ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 侍戦隊シンケンジャー 第二十三幕「暴走外道衆(ぼうそうげどうしゅう)」 : フレッシュプリキュア! 第26話「4つのハート!私も踊りたい!!」 >>

仮面ライダーディケイド 第27話「BLACK×BLACK RX」

今回のお話は、仮面ライダーブラックとRXが共同でアポロガイストを撃破するってなお話でした。
もう、南さんカッコ良すぎ!!
あの古き良き熱血っぷりがホントにいい!!
さすがの士でも南さん相手では完敗じゃないかと思います(笑)。

ブラックの世界に到着するなり、襲いかかって来たブラックの世界の南さん。
が、彼を助けたのが大樹だったとはびっくりですよ〜。
前回、あれだけ士を敵視していたのに、何だ、この変わりようは???

大樹から事情を聴いた士は、協力を申し出るも大樹は「これは僕と士のゲームなんだ」と笑いながら拒否。
すると、士、大樹の顔面一撃(笑)。
おいおい、河原で殴り合うとか、アツい・・・・、アツすぎですよ〜
本気で昭和モード入ってますねぇ。

士、龍騎でミラーワールドを奔走し、アポロガイストを見つけ出すとはお見事。
いや〜、今さらながらにミラーワールドは便利ですよねぇ。
戦いでの最強は、カブトの能力だと思うけど、ヘタしたら世界中回れるわけですから、これ以上、便利な能力はないと思います。

怒り心頭の士、そのままアポロガイストに戦いを挑むも、人質を取るという姑息な作戦に(笑)。
これまた、昭和ですよねぇ。
今のライダーって、現実世界とはかけ離れたものとして描かれる場合が多いので、いかにも“悪モノ”ってなところが出ていて良かったなぁと。

ピンチの士を助けに来たのは、大樹と南さんの2人。
おいおい、大樹、子供がいるのに思いっきり攻撃をするとはマズイだろ??
士の「子供はいつの時代でも最高の宝」とは私も納得ですねぇ。
実際にアポロガイストを蹴り飛ばして、人質を解放してくれた南さんはやっぱりヒーローですよ〜。
大樹にも一発くれてやった方が良かったんじゃないのか??

士が敵でないと認識した南さんから、この世界についての説明を。
南さん、この世界で仮面ライダーブラックとしてゴルゴンという組織を戦っていたけど、アポロガイストの手引きにより大ショッカーと手を組んでしまったとか。
さらに、何者か?が世界をつなぐ橋をつくり、敵を送り込んできているらしい。
う〜ん、何者か?って誰なんでしょうねぇ。鳴滝・・・・じゃないはず。

なかなか終わらない戦いの中で、苦しんでいた南さんを助けてくれたのは霞のジョー
いや〜、「いつかRXの南光太郎にも伝えたい。ブラックの世界にも戦い続ける仲間がいることを」ってアツい!!
今回ばかりは、士よりも南さんが目立ってますね。

そこに現れたのは、クライシス帝国のシュバリアンと下っ端たちが出現し、戦闘モード。
ここでもカッコイイ、南さん。
「仲間のために戦う」って、すらっと言えちゃうところが素敵です(笑)。

士、苦戦しつつも、2体の敵をファイズアクセルフォームで一蹴するも、光のオーラの向こうから次々と敵が出現してくるから大変。
が、南さん、ベルトから光を放ち、光のオーラの世界の向こうのRXの世界へ「仲間のために」と士を導きます。
しかし、あのオーラはどういった仕組みなんだ??、よくわからん。

RXの世界に戻った士は、RXの世界の南さんと一緒に、アポロガイストとその仲間たちと対峙。
さて、自分たちの圧倒的な力を見せつけようとする彼に士は
「たとえ勝ち目あなくても、戦わなければならない時がある。
 この男は、そうやって戦ってきた。
 大切なものを取り戻すために・・・・。
 
 確かに一人では無理かもしれない。
 だからこそ助け合い、一緒に支え合う相手が必要なんだ。
 世間ではそれを『仲間』と・・・・言うらしい。」

と久し振りに豪快な説教を。
いや〜、久しぶりな感じですねぇ、士の説教は。
やっぱり、これがないと後の戦いが締まらんです(笑)。

さらに、大樹とRXの世界から来た南さんも加わり、4人で戦闘モードへ。
いや〜、ブラックとRXの南さんが一緒に戦うことになろうとは、まさに夢の競演ですねぇ。
これだけでも、もうお腹いっぱいですよ〜。

シュバリアンは士がコンプリートフォームに変身して撃破し、残されたアポロガイストは2人で戦いを挑むことになるとはびっくり。
アポロガイストから無事にパーフェクターを奪うことに成功するも、士がそれを手にした途端に大樹が奪取
いや〜、大樹って、ホントお宝のためなら何でもするんですねぇ(笑)。

そんな中、夏海さんがユウスケが血相を変えて、夏海さんが心肺停止状態になったことを伝えにやってきます。
状況が状況だけに、後は2人の南さんに任せて士は病医へと直行。
ここからは、もう完全に主役になりました南さん。士、完全に準主役扱いだなぁ・・・・(笑)。

大急ぎで病院に駆け付けるも、すでに心肺停止した夏海さんを前に唖然
まさか、こんな展開になろうとは思ってませんでしたね。
またもやヒロイン死亡では??という悪夢が過ったのはきっと私だけではないはず・・・・。

そこへパーフェクターを持ってやって来たのは大樹。
あっ?、「つまんないね〜。お宝が仲間だなんで・・・・」だと!!
この後、すぐにパーフェクターを渡してくれたから良かったもの、このセリフを聞いた時は本気でムカつきましたね。

しかし、「だた、これからはちゃんと僕を見て入れくれよ」ってどういうことだ??
もう、終わりが近いし、もうここで詳しい関係をしゃべってくれても良かったような気がしないでもないです。

大樹からパーフェクターを受け取った士は、自分の命の一部をパーフェクターに取り込み、それを夏海さんに注入
とりあえず、復活してくれてよかったよ。
ユウスケの喜びようといったから面白かったですねぇ。まぁ、彼はずっとそばにいたわけですから、緊張の糸が解けちゃったんでしょう。

その頃、アポロガイストの相手を任された2人の南さんは、RXが一人で奮闘中。
しかし、男儀がありますね、南さんは。
ちゃんと1対1のタイマン勝負を挑んでくれるとは、さすがは大先輩。

が、アポロガイスト、ピンチになるなり光のオーラの向こうからあの猪みたいなやつを呼び出したがために、ブラックも参戦。
最後は、2人のダブルライダーキックでアポロガイストを見事に撃破。
いや〜、燃えましたよ〜。
肝心のディケイドがいなかったけど、この作品の中で一番燃えたかも(笑)。

ところが、まだ生きていたアポロガイストは復讐を誓いつつ、光のオーラを使ってトンズラ。
と、その言葉とともに、ラスボスっぽいやつのシルエットが・・・・
う〜ん、こいつ、どこかで見た覚えがるんですが、思い出せない(笑)。

戦いを終えた後、南さんに「ブラックの世界にも戦い続ける仲間がいる」と伝言をっと。
結局、この世界に帰って来なかった霞のジョーですが、南さんからは「一人じゃないさ。離れていてもずっと仲間だ」とは最後までカッコイイですねぇ。
もう、南さんには完敗ですね、士。
2人並んでいる姿は、先輩と後輩に見えちゃいましたから(笑)。

士は、最後にそんな南さんの写真を撮りつつ、彼の口からは「士、お前もな!」と一言。
今回の主役は南さんだったということで(笑)。

「自分の世界を見つけないと何も始まらなような気がしてきた」ということを学んだ士は。完全復活ですかねぇ。
夏海さんもいろんな意味で復活してくれたし、良かったんじゃないですか、RXの世界は。
しかし、栄次郎さんが張っていた写真は何だ??
ちょっと気になるんですが・・・・。

と最高にテンションが上がっていたところで、鳴滝登場。
はぁ〜っ、こいつの顔みたくねぇよ(怒)。
ま〜た、いつもと同じこと言っているし、ホント鬱陶しいやつです。

そして、次の世界は何とアマゾンの世界。ここでアマゾンとは・・・・。
私にとっては、これが初めて完全に未知の領域になる作品。どんな話になるのか、楽しみであります。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(6)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/08/07 8:39 PM
こんばんは

今回は完全に昭和な世界でしたよね。
士も南さんに完全に引っ張られたというか、逆らい難いものがあったんでしょうね。
アポロガイストが子供を人質なんていう、古典的な手段に対し、士が「子供はいつの時代でも最高の宝」なんて言い出すなんて予想だにしませんでした。
本当に良い影響を受けまくっているなぁって。

ブラックもRXも未知の作品ではありましたが、非常に楽しめました。
アマゾンも昭和な感じになるのかどうかという、変な観点で楽しみにしています(笑)
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/08/08 12:19 AM
>茶留蔵 様
こんばんは。

思いっきり昭和モード全開だったRXの世界は大満足ですね。
いや〜、さすがの士も大先輩を前にしては、学ぶことが多かったんじゃないかと(笑)。
実際、今回に関しては完全に南さんの方が目立っていたような気がしますし・・・・。

「子供はいつの時代でも最高の宝」というセリフも南さんの影響を思いっきり受けいる証拠じゃないですかねぇ。
まぁ、この手のことはいつもの説教で同じようなこと言っているような気がしつつ、仲間の大切さについて教えてくれたのは、これまた南さん。
ホントいい経験ができたんじゃないかと思います。

次回のアマゾンにはびっくりでしたが、私にとっては初の完全な未知の領域。
まぁ、話にはついていけないでしょうけど、今回のような昭和モードを発揮してくれたりするとうれしいなぁ・・・。
ライダーシリーズでもかなり異質なものと言われている作品だけに、どんな話になるやら楽しみです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2009/09/10 11:18 PM
◎仮面ライダーディケイド第27話「BLACK×BLACKRX」
ディケイドの前に仮面ライダーブラックが襲ってくる。そこのディエンドがあらわれて、ブラックを攻撃する。ディエンドは女性ライダーファントムを出して戦わせる。ブラックは、女性に弱かった。RXの世界と、ブラックの世界の南幸太郎は別人らしい。士は、カイトウに協
瑠璃色の蝶 : 2009/08/08 12:42 AM
ディケイド27話感想
第27話「BLACK × BLACK RX」 ・ライダーパンチとライダーキックに何でか多いてしまいました ディエンドがやって来て結果的にディケイドを袖い出した感じに? 「仲間ってのは 僕の最も揃いな言葉だよ」 何だかんだで損たもの同士かこの2人 ブラックはファムに苦戦
地下室で手記 : 2009/08/07 8:33 PM
今日のディケイド 第27話
「BLACK×BLACK RX」今回も全体的に昭和なテーストですが、むしろそこがいいと思えましたね。ブラックの世界に行った士がブラックの世界の南光太郎に、霞のジョーという仲間と戦っていると聞いたりと仲間という存在を強く意識させるのがいいですね。初期の
『真・南海大決戦』 : 2009/08/07 8:10 PM
仮面ライダーディケイド 第27話「BLACK×BLACK RX」
黒く光るボディ、ハートに血が通う――「BLACKの世界」 昭和臭香る「RX」「BLACK」の後編。 キックはともかくパンチで「ライダーパァァンチ!...
Hybrid-Hills : 2009/08/07 7:11 PM
仮面ライダーディケイド 第27話「BLACK × BLACK RX」
仮面ライダーディケイド 第27話「BLACK × BLACK RX」
Happy☆Lucky : 2009/08/07 8:06 AM
仮面ライダー ディケイド 第27話「BLACK × BLACK RX」
第27話「BLACK × BLACK RX」
Trackback url: