ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)

私のお気に入りのアニメ・特撮などに関する感想を綴っております。ゆっくり、のんびり、マイペースで更新中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

<< フレッシュプリキュア! 第7話「せつなとラブ 友情のクローバー」 : WBC第2次ラウンド 韓国戦 >>

スキップ・ビート! 第23話「ひかれた引き金」

今回のお話は、蓮が演技できなくなっちゃうってなお話でした。

演技を終え、目の前で「カッチン!」とやられて我に帰ったキョーコは、いきなり全力でみんなに謝罪
いや〜、未緒が憑いていたためにホントに自覚なかったんですねぇ。
ってか、やっぱりトンデモなことしたってな自覚はあったのか・・・・。いつもながらのその豹変っぷりには大爆笑でした。

ところが、そんなキョーコに緒方監督は一緒に演技がしたいと伝え、断固反対していた飯塚さんもそのまま説得しちゃいます。
オリジナルとは全く違うとは言え、一番大切な“憎悪”という部分は確かなものだから。
オリジナルを超えるためには20年前のそれとは違うものじゃなくちゃいけないとはその通りだと思いますな。
ってか、あれだけの憎悪はキョーコじゃないと出せないでしょ(笑)。実際、そのインパクトはすご過ぎなので、認めざるを得ないかと。

緒方監督の言葉を受けて、蓮もさらなる決意を。
ここまでは順調とは言え、社長さんのあの言葉が気になってしまっているような感じ。

そんな中、すごい表情のキョーコが登場するからびっくり。
一体、何かと思いきや、蓮に怒られる決意をした表情だったとは、面白すぎる。
蓮や社さんも、あれはキョーコの方が何か言いたいことがあるんじゃないかと思うのが当然だと思います。

しかし、蓮は無断でいなくなったことを怒っていたとは言え、キョーコの作り出してきた役に満足しており特に咎めなし
キョーコは、その対応にマジでびっくり。
いや〜、蓮も認めざるを得ないほどの未緒を作ることができてホント良かったですねぇ。
もし、できなかった時は・・・・、それはそれで楽しそうだったので残念だったりもしますが(笑)。

その頃、別のスタジオで仕事をしていた松太郎はキョーコがDARK MOONに出演するという事実を知って呆然
必死でバレないようしようとするマネージャーさんの行動には大爆笑でしたけど、松太郎は・・・・悔しいんじゃないかなぁ・・・・と思う。
陥れるつもりで出演させたプロモがきっかけになってしまったわけですからねぇ。

仕事を終えて帰宅した蓮は、キョーコの妄想を聞いてやや困惑中。
相変わらずの妄想癖はホント笑えます。
傷が残っていることで憎悪の塊となってしまった未緒を嘆いて、共演者の前で叫びまくるキョーコ。
みんな、「この人、どっかおかしいんじゃないか?」と思ったに違いない(笑)。

DARK MOONの撮影は順調に進みつつも、緒方監督はダメだしの鬼と化してしまっているようで、みんな大変なことでしょう。
あの緒方監督がねぇ、別人となっていていい感じだと思いますね。
しかし、包丁を突き立てるキョーコの演技は、マジで怖いんじゃないかと。

やっぱりというか、キョーコのその演技力は周りの面々にも伝わっているようで、陰口を叩かれるどころか、かなりの好評
さらに、いつの間にかあの飯塚さんまでがキョーコのことを認めていました。
まぁ、一度、彼女の憎悪に当てられていますからねぇ。自分の肌でそれを感じているだけに、一番わかっているのは飯塚さんなのかも、かも、かも。

仕事で遅れたきた蓮もキョーコの演技は安心して見ていられるまでになったとは、何気にすごいことですよ〜。
そんな連をじっと見ているキョーコでしたが、まさか、夕飯のことを考えていたとは・・・・。
ちゃんと食べたと言っても、コンビニのおにぎりのみとは相変わらずですねぇ。
でも、やつに一人でご飯を買いに行かせるのは、マジで危険だと思いますので、面倒でも社さんが行った方が絶対にいい。

蓮、オリジナルの月籠りを超えるために、20前のそれを徹夜で見てきたとか
名作と言われている月籠り。
う〜ん、これがドツボにハマってしまった原因なのでは??
蓮にしては、大失敗だったんじゃないかと思います。
しかも、キョーコのように・・・・とか言ってましたからねぇ、明らかに変調をきたしていましたから。

撮影がスタートすると、これまでダメ出しを喰らったことがなかった蓮が初のダメ出しを喰らってしまいびっくり
「カツキの気持ちと蓮のそれがシンクロすれば・・・、20年前のそれを優に超えることができる」とアドバイスをする緒方監督。
が、残念ながら、その効果は薄く、まさかの4回連続のダメだしまで喰らってしまうという結果に。
蓮・・・・、これはヤバいですねぇ。このドツボからどうやって抜け出すのやら・・・・・。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

comments(2) : trackbacks(3)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

Posted by よしちゃん : 2009/03/19 12:21 AM
キョーコのジャンピング土下座は面白すぎでしょ。まぁこの変わりようから大変な事をした自覚があるだけみんなからお咎めなしだったあたりは良かったですね。撮影が始まると、キョーコの演技の凄さを認めてくれましたし。確かにあの未緒はインパクトありすぎるくらい凄すぎだし。
緒方監督はこの回から一気に凄い監督になりつつあるのかなって思えましたね。蓮の演技が嘘っぽいって気づいたのも、百瀬さんと監督だけだし。蓮はとうとう社長の忠告通りに愛の演技の引き出しがないせいでドツボにはまりましたね。しかもオリジナルの月篭りを見たせいで、頭によぎって演技すらできなくなってしまうなんて、本当にピンチですね。
もうキョーコへの気持ちを自覚して突破口を見つけるしかないかな?
Posted by 向日葵(管理人) : 2009/03/19 11:42 PM
>よしちゃん 様
こんばんはです。

初っ端のキョーコの謝りっぷりはホント面白かったですよねぇ。
いや〜、他を圧倒するほどの演技をやっていたことで、周りから何のお咎めもなしだったのは不幸中の幸いだったと思います。
何といっても、あの蓮を納得させ、さらに緒方監督を豹変させてしまうほどの演技。
あそこまでの演技ができるとは、私もびっくりしました。

いきなり「ダメだしの鬼」と化してしまった緒方監督。おっとりしていても、演技のこととなるとやっぱり怖い人なのかも、かも、かも。
一方で、蓮はヤバいですよねぇ。
オリジナルを見てしまったがために完全にドツボにハマってしまい、全く演技ができなくなってしまうとはかなりの重症。
これはどうやって抜け出すのか?、かなりの見モノではないかと思います。

では、またよろしくです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

スターライト☆ステージ : 2009/03/23 9:04 PM
スキップ・ビート! 第23話「ひかれた引き金」感想
 キョーコの未緒が認められ、撮影が開始。キョーコの演技、恐ろしいほどに未緒になっ
のらりんクロッキー : 2009/03/18 11:43 PM
フレッシュプリキュア! 第7話「せつなとラブ 友情のクローバー!」
イース様激カワ〜!!! 白い帽子に白いワンピース… どこのお嬢様ですか?(笑) 満を持してのイース回! 全国の大きいお友だちへの大サービス回でした!! 不幸のゲージの伸びがいまいち、 脅威はプリキュア。 ならば変身前に動きを封じてしまえばいい
日々の記録 : 2009/03/18 11:09 PM
スキップ・ビート! #23
キョーコの演じた新しい未緒。それは全く新しい「月籠り」を作りたいという緒方監督の心に火をつけました。しかし、それは同時に蓮の苦しみの始まりでもあったのでした。突然これまで...
Trackback url: