ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< しゅごキャラ!!どきっ 第86話「響け歌声!あの日のあたしに!!」 : 仮面ライダーディケイド 第21話「歩く完全ライダー図鑑」 >>

侍戦隊シンケンジャー 第十八幕「侍襲名(さむらいしゅうめい)」

今回のお話は、源太が正式に殿たちの仲間に入るってなお話でした。
殿の胸中に一人、気が付いていた茉子が良かったですねぇ。
ここまでのイメージからするとやや地味な印象を受ける彼女ですが、視野の広さは殿以上と言っても過言ではないんじゃないかと思います。

突然、現れた源太は、屋敷の近所で寿司屋の息子らしいけど、夜逃げしたって・・・・。後々、良からぬことに絡んで来ないといいですがねぇ(笑)。
彼、昔から手のつけられないほどのヤンチャ坊主だったらしく、じい、毎回雷を落としていたんですか???
いや〜、じいの血圧がまたまた上がってしまうってなことにならないことを祈りたい(笑)。

源太の持っていた烏賊折神は、なんと殿がこっそりあげてしまったものだったとはびっくり。
小さかったとはいえ、殿、痛恨のミスですねぇ(笑)。
当然のごとく、じいにこってりと絞られたらしく、「侍をやめる」とまで言い出したとか。
いや〜、その回想シーン見てみたかったなぁ・・・・。殿には悪いですがね。

そんなところに、妙な格好をして、太鼓の音とともに源太登場!!
何だ、あの中途な格好は??
じいも殿も彼の暴走っぷりに唖然(笑)。
ってか、アホだろ、マジで!
これは、前回にもまして、彼のこれからの活躍が期待できそうです。

「後は任せる」と言い残して、その場を立ち去ってしまった殿は、部屋を出るなり大爆笑。
さすがの殿もあのアホっぷりを見ては、限界を超えてましたかねぇ(笑)。
まぁ、他の面々の面前で笑うことはできませんが・・・・。

源太、昔、殿から教えてもらったことと烏賊折神だけを手掛かりに、一人で変身するためのスシチェンジャーを作ったとはびっくり。
おいおい、まさか天才じゃ???
殿たちと戦いたいがために、その後も我流で修行も行い、ここまでこぎつけた彼の根性凄いですな(笑)。

当然、自分もみんなと戦うことができると思い、千明とことはとは意気投合するも、じいや流ノ介は反対。
「戦いは厳しいもの」とは確か。
突然、やって来て参加させるわけにはいかないというのは、適切な判断だろうと思います。
残念だけど、仕方ないですよねぇ〜。

そんな中、アヤカシ“ヒャクヤッパ”が出現が出現し、みんなは現場へと急行。
源太も当然、「自分も戦う」と殿に訴えるも、「じいの言うとおり。お前は佐村いじゃないし、6人目でもない。・・・・助けはいらない」とバッサリ。
殿、厳しいですねぇ。
一緒に戦いたいのは、山々なんでしょうけど、素直じゃないです(笑)。

ヒャクヤッパを相手にするも、全身から妙な放つ妙な攻撃の前に大苦戦してしまうことに。
殿だけは見事な刀さばきでしたが、水切れがなかったらヤバかったかもしれませんな。

一人だけ、殿の胸中に気が付いていた茉子は、戦いを終えた殿が源太のことを気にしているのではないか?と一声。
いや〜、彼女は敏感ですねぇ。
千明とことはは、もう一度、源太のところへ説得に行くも、完全に腑抜けモードになっていました。
ものすごい勢いで落ち込んでいましたねぇ(笑)。

一人、スシチェンジャーを眺めていた殿のところにやって来た茉子は「いいの?帰っちゃうよ」と殿に突っ込みをっと。
でも、頑として忠告を聞き入れず、竹刀を振り初めてしまった殿に、「今までのような強い殿様ではいられない。だから追い返した」と痛すぎる一言を言っちゃいます。
茉子、いいですねぇ。
今まで、地味な印象のあった彼女ですが、何気に一番大人かも。

2人の会話を聞いていた源太は、その場に乱入して来て、殿を説得もやっぱり認めてはくれず。
しかし、さらに、千明やことは、茉子の「誰かに頼る殿さまでもいい」と言われたり、流ノ介の「いざとなったら私がフォローします」との一言もあり、ようやく納得。
まぁ、あんなに詰め寄られると鬱陶しい感じはしますが、ここまでされては折れないわけにはいかないですな。殿の完敗じゃないかと思います。

そして、再びヒャクヤッパが出現し、源太も含めて現場に急行。
いつものように、決めゼリフを噛ます殿たちでしたが、新加入の源太、黒子さんたちに忘れられているとは大爆笑。
黒子さんたちも、事情話してくれないとわかりませんよねぇ(笑)。

しかし、いざ戦いとなれば、かなりの強さ。
居合いの達人であるっぽい彼。
彼の攻撃は、スローじゃなきゃ見えません(笑)。
ひょっとしたら、殿にも匹敵する実力を持っているかも??

前回苦戦を強いられたヒャクヤッパの攻撃は、殿と源太が協力してこれを撃破。
さすがは、幼馴染。ぶっつけ本番でも、息もピッタリでしたね。

2つ目の命で巨大化したヒャクヤッパは、烏賊折神と合体したイカシンケンオーで撃破。
イカシンケンオー、微妙にカッコ良くなかったですかねぇ。
あのイカの頭の部分が変化した刀は形は変でしたが、カブトのビームや、カジキのぶっ刺し、トラの突撃よりは良かったんじゃないかと思います。
最後の一本締めには、殿の乗せられてしまっていて大爆笑。
やっぱり、源太の前ではみんなと違う一面を見せてくれそうで楽しいです。

戦いの後は、源太を寿司を御馳走になるも、「普通」と微妙な反応。
いや〜、可哀想・・・(笑)。

みんながいることで、「弱くなったのか?」と漏らす殿。
でも、じいはそんな彼の変化をうれしいと思っているみたいですねぇ。
手塩にかけて育ててきた殿も巣立ちですからね。親のような立場のじいにしてみれば寂しいでしょうな。

JUGEMテーマ:テレビ全般

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/06/16 12:38 AM
こんばんは

今回の茉子は本当に良かったですね。
殿の真意を見抜けるのは他にはいません!
やっぱり大人なだけに、普段は地味になってしまうのは仕方がないんでしょうね。

そして、源太ですが自力でスシチェンジャーを作ったり、我流の居合斬りであったり、本当に天才じゃなかろうかと思いますよね。
珍妙ないでたちで屋敷に登場するところからも、天才となんとかは紙一重ということで(笑)
源太にとって残念なのは、せっかく天才と呼べるものを持っていながら、寿司の腕は普通という事ですかね(笑)

イカシンケンオー、イカだけに槍というのはわかりやす過ぎて良かったですよね。
槍という武器ならば侍にふさわしくもありますし。

今回文句をつけるとしたらば、何で次回源太と流ノ介の2人がメインなんていう期待しないわけにはいかない予告を見せておいて、2週間待たないといけないんだ!という事でしょうか。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/06/16 11:19 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

ホント、今回は茉子が良かったですよねぇ。
しっかりと殿の心中を察していただけではなく、彼を導いてしまったわけですから、お見事としか言いようがない!
地味な印象のある彼女ですが、あの姉御肌は立派。
これからも、今回のような活躍っぷりが見れそうで期待してます。

源太ですけど、彼は間違いなく天才ですよ〜。
変身アイテムを作ってしまっただけでなく、剣の腕前もなかなか。
少なくとも戦いにおいては、足手まといになるようなことはなでしょうね。

イカシンケンオーは、これまでのロボットに比べると良かったと思います。
デザインにはちょっと変かな?とも思いますが、必殺技もカッコ良かったですし、源太も一緒に戦えますしね(笑)。

次は、さっそく流ノ介との絡みだというのに、2週間待たないといけないとはホントに残念。
もう、楽しみでしかたないのに・・・・(笑)。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

『真・南海大決戦』 : 2009/06/17 8:27 PM
侍戦隊シンケンジャー 第十八幕「侍襲名」
烏賊! イカシンケンオーとかいって、なんてイカにもイカス名前なんだとか思いましたけども、イカだけにヤリ攻撃だとか、イカだけに冷凍攻...
Happy☆Lucky : 2009/06/16 8:21 AM
侍戦隊 シンケンジャー 〜第十八幕「侍襲名(さむらいしゅうめい)」
〜第十八幕「侍襲名(さむらいしゅうめい)」
地下室で手記 : 2009/06/16 12:31 AM
今日のシンケンジャー 第十八幕
「侍襲名」今回は源太が正式に6人目のシンケンジャーになるというお話でしたね。殿の幼なじみという存在であるため、メンバーにする事によって強い殿でいられなくなる事を心配して、源太を認めようとしない殿と、それを見抜いていた茉子姐さんとのやり取りがいいですね
Trackback url: