ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< CANAAN 第1話「洪色魔都」 : ONE PIECE 第408話「上陸!男子禁制の島 アマゾン・リリー」 >>

ハヤテのごとく!! 第14話「鷺ノ宮家の一族」

今回のお話は、ハヤテが伊澄を助けようとして、銀華叔母様に血を吸われてしまうってなお話でした。

冒頭は、なんとサンデー紙上で行われたキャラの人気投票を発表とはびっくり。
そう言えば、そんなものありましたねぇ。
知らないキャラについては、サンデーを見てくださいという宣伝までやってしまうとは大丈夫なのかと(笑)。

順位については順当な感じ。
生徒会では瀬川さんが唯一のトップ10入りとはお見事。
西沢さんは7位というちょっと残念な結果に。
トップは当然、ヒナギクでしたが、哀れなのが主役を張っているハヤテとナギですよねぇ。
4位と3位ですか??
ちょっと情けないんじゃないかと(笑)。

さて、本編へと戻って、妖怪退治をする伊澄と咲夜さん。
が、伊澄が退治し損ねた妖怪に取りつかれてしまうからびっくり。
これは珍しく失敗しましたな、伊澄(笑)。

そんな伊澄のところへお見舞いに行くことになったハヤテ。
出かける前に寝転がってゲームをやっていたナギをお姫様だっこしちゃうとはねぇ。
いや〜、ナギの慌てっぷりも良かったですが、ハヤテはハヤテで全く気にしない辺りがまた困ったものですな(笑)。

伊澄の家へと到着すると、インターフォンのボタンがわからないという女性が一人。
初穂様、ボタンは1つしかないのに迷うとは、さすがというかなんというか。
家の中に入ると、鷺ノ宮家の会話にはびっくり。
初穂様も九重様もこの性格では、伊澄がしっかりしていると思い込むわけですよ〜。

そんな中、伊澄が元気がないのが妖怪に取りつかれたからということが発覚。
が、その妖怪を取る去るために必要なものは、初穂様の仙術によると、ハヤテの血。
確かにこれは難しいなぁと思いつつも、あまりにも限定的すぎて笑いました。

ところが、そこに巨大化した妖怪が襲い掛かってくるからびっくり。
初穂様が持っていた武器を片手に向かって行ったハヤテは、虫の声のアドバイスもあり、これを撃破っと。
しかし、目を凝らしてといいつつ、本体はあんな近くでゲームをやっているとは・・・・アホですねぇ(笑)。

結局、伊澄には血を与えずに帰ることになったハヤテでしたが、その帰り道に妙な張り紙がしてある捨てられている小動物たちを発見。
「あなたが拾わないと全員死にます」って、強制しすぎでしょ??
突然、後ろから襲ってきた仮面の女のはびっくりでしたが、ホントにおっかない(笑)。
まぁ、素通りすることにしたハヤテの反応は当然ですな(笑)。

しかし、この仮面の女は、そこにやって来たマリアさんにまで手を出すとは大胆なことですねぇ。
犯人扱いされてしまったハヤテは哀れでしたが、これは確かにいけない(笑)。

マリアさんの命令もあり、仮面の女を追い詰めるハヤテ。
札束を差し出したり、後ろから木つちで襲ったり、クナイ投げたりとなかなかの戦闘力にはびっくり。
さすがは、鷺ノ宮家と言ったところでしょうかねぇ。

画面に蹴りを入れたために、キレてしまった銀華叔母様は、車やら給水塔やらを投げてくるとは怖い怖い。
いや〜、あの車の持ち主は何気に哀れだなぁと思ったり。

ところが、攻撃を加えようとした矢先、エネルギー切れで元の姿に戻ってしまうから大変っと。
妙に若い容姿だと思ったら、限界ギリギリの状態になった他人の血を使って若返りを実現していただけ。
このギャップは何気に凄い。まぁ、年には勝てないってなことですかねぇ(笑)。

叔母様の復活のために血を上げることにしたハヤテでしたが、頭に噛みつかれ、相当な血を持っていかれてしまったようで可哀想なこと。
屋敷に戻った彼のやつれた顔は凄かったですからねぇ。
それでも、ちゃんと屋敷まで戻ってくる辺りは、さすがは超人のハヤテと言ったところなのでしょうが(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(1)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

シュージローのマイルーム2号店 : 2009/08/01 5:45 PM
番組始まってからの、いきなりの人気投票をアニメでやるとは予想外もいいところでしたわ〜( ̄口 ̄;) ハヤテのごとく!!第14話『鷺ノ宮家の一族』
 いきなり何があったのか〜! と思ったぞ!  バスカッシュ!みたいな騒動が―― と思ったけど、これはきっちりとしたネタでありまして、ま...
Trackback url: