ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 宙のまにまに 第4話「夜明けまで」 : 狼と香辛料供‖茖艦叩嶇気叛知恵の末路」 >>

うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜 第6話「堕ちる心」

今回のお話は、ウリンが完全におかしくなってしまうってなお話でした。

日食の最中に舞っていた不思議な蝶に目をつけた夏音は、売りつけてひと儲けしようとは・・・・普通に邪な感じも(笑)。
あのウリンがセドナの手に落ちてしまったのに、彼女が落ちなかったのが不思議なくらいですよ〜。

松本さんの心配をよそに、耐性のないマリンの方が日食の影響をモロに受けてしまいヤバい感じに。
ウリンのことを心配しつつ、思いっきりマイナス思考に陥ってしまった彼女。
う〜ん、ここまで影響が出るとは思ってなかったでしょうねぇ。
海の巫女の血を引いているとはいえ、まだ幼いないウリンともなれば、ひとたまりもないはずです。

さて、松本さんと都さんは、まさかの事態が起こっていると走らずに、マリンと夏音を探して奔走中。
ところが、セドナの僕が登場し、大急ぎで逃げることにっと。
それにしても、都さん、夏音と同じく、あの蝶を捕まえてひと儲けしようと考えるとは・・・・、さすがは同じ血を引いていることだけのことはありますね(笑)。

マリンと夏音の前に現れたセドナの僕に対し、即封印しようとするもマリンが変身できないという事態に。
明らかに雰囲気の違うマリン、怖かったですねぇ。
あの天使のような心を持っている彼女から「今すぐ、封印する」なんて言葉が出てくるとは、さすがに止めてもらいたい。

変身できないことにパニックになっていたマリンですが、到着した岬で歌っていた唄者の歌を聴いて復活。
ようやく冷静に「ウリンを助けたい」という心と向き合うことができた彼女は無事に巫女に変身できるようになりひと安心。
とりあえずは良かった良かった。

日食が終わりを迎えるも、マリンに言いたい放題された大島さんは、かなり不機嫌なご様子で笑いました。
自分からぶつかっておきながらも、文句を言ってきた野郎をすごい表情で圧倒(笑)。
うん、あれは間違いなく怖い。まぁ、怒りをぶつけるのは勘弁してもらいたいですけどねぇ(笑)。

マリンと夏音さんを探していた松本さんと都さんは、ようやく落ち合うことができてウリンを本格的に探すことに。
しかし、坂道を猛スピードで下っていた都さんは危ないですよ〜。
まぁ、急ブレーキをかけてた時に、転げ落ちたのがカメの松本さんだったから良かったんでしょうけども。
ってか、都さん、松本さんの安否よりも、甲羅のこと心配しているって酷くないですかねぇ(笑)。

そんなところに、ウリンの方か戻ってきてくれたからひと安心。
でも、夏音から預かった指輪がなかったり、食事中も反応が薄かったり、指には妙なあざがあったりと変な感じ。

松本さん、マリンの口から日食の最中に変身できなくなったことを聞くなりびっくり。
セドナの僕もどこかへ行ってしまったって・・・・、同じ空間にいるとは全く気が付いてない感じですねぇ。
松本さんは、あの僕と面識があるみたいだったけど、さて。

食事中に、友達の鈴木さんからテレビの中継に映っている場面を記念撮影してもらおうとの連絡がっと。
テレビを使ってOKのサインを出すなど、かなりわざとらしくて笑いましたが、せっかくの出演ですからねぇ。
予約等々もしてなかっただろうし、自慢したくなるぐらいは、まぁ可愛いものじゃないかと。

ところが、その画面に偶然、小島君と大島さんが歩いていくのが映ったからびっくり。
いや〜、夏音の間の悪いこと。
気をそらそうと、食べ物にがっつく彼女が良かったです。

指輪がないことに突っ込みを入れた松本さんの言葉に、無表情で答えるウリンは明らかにおかしいですねぇ。
あんなことを言ってしまった後だけに、マリンも気にしている感じでしたが・・・・。

甲羅を洗ってもらいつつ、松本さんからはウリンを海に戻すようにとの提案が。
当然、マリンは反対するものの、松本さんの意見が正論ですかねぇ。
巫女の血を引いているとはいえ、今のままでは明らかに足手まといになってしまうような感が否めませんし。
まぁ、それも時すでに遅しなわけっですが。

セドナに取り憑かれていたウリンのところへとやって来た、昼間の僕さんは力を取られてしまいカメの姿に。
正体はカメでしたか・・・・、そりゃ、松本さんが知っているわけですよ〜。
しかし、ウリン、完全に黒化しておりますねぇ、かなり複雑な気分であります。

そして、ウリン、力を手に入れたから海に帰ると、駆けつけたマリンに宣言。
さらに、すべての原因を夏音に押し付けようとするとはねぇ。あの表情もあって、かなり怖かったなぁと思ったり。

マリンは当然、反対しますが、外に出た時にはすでにウリンの姿はなし。
岬に到着した彼女は、「光を闇に・・・」とつぶやきつつ、海の中へ。
いや〜、ヤバいですねぇ。
マリンの力なら、なんとかできそうな気はしますが、今度の敵にはかなり手こずりそうな感じがいたします。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2009/09/22 2:55 AM
◎うみものがたりあなたがいてくれたコト第6話「堕ちる心」
ウリンちゃんは、「妹なんて嫌い、生まれてこなければよかったのに」と、ないてる女の子を発見。その女の子を、マリンちゃんと重ねる。そして、その子はママが迎いにきて帰っていく。カノンママは、カノンのことを闇をこわがらないこだったと話す。それを聞いた松本さん
シュージローのマイルーム2号店 : 2009/09/02 7:12 PM
日食の悪夢が、マリンとウリンの絆と心をすべて粉砕したでした(−□−;) うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜第6話『堕ちる心』
 自ら指輪をはめたウリンは黒く変色した指輪を取ろうとするが、まったく外れなくなってしまう。  日食の完成から始まった嫌な気配を感じる...
日々の記録 : 2009/08/03 12:25 AM
うみものがたり #6
ついにウリンは、闇の力に取り込まれてしまいました。マリンに酷いことを言われたウリンは、とうとう闇の力を取り込んで、セドナの僕となってしまいました。そんなウリンを、夏音とマ...
Trackback url: