア! 第27話「夏だ!祭りだ!オードリー!」 >>

仮面ライダーディケイド 第28話「アマゾン、トモダチ」

今回のお話は、アマゾンのギギの腕輪が奪われてしまうってなお話でした。
未視聴なだけに、詳細な設定はわからないままの視聴。
先週までの熱血は影を潜めてしまったとはいえ、やっぱり大先輩のアマゾンなだけに、かなり面白かったなぁと思います。

次の世界に到着した士一行。
さて、恒例の士のコスプレショーですけども、今回は野球のユニフォームでの登場。
うん??、何でまた野球なのか??
ひょっとして、ちょうど甲子園が開かれているからじゃないかなぁと思ったり(笑)

今回は、特に変な様子もない・・・・と思いきや、「イーッ!」と手を挙げて挨拶を交わしてる人々を発見
明らかに普通じゃないです(笑)。
士も同じ挨拶を求められるも、しっかりと返事をしなかったために いきなり反乱分子扱いとはびっくり。
あのおばちゃん、反応早すぎて笑った。

敵が登場し、捕えられそうになるも、そこにアマゾンが登場して、戦闘開始。
もちろん、士も変身してアマゾンを援護しますが、市民の皆様は敵の応援をしているとは・・・・。
どうやら、この世界はすでに敵さんの支配下になっているっぽい。
う〜ん、アマゾンって、こんな設定なのか??
それにしても、自分たちじゃなくて、敵を応援しているみんなを見て、唖然としていたユウスケたちには笑いました。
正義の味方のはずなのに敵扱いですからねぇ、そりゃ、困るわな(笑)。

敵さんを必死に庇う人たちを前に、士たちはアマゾンの指示い従って退散をっと。
が、その先に待っていたのは大樹。
自分のことをライダーと言った彼に、「単なる盗人だろ?」と突っ込みを入れた士には笑った。
うん、これは間違いなく当たってます(笑)。

彼から、十面鬼率いるゲドンが大ショッカーと手を組み世界征服のため、ライダーが悪、大ショッカーが正義との考えを植え付けてしまったとか。
結果、人々は続々とダイショッカーに入団し、現在に至ってしまったらしい。
まぁ、かなり強引な方法を使ったんだろうな・・・・(笑)。
どうでもいいけど、何で大樹は各世界の事情に詳しいんですかねぇ??
先回りしてご丁寧に調べているのか?、それとも、もともと知っている世界だけど記憶喪失の士が忘れているだけなのか・・・・、今さらながらに気になる。

大樹、ギギの腕輪と賭けて勝負しようと言い出すとは・・・・、やっぱり単なる盗人でしょ??
アマゾンの付けていたガガの腕輪とギギの腕輪。
関係はありそうだけど、本家を見てないのでわからん。

さて、この世界、大ショッカースクールなる学校にて子供たちを教育しているようで
覆面をかぶっている教師と一緒に叫んでいる姿には大爆笑。
おいおい、どこの宗教集団だよ??
この光景に突っ込みを入れるやつがいないとなると、もう完全にイッちゃってます(笑)。

反乱分子摘発数トップとして表彰されたマサヒコ君は、アポロガイストから賞状を受取って誇らしげ。
「人類の未来は大ショッカーと共にある。そのためにも反乱分子を摘発するのだ」と言葉を送ったアポロガイスト。
いや〜、真面目な顔して、よくもまぁこんなセリフが言えるもんですねぇ。この世界、マジでヤバいです(笑)。

大ショッカーの行動に頭を抱えていた鳴滝。
うん、これは珍しく彼と意見が合いましたよ〜。
ディケイド云々はこの際無視して、大ショッカー一味は一刻も早く滅ぼさないといけないです

アマゾンが案内してくれたアジトは、なんと光写真館だったからびっくり。ユウスケのあまりにわざとらし過ぎるリアクションには良かったですねぇ。アマゾンが自覚なかったとはいえ、なかなかに見事な突っ込みだったと思います。
しかし、鼻に花を付けてキバーラさんと戯れていた栄次郎さんは、何やっているんだか・・・・。

十面鬼、スクールの優秀者であるマサヒコ君を使って、アマゾンのアジトを突き止める作戦とはまた古典的なこと。
マサヒコ君、最初は抵抗してみたものの、アポロガイストのゴリ押しもあって協力することになっちゃうとは残念でしたねぇ。
いや〜、彼、まだ完全に毒されてなかったってことか??
とは言っても、あそこは了承するしかないわな。断ったら即、処刑だったかもしれないですし・・・・。

十面鬼の狙いは、アマゾンの持つギギの腕輪を手に入れ、自身のもつガガの腕輪と合わせて、超古代文明のパワーを無限に引き出すこと
「さすれば、あの作戦を・・・・」と言いつつ、高笑いしていたアポロガイストと十面鬼。
こいつら、なかなかいい組み合わせかも、かも、かも。

大ショッカーの征服がどれだけ進んでいるか?を確認するために、町へと繰り出した士。
すると、さっそく、疑いをかけられた花屋のおじさんんが軍人っぽい人に捕まっている光景が・・・・。
いや〜、あのおじさん、ホント可哀想ですよ〜。
もう、この世界、終わってます(笑)。
いや〜、アポロガイストの治める世界には絶対に住みたくないですね。

そんな中、また一人の主婦に見つかってしまった士は、追われることに。
あのおばさん、ホント、勘のいい人だな・・・・。
士たちの行く先々で必ず待ち構えているから、恐ろしい人です(笑)。

何とか逃げた士たちは、アマゾンから彼も自分の世界を探していることを探しているということを聞いてびっくり。
安住の地を探して、アメリカ、アフリカ等々、世界中を回ったらしく、日本に来た時にゲドンとの戦いに巻き込まれてライダーの力に目覚めたとか。
いや〜、確かに士とよく似てますねぇ。この2人は、なかなか面白いペアになるかもしれないなぁと思ったり。

そんな中、敵に追われていたマサヒコ君が登場し、アマゾンと士に背中を押されたユウスケがこれを救出。
「大ショッカーよりも、アマゾンの方が信じられるような気がした」と聞いて大喜びのアマゾン。
でもねぇ、あれはわざとらしいですよ〜。普通に猿芝居にしか見えません(笑)。

士は彼を疑っていましたが、アマゾンとマサヒコ君は意気投合して、アジトへ。
転んで怪我をしてしまった彼を背負いつつ、「温かい」と言ったアマゾンと、彼を自分の父に重ねていたマサヒコ君の場面はなかなか良かった。
なるほど、マサヒコ君が野球と関係していたわけですねぇ。やっと、あのユニフォームの士に反応していた理由も納得。

アジトに到着したアマゾンは彼のために薬を作ってくれるも、マサヒコ君はすでにアジトの場所を十面鬼に通報
アマゾン、この事実を知ればがっかりするのは当然ですよ〜。
マサヒコ君もマサヒコ君ですよねぇ、大ショッカーの行動に疑問を持ちつつも、結局出した結論がこれですから・・・・、アマゾンが可哀想すぎます。

駆け付けた十面鬼、光のオーラを使って敵を引っ張り出して来て、戦闘モード。
さらに、マサヒコ君は、いきなりの攻撃にびっくりしつつ、攻撃をやめてくれるように進言するも無視。
しかし、アポロガイスト、何が「君はライダーと共に、名誉の戦死を遂げるのだ!」だよ!!
あまりに容赦なさ過ぎて笑った(笑)。
いや〜、彼はホントに悪者キャラとしてはいい味出しているなぁと思います。

士、アマゾン、ユウスケは変身して戦闘モード。
ここのところ、ユウスケの活躍が多くなったのが実にうれしい。

パーフェクターを取り戻そうとしていたアポロガイストと対峙していた士。
が、士、パーフェクターを返すと見せかけて、目の前で破壊しちゃうとはお見事
いや〜、アポロガイストはショックだったでしょうねぇ。
やつ、パーフェクターがないと生きていけないんですよね、確か。ということは、すでに死期が間近ということになるのか??

十面鬼を相手に大苦戦していたアマゾン。
ユウスケ、アマゾンを助けに向かうも、ライダーキックを跳ね返されてしまい撃沈しちゃうとは・・・・。
さらにさらに、士も加わるも、これまた大苦戦。
十面鬼、強いですねぇ、この3人を相手にしても負けないとはすごいことだと思います。

ところが、アポロガイストが士を狙った攻撃を避けるも、その先にマサヒコ君がいたから大変。
アマゾン、彼を助けるために突っ込んでくるとはいいやつです。
が、マサヒコ君、そんなアマゾンからギギの腕輪を奪って逃走するとは・・・・、何とも残念だなぁ・・・・。

一方で、士も十面鬼相手に大ピンチ。
結局、腕輪捕られちゃったわけですが、どうなることやら・・・・・。

どうでもいいけど、何でマサヒコ君が腕輪奪うところで、士のテーマ曲が流れたの??
ひょっとして説教でもするのか?と期待したのに、不発でしたからねぇ。
どうせなら、説教をかましてほしかった(笑)。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/08/14 12:07 AM
こんばんは

大ショッカーに支配された世界だったわけですが、はたから見たらば怪しい新興宗教のようでしかないというのが、非常に昭和な世界だと思います。
小学生相手にああいった教育をするっていうのは、今の時代やらないですからね(笑)
アポロガイストもわかりやす過ぎる悪ですし、なんだかディケイドって昭和のわかりやすい世界にさまよいこんだ方が面白いのではないかと感じますね(笑)
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/08/14 11:40 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

なるほど、大ショッカースクール、確かに昭和らしいイメージはありますね。
ひと昔前の戦隊シリーズやらライダーなら、世界征服を企んで人々を洗脳しようという設定、よくあったような気がいたします。
今は、”世界征服”というような豪快な計画をぶち上げる敵がいないですからね、残念なことに。

まぁ、現在は規制が厳しくなってきていますので、難しいのかもしれませんね、あのような露骨な演出は(笑)。
でも、アポロガイストのような露骨過ぎる敵も、たまには使ってほしいなぁ・・・・。
やっぱり、いかにも”悪者”ってな感じが私も実にいいと思いますし、実際、今の子供たちにもウケるんじゃないでしょうか??

古き良き昭和、わかりやすい演出がホントにいいですよ〜。
平成ライダーシリーズは、ライダーそのものよりも、壮大なストーリーのはず。
ところが、最近はその肝心の見どころも微妙ですし、確かにライダーの原点に一度戻るというのもアリかも。
まぁ、現段階ではどうまとめるつもりなのか?、さっぱりわからんので何とも言えないですけどね(笑)。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Hybrid-Hills : 2009/08/14 10:16 PM
仮面ライダーディケイド 第28話「アマゾン、トモダチ」
仮面ライダーディケイド 第28話「アマゾン、トモダチ」
『真・南海大決戦』 : 2009/08/14 12:30 AM
仮面ライダーディケイド 第28話「アマゾン、トモダチ」
正義の為なら、鬼となる――「アマゾンの世界」 前回から引き続き、今回も昭和の世界を巡る士達。 黒タイツにしか見えないショッカー戦闘...
地下室で手記 : 2009/08/14 12:03 AM
今日のディケイド 第28話
「アマゾン、トモダチ」今回はアマゾンの世界。大ショッカーに征服され、大ショッカーは正義、ライダーは悪という扱いの中アマゾンは孤独な戦いをしています。今までもライダーが世界の敵扱いの世界をやってきましたが、露骨に大ショッカーが征服しショッカースクールな
Trackback url: