ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< WBC決勝 苦難を乗り越えての優勝ですよ!! : 夏目友人帳 第12話「廃屋の少年」 >>

スキップ・ビート! 第24話「そのコンタクトは許される」

今回のお話は、キョーコ、蓮が超恋愛オンチであることを知ってしまうってなお話でした。

蓮、演技に演技に行き詰ってしまい、自宅で療養中。
酒を片手に落ち込んでいる感じの彼でしたが、これまでに味わったことのない状況なんでしょう。
社長さんの言っていたことが現実になってしまいましたな。

突然、演技ができなくなった蓮にしばらく休むように言い渡したのは緒方監督でしたか。
が、撮影が順調に進まなくなってしまったので、自分の流した涙で溺れてしまうとは大爆笑。
自分のしたことが適切だったのかどうか迷いまくっている感じでしたが、キョーコが慰めてもあまり効果はなく、再び涙の中へ・・・・。
あれでは、溺れ死んでしまうんじゃないかと(笑)。

もちろん、キョーコも緒方監督と同じ思い。
あの蓮が演技できなくなってしまうんですからねぇ。今までが今までだけに、それだけでも明らかに異常なことだろうと思うのが当然だろなぁ〜。
とは言っても、あの大先輩相手に相談に乗ってあげることなどできるはずもなく、自分の無力さを痛感してしまうキョーコ。
確かに、これは・・・・どうしょうもないでしょうねぇ、残念ながら。

そんな中、キョーコがDARK MOONに出演していることを知っても、マネージャーさんの前では妙に冷静な松太郎にはびっくり。
と思ったら、やっぱりそんなはずはありません。
キョーコが、蓮に手作り弁当を食べている光景を妄想して大暴れし出すから大爆笑。
いや〜、彼もキョーコに負けず劣らずの妄想癖があるんじゃないのか??
まぁ、「自分が日本のトップスターだから、キョーコが蓮に惚れるはずない」ってな俺様っぷりは健在でしたけど(笑)。

キョーコ、坊の仕事を終え、着ぐるみを片付けに向かいつつ、またまた妄想中。
「もし、蓮の相談に乗りろうとするも返り討ち」と「もし、先輩だったら」を一人で演技してました。
いつもながらに面白い子ですねぇ。誰もいなかったのが不幸中の幸いでしょうな。

ところが、その先にブラックホールと化した蓮がいたから、もうびっくり。
ブラックホールの引力に吸い込まれそうになるも、緊急脱出。
まさか、このタイミングであってしまうとは、神様のイタズラとしか言いようがない(笑)。
あれは・・・・、ホントにヤバい感じでしたからねぇ。ドン底を味わっているに違いありません。

しかし、キョーコ、以前も一人で悩んでいた蓮のことを思い出し、坊の着ぐるみを着て彼と話をしてみることにします。
確かに、蓮、誰かに相談することはないでしょうねぇ。
一応、社さんがいるけど、彼にはちょっと荷が重すぎて何もできないでしょうし・・・・。

蓮に会いに行ったまではいいとして、やっぱり何もしゃべってくれない・・・・と思いきや、ぼそっと一言だけ言葉を発した彼。
キョーコ、これを聞き逃してしまい、何を言ったか聞き出そうとするから大爆笑。
おいおい、深刻な悩みなんだぞ!、そんな重要なことを聞き逃してしまうとはいかんですな(笑)。

蓮が聞いてきたことは、「恋をしたことがあるか?」というもの。
演技のことかと思いきや、恋話と聞いて怒り心頭のキョーコ。彼女の頭に浮かぶ恋話と言えば・・・・ですからねぇ。
でも、よく考えてみると、DARK MOONの話の内容は恋に関するものと冷静になり、「もちろん、恋なんかしたことあるんだろ?」と聞いてみると、またまたブラックホールの中へ落ちて行く蓮。
まぁ、この時点で彼が超がつくほどの恋愛オンチだとは気がつくはずがないですからねぇ。

そして、蓮の口から「恋をしたことない」とい衝撃的な告白が(笑)。
しかも、妙にまるで乙女のように恥ずかしがった顔で・・・・。
これは普通びっくりしますよ。キョーコじゃなくても、倒れるに違いないと思います。

正確には、恋愛しているものだと思っていたけど、社長さんにそれはウソだと見抜かれたというもの。
本気の恋愛ですか・・・・。
社長さんには「いずれ行き詰まり、オリジナルのマネをするしかなくなる」と言われ、そのオリジナルを見てみたところ、さらなるドン底へ落ちてしまったとは、ホント予想通りの展開でしたねぇ。
いや、社長さんはやっぱりただ者じゃありませんな。

蓮がそんな深刻な話をしている中、キョーコは・・・・松太郎のことを思い出してしまい大暴れしているから大爆笑。
これには、蓮、怒り心頭。そりゃ、人が真剣に悩んでいる時に、目の前でこんなことされたら怒るに決まっとるわ!!
まぁ、見ている分には大爆笑でしたけど(笑)。

その頃、緒方監督のところには社長さんが来訪し、大ビンチを迎えておりました。
当然のごとく、蓮が現場にいないことについて突っ込みを入れてくる彼。
緒方監督、この魔の手から逃れる方法などあるはずもなく、すべて事実を話してしまいます。
そして、社長さんの口からは「3日以内に蓮が戻ってこない場合はやつをクビにする」との言葉が・・・・。
まさに、最悪の展開ですな。緒方監督が泣き叫びたくなるのもわかります。

話は戻って、蓮とキョーコ。
怒り心頭の蓮は坊の頭についていた帽子を引っ張ってしまったところ、これが見事に取れてしまうというハプニングっと。
キョーコも怒っていましたけど、やや自業自得な面があるので仕方ないでしょ、これは(笑)。
蓮、自分でやっておきながら、その光景に大爆笑とはねぇ。
でも、あれは確かに面白い。

蓮、「話を聞いてもらって楽になった」と言って去って行こうとした矢先、「君ならきっと役を掴むことができる」とまたまた逆効果のアドバイスをしてしまったキョーコはドジだなぁ・・・・。

再び「恋」について悩み出す蓮ではありましたが、「世界共通のマニュアルでもあるのか?」とはいかにも彼らしい発想。
焦ったキョーコは、「ささいなことで幸せを感じること」とアドバイスを送るも、これすら経験のない蓮にびっくり。
いや〜、まさかここまで重症だとは思わなかったでしょうねぇ。びっくりするしかないでしょ、これは(笑)。

衝撃に冷めやらぬ中、さらにレベルを下げてみると、「キレイだなぁ、とかカワイイなぁとか見とれてしまったことはないか?」と聞いてみます。
と蓮の頭の中にはキョーコの顔が・・・・。
それはさておき、今は初期現象だけでも経験したことがあっただけでも不幸中の幸いでしょうかねぇ。
一縷の望みが差してきましたよ〜(笑)。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by よしちゃん : 2009/03/26 1:20 AM
この回は楽しかったシーンが多かったですね!緒方監督の涙の海は吹いてしまいました。尚はマネージャーとはいちゃつきながら一人になるとやきもちやき何て笑えます。少しは自分の思い通りにいかない事を分からせたいですね。
キョーコは鋭いですねー。蓮が本音を他人に打ち明けるのが苦手って見抜いてますね。ただ、まさか自分が恋の前兆だとはしるよしもなく…。アドバイスしてるし。恋愛だけは鈍いですね。
蓮はキョーコだと気付かずだけと、坊に何でも相談てきるんですね。あのコンビは面白いかも。
やっとキョーコへの気持ちに自覚したかな?って感じだからいろんな意味で最終回楽しみですね。
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/03/26 11:54 PM
>よしちゃん 様
こんばんはです。

自分の涙で作った海に溺れていた緒方監督は面白すぎでしたよねぇ。
でも、あのタイミングで社長がやって来るとは、泣き叫びたくなるのもわかります。しかし、何気に社長さんの感の鋭さはホント怖い。

キョーコと蓮のこと妄想して暴れまくっていた松太郎も良かった。
彼も、キョーコとまではいかないにしても、かなりの妄想癖があるみたいですな(笑)。

坊になって蓮を助けていたキョーコですが、彼があそこまでの恋愛オンチだとは思わなかったことでしょう。
びっくりした時のリアクションは面白かったですが、恋愛に関してだけはキョーコの方がはるかに上。
まぁ、あまり思い出したくない恋愛なんでしょうけど、蓮のためには思い出すしかありませんかね(笑)。

坊には何気に本音を言ってしまう蓮ですが、いつかバレないかホント心配な気もしたりしなかったり。
とは言っても、坊にはかなり助けられているので、正体を知っても意外な反応をしてくれるかもしれませんが。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

スターライト☆ステージ : 2009/03/31 11:07 PM
スキップ・ビート! 第24話「そのコンタクトは許される」感想
 演技に息詰まってしまった蓮は、監督から役をつかむまで休むように言われてしまいま
のらりんクロッキー : 2009/03/25 11:23 PM
スキップ・ビート! 第24話「そのコンタクトは許される」
蓮、大ぴんち! まさか暇を出されるとは。 まあ現状では何度やってもだめなんだろうし、 賢明な判断だったとは思いますが。 決断した後の監督がヘタレで(;^_^A いまいちビシッと出来ない緒方監督。 キョーコに負けず劣らずの一人妄想w …この人はポジティ
日々の記録 : 2009/03/25 10:53 PM
スキップ・ビート! #24
嘉月役を演じることができなくなって悩む蓮。そんな蓮の力になりたいとキョーコは思うのでした。何度撮り直しをしても蓮は嘉月を演じることができなくなってしまいました。そんな蓮に...
Trackback url: