ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 大正野球娘。 第三話「娘九つの場を占めて」 : エレメントハンター 第5話「キアラ沸騰!あたしが正義よ!」 >>

07-GHOST 第17話「闇の翼の眷属は、不幸を纏い、舞い降りる」

今回のお話は、バスティンがついにその正体を現すってなお話でした。
う〜ん、正体と言っても、あれは操られていろっぽいような感じでしたが・・・・。

フラウの死罪を阻止するために、事件現場となった部屋と行ってみたテイトとハクレンの2人。
いや〜、部屋に入るなり、テイトの目の前にはゆらゆらと宙を舞っている女の子たちの姿とは笑いました。
ハクレンの目には見えてませんでしたからねぇ、そりゃびっくりでしょうよ(笑)。

そこに同じく調査に来ていたバスティンからは、フラウの思い出話をっと。
なるほど、フラウはバスティンの愛弟子だったんですね。
戦場から連れてこられた彼の眼は完全に死んでましたが、いざ慣れてくると、もうやりたい放題のフラウ少年。
バスティン様、よくも粘って育ててくれたものだと思いますね。さすがは、大司教補佐という地位にまで上り詰めただけのことはあるなぁと(笑)。

ザイフォンを使うことにかけては、他の司教たちをもはるかに凌ぐ才能があったフラウ少年に目をつけたバスティン様。
その力を利用してこっそりとコール退治をしていたことから、「それが祈りですよ」ってなかなかの名言ではないかと思ったり。
こんな優しいバスティンが、なぜに・・・・。

テイトとハクレンと別れたバスティンは、牢屋の中にいるフラウのところへ。
牢屋の中にいたフラウには笑いましたけどね〜。
このやり取りは、ひょっとして最後だったのでは??

バスティンが持ったバクルスが黒くなっていることに気がついたテイトとハクレンは、大急ぎでバスティンのところと直行。
部屋に到着し、見張りはザイフォンを使った爆発で場所を移動した時に部屋の中へと入ることに成功出来てひと安心でした。
しかし、ファーザーからもらったパスが役に立つとはね、思ってもみなかったのでびっくり。

部屋の中に入ると、肝心のバスティンの姿はなし。
が、ミカゲが隠し扉を見つけて、その奥に進むと完全に黒化したバスティンの姿があり、テイトを捕まえると宣言し容赦ない攻撃を開始。
あの優しかったバスティン様が・・・・。なぜにこんなことになってしまったのやら・・・・。

う〜ん、身分を隠しているとはいえ、やっぱりラグス王国の王族の生き残りというのはちょっと厄介なものだなぁ・・・・ホントに。
テイト、これから先もこのことが原因で、かなり生きていくのが大変なんじゃないかとあ思ったり。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: