ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 侍戦隊シンケンジャー 第二十二幕「殿執事(とのしつじ)」 : フレッシュプリキュア! 第25話「イース対パッション!?私は生まれ変わる!!」 >>

仮面ライダーディケイド 第26話「RX!大ショッカー来襲」

今回は、夏海さんが命の炎を取られてしまうってなお話でした。
RXの内容は、案の定というか、綺麗さっぱり忘れていましたねぇ(笑)。

次の世界へとやって来た士の恒例のコスプレショーですが、何やら昭和のアイドルっぽい格好。
何だ、あの古臭い格好は??
しかし、素でカッコイイ士。やっぱり、どんな服を着ても似合いますねぇ(笑)。

今回こそ、士君の世界かも?という夏海さんはずいぶんと変わった印象。
士を助けるために突っ込んで行ったりと、その姿はかなり好印象。もう、黒化するような心配はありませんかね〜(笑)。

そんな中、「霞のジョーを始末しろ!」と言いつつ、クライシス帝国の最強の戦士シュバリアンとクライシス戦闘員が登場。
霞のジョーって、誰だ??
とは言っても、あんな格好していたら間違えられるわな(笑)。

さらに、続けて南さんの仮面ライダーブラックRXも登場して、彼らと対峙っと。
いや〜、昭和のライダーはシンプルですねぇ、ホントに。
平成シリーズも、クウガ、アギトまではこのデザインに近かったけど、それ以降はかなり変わってきましたから・・・・。
それにポーズを決めて、ベルトが出てくるのもいい感じだなぁと思ったり。

ところが、なぜか?この戦いにイマジンとファンガイアが乱入してきたから、士も戦いに参戦。
何気に夢の競演ですねぇ。
とは言っても、ずっとライダー見てきた私でも、ぱっと見ではイマジンとファンガイアの見分けがつかん(笑)。

士が敵を撃破するも、士の正体がディケイドであると知るなり、南さんが襲いかかってくるから大変。
しかし、これを止めたのが夏海さんだったとはびっくりでしたよ〜。
夏海さんの言葉に対し、「君のそのまっすぐな瞳を信じよう」と言ってくれた南さんはさすが。
何だか、熱血っぽいセリフまで昭和っぽいぞ〜(笑)。

RXとしてクライシス帝国とた戦っている南さん。が、最近になって別の敵が出現し、その影響で霞のジョーが失踪してしまったとか。
この世界がまたまた自分の世界ではないと知った士は嫌な感じに。
う〜ん、さすがの士もこれだけの世界を回ってなお、結果に辿りつかんのでは疲れが見えてきたってなところですかねぇ。
しかし、「帰るところが必要ない」とか、「仲間のために戦えるんじゃないのか?」という南さんの言葉に対する反応は頂けないな・・・・。

写真を撮りつつ、ますますマイナスになってしまう士。
夏海さん、そんな士に「士君の世界が見つからなかったら、家に来ればいいじゃないか?」と一言。
が、士、「仲間」と言ってくれた彼女に対し、「嫌いな言葉」とは・・・・、いつもの士じゃないです。

そんなところに、「ディケイドにとっては迷惑な相手」と言いつつ、大ショッカーのアポロガイストが登場。
ところが、士が変身して反撃しようとするも、ベルトを腰に当てるところを狙って攻撃されてしまい、夏海さんが命の炎を取られてしまうから大変。
う〜ん、ベルトが取り外せるとこの点が弱点になりますよねぇ〜。士のミスではないかと思いますな。

そして、夏海さんは原因不明の危篤状態に。
焦りまくる士。
自分に「おかえりなさい」と言ってくれただけに、これは痛いですよ〜。

そこに、鳴滝登場。
「ディケイドに関わったものは、すべて消えゆく定めなのだ。・・・・ディケイドとは関わるな。すべてを破壊されたくなければ」と言い残してトンズラ。
もう、出てくるなよ!!
ってか、出てきてもいいけど、もうちょっとマシなこと言え!

鳴滝の言葉に影響されたのか?、士、ずっかり元気をなくしちゃいます。
士よ、ユウスケじゃないけど、鳴滝の言葉、なんて気にしなくてもいいですよ〜。
とりあえず、ヘタレモードの彼は好きじゃないですから・・・・。

そんな士たちの前に、変身ベルト片手に大樹がやって来て、アポロガイストについて説明をっと。
どうやら、大ショッカーはクライシス帝国を取り込もうとしているらしい。
そして、あのアポロガイストは復活しても一ヵ月しかなかった自らの命をつなぐため、パーフェクターというアイテムで人の命を奪っているとか。
う〜ん、このあたりの設定はよくわからんです(笑)。

夏海さんの命を救うために、アボロガイストからパーフェクターを奪うことにした士はようやく奮起。
しかし、大樹、ここで士の邪魔をするとは、シンケンジャーの世界でのことまだ根に持っているのか??
夏海さんの命がかかっているんだから、助けてあげてもいいのに・・・・。

夏海さんをユウスケに預けて、クライシス帝国側とアポロガイストの交戦に乱入した士と南さん。
南さん、「俺は戦い続ける。仲間のためになら」と言っての登場はカッコ良かったですねぇ。
今回は、いつもとは逆で士に説教かますとは、さすがは大先輩じゃないかと。。

クライシス側を南さんが、アポロガイストを士が相手にするも、パーフェクターを狙って大樹が乱入
おかげで、アポロガイストは光のオーラの向こうへとトンズラという結果に。
おいおい、本気で士の邪魔しに来たよ。
しかも、士には刺客まで放つ徹底ぶりとは、なんだか嫌なやつに見えてきたような・・・・。

次に、光のオーラの向こうから、牛みたいな敵が出現。
自由に次元を行き来できるのか??、ひょっとして士の影響なんでしょうかねぇ、よくわからん。

士、コンプリートフォームに変身し、ディエンドの放った刺客を撃破し、残りの敵を南さんに任せて、士はアポロガイストが消えた光のオーラの向こうへ。
あの数を一人で相手することになった南さん、心配な感じもいたします。
ユウスケ辺りがヘルプに来てくれればいいけど、夏海さんのことがあるので無理だろうし・・・・。

光のオーラの向こうへと到着した士の前には、南さんがおり、仮面ライダーブラックに変身。
うん、確か、ブラックとRXの世界ってつながっているはず・・・・。
でも、いつものごとくよくわからん展開になってきましたねぇ。来週に期待しましょう。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(5)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/08/01 12:16 AM
こんばんは

RXの世界ですので、すべての点で昭和な展開でしたね。
夏海が黒化の恐れがなくなっただけではなく、それ以上に正統派ヒロインという感じで、士が動く理由にもなりますし、なかなか良かったです。

残念なのは私がブラックもRXも視聴していないという事ですね。
今まで平成ライダーの世界で、視聴した事がないという作品がなかったので、本編を知らないとこういう感覚になるんだという事をわかったという意味では貴重ですが。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/08/02 12:27 AM
こんばんは。

服装や演出等々、ホント昭和モード全開でしたよねぇ。
平成ライダーのみとばかり思っていたものですから、この雰囲気はものすごく新鮮でしたよ〜。

夏海さん、とりあえず黒化の可能性がなくなったことで、ほっとしてます。
昭和の世界ということも影響して何でしょうが、彼女のあの熱血っぷりにはびっくり。
ここのところ、キャラが崩壊していた彼女だけに、ヒロインとしての巻き返しを期待したいところですね。

私、このRXは一応、見てはいたんですけど、昔のこと過ぎでほとんど記憶にない。
まぁ、そんなわけで、ほぼ未視聴と同じ気分。
これまではある程度の背景を理解しつつ、見ていたこともあり、ちょっとわかりづらいところはありますが、これはこれで楽しかったです。
あのヘンテコか敵の姿や南さんの熱血っぷりは、単純に良かったと思うので。

これは来週もかなり楽しみです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2009/08/25 8:09 PM
◎仮面ライダーディケイド第26話「RX!大ショッカー来襲」
士、新撰組のトッシーみたいな格好になってた。どうやら今回は、仮面ライダーブラックRXの世界のようだ。ナツミカンは、そろそろ士の世界なのではないかという。そして、家族がいるのではと推測。そこに、ショッカーと怪人があらわれる。霞のジョーを始末しろという。
Hybrid-Hills : 2009/08/01 7:46 PM
仮面ライダーディケイド第26話 「RX!大ショッカー来襲」
仮面ライダーディケイド第26話 「RX!大ショッカー来襲」
『真・南海大決戦』 : 2009/08/01 5:59 PM
仮面ライダーディケイド 第26話「RX!大ショッカー来襲」
黒いボディ、真っ赤な目、Weke up the HERO――「ブラックRXの世界」。 あわわわ…。 ヤベェ…なんかスゲー面白ぇ…。 誰も聞いてないのに自己...
Happy☆Lucky : 2009/08/01 9:08 AM
仮面ライダー ディケイド 第26話「RX!大ショッカー来襲」
第26話「RX!大ショッカー来襲」
地下室で手記 : 2009/08/01 12:12 AM
今日のディケイド 第26話
「RX!大ショッカー来襲」今回はRXの世界という事で、士は昭和な格好、しかも霞のジョーと間違われるという事で。RXについては見ていなかったので知識として多少あるという程度ですね、今までオリジナルの世界を知らないで視聴というパターンがなかったので、初め
Trackback url: