ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< WBC一次予選 : アニメ簡易感想(3月1日〜3月7日) >>

坂道のアポロン(1) 感想

何気に面白かったと思っている作品。

都会育ちで不器用な薫。
いや〜、彼、なかなかにいいキャラしてますねぇ。
転校してきて、初っ端からあの素っ気ない態度には笑いました。

そんな彼が仲良くなったのが、千太郎や律子と出会うことでちょっとずつ成長していくってなところが好き。
“札付きの問題児”と言われていた千太郎ですが、ぜんぜんそんな風には見えないんですが・・・・。
まぁ、確かに凶暴なところもあるとはいえ、薫は特別ですかね(笑)。

律子、彼女は薫にとってはオアシス的な存在。
こりゃ、完璧に惚れましたね。しかも、一目で・・・・。
まぁ、不良に絡まれたところを目撃されたり、勉強するつもりが引っ張ってかれてしまった海でもいいとこなでしたけど(笑)。
でも、そんな薫も何とも微笑ましくてイイ!
この2人はどうなっていくか?ってなところは、1つ楽しみなところであります。

それと重要な要素になってきそうなのが音楽じゃないかと。
薫、もともとピアノをやっていたことと、千太郎が叩くドラムに対抗して始めたジャズ。
淳兄さんや律子のお父さんにも気に入られてしまいましたし、これから発展の余地がありそう。

この作品は1960年代を舞台にしているわけですが、何ともその雰囲気が好きです。
これから、どうなっていくのかホント楽しみ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: