ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< 侍戦隊シンケンジャー 第十五幕「偽物本物大捕物(にせものほんものおおとりもの)」 : フレッシュプリキュア! 第17話「シフォンはまかせて!ベリーの新しい力」 >>

仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」

響鬼の世界。
私、実はこの響鬼という作品、意外と好きだったんですよねぇ。
確かに、ライダーとしては明らかに異色なものでしたし、ストーリーも全体をおかしな点がいくつもあったと思います。
最後の中途半端な終わり方とか、その代表的な例だったんじゃないかと。
でも、ただ一点。明日夢の成長という点だけは、よく描かれていたように思うですよねぇ。
ラストはライダーではなく、医者になることを決めたはずですが、その過程は見ていてなんとなくいい感じだったと思うので。
そんなわけで、私は巷で言われているほど響鬼という作品、嫌いじゃないです。

今回のお話は、ヒビキさんが魔化魍化してしまうというお話でした。

ついに最後の世界にやってきた士一行ですが、いつものごとく妙な姿になってしまった士。
今回は、響鬼らしく和風な服装ですな。
いや〜、お世辞じゃなく、彼、確かに何を着てもよく似合っているから困る(笑)。
「これで旅が終わりか?」とも士は言ってましたが、栄次郎さんの「旅の終わりは、旅の始まり」との言葉も確か。
実際、この後の展開というのはかなり気になりますから・・・・。

そんな中、カッパの姿をした魔化魍が出現。
これに対し、バトルスーツを着用したアスムが勢いよく突っ込んでいくも、全く歯が立たずとは情けない(笑)。
この世界でも、アスムは鬼を目指しているっぽいですねぇ。まぁ、本家では途中でやめちゃったけど、どうなることやら・・・・。

士、ピンチに陥っているアスムを見るなり、ディケドに変身してカッパを撃破っと。
彼、さっそくカブトの能力使ってましたねぇ。しかし、クロックアップは、他のライダーの世界で使えばやや反則な感じもしなくもない
あれは絶対に捕まりませんよ(笑)。

アスムに、ヒビキさんのところへ案内してもらうも、そのやる気のないキャラにびっくり
士の姿はかつての音撃道の大先生の姿らしい。
これを聞いて、ニンマリの士でしたが、彼はいつもと変わりませんな(笑)。
う〜ん、それにしてもヒビキさんは全くやる気なしのキャラ。
本家でも、まぁ、やる気満々のキャラじゃありませんでしたが、こんなことでいいのか?と。

別の場所では、音撃道ザンキ流師範のザンキさんが斬鬼に、撃道イブキ流師範イブキさんが威吹鬼に変身してバケネコ魔化魍と対戦中。
この2人は本家のままのキャストですねぇ、びっくり。
いや〜、特にザンキさんの松田さんはよく似合っていらっしゃる。しかし、彼、これで合計3作に出演したことになるんですか??
何気にすごいような・・・・。

が、戦いの中、途中から駆け付けた士がディケイドに変身しこれを撃破。
彼の実力を見るなり、士を引き込もうとするザンキさんとイブキさんの2人。
士は・・・・、イブキさんについて行っちゃいました。
女性ばかりのイブキ流についていく士を見て、「うらましいぞ〜!」と怒鳴っていたユウスケには大爆笑。
夏海さん、明らかに怒ってましたな(笑)。

さて、鬼を目指してトレーニングしていたアスムは、やる気のないヒビキさんにいきなり破門を言い渡されてしまうからびっくり
本家でも、掴みどころのないキャラでしたけどねぇ、ここまでやる気ないとちょっと違和感ありますな。
しかも、ちょうどそこにいた大樹にアスムを預けちゃうとは、いくらなんでも適当すぎますよ〜。

イブキさんに付いて行った士は、秘伝の巻物についての話を聞いていました。
一方で、アスムからこのことを聞いていた大樹も他の巻物を手に入れるために行動開始っと。
相変わらず、お宝にしか興味ない彼。まぁ、お宝マニアというよりも、単に珍しいもの好きと言ったほうが正しいかな??

巻物を奪ってくるという大樹は、アスムに「やる気さえあれば、この世に不可能なことなてないと思うけど」と一言。
いや〜、適当にいったつもりだったんでしょうけど、これを真に受けていたアスム。
でも、確かにいい言葉ではありますね。

大樹は、そのままサンキさんのところへ殴り込みっと。
彼に相手をしたのが、トドロキさん。
いや〜、トドロキさんも本家のキャストのままだよ〜。この2人は、数年を経てなお固い絆で結ばれているみたいですな(笑)。

ヒビキさんに破門を言い渡されたアスムは、彼にもう一度頼み込んでみるもやっぱり答えは同じ
まぁ、アスムの真剣な気持ちはわかりますけどねぇ。
後々の展開を見ると、これも仕方ないように思います。

そんな矢先、2人の前に一匹の魔化魍が出現するも、それでもなお変身しないヒビキさん
駆け付けたユウスケがクウガに変身し、戦いを挑むも圧倒的なパワーの前に大ピンチに陥ってしまいます。
ユウスケ、せっかく変身したのにいいところなしなのは残念。
う〜ん、パワー系のタイタンフォームにでも変身すれば良かったのに・・・・。

夏海さんの前には、鳴滝さんが姿を見せ、「9つの世界すべてを回った時、世界は破滅する」という意味深な言葉を。
夏海さんとしてはびっくりですよ〜。
でも、実際、士のやっていることが世界を破滅に追い込んでいるとは思えないんですよねぇ、現段階では。
この世界の次にどうなるのか?が気になるところであります。

ユウスケのピンチにようやく響鬼に変身したヒビキさんは、あっという間にこれを撃破するも、直後伝説の鬼・牛鬼に変身してしまうからびっくり。
なるほど、変身しないわけですね。
アスムに鬼になることを勧めてなかったのも、この状況を見れば納得できるというものです。

さて、その頃、音撃道ザンキ流師範のザンキさんと撃道イブキ流師範イブキさんの2人は、それぞれ大樹と士を味方に付け、巻物をかけて決闘を行っておりました。
おいおい、イブキさん、本家と変わり過ぎだろ!!
彼って、一応、猛士の筆頭になる予定だった人なんですよ。実際、一番真面目っぽかったし、こんなおちゃらけた人じゃなかったのに・・・・。

戦いを繰り広げる士と大樹でしたが、大樹は突然姿を消したか?と思ったら、巻物を奪ってました
で、逃げるために召喚したのがモモだったから、もうびっくり。いや〜、まさに鬼。
ここでモモを召喚するとは、大樹、GJですね。

モモ、いつも通りに大暴れするも、突っ込んできた牛鬼に倒された木に激突してしまい、さようなら。
もうちょっと活躍してくれても良かったのにねぇ。
またのご出演を期待しております(笑)。

大暴れする牛鬼に対し、ザンキさんとイブキさんが撃沈。
何だ??、あの救護班みたいなものは??
新設された組織ですかね??

最後は牛鬼に対して、士が龍騎で対抗っと。
闘牛をやるつもりみたいだけど、あんな布で止めることできるんでしょうかねぇ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(4) : trackbacks(5)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by 茶留蔵 : 2009/05/27 12:21 AM
こんばんは

鬼祭りにモモははまり過ぎですね、モモタロスという名前とは違い一番鬼っぽいですが(笑)

今回、非常に共感したのは、ユウスケの「うらやましいぞー!」ですね(爆笑)
直後に夏海に睨まれるのもある意味うらやましいですが(笑)
ユウスケはこの叫びに力を使いすぎてしまったんですかねぇ変身後は今一歩。

士は確かに世界の破壊とは程遠い感じなんですよね、全部の世界を回った後、どういった展開が待ち受けているのか全く予測できません。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/05/28 11:10 PM
>茶留蔵 様
こんばんは。

いや〜、モモを呼び出した大樹はホントいい仕事してくれましたねぇ。
あの場面では、モモ以上に似合うキャラはいませんよ〜。
もの凄くハマっていた上に、大暴れしてくれて大満足でした。

ユウスケの「うらやましいぞ〜!」の一言には、私もびっくりしたと同時に吹きましたよ。
夏海さんに睨まれたりして、すぐに慌てている辺りはベタな展開ながらなかなか良かったと私も思います。
まぁ、その後の戦いは残念でしたけどねぇ。
良からぬことを考えていたからバチが当たったのかも(笑)。

栄次郎さんじゃないけど、この後の展開はどうなるのかはかなり気になります。
現段階では、どう考えても世界を破滅に導いているようには見えないんですよねぇ。
ってか、逆に平和にしていますから・・・・。
まぁ、ディケイドは9つの世界を回った後からが本番でしょうから、どのような展開になるのか注目ですな。

では、またよろしくです。
Posted by フォームライド!アミュレット・スペェド! : 2009/05/29 7:38 PM
>DカブトVSカッパ
『クロックアップが濫用されると果たしてどうなるか』今回は実にその好例です(ぁ
平成全体で見渡してもワーム以外で太刀打ちできるのって、やっぱり龍フェノク龍人態ぐらいしか思いつかない……
シリーズ名物『本編終盤・劇場版の怪人大発生』で発動されてしまうと、それこそどちらが脅威だかw

>牛鬼
某国民的妖怪アニメの個体だと『他生物を媒体に発現』なんて特徴がありましたが、今回のそれも曲がりなりにもオマージュがかかっているかもしれませんな。
何よりも厄介なのは、現時点のあの状況では正体がヒビキさんと知る者が一人もいないことですね。ユウスケ、夏ミカン間に合ってくれ!

>モモさん
冷静に考えると変形させる意味ないですw
事実上の刺客扱いはずなのに全然脅威に感じないのは何故なんだ?(ぁ

>公式サイト「暴れる牛鬼に士は電王アックスフォームで対抗し〜〜」
龍騎の闘牛は効果無しですね、わかります。
誤認されやすいことですが、アレってそもそも単に動くものに反応するだけで、とどのつまり色は関係ないって覚えが。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/05/30 2:17 AM
>フォームライド!アミュレット・スペェド! 様
こんばんは。

クロックアップ、他の世界で使っては反則ですよねぇ。
なるほど、ドラゴンオルフェノクですか・・・・。ファイズのアクセルフォームをも圧倒したことがあるぐらいですからねぇ、やつなら確かに対抗可能かもしれませんな。
う〜ん、他を見まわしてみても、ラスボスクラスでも対抗するのは難しいはず。
やっぱり、あれは乱用しちゃダメですね。敵さんが可哀想ですから・・・・(笑)。

展開として、ヒビキさんが牛鬼になるってな展開は良かったと思います。
あれで、ヒビキさんの言動といった不自然な点も納得がいく展開なりましたからね。
しかし、士やザンキさん、イブキさんたちも彼がヒビキさんであること知らないというのは確かにヤバい。
士、容赦ないですからねぇ。事実を知らないと、マジで殺ってしまう可能性高し(笑)。
ユウスケたちが駆け付けるか?、ヒビキさんが自力で元に戻るしかないと思うけど、どうなることやら・・・・。

モモの登場にはびっくりでした。
いや〜、大樹、なんで変身解いてしまったんでしょうねぇ。
まぁ、私はモモの大ファンなんで、こっちの方がうれしかったですけども。
刺客として登場したのに、全くそんな風には見えないのは、ホント困りものですよ〜。

最後の龍騎。
闘牛はあまり詳しくないのですが、やっぱり色はあまり関係ないですか??
発想は面白いんですけど、突っ込みたくもなりますよね。
あの布、どこから持ってきたのやら・・・・。ってか、そもそも闘牛とかできるのかな??あんな森の中ですし、やりにくいだろうに(笑)。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

ぺろぺろキャンディー : 2009/06/04 9:38 PM
◎仮面ライダーディケイド第18話「サボる響鬼」
最後の世界、響鬼の世界へ到着。早速マカモンが襲ってくるが、カブトに変身してたおす。アスムくんが、ヒビキさんのとこまで連れて行ってくれる。そしたら、細川茂樹さんじゃなくて、デビちゃんだった。なんで??こんかいの士は、音撃道大師匠ということらしい。そして
Hybrid-Hills : 2009/05/28 11:11 PM
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
『真・南海大決戦』 : 2009/05/27 9:10 PM
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
「仮面ライダーディケイド」は全30話の放送予定だそうですね。 一年間を基本とする例年のシリーズに比べると短いですが…平成ライダーの中...
地下室で手記 : 2009/05/26 11:58 PM
今日のディケイド 第18話
「サボる響鬼」今回から最後になる響鬼の世界。正直、響鬼という作品自体が本編中に別物に改変されてしまった作品ですので、ディケイドの世界でどう変化させられようとも驚かないというか、覚悟はできているという思いと同時に、さらに破壊されてしまったらばどうしよう
Happy☆Lucky : 2009/05/26 11:56 PM
仮面ライダー ディケイド 第18話「サボる響鬼」
第18話「サボる響鬼」
Trackback url: