ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< しゅごキャラ!!どきっ 第94話「進め!みけねこ捜索隊!?」 : 仮面ライダーディケイド 第28話「アマゾン、トモダチ」 >>

侍戦隊シンケンジャー 第二十四幕「真侍合体(しんさむらいがったい)」

今回のお話は、殿たちがパワーアップした力でゴズナグを撃破するってなお話でした。
う〜ん、話的には良かったんですけどねぇ。
あの最後のバズーカは何だ??
何といいますか、たくさんの折神を登場させてしまった弊害がモロに出ちゃった形ですね。
その前の、二刀流が必殺技でも良かったような・・・・(笑)。

ゴズナグモ相手に大敗を喫してしまったシンケンジャー面々は、とりあえずは屋敷に戻って療養。
一方で、殿から印籠を受け取っていた八兵衛住職は、それをじいの手へ。
いや〜、夢の共演ですねぇ、ホントに。
出演者の2人も、まさか?、こんな形で再び共演することにあるとは思ってなかったんじゃないかと(笑)。

じい、殿は攫われ、流ノ介たちも撃沈していることもあり、八兵衛住職から受け取った印籠は期待の新鋭・源太に託します
じいからの期待は相当に高い!
源太、こりゃ、最高の見せ場が回ってきたんじゃないですか??

さて、三途の川ではドウコクに黙って勝手な行動を起こしてしまった骨のシタリが平謝り。
抹殺されなかったのは、ほっとしたことでしょうねぇ。
まぁ、彼は幹部の中でも参謀的な地位にいるだけに、代わりはなかなかいないということあるかもですが(笑)。

ドウコク、殿を連れ去った十臓の後始末を薄皮太夫に命令するとはねぇ、趣味が悪い。
この3人の関係もイマイチわからないんですが、薄皮太夫が十臓に特別な気持ちを抱いているのは確か。
ドウコクも、さすがというか人が悪いことです(笑)。

じい、源太に折神についての説明をしようとするも、自己流で印籠の開発を始めてしまっうとはびっくり。
心配しているじいをよそに行動を開始してしまう源太にも驚きましたが、天才の考えることはホントわからんです(笑)。
「パーっと」って、普通はそんなことできませんから・・・・。

目が覚めた流ノ介たちは、殿を守ることができなかったこともあり、殿が不在の今は筆頭の立場にあろう流ノ介がらしくない弱気モード
おいおい、流ノ介、どうしちゃったのよ??
千明や茉子姉さんが「今は回復に」と言っているのに、「動いたところで何とかなるのか?」と発言とは、いつもの流さんじゃありません。

十臓に攫われた殿は、河にぶち込まれて、毒の浄化に成功。
短い人間の命では自分の飢えを満たすことができないと悟った彼は、その快楽を満たすために外道の道へ落ちたとか。
つまりは、単純に人を斬りたかったということですか??
病魔に蝕まれていた云々と言ってましたが、意外と単純な理由でしたねぇ。
でも、家族のこととか、太夫のことも絡んできそうですし、もうちょっと何か別の理由はあるような気がする。

「骨の髄までボロボロになるまでに・・・」という十臓の言葉を効いていた太夫は彼を始末することはできず
この2人の関係も気になるな・・・。

翌朝、徹夜でモヂカラを印籠に打ち込んでいた源太を見て、落ち込んでいた流ノ介も奮起してくれてひと安心。
もう限界に達している源太を見て、自分たちのディスクを差し出し協力を自ら志願っと。
流ノ介、妙に立ち直りが早い気がするけど、とりあえずは良かった
やっぱり、この熱血っぷりがないといけないです(笑)。

そんな中、アヤカシ出現の反応があり、印籠の完成を源太に任せて、流ノ介たちは現場に急行っと。
現場には、ドウコクに闘魂注入されてしまったゴズナグモが(笑)。
いや〜、これが頭に逆らったやつの末路ですか・・・、哀れですねぇ。

復活した殿は、別れ際、十臓に「なぜ?、自分なのか?」という質問を。
十臓、「自分に似ていて普通じゃないからかも」と答えてくれますが、う〜ん、わかったようなわからないような気分。
要するに、殿は使命感が強すぎるというようなことですかねぇ。あまり、本心も話しませんし・・・・(笑)。

そこへ、源太が駆け付け、2人は今度会った時は戦う約束をしつつ、お別れっと。
いや〜、この2人の戦いは楽しみですよ〜。
以前、斬り合った時の三つ巴の争いは圧巻でしたからねぇ。

ゴズナグモを相手に大苦戦を強いられていた流ノ介たちのところに殿と源太が参上。
颯爽と現れた殿、カッコ良かった。
今回ばかりは、みんなに詫びを入れないといけないです(笑)。

そして、殿、源太の完成させた印籠を使ってスーパーシンケンレッドへ。
印籠の掛け声には大爆笑でしたねぇ。
機械みたいな音声でしたけど、なかなかに面白かったですよ〜。
まぁ、スーパーシンケンレッドのデザインも含めてですけど、考えたのがあの源太じゃ仕方ないかも(笑)

パワーアップした殿は、一気にナナシ連中を撃破し、さらにゴズナグモも瞬殺。
夕日をバックにぶった斬るシーンがまた良かったですねぇ。
殿、これまでの鬱憤を晴らすか?のごとくの強さにはびっくり。
しかし、殿だけがパワーアップしても、これから先の戦いは厳しいんじゃないでしょうか??
流ノ介たちの底上げ必死じゃないかと思います。

2つ目の命で巨大化したゴズナグモに対し、こちらも印籠パワーを使って、シンケンオーとダイカイオーが合体したダイカイシンケンオーで対抗。
ナナシ連中を一蹴し、最後はゴズナグモにをイカテンクウバスターで撃破っと。
う〜ん、何でここでバズーカを持ってくるのかな・・・・。
必殺技は、二刀流でぶった斬るでも良かったのでは???
販売促進のためなんでしょうが、折神を大量投入してしまった弊害がモロに出てしまったような気がしてならん(笑)。

十臓の「お前も歪」という言葉が気にかかっていた殿。
この2人については、これからの一番の台風の眼になることは間がいないので、注目ですかねぇ。
しかし、最後、殿がみんなに寿司職人の格好を無理やりにさせられていて笑った
まぁ、今回は迷惑かけまくりだったので、仕方ないですか??

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/08/14 12:01 AM
こんばんは

やっぱり巨大バズーカは、ないだろうですよね。
私もその前の二刀流が必殺技でいいと思います。
というよりも、二刀流でテンションが上がって、バズーカでテンションが叩き落とされました。

源ちゃんが感覚派の天才であることは、わかっていましたが、想像以上に感覚だけでやっていたんですね。
全く技術の継承がなされないというのが、らしいと言えばらしいですけどもね。

らしくないと言えば、弱気な流ノ介ですよね。
あんな弱音をはくとは思わなかっただけに驚きました。
それだけ、自分が何もできずに殿が連れ去られたというのがショックなんでしょうね。
それが、流ノ介の忠誠心なのかなぁと思ったりはしますが。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/08/14 11:37 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

バズーカは微妙ですよねぇ、やっぱり。
私も、二刀流を出したばかりだったの、いきなりのバズーカ登場にはびっくりしたものです(笑)。
飛び道具にしたいなら、せめて弓とかぐらいにしてほしかったですよ〜。
まぁ、メインダーゲットの子供たちにはバズーカの方がウケがいいのかもしれませんが、ここはやっぱり刀が良かったんじゃないか?と思いますね。

ホントのところ、じいは感覚じゃなくて伝統的な方法で・・・と言ってみたいところなんでしょうけどねぇ。
とは言っても、そもそも作業できるのが彼しかいなわけですし、結局やって退けてしまったわけで、どうしょうもないのかも??
いや〜、それでも感覚だけで「パーっと」と言いつつ、あそこまでやってしまうとは凄すぎです(笑)。

流ノ介の弱気、発言にはびっくりでしたねぇ。
私も、原因は殿への忠誠心が強すぎるからだと思います。彼の場合、「殿、命!」みたいなところがありますし・・・・。
とりあえず、すぐに元に戻ってくれたので、ひと安心でした。
いや〜、弱気モードの流さんなんて、絶対に勘弁ですから(笑)。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2009/09/28 2:22 AM
◎侍戦隊シンケンジャー第二十四幕「真侍合体(しんさむらいがった...
タケルは、ジュウゾウに連れ去れてしまったが、印籠は無事だった。そして、ゲンタは印籠を完成させることに。ジュウゾウは、毒の消える泉にタケルを投げ込んで治療してくれてた。そして、ジュウゾウは「剣の道は苦痛にあらず、快楽にあり。」とタケルにいう。病気におか
『真・南海大決戦』 : 2009/08/14 12:30 AM
侍戦隊シンケンジャー 第二十四幕「真侍合体」
全ての折神の力を合わせる事が出来るというダイカイシンケンオー。 かつての印籠開発時には存在していなかった海老ちゃんがメインのパーツ...
地下室で手記 : 2009/08/13 11:56 PM
今日のシンケンジャー 第二十四幕
「真侍合体」十臓に連れられた殿は清浄之谷の聖なる水により外道衆の毒を洗い流すという荒業で一命を取り留めました。水の中に顔を突っ込まされている姿は、治療目的よりも溺死狙いにしか見えないですけど(苦笑)八兵衛は殿から印籠を渡されていて、源ちゃんは印籠の完
Trackback url: