ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< NANA21巻 感想 : メジャー第5シーズン 第11話「男じゃねぇ!!」 >>

鉄のラインバレル 第24話「鋼鉄の華」

今回のお話は、浩一が地球を救うってなお話でした。

血まみれの城崎さんの見て激情した浩一は、自らの力でラインバレルの真の力を開放し、やや暴走。
いや〜、それにしてもすごい顔だったなぁ〜(笑)。
イッちゃっているかとも思いましたが、ちゃんと敵に向かって突っ込んでいってくれたのは不幸中の幸い。
あれで敵味方関係なく暴れられたんじゃ、ヤバかったんじゃないかと思ったり。

その絶大なるパワーで敵を次元の間に閉じ込めることに成功したか?と思いきや、次元の揺らぎにより、あっちの世界とこっちの世界がぶつかってしまうかもという事態が発生。
しかも、すでにラインバレルはエネルギー切れでどうすることもできない・・・・。

が、正義の味方・早瀬浩一にとってはナイスなことだと言うとは、さすが。
どうやら、彼にはピンチもチャンスにしか見えないようです(笑)。
浩一、事態を理解できてないんでしょうねぇ。
でも、これでこそ我らが浩一だと思います。

威勢よく穴に突っ込んでいったはいいものの、やっぱりエネルギー不足のためうまくことを運ぶことはできず大ピンチ。
そんな中、森次さんの提案により、全マキナのエネルギーをラインバレルに送るという最終作戦を決行。
みんなのエネルギーを受け取った浩一は、城崎さんの後押しもあり、一転して奮起し、見事にこれをやってのけちゃいます。
いや〜、地球を守るために体をはる森次さん、カッコ良かった!

ラインバレル、一度は次元の間に閉じ込められてしまうも無事に生還し、他のファクターも無事に戦いを乗り切ってくれてひと安心。
最後、「名前で呼んでほしい」という城崎さんの言葉を聞いて赤くなる浩一。
世界を危機から救った英雄・早瀬浩一。だけど、やっぱり最後まで根のところは変わっていないんじゃないかなぁ〜と思ったり(笑)。

でも、今後、彼のことはずっと語り継がれていくに違いない。
おそらくは、近い将来、教科書にも載るんだろうと思います(笑)。


今回で最終回だったわけですが、なかなか面白かったんじゃないかと思いますね。
初期は「最低野郎」の名をほしいままにしていた浩一ではありますが、徐々に成長していくのがはっきりとわかるのが良かった。
まぁ、アホなところは最後まで相変わらずでしたけどね。

ストーリー的には、ややギャグ的な要素が多かったような気がしますが、十分に楽しかったのでそこそこ満足です。
しかし、加藤久嵩と石神社長が逝ってしまったのは、ちょっと残念だったり。
最後も彼のアホなパーティとかで締めてほしかったんですけどねぇ〜。

では、これにておしまいっと。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(0) : trackbacks(19)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

にき☆ろぐ : 2009/03/23 4:16 PM
鉄のラインバレル第24話「鋼鉄の華」
今更ですがやっと見終わったので感想ですとりあえずなんという王道展開!!まぁ中盤以降は王道なかんじで進んでいた作品でしたが最終回は本当にベタベタの展開でしたね個人的にはそれでもいいかなと思うんですけどマサキに関してはあれぐらいでしょうねなんかでも挿入歌
紅蓮の煌き : 2009/03/23 12:17 AM
鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華(最終回)」
鉄のラインバレル 第24話(最終話)感想です。 正義の味方であるために
WONDER TIME : 2009/03/22 2:35 PM
鉄のラインバレル 第24話「鋼鉄の華」
「俺はこの世界を守りたい ここに住む 全ての人達を守りたい だから俺は行く、それが俺の正義なんだ!!」 浩一の正義が… そして皆の想いが...
風庫~カゼクラ~ : 2009/03/22 12:51 PM
鉄のラインバレル #24『鋼鉄の華』(最終回)
終わっちゃいましたね~ラインバレル。突っ込みどころが様々あれども… 森次さん、サイコーー!!ってことで。 えぇもう森次さんだけを追っかけたラインバレル最終回『鋼鉄の華』! リアルタイムで見てたけど、見終わった直後じゃマトモな感想になるまいと 半日ほど時間
無限回廊幻想記譚 : 2009/03/22 11:50 AM
鉄のラインバレル #24「鋼鉄の華(最終回)」
早瀬浩一を庇って死んでしまう城崎絵美。怒りに溢れる浩一は、遂にラインバレルの本来の力を引き出す。マキナ殺しの本来の力、どうやら発動した瞬間、他のマキナたちの動きが止まったようですが、具体的にどれぐらいのものなのかが不明。Dソイル活性率が不明だとかで凄
MAGI☆の日記 : 2009/03/22 11:13 AM
鉄のラインバレル #24「鋼鉄の華」
鉄のラインバレルの最終話を見ました。#24 鋼鉄の華熾烈を極める戦いの中、城崎を目の前で殺されてしまった浩一が怒りを爆発させたことでついにラインバレルの真の姿を現わす。「城崎…城崎…何でだよ、何で…何で城崎…こんな…っ…。…殺してやる、殺してやる、殺し
のらりんクロッキー : 2009/03/22 11:01 AM
鉄のラインバレル 第24話「鋼鉄の華」(最終回)
ああもうみんなかっこいいんだから!! 最終決戦で劣勢に立たされた浩一たち。 反撃に転じるも絵美ちゃんがやられ浩一逆上。 我を忘れた浩一がエライことになってたけど、 1度気絶して正義の味方復活。 浩一を真の正義の味方に導いたのはやっぱり絵美ちゃん。
ゼロから : 2009/03/22 9:15 AM
鉄のラインバレル #24 「鋼鉄の華」
城崎絵美、戦死で怒りモードになった浩一。暴\走しまくっても、敵を征圧できるのはラインバレルの性能\と絵美への愛情ですね。
日々“是”精進! : 2009/03/22 7:22 AM
「鉄のラインバレル」第24話(終)
   #24「鋼鉄の華」(最終回)熾烈を極める戦いの中、ついにラインバレルがその真の姿を現わす・・・。「私も、お前が正義の味方であることを望む!」絵美が倒れ、浩一は咆哮「殺してやる!殺してやる!殺してやる!」ラインバレルの本当の姿・・・全てのマキナを止
日々の記録 : 2009/03/22 1:00 AM
鉄のラインバレル #24
ついにこの作品も最終回です。最終回にふさわしく、とても熱く燃える展開でした!絵美を殺された怒りから、ラインバレルのマキナ殺しの能力を解放した浩一。その圧倒的な力で、マサキ...
物書きチャリダー日記 : 2009/03/22 12:18 AM
鉄のラインバレル 第24話「鋼鉄の華」感想
こっちも最終回。鉄のラインバレルVol.2(初回限定版)(DVD)◆20%OFF!早速感想。ぶっ飛び厨二主人公が強烈な印象をもたらした1話からあっという間の2クール。結局最後はロボットアニメお決まりの熱血展開で最後は全員復活めでたしめでたしというなんとも面白い作品だ
ミナモノカガミ : 2009/03/21 11:44 PM
鉄のラインバレル 第24話「鋼鉄の華」
正義の味方に。
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 : 2009/03/21 11:35 PM
(アニメ感想) 鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」
鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]クチコミを見る 早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生だった。彼はラインバレルのファクターとなったことで、仲間と出会い、友を失い、守りたいものに気づいた。そして――慟哭する浩一。ラインバレルがついに、本当の姿を見せ
Spare Time : 2009/03/21 11:27 PM
鉄のラインバレル 24話「鋼鉄の華」
『早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生だった。彼はラインバレルのファクターとなったことで、仲間と出会い、友を失い、守りたい...
SERA@らくblog 3.0 : 2009/03/21 11:20 PM
鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」
必要なのは力じゃない。何かしたいって強く思う力なんだ――! 絵美の死をトリガーに、浩一の激情がラインバレルのマキナ殺しを発動させる。...
マリアの憂鬱 : 2009/03/21 11:11 PM
鉄のラインバレル 最終話「鋼鉄の華」
今週は「鉄のラインバレル」最終話の感想です。
リリカルマジカルS : 2009/03/21 11:10 PM
鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」
なんだかんだで最終回です。 しかし、内容とかよりも途中で出てきたグラヴィオンみたいなロボットが何のかが気になってしょうがありません...
おぼろ二次元日記 : 2009/03/21 11:03 PM
鉄のラインバレル#24(最終回)「鋼鉄の華」感想
大事なのは何がしたいのかということ!「オレは正義の味方になりたいんだ!!!」「鋼鉄の華」あらすじは公式からです。早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生だった。彼はラインバレルのファクターとなったことで、仲間と出会い、友を失い、守りたいものに気づ
荒野の出来事 : 2009/03/21 11:02 PM
鉄のラインバレル 第24話 最終回 感想
 鉄のラインバレル  #24 『鋼鉄の華』 感想  クリエイティブプロデューサーに谷口悟朗を構えた、GONZOの期待作!  原作漫画とは違...
Trackback url: