ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< しゅごキャラ!!どきっ 第92話「クールに決めろ!ビートジャンパー!」 : 仮面ライダーディケイド 第26話「RX!大ショッカー来襲」 >>

侍戦隊シンケンジャー 第二十二幕「殿執事(とのしつじ)」

今回のお話は、ことはが偽の婚約者を、殿がその執事を務めることになってしまうってなお話でした。
ことはが、殿にビンタをかました時はちょっと笑ってしまいましたねぇ。
しかし、殴られた殿は、それで喜んでいるところが何とも良かったなぁと思います。

殿がことはに練習メニューを考えるように提案しているところに、突然、乱入してきた源太。
何かと思えば、屋台の常連客である義久という人の婚約者をやってもらうと言い出すからびっくり。
いや〜、源太は相変わらず強引なところがありますねぇ(笑)。

名門中の名門の財閥である松宮家のお坊ちゃんの婚約者を演じることになってしまったことはと、その執事を務めることになってしまった殿。
う〜ん、結局、強引に押し切られたんだろうな・・・、ことは。
とは言っても、みんなの心配事は、ことはよりもその執事を務めることになった殿。
殿はねぇ、多少ズレているところがありますから、そりゃ、心配にもなりますよ〜(笑)。

案の定、パーティ会場ではことはよりも偉そうにしている殿。
想像通りの展開ですねぇ、源太の突っ込みがなかったら、あのまま腕組して突っ立っていたに違いないですな(笑)。
しかし、ペコペコしていることはが可愛い。
何やら、服装の影響もあってか?、ものすごく可愛く見えましたよ〜。

そんな中、アヤカシ“ウラワダチ”が出現し殿たちも現場へ急行。
が、やる気のないウラワダチ、ナナシ連中を放って自分はトンズラしちゃいます。
おいおい、逃げるの早っ(笑)。

パーティ会場へ戻ったことはたちは、妙な気配を感じつつ殿が付き添って、食事へっと。
さて、姿を消したウラワダチは、そんな義久に取り憑いて甘い命を摂取。
いや〜、「甘い命」って何だ??と思ったものですが、恋心でしたか・・・・。う〜ん、今回の敵は地味だけど、かなり悪趣味なやつですねぇ(笑)。

食事について行った殿ですが、なんとばあやにお付きとしての礼儀作法を叩き込まれてしまうことに!!
素直に「はい」という殿にはもう大爆笑でしたよ。
しかし、順応性の高い殿。その後は、見事に執事を演じている辺りはさすがだなぁと。

ところが、殿に執事なんかしてもらっていることはは、突然、席を外しちゃいます。
今まで、こんなことされた経験がありませんからねぇ。
彼女の引っ込み思案なところがありますし・・・・。
流ノ介も同じようなリアクションしそうだけど、千明と茉子姉さんは遠慮なく殿に命令しそうな感じがする(笑)。

殿、そんなことはに対し、「俺がいても、お前はお前の立ち位置を持っていろ!」とアドバイスを。
が、ことはは立場を変えずとは、何とも彼女らしい反応だったと思います。
ことは・・・・、もっと自信持ってほしい・・・・。

食事の後、ちょっと散歩に出かけたところで、義久、ことはに告白しちゃうとは、また大胆な。
やっぱりというか?、ことはに惚れてしまっていたんですねぇ。
いや〜、でも何となくわかりますよ、その気持ち。
パーティで近づいてきた子たちにはないであろう、ピュアな心を持っていたら、そりゃ恋に落ちてしまうのも納得かも(笑)。

ところがところが、ようやくいい雰囲気になってきたところで、義久の体に潜んでいたウラワダチが出現。
こいつ、ホント趣味悪いな!!
純粋な気持ちを弄ぶとは許せないやつです。

ここで、ことは、義久の自分に対する想いが原因だと悟るや、いきなり殿にビンタを一発かまして、お金目的だったという芝居とはびっくり。
いや〜、ビンタされた時の殿には笑った。
状況が状況だったとはいえ、トンデモなことを仕出かしてしまったことはは思いっきり自己嫌悪モード。
しかし、殿、「よく思いついた。安心した、お前はお前でちゃんと立っている」と言って、頭をなでなで(笑)。
殿、なんだかパパさんみたいだなぁ・・・・。

さて、殿とことはも逃げたウラワダチをすぐに追いかけ、これを粉砕。
殿とことは、いつもにも増して息ピッタリでしたねぇ。

二つ目の命で巨大化したウラワダチは、空飛ぶナナシ連中を呼び攻勢に出るも、イカシンケンオーとテンクウシンケンオーの前にあえなく撃沈。
イカシンケンオー、あまりごちゃごちゃしたところもなくて、なかなかカッコ良かったような・・・・。
あの大きな槍での必殺技もかなり良かったと思います。

一件落着した後、義久はことはにお礼をお別れをっと。
いや〜、殿とのあの姿を見てしまってはあきらめるしかないでしょうねぇ、残念ながら。
殿では、相手が悪すぎます(笑)。

最後は、殿の背中を見ることはを見つつおしまい。
う〜ん、ことはのそれは恋愛感情じゃないような気がする。やっぱり、パパさんのそれに近い感じじゃないかなぁ・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(5)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/07/31 9:18 PM
こんばんは

今回も本当に面白かったですよね。
執事な殿は、どこからどう見ても気弱なことはよりも偉そうですよね。
ことはでは、殿を執事として扱えないですが、確かに千明と茉子姉さんは遠慮なく命令しそうですよね、というか、ここぞとばかりに喜んで命令しそう(笑)
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/07/31 11:25 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

面白かったですよねぇ〜、今回も。
個人的には、殿がもうちょっとバカっぷりを発揮しれくれるのでは?と思っていたのですが、そこはやっぱり殿。
あの順応性はさすがです(笑)。

執事として出陣した殿ですけども、お嬢様のことはがペコペコしてましたからねぇ。
あれはいけませんよ〜。
源太が突っ込んでくれなかったら、どうなっていたことやら・・・(笑)。

茉子姉さんはともかく千明はやりたい放題でしょうね、間違いなく。
まぁ、実際、坊ちゃん役だったら千明が一番似合いそうなのもありますし、そんなコラボもぜひ機会があればやってもらいたいです(笑)。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2009/08/25 7:46 PM
◎侍戦隊シンケンジャー第二十二幕「殿執事(とのしつじ)」
ゲンタのところに、金持ちのヨシボウが頼みに来る。レッドはイエローのコトハに稽古のメニューを考えるように指示する。ゲンタはコトハのとこにヨシボウの婚約者になってもらうように頼みに来る。三途の川ではウラワダチがでてくる。そして、レッドは、松宮家の偽の婚約
ぺろぺろキャンディー : 2009/08/08 10:37 PM
◎大正野球娘。第2話「春の長日を恋ひ暮らし」
広橋涼さんは、バンブーブレードのときもタマちゃんって呼ばれてたような・・・。小梅さん(伊藤かな恵)たち、革靴屋にいって、グローブを直してもらう。そして、翌日、練習に出かける。ノトマミのユキは、監督として英語教師のアンナさんを連れてくる。そして、小梅が
Happy☆Lucky : 2009/07/31 11:05 PM
侍戦隊 シンケンジャー 〜第二十二幕 「殿執事(とのしつじ)」
〜第二十二幕 「殿執事(とのしつじ)」
地下室で手記 : 2009/07/31 9:15 PM
今日のシンケンジャー 第二十二幕
「殿執事」源太の屋台の常連1号(他に常連がどれだけいるのかわかりませんが)の頼みで、婚約者のふりをすることになった、ことはと執事としてついて行くことになった殿。他のお嬢様連中と違い、ひたすら恐縮しまくりのことはお嬢様と明らかに執事の方が偉そうな殿(笑
『真・南海大決戦』 : 2009/07/31 12:36 AM
侍戦隊シンケンジャー 第二十二幕「殿執事」
これはもう…なんていうか… 靖子にゃんの作品はどうして女子人気が高いのか、その一因を垣間見たって感じですね。 素晴らしいぐらい見事...
Trackback url: